モウズイカの裏庭2

秋田在・リタイア老人の花と山歩きの記録です。

源太ヶ岳で草紅葉を愉しむ。(2020年9月22日)

2020-10-08 | 八幡平/岩手側

源太ヶ岳を知ってる方はあまり多くないと思う。
岩手県の西側、八幡平山群の南端にある地味な山ですぐ西隣、
秋田との県境にある大深岳(1541m)の方が若干知られているかもしれないが、
標高は1545mでこちらの方がホンの少し高い。主稜から突き出しているので展望は抜群だ。

9月22日は、早朝、姫神山から岩手山を眺めた(こちら)後、ある目的が有ってこの山に登ってみた。

山頂間近まで車で上がれる八幡平では珍しく麓からテクテク歩く山だが、
登山口の松川温泉でもはや850mくらいの高さなので、標高差は700m程度。
山頂までは私の鈍足でも二時間半程度だった。

マイナーな山なので自分独りかなと思っていたら、この日は大間違い。
8時頃、駐車場は既にクルマがいっぱい。山頂に着くまでに十人くらいに追い越された。


上坊牧野から見た源太ヶ岳



今回の非合法マップ



登山口 
                                                                                                    登山道に落ちていた栃の実
 


広葉樹林帯の道




樹林帯に花は何も咲いていなかった。

ユキザサの実                                                                                              ツバメオモトの実

 


途中に岩手山がよく見えるポイントがあり、その先に美味しい水場がある。




水場を過ぎると、ダケカンバの明るい林がしばらく続く。木は美しいが、道は険しくいつもしんどいなと感じる。

ダケカンバの明るい林                                                                               マイヅルソウの実
 



やっと湿原への分岐点に到着。横たわるダケカンバの下の枝は休憩の腰掛として使われる。




このお山、山頂からの展望は素晴らしかった。南東から岩手山、その陰に早池峰山、
南に三ツ石山、その奥右に笊森山や秋田駒、乳頭、南西に遠く鳥海山、
北には平板な八幡平、焼山・・・
と北東北の名山はことごとく見えるような感じ(今回、岩木山と八甲田は定かではなかった)。


源太ヶ岳の山頂とバックに三ツ石山



岩手山はでかい。




南側の山々。
前列は左から三ツ石山、覘標(てんぴょう)ノ台、小畚山。後列は笊森山、秋田駒ヶ岳など。




三ツ石山の山頂部はまだ紅くなっていなかった。今年の紅葉は遅れている(昨年はこちら)。




左、笊森山と右、秋田駒と乳頭山の重なり。手前は小畚山。右奥に鳥海山。



西側の眺め、手前から大深岳稜線と大白森、荷葉岳、右奥には太平山など。




八幡平はとにかくのっぺりと平らだ。左につんと尖がってるのは畚岳。




この日、山上から最後に見た岩手山と右奥に早池峰山。




稜線を大深岳の方に向かって歩いていたら、森吉山もちょろっと見えた。




今回、源太ヶ岳に登った最大の目的は大深湿原の草紅葉だった。

以前、真夏に訪ねた際、そこにはキンコウカが多かったので、そろそろ草紅葉が盛りかなと思い、来てみた。
それはほぼ予想通りだった。

大深湿原の北側。バックは八幡平。




キンコウカの多い斜面










キンコウカの草紅葉、アップで。                                                               
エゾツツジと思われる紅葉
 


ここにはチングルマも多く、こちらの方も色づき始めていた。

チングルマの群生



チングルマのアップ                                                                                チングルマの残り花。一個だけ見つけた。
 


源太ヶ岳、大深湿原は夏場、花が豊富だった(こちら参照)ので、秋に咲く花にも期待していたのだが、
いざ来てみたら、今回、花はさっぱり無かった。

先週、登ったばかりの焼石岳(こちら参照)とはえらい違いだ。
焼石ではうじゃうじゃ咲いていたトリカブトやアザミ類がここには皆無だった。

山頂近くと湿原にエゾオヤマリンドウが少し残っていた以外は草木の実ばかり。
同じ奥羽山系でも山によって違うもんだなと思った。

源太ヶ岳山頂東側のお花畑の跡。枯れ花はトウゲブキ。



エゾオヤマリンドウ                                                                                     ヒロハユキザサの実

 


モウズイカの裏庭(トップ)へ。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紅葉と初冠雪の鳥海山へ(2017... | トップ | 秋彼岸の男鹿毛無山で見たも... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モウズイカさんへ (nemobaba)
2020-10-08 19:33:42
今年の山で会えなかったユキザサやツバメオモト、マイズルソウのきれいな実を見せていただきました。
特にマイズルソウの実の変化を楽しみに歩いています。ありがとうございました。
nemobabaさんへ。 (モウズイカ)
2020-10-08 19:41:58
コメントありがとうございます。
ユキザサやツバメオモトなど、旧ユリ科の山地性植物には花以外に実も美しいものが多いです。
そういった植物との出会いも山を歩く愉しみの一つですね。

コメントを投稿

八幡平/岩手側」カテゴリの最新記事