なんちゃってLOHASな日々

ハーブの事。田舎暮らしの事。読書あれこれ。毎日の生活の中の、ちっちゃな出来事を楽しんじゃうブログです。

おまけ

2018年07月05日 | 日記
研修会の後、講師の先生を囲んでの茶話会が行われました。 準備している間に、ちょっとだけ時間があったので、少しだけ相談?させて頂きました 

自分で、録音した声を聞いていると、やたらと舌足らずなのか幼い感じがして、聞きにくいのではないか???と、申し訳なく思っていたのですが。普通に聞きとれるよ・・・と言っていただき、ちょっと、ほっとしました。声の年齢は?と聞いたら「40代前半」と仰るので、「マイナス5歳声?」ってコトかしらね 低い声は年齢よりも老けた声になってしまうそうなので、ちょっとでも若く聞こえるとしたら、良かったです

「抑揚」についてですが。聞いた話では、読み聞かせサークルなどでは、「抑揚をつけない」読み方指導をされているとの事ですが、相手を思うと、つい「抑揚」が入るのになぁ?と思い、お伺いした所。

 ・発声や発音がしっかりと出来ていない人が、表現としての抑揚をつけると、もっと「聞きにくく」なってしまう。ひどい人だと、何を言ってるのか解らなくなってしまう。だから、「抑揚はつけない方がいい」と指導される事が多いが、「気持ち」を込める事は大事。とのこと。

・・・なるほど。基礎が出来てないのに、思い入れタップリにしちゃうのがダメなのね・・・


 ・研修会で言っていた「抑揚」は、一文の中で、読んでいるうちに、人の声と言うのは、どんどん音が下がって行ってしまう。文頭を低めの音域でスタートしてしまうと、途中で苦しくなってしまうので、無意識に声を高くしようとして、単語の中で音をあげてしゃくってしまう。聞きにくい。へんに「こぶし」が入ってしまう「抑揚」は、良くないという事でした。


滑舌については、サ行とタ行の練習をするといいよ・・・と


研修会に参加して。なかなか、発声練習を改めて・・・とは難しいですが。仕事がら、耳の遠い方、言葉の理解が大変な方とお付き合いする事が多いので、「伝える」という事での「注意点」は重なる事も多く、日々の生活の中で、意識して行けたらいいなぁ~と、思いました


・・・という事で。7月号の広報は、せっかくの研修会のアドバイスを活かしたい・・・とは思うものの、いやはや、ままならない

機械の音量調整をするのですが。練習と本番では音量が変わってしまったり 滑舌を気にするあまり、文頭が元気よすぎて、しりすぼみになってしまったり
急ぎの原稿になると、声を大きく話そうと思えばヘンな抑揚になるし、音を拾う音量を大きくして小さめの声で読めば、リズムや流れはスムーズ(本人比)なのですが、やはり音の大小のバラツキが気になる

いやはや。いやはや

まぁ、すぐに出来ちゃったら、プロもベテランも立つ瀬がないので・・・と言い聞かせ。まずは、他の方の声を参考にしたり、自分の「目標とする到達点」を、ある程度定めて、ボチボチと頑張っていきましょう
コメント

研修会2

2018年07月05日 | 日記
遅くなってしまったけれど、3回目の研修会のメモです。(2回目はお仕事でお休み

3回目の研修会では、実際に参加者の人が持ってきた原稿などを壇上で読み、講師の先生から読み方の指導を受けました。見ててもドキドキ

さすがに、日頃、音訳等の活動をされている方が多いので、緊張はされながらも、みなさん、頑張られていました。先生の指導をうけて、見る間に声が変わっていく様子にビックリ。実際の指導の中で、先生が仰っていた事をメモしていきますね。


図や表について。

 ・ケースバイケースではあるけれど、「わかりやすい」表現は大事

 ・時刻表を事例にするなら、時刻の数字の読み上げだけでなく、駅名 時刻も都度言った方がわかりやすい。(多すぎちゃったら仕方ないけど・・・)
 
 ・数字を表現するのは難しい。読み方 1ぷん 2ふん 3ぷん 4ぷん 8ふん 

 ・目の見えない方は「50歩あるいて、1mの所にボタンがある」というように数値化して予測している。地図を思い浮かべながら歩いている(説明できれば、わかりやすい)


