乙女高原ファンクラブ活動ブログ

「乙女高原の自然を次の世代に!」を合言葉に2001年から活動を始めた乙女高原ファンクラブの,2011年秋からの活動記録。

第20回 草刈りボランティア

2019年11月23日 | 草刈りボランティア

11月23日(土・祝)

 前日は冷たい雨でした。準備のためにそれぞれ別々に乙女高原に行っていた市観光課の藤原さんと県有林課の横内さんに電話して確かめましたが、雪は降ってないし、明日早朝には雨が止むという天気予報でしたので、草刈りボランティアを決行することにしました。

 翌日、雨は予報通り上がっていました。とはいえ心配なので,早起きして乙女高原に向かったところ、気温が高く、路面凍結している箇所はありません。ほっとしながら、草刈りボランティアの準備を始めました。バスの駐車場所、ゴミ収集車の駐車場所に目印のコーンを置いたり、裏の倉庫やロッジのホールから荷物を出したり。そうこうしているうちにスタッフが続々と集まってきて、一緒に準備をしました。

 

 

 8時30分にスタッフ打合せ。「スタッフマニュアル」を使いながら、今日一日の流れについて、かい摘んで説明しました。8時45分から各班ごとの打合せと、受付開始。9時10分から班長打合せ。機械刈り班の班長には、緊急時に鳴らせるようにホイッスルを渡しました。

 9時30分に開会行事のスタート。

 

 今回は20周年を記念して、乙女の草刈りに貢献のあった13の団体・個人に感謝状をお渡ししました。お渡しした方々は次の通りです。

1・金峰前山恩賜県有財産保護組合

2・北奥仙丈外二山恩賜県有財産保護組合

3・山梨市西保財産区

4・山梨市西保下財産区

5・山梨市倉科財産区

6・山梨市諏訪財産区

7・峡東地区県有林造林推進協議会

8・(株)田丸グリーン基金

9・(株)ジェイチーム

10・山梨ロータリークラブ

11・(株)栄和交通

12・町田さん

13・古屋さん

 1~7は県有林(恩賜林)の管理をしている方々です。8・(株)田丸グリーン基金は山梨県を代表するリサイクル会社で、社員と会社のマッチングギフトによって「田丸グリーン基金」という基金を運営しています。毎年、この基金から乙女高原ファンクラブに寄付をいただいているだけでなく、草刈りに会社のパッカー車(ゴミ収集車)を提供してくださっています。9・(株)ジェイチームは杣口浄水場の管理委託会社です。安全な飲料水をつくるためには水源地の環境保全が欠かせないという理念で、毎年、活動に参画くださっています。10・山梨ロータリークラブは毎年、活動に参加くださっているばかりでなく、乙女高原の案内看板や、このたびは谷地坊主の解説看板をつくってくださったりしています。11・(株)栄和交通は、草刈りボランティアに山梨市駅からのバスを運行してくださっています。12・町田さんは草刈りボランティア初回から救護係として参画いただいています。13・古屋さんは「乙女高原の写真屋」さん。毎年、撮っていただく草刈りボランティアの集合写真が翌年の草刈りボランティアのちらしを飾ります。

 

 さて、開会行事の中で、ファンクラブの三枝さんから、20周年記念グッズの紹介がありました。一つは20周年を記念したマグネット・ステッカー。もう一つは乙女高原の草花や昆虫をあしらったポストカード・カレンダー2020です。後者はファンクラブ会員杉田さんからの寄贈品です。今年の参加者はこんなお土産がもらえたのですよ!

 

 さて、作業が始まりました。今回は事前草刈りがなかったので、開始直後から草をパッカー車に積み込むことはできませんでした。しかたがないのて、その係の方はとりあえずロープ回収作業をしていただき、その後、草を運んでいただきました。

 いつものように、機械刈り班はどんどん草を刈っていきます。まるで中高生の頭をバリカンで丸坊主にしていく・・・そんな感じです。

 手刈り班はツツジがいっぱいあって、機械が使いにくいところの作業です。1時間ほどで草刈りを終え、機械で刈った草を運ぶ作業に移っていただきました。

刈った草はパッカー車に載せたり、遊歩道に敷きつめたりしました。遊歩道は土壌流失が起こりやすいので、刈り草のカバーを掛けて、土が流れにくくするわけです。夏にはこなれて、ふかふかで歩きやすいじゅうたんのようになるんですよ。

 

 

キッズ班はブナじいさんの根元に落ち葉のふとんを掛ける作業です。林道にたまった落ち葉を大きな袋に詰め、ブナじいさんまで一生懸命に運びます。

 

 

 

