乙女高原フィールドノート

山梨県の北部,秩父山塊のふところにある小さな高原「乙女高原」(山梨市)での自然観察記。

マンサク咲いた

2017年03月27日 | 植物(木)

林道のマンサク、咲き始めました。

BGMはコガラとゴジュウカラのさえずりです。なんとも贅沢な時間を過ごせました。しかも、一人っきり。独り占めです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒミズ

2017年03月19日 | 動物(けもの)

道路の片隅に、モグラの仲間のヒミズという動物がうずくまって死んでいました。

雪が積もっていたことを想像すると、雪の下を進んでいたヒミズでしたが、道路脇の縁石を越えることができず、ここで行き倒れになってしまったのかなと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニミニ谷地坊主?

2017年03月19日 | 水・氷雪・霜

ロッジの庭がすごいことになっていました。

一気に雪解けが進んだため、びしょびしょです。

一部は、地下に空洞があって、その中に流れ込んでいるみたいです。霜柱の力で地面が持ち上げられ、空洞ができたのでしょうか?

びしょびしょの「池」の縁には、枯れ草の塊が・・・。なんか見たことあるなあ・・・と思っていたら、そうです、谷地坊主にそっくりなんです。

これも冬の寒さが地面が持ち上げられ、春先の雪解け水が根っこのきわが削られ・・・という「谷地坊主の原理」でできたものだと思います。もっとも一時的なものでしょうが・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霜柱の力

2017年03月19日 | 水・氷雪・霜

みてください。シカ柵の扉が、地面が凍ったことによって持ち上げられています。

メジャーの11㎝から上が細長い空洞の円筒になっていて、それが下の円筒にかぶさって、扉が開閉できるようになっているのですが、筒が抜けるほど持ち上がってしまいました。

少なくとも11㎝は持ち上がってしまいました。すごい力です。(このままでは扉が倒れてしまうので,柵の柱に扉を縛りつけてしまいました。したがって、この扉からは出入りできません。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早春の谷地坊主

2017年03月11日 | 植物(草)

いい天気でした。

夏の谷地坊主は髪の毛がツンツン伸びていて、パンクロックをする人みたいに見えますが、この時期の谷地坊主は、雪のおかげで髪の毛がとかされ、落ち着いた感じになっています。

個人的には、谷地坊主が一番谷地坊主らしく見える時期だなと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪のお地蔵さん

2017年03月11日 | 水・氷雪・霜

焼山峠の駐車場に雪だるま。よくみると、合掌しています。

ここには「小授け地蔵さん」がいらっしゃるので、それを模して作った雪のお地蔵さんです。

どなたが作ったかわかりませんが、とても上手にできていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カエルの卵のシャーベット

2017年03月11日 | 動物(魚・両生・は虫類)

先日見つけたヤマアカガエルの卵ですが、卵の上に厚さ5㎝ほどの氷が張っていました。

氷直下の卵はシャーベット状。細かく削って食べると、カエル味かき氷?

こんな中で、生きていけるのでしょうか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の中の谷地坊主

2017年02月26日 | 植物(草)

ちょっぴりしか時間がありませんでしたが、久しぶりに乙女高原まで行ってきました。

このように、谷地坊主も元気でしたよ!?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよカエルの卵

2017年02月26日 | 動物(魚・両生・は虫類)

皆さんは、春が来たことを、何で感じますか?

ぼくにとって、春が来たことをいち早く教えてくれるものの一つが、ヤマアカガエルの産卵です。

林道途中のカエル池で見つけました。今年初記録です。昨年とほぼ同じ日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんな足跡

2017年02月26日 | 動物(けもの)

冬、寒い中でも乙女高原に行きたくなる理由の一つがこの足跡。夏は99パーセント見ることはできませんからね。(水たまりで見かけることはあります)

2種類の動物の足跡が残っているのがわかりますか? それぞれ何の足跡でしょうか?  「こんな足跡が付いているということは、こういうことだよね」と:観察したことからわかることはありませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加