【わんちゃんの独り言】

毎日の生活の中で見たこと、聞いたこと、感じたこと、思いついたこと等々書き留めています
(コメント大歓迎デス・・・・・)

戦争を詠んだ歌 PART4

2022-05-27 | 折々の花~散歩道で~
朝日新聞朝刊 朝日歌壇
2022年5月8日
 <馬場あき子選>
砲弾にかわり鳥らがとぶ空を大きく描くウクライナの子(西宮市)澤瀉和子
焼け焦げた軍用車両を縫い歩む老女の髪に四月の氷雨(堺市)芝田義勝
戦争は人を殺すと徴兵を拒否したモハメド・アリを思う日(石川県)瀧上裕幸
南京で何もなかったと言うようにロシアはブチャをフェイクだと言う(光市)松本進
「ブチャ虐殺」市民の遺体にまで地雷仕掛(しか)けしはプーチンの軍隊(京都市)森谷弘志
五〇円を恥じらいながら義援金まだ見ぬウクライナへ囚徒の列は続く(名古屋市)西垣進
空爆の瓦礫の道のぬいぐるみ撫でたであろう幼い両手(出雲市)塩田直也
 【評】 
ウクライナの子供たちが描いた絵を見た。広い空に夢の明るさがあり、砲火のかわりに鳥が楽しそうに飛んでいる。
第一首、言葉以上に心に沁(し)みる絵だ。
第二首以下にはさまざまなウクライナの状況への反応があり切実な思いだ。

 <佐佐木幸綱選>
若き日に訪ねしキエフいまいづこキーウの映像追慕拒みて(西東京市)森岡修一
陥落でなく奪還のニュース聞く呼び名がキーウに変わりし都(西条市)丹佳子
同胞(はらから)を弔ふ人を狙ひしや遺体に地雷仕掛けし悪魔(東京都)佐藤幹夫
戦争は人を殺すと徴兵を拒否したモハメド・アリを思う日(石川県)瀧上裕幸
 【評】 
第一首、昔たずねたのはキエフ。現在、映像で見るキーウはまったく過去とつながらない。
第二首、正反対を意味する陥落と奪還。
第四首、モハメド・アリはベトナム戦争に反対し、徴兵拒否をしたヘビー級ボクサー。

 <高野公彦選>
有事には標的となる原発をゆつくり隠しゆく海霞(村上市)鈴木正芳
青ガウンN95にゴーグルを纏(まと)い働く我らに幸あれ(東京都)金美里
暖房の無き地下壕に新生児抱きて暖め続けし看護師(観音寺市)篠原俊則
南京で何もなかったと言うようにロシアはブチャをフェイクだと言う(光市)松本進
虐殺と破壊の記事の新聞を桃源郷の里に届ける(甲州市)麻生孝
 【評】 
一首目、物静かに詠みつつ、怖い歌だ。新潟県には柏崎刈羽原発がある。
二首目、青いガウンとN95