ロープ回収班は張ってあるロープを回収し、ロッジの庭まで運びます。往復作業なので、万歩計を付けていれば、歩数がかなり稼げると思います。ロープ回収係が運んできたロープはロープ整理班が巻き直し、コースごとに色の違うビニールテープを付けて、倉庫にしまいます。来年5月の「遊歩道づくり」で再利用します。

 今年は林道両側の草刈りも実施しました。この係をお願いした宮原さんは急な都合で当日参加できなくなり、事前に草刈りをしてくださいました。まったく頭が下がります。毎年評判の豚汁づくりは、皆さんの協働作業。材料も協働です。救護係は今年も出番がほとんどありませんでした。救護係がヒマな催しはよい催しです。

 

 刈った草を草原脇の林道までビニールシートに載せて運び、それをパッカー車に積み込みます。パッカー車には草をギュウギュウ押し込めるので、結構な量が入ります。いっぱいになったら、パッカー車はスタート。さて、どこに向かうと思いますか? 乙女高原の近くに乙女湖=琴川ダムがあります。このダムをつくる際、掘った土を捨てる場所が必要でした。土捨て場または残土処分場といいます。ここの土は地面の下の方の土なので、栄養もなければ、草木の種も含みません。ですから、置き去りにされても、土のままです。そこに乙女高原の刈り草を運び込めば、養分と植物の種とを一緒に供給することになります。言ってみれば「第2乙女高原を創ろう」という取り組みです。これには生態工学的にちゃんとした名称があって「藁撒き工法」というのだそうです。田丸さんのパッカー車が運んだ草を、現地で藁撒き班が広げました。パッカー車の最終出発時刻は11時30分、厳守です。これより遅いと、パッカー車が帰ってくるのがお昼をまわってしまうからです。

 

 パッカー車の帰りを待って、刈ったばかりの草原で、全員記念写真を撮りました。

「乙女高原の写真屋さん」古屋さんが用意してくださったカメラはレンズのまわりにライトがたくさん付いているすごいカメラでした。集合写真を撮ったら、記念のステッカーやカレンダー、フォーラムのちらし等が入った「お土産袋」を一人ひとりにお渡し、お昼にしました。具だくさんの豚汁を何杯もお代わりする人がいました。

 時々、青空も見られましたが、薄い霧雨が漂う時間帯もあり、スケジュールを前倒しで進めました。全員に集まってもらい、団体紹介をしました。「〇〇の皆さん!」「イエーイ!」といった感じで、団体ごとに手を挙げていただきました。

 そして、閉会行事。今年も無事、楽しく、草刈り作業が終わりました。参加者は合計234人でした。皆さん、ご苦労さまでした。来年もよろしくお願いします。

 

 例年だと、その後、片づけをしてお茶会をやって解散しているのですが、今年はその前に、山梨ロータリークラブの皆様が設置してくださった谷地坊主の解説看板を有志で見に行きました。お披露目会です。看板は谷地坊主のある湿地が見下ろせるテラスのようになったところにありました。山梨ロータリークラブ発足50周年記念事業の一環として設置してくださいました。谷地坊主の解説文、谷地坊主のでき方の説明、四季の谷地坊主の写真の3つのコーナーからなる看板です。監修した自分で言うのもなんですが、とてもステキな看板でした。乙女高原に行く機会がありましたら、ぜひ見てくださいね。

 

 

 

 乙女高原の南駐車場(アスファルト)のすぐ南です。

 

 グリーンロッジに戻ってきて、有志でお茶を飲み、情報交換をして帰路につきました。おっと・・・このとき、雨宮さんはまだ屋根にいて、屋根の落ち葉を掃き下ろしていました。この作業をやっておかないと、屋根の痛みが早く進むのだそうです。ありがたくて、頭が下がります。

コメント

草刈りボランティアの下見と下準備の会

2019年11月10日 | 草刈りボランティア

11月10日,草刈りボランティアの下見と下準備をしました。

11名のボランティアが参加しました。

 

ロッジやトイレの掃除をしました。

 

草原内に草刈りの境界となるロープを張ったり、草刈りしない方形区に看板を付けたり、若木を切ったりしました。

 

 

雨宮さんお手製の「ロープ巻き器」の具合を確かめました。

 

 

終わった後は、恒例の茶話会です。

 

有志でお弁当を田部、午後は乙女高原の自然観察を楽しみました。

コメント

19回目の草刈りボランティア

2018年11月23日 | 草刈りボランティア

 

 今年は晴天に恵まれました。それだけでも心の負担がぐっと軽くなった感じです。朝6時すぎには乙女高原に着いて、ゴミ収集車の駐車スペースにコーンを置くなど準備をしました。

