Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フィンランドな一日@六本木

2012-12-30 08:19:44 | フィンランド

フィンランド仲間のN子ちゃんと女子会。お互い仕事が終わった年末が、いつもゆっくり過ごせるとき。

北欧料理のお店、六本木のリラ・ダーラナでランチ。スウェーデンで修業したシェフの丁寧な味が評判で、なかなか予約がとれないお店といわれているが、最終営業日になんとか入れた。

目印はこれ! ダーラナホースがお迎え。

 

前菜はサーモンとニシン、ナッキレイパ。ナッキレイパはパンの一種、かたいパリパリしたお煎餅のようなパンで、チーズとよく合う。ナッキレイパ好きの私たち二人は必ず買ってくる。「むこうの味よね~」と美味しくいただく。

北欧の家庭料理といえばミートボール。カスティケというおソースがそれぞれの味付けで、お母さんMija-liisaの味を思い出した。N子ちゃんはサーモンムニエル。

お腹いっぱいの私たちの目的地は「森と湖の国・フィンランドのデザイン展」。近くのサントリー美術館(ミッドタウン)へ向かう。ガラス製品を中心に紹介されている。フィンランド留学経験がある私たち、「これ、ホストファミリーの家で日常使いしていた」という器も多かった。

 

仕事のお休みの関係で、N子ちゃんは夏、私は秋が多いフィンランド行き。冬は一緒に年末年始を旅行した7年前がお互い最後。北極圏の森の中、ザクザク音をたてながら歩いた雪道、冷たい吹雪の町、喋ると口が凍るので無言で進んだ思い出。「やっぱり雪と氷(海も湖も)の季節に行きたい」との話から、来年はまた一緒に冬に行きましょうと手帳を見る二人。

フィンランドを過ごした一日。幸せな気分!


コメント   この記事についてブログを書く
« カンテレ弾き納め | トップ | 2012年、ありがとう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィンランド」カテゴリの最新記事