新聞記事などは、出典を明らかにすれば、話し言葉にした方が聞きやすかったり、解りやすい事もある。 約40人→ およそ40人

写真は、本文を捕捉するもの。状況をありのままに伝えたり、観た人の第一印象で、まず「伝えなくてはならない事」を明確に伝える事が大事。


読み方については。

 ・語頭を上げる
 ・文頭は高めの発音から始める。読んでいるうちに音が下がってくると、文章の後半で音を上げていこうとして言葉をしゃくりあげてしまって抑揚がついてしまう。
 ・同じテンポで読む
 ・大きく息をすう
 ・ゆったり、しゃべる
 ・単語の中で抑揚をつけない
 
一番聞いてほしい人に伝える気持ちで。相手がうなづいているのを思い浮かべながら息をする。文末は、相手の顔を見るつもりで目をあげる。


書き洩らし、聞き洩らしもあるかも・・・ですが、こんなお話でした。

聞きながら。娘は部活で、研究発表やポスター発表をする機会が多い人なのですが。「伝える」技術に関しては、なかなか苦労していたので。半年前の彼女に聞かせてあげたかったなぁ~なんて思ってました 

ブースでマイクを相手に、時間に迫られて「作業」してしまう事が多くなっていたように思うので
自分の読み方を、しっかり聞いて、認識していかないとなぁ~・・・と、思いました。

コメント

研修会

2018年06月05日 | 日記
ボランティアサークルの研修会に行ってきました。全部で3回講座の一回目です。メモ代わりに内容をまとめてみたいと思います。


 講師は元アナウンサーの男性のテレビやラジオで活躍されていらっしゃった方です。引退されてからも、アナウンサー講座や講演会、後進の指導に積極的に活動されておいでです。第一印象は、「優しそうな方だな。」そして、もちろん、声が素晴らしく良い 低音だけどハッキリと響く安定感のある優しい声だなぁ~と思いました。安定感というか、安心感のある声かなぁ~。若者風に言えば「イケボ(イケてるボイス)です

 受付をしていたので、講演の最初の方は聞けませんでしたので、途中からのメモを残します。(内容は講演そのままではなく、私がパワポやお話から抜きとったモノで正確ではありません。話の前後もありますが、系統でまとめてみました。ザックリ捉えて下さいネ

・人を動かすために、どんな風に話すといいのか?

 美空ひばりさんとの突然のインタビューの時のエピソード。講師さんも夢中になって話され、美空ひばりさんからも、日頃は話さないプライベートの話まで盛り上がったそうです。その経験などから学んだ事は。「 作るな 気取るな 偉ぶるな 」という事だそうです。

 言葉を話す時には、簡単な言葉を使えばいいのに、難しい言葉を使いたがる。自分の言葉で話す事が大事。では、どうやって、「自分の言葉を増やすか」。良い言葉を聞いたらメモをしておく。その言葉をすぐに使うのではなく、書き溜めて置くうちに、「自分の言葉」として使えるようになるのだそうです。


・聞きやすい話し方とは?
 
 声の大小 音の強弱 音の高低 音の抑揚・・・の、バランスを取るのが大事との事でした。

 実年齢よりも、はるかに老けた声の人が多い。いかに響く喋りをするか考える。のびのびとした明るい声を出す事。大きく高い声を出す事。精神的な高まり、肉体的な高まりがあれば、良い話が出来る。いつもキラキラ輝いてる事が大事♪との事。人柄はいいのだけど暗い感じのする人の声は、A母音で口が開いていないのだそうです。「あ・さ・た・ぱ」のアの音が入った文字を発音する練習文として「加藤さんと 佐藤さんが タンシチューとパンを食べた」 が、ハッキリ言えるかどうか? Aが入る言葉をしっかり言えると明るい感じになるんだそうな。


・ 話し方についての注意点と練習方法

 人の気持ちを動かすには、自分の目・耳で掴んだ話をする事が大事。話しやすい人に一つの話をする。相手の目を見て、話す事。続けていると上手に話せるようになるそうです。

  ・話す内容 テーマを決める 中身・素材を集める(多いほど良い) 話す順番と時間を決める 目線が大事だそうです。

  ・話し方としては 相手の年齢やレベルに合わせた言葉遣いをする。出来るだけ普通に使う丁寧語。目を見て話すと頷いてもらえるそうです。間に大きく息を吸うと、相手も理解しやすいし、うなずいてもらえる間もとれるそうです。