だんだん人が集まってきたので、ロッジの窓を開けたり、物置から使うものを運び出したりしてもらいました。そのうち、市や県のスタッフも来て、テントを設営したり、受付の準備をしたり。

 8時半からスタッフの打ち合わせ。そして受付開始。全体の打ち合わせをした後、係ごとの打ち合わせをすればよかったと反省しました。スタッフが共通理解をしたり、疑問点を解決しておかないと、後から困ってしまいます。

 

 バスも無事到着しました。でも・・・大変だったんですよ。仕方のないことですが当日の朝になってキャンセルされた方がいたり、途中、焼山峠からはスタッフの加々美さん、小林さんの乗った車に先導してもらいながら来たり。じつはバスの空席が10ほどありました。せっかくバス1台チャーターできたのだから、ちょっともったいなかったです。

 

 参加者は238人。歴代5位の多さでした。受付でその人数を(様々な係・班に)さばくのですから大変です。じつは参加者の皆さんにお配りしているシールがその鍵となるアイテムです。シールには「手刈り班A-1」「手刈り班A-2」という感じで印字されているので、手元に残ったシールを見れば、どの班に今現在何人配属されているかが判るので、新たに受付された方には少ない班に入っていただく・・・といったことができるようになっているのです。それでも、多くの方がいっぺんに来られるので、受付はやっぱり大変です。

 

 9時半に開会式が始まりました。お忙しい中、高木市長さんも来て、ご挨拶をしてくださいました。雲が一つもないいい天気でした。そして、いよいよ作業が始まりました。レンゲツツジが多いエリアは手刈りで、草原部分は刈り払い機で草を刈ります。

(写真 古屋光雄さん)

 (写真 古屋光雄さん)

 (写真 古屋光雄さん)

 (写真 雨宮浦助さん)

 刈った草を運ぶのは、(株)田丸さんが持ってきてくださったゴミ収集車。刈り草だから、軽トラに載せて運ぶとしたら、かさばってしまい、大変です。ゴミ収集車なら圧縮して運べるので、とても便利です。今年も刈り草は、琴川ダムの残土処分場に運び入れてもらいました。

 

(写真 雨宮浦助さん)

(写真 古屋光雄さん)

 ロープ収集係は遊歩道のロープをひたすら外して、ロッジの庭まで運びます。万歩計がすごくかせげる係です。そのロープをロープ係がきれいに巻きなおして、ロッジの倉庫にしまいます。雨宮さんがロープを巻くのに使う杭を作ってきてくださいました。ロッジの前では、豚汁班がゴボウや白菜を切ったりして、おいしい豚汁を作っています。市から給水車を持ってきてもらったり、大鍋を用意してもらったりして、本格的に作ります。毎年、ゴボウと肉は藤巻さんからのプレゼントです。その横では看護婦資格を持つ三枝さんと町田さんがAEDなどを用意し、救護係として控えています。

 

(写真 雨宮浦助さん)

 キッズ班は、乙女高原の裏山まで行って、「ブナじいさんに落ち葉のふとんをかける」というキッズ・ボランティアに取り組みました。ブナの巨木「ブナじいさん」はとても条件の悪いところに生えています。そんなブナじいさんが少しでも元気になるよう、林道に降った落ち葉を集めて袋に詰め、それをブナじいさんまで運んで根元に敷き入れるという活動です。子どもたちが落ち葉がいっぱいの袋を運んでいる姿は、まるでブナじいさんにクリスマスプレゼントを運ぶサンタクロースみたいです。

 

 昨年は、草刈りイベント初めての「中止・延期」で、計画通りできませんでした。だから、いってみれば2年越しの開催。となると、忘れていることも多く、反省点も軒並み多いです! 事実、たくさんの方から「ここはこうやったほうがよかった」といったご意見をいただいています。

 このメールマガジンをお読みの皆さんも、忌憚のないご意見やご感想をお寄せくださいね。

 

 さて、「今年はどうも本部がヒマだなー」と思っていたら、それもそのはず。本部に置いてあったトランシーバーは、どうもキッズ班としかつながっていなかったようなのです! 大失敗でした。でも、おかげさまで、今までで最高に静かな草刈りボランティアでした(!)。

 そろそろ作業終了時刻です。最後のゴミ収集車に出発していただきました。そして、彼らが帰ってきたのを確認して、草刈りボランティア恒例、プロのカメラマンによる集合写真撮影を行いました。撮影するのは「乙女高原の写真屋さん」古屋さんです。これが来年の草刈りボランティア・ちらしになります。

(写真 古屋光雄さん)

 写真終了後、「おみやげ」の袋をお配りし、次に豚汁をお配りしました。具だくさんで、おいしいおいしい豚汁でした。

 

(写真 雨宮浦助さん)


 閉会式をし、スタッフで片づけ。ぼくはというと、バスに乗ってきた方と、バスの出発までミニミニ観察会。夏の終わりに葉を広げ、冬の間(雪の下でも!)青々としているフユノハナワラビを見たり、「今が一番かわいくない時期です」という谷地坊主を見たりしてからバスに乗っていただきました。

 そして、ロッジのホールで恒例の茶話会。一人一言ずつ感想等を言っていただきました。

 

 参加してくださった皆さん、ありがとうございました。乙女高原の自然・乙女高原の生物多様性が保全されているのは、皆さんの作業のおかげです。毎年、草の成長した分を刈り取り、持ち出しているということは、毎年毎年、草原をリセットしているということです。だから、同じ景観が毎年見られているのです。リセットしなければ、草原は「成長」・・・というか「森という次のステップに進んで」しまいます。

 皆さんが守った草原です。別の季節にも行ってみてくださいね。春はスミレがいっぱい。初夏には鳥たちの歌声がにぎやかです。夏には様々な花が入れ代わり立ち代わり咲くので、1週間違うと草原の色が違って見えるほど。また「3歩歩けば10種類の花に出会える」というくらい、生物多様性のホットスポットです。秋、夕日に輝き、秋風にたなびくススキの穂は海原のよう。そして木々の紅葉・黄葉。夏の間は同じような緑色なのに、この時期、すごい個性を発揮します。色も違えば、葉を落とすタイミングも違います。とはいえ、確実に季節は寒い時期へと向かっています。

 冬は冬で、雪が降るとそれはそれで、楽しいことがいっぱいあるのですが、林道は通行止めになるし、そうでなくても道路は凍結し危険が増しますので、積極的にはお勧めしません・・・が、冬には冬の自然を観る楽しみがあります。

 

 おっと、みんなの作業が終わった後も、一人黙々と看板の屋根にペンキを塗り直している働き者がお一人いらっしゃいました。

 

コメント

草刈りボランティアの下見と準備

2018年11月11日 | 草刈りボランティア

 

2018年11月11日(日)、午前10時~12時、雨天決行のつもりで行いました。

たくさんの方が参加してくださったので、作業がどんどんはかどりました。

行った作業は、こんな感じです。

(1)   キッズの準備(落ち葉の様子を確認,崖を上がる場所の確認・・・ロッジのはしごを持っていって掛けてみる,ロープの事前設置、落ち葉看板設置,新しい杭を打つ) 

(2)   草刈りの境界(刈払①と②,手刈AとB)にビニール紐を張る 

(3)   草原のロープに付けた看板の撤去。整理

(4)   ロッジ内のそうじ 

(5)   豚汁の調理道具確認(魔法瓶,包丁,まな板,ボウル,ざる,菜箸等) 

(6)  トイレのそうじ(バイオトイレと古いトイレ)

 

草原内にビニールテープの細く裂けてしまったのがいっぱいありました。このままでは「マイクロプラスチック」の元になってしまうので、全部取り除くつもりで、撤去作業をしました。

 

 

終わったあと、みんなでお茶を飲みました。

 

 

コメント

初めての延期! 草刈りボランティア

2017年11月26日 | 草刈りボランティア

例年11月23日に行ってきた乙女高原の草刈り。

17年間、雨や雪に降られることがありませんでした。18年目にして初めて「雪で中止」です。

そして、11月26日(日) 、来れる人だけ集まって、できる範囲で草刈りしました。

幸いにも、天気に恵まれました。

 

金峰山は前日の雪で真っ白でした。

 

側溝に落ち葉がたまって水が道路にあふれだし、道路全面が凍ってしまったところは、このように側溝にたまった落ち葉を取り、路面凍結がなくなっていました。山梨市の職員の皆さんの作業のおかげです。

 

万が一のための救急医療品です。AEDは緊急車両の中です。

 

作業開始。草を刈ったり、刈った草を遊歩道に敷き入れたり。それにしても、いい天気!

 

遊歩道の両側から外してきたロープは、巻きなおして、整理します。

 

途中、ネズミの巣も見つかりました。上半分は刈り払い機でスパッと切られてしまいました。

 

用事があって、先に帰ってしまった方もいました。いつもの年の1/5~1/6の参加者です。来年の草刈りちらしには、顔がはっきり映りますよ。

 

草刈りが終わった後の乙女高原です。草原上部に草が刈り残されてしまいました。やっぱり例年の200~260人の参加者のパワーはすごいです。

 

「ゲレンデ」の上から見たところ。

いずれにしても、草刈りが終わると、乙女高原は冬に包まれます。

 

 

 

 

 

コメント