・ 大勢の所で話をする時、だいたい、天井と壁の境目に向かって話をする。中規模や小規模だと、話したい人の後ろ1m位を目指して話すとよく聞こえるし伝わるそうです。


・声を届かせるトレーニングとして、新人アナウンサーさん達に教えている方法を一つ。(だいたい、アナウンサーさん達は、
5~10分位やるのだとか・・・)

 ジャンプに合わせて「あ」と声を出す。飛び上がる時に吸って降りるタイミングで「あ」と言う。ノドが開いて、大きな声が出せるようになるんだそうです。始めは息を出すだけでもいいのですが、「あ」が一番効果的だとの事。
 ダイエットも兼ねて、練習してみて下さいとの事でした。

 大きな声を出す練習として、外でやたらに大声を出すのは反響がないのであまり効果はない。部屋でやる方が音が解る。先程のノドを広げる練習は外でもできるそうです。

とにかくイモになれ! 里芋の皮むきはバケツに里芋を付けて棒でグルグル回すとキレイに皮がむける・・・ように、たくさんの仲間達の中で実際にやってみて磨き合ってほしいとの事でした。


質疑応答も盛んに行われました。印象に残ったモノだけ。

 ・ 写真の説明をどこまですればいいのか?・・・ケースバイケース。時計の位置で大体の場所を知らせる方法もある。

 ・ 抑揚や想いの込めかたについて・・・一般的に素人が抑揚をつけて読むと声の大きさのバランスが過度になってしまって聞きにくくなってしまう。その為に、「抑揚はつけない」という指導がある。実際に読む時は、どんな相手にどんな風に伝えたいか・・・という想いは大事との事でした。


内容、少しバラツキあるかも・・・ですが、こんな感じの講演会でした。「会話」の話をしていて。日常で、帰ってきた夫に「今日は疲れたな?」と言われた時に、「お風呂? ご飯?」って返すのではなく「大変だったね。」とか「お疲れ様。」とか。言われた言葉を受け止めて、ちゃんと返す事。「思いやり」が大事だね・・・ってエピソードには、ちょっと反省させられました 個人的には、娘はよく研究発表とかする機会も多いので。また、折をみて話そうかなぁ~って思いました。

暖かくも、「伝える」という事に情熱的な、そんな「想い」を感じる事の出来た研修でした
 
コメント

音訳の世界♪

2017年10月17日 | 日記
6月に音読の講演会に参加したのをキッカケに、音訳サークルに混ぜていただいて、市の広報誌を音訳して目の見えない方に届けるボランティアを始めました 

仕事の関係や、体調もあって、活動日にフル参加する事は難しいのですが、日時があえば、短い記事から読ませて頂いて、自分の読んだ所の編集を教えて頂いてます 何回かトライして、ようやく、なんとなく流れが分かってきたかなぁ~・・・でも、次回は、また忘れてそうだけど

私自身は医療・福祉職歴は長いので、ボランティア活動はお願いするばかりで、自分がやろうと思った事はありませんでした。どちらかといえば、大学の時のボランティアサークルの子達が、「私達って、偉くて、すごいのよ!!!」と言う感じなコが多くて辟易してたので、まぁ、ボランティアをする事はないだろうと思ってましたし。福祉の仕事をするようになって、ボランティアを依頼する側のイヤラシサ・・・みたいなモノも見知っているので、ちょっと敬遠していたのでした。

そんな私が、「音訳」をやろうと思ったのは、本当に自分勝手な理由からです 何年か前に「緑内障」の診断を受けました。伯母も同じ病気でしたし、視野が狭くなり失明していった方も知っていたので、始めは、見えなくなる事への怖さが、とても強かったです。検査をした所、まだ視野が欠けている事はないようですが、生きていく中で、視野や視力を失っていく可能性がとても高いのは、逃れられない事実です。

と、いう事で。先の事は眼薬を指しつつ、経過を見守るしかないのですが。一人、「眼が見えなくなったら、どうしよう」と、今から悩むよりも。眼が見えなくなった時に、どんなサービスが受けられるのか? 何が一番辛いか・・・って言えば、大好きな読書が出来なくなる事でしょう。そう思った時に、「音訳」が、とても身近に思えてきました。

まだ見えてるんだし。今、できる事をやっておいて。自分が見えなくなった時には、ガッツリお世話になりましょう

という事で。本来のボランティア精神と隔たりのある所で、ボランティア活動を始めました

初めてみて、「音訳」というのは、奥が深いもんだなぁ~・・・と、やればやるほど、感じています。まだ、なんにも解ってないんですけどねぇ~

なかなか、声を変えたり、コントロールしたり、一定の音量と速度で読む事は難しいなぁ~。それにしても、私のハ行と数字のヘタレっぷりはなんだかなぁ~・・・と。自分の声を聞くたびに、こっぱずかしい・・・って気持ちになるのですが。

やってみて。みなさんの声を聞いてみて。自分が眼が見えなくなった時の事を想像しながら聞いていると。難しいけれど、面白いなぁ~
・・・って思いました。

いろんな思いの方がいると思いますが。

私の場合、同じ声が続くと眠くなっちゃうので、いろんな人が混じっている方が聞きやすいな。上手いヘタもあるけど、人が変わる事で内容が耳に入りやすいなぁ~・・・と思うので。興味のある方は、是非、活動に参加して下さいね(宣伝

得だなぁ~って思ったのは。サークルで声の主がどなたか解るので。知っている人の声が流れているって、すごい安心感があるんですね。まだ、実際に利用されている方とお会いした事はないのですが、サークルの主要メンバーの方々は眼の見えない方達とお知り合いなので、知っている人の声が聞こえてきたら、私だったら心強いだろうなぁ~と思いました また、活動を通して、聞いて下さってる方々と、お会いできる事も楽しみです。

今日は、災害対策関連の講習会のレジュメの音訳をしました。「新人の練習録音」承知で聞いて下さる方に感謝です。自慢させて下さい。声だけは、多分、サークルの中で、一番若く聞こえます(舌ったらずな上、滑舌が悪い)多分

地域でやるからこその、声のわかる関係って、いいなぁ~と思いました 私だったら、知ってる人がたくさん読んでくれている事自体が心強いし。たくさんの人の声があると、いろんな人が自分達の事を思ってくれてるんだなぁ~と、思うので。もし、よろしければ、一度、覗いてみて下さいネ

コメント

ビワの砂糖煮

2017年06月25日 | ジャム作り
お友達のお宅の、大きな大きなビワの木から、「これでもか!」と言うほど、頂いてきました

私が脚立の上で、バシバシと収穫したビワを、友達が袋詰めしてくれたので、調子に乗って、取りすぎました 後で、ビックリ!!!思っていた量の倍以上の量でした 欲張りましたねぇ~・・・いやはや、「狩り」が、面白すぎて

帰ってきてから、ひたすら、皮を剥き、種を取り、種の跡?の内皮を取り除き・・・頑張りましたよ~
変色しないように、レモン汁(卓上レモン)を、まぶしてみました。



台所にイスを持ち込み、流し台の所で、ムキムキ いやはや・・・私、頑張った

指が真っ黒に染まってしまいましたが、大きなボールいっぱいのビワが剥きあがりました。生食でも、充分な甘さがあるので、剥きながら、バクバク食べてました。でも、減らない

あばれはっちゃくも、「ウマイ!ウマイ!」と、かなりの量、食べてました

もう、分量も計らずに、砂糖をまぶして水が出た所で、くつくつと煮てみました 途中で砂糖を足したら、また、甘くなっちゃった

果肉が柔らかくなって、汁が少し、トロっとするまで煮詰めたら、ジブロックに詰めて冷凍保存。
多くは、夏のかき氷の贅沢シロップになります

友達にも、おすそ分けした所。「ビワの砂糖煮を作っておいて、後で煮汁ごと寒天で固めたゼリーが、めっちゃ美味しいよ~」との情報を頂いたので
挑戦してみようかなぁ~

寒天もいいけど、アガーだったら、プリンプリンな食感になるかも!!!

夢が広がります

ビワ狩りさせてくれたお友達に、感謝 ありがとねぇ~
コメント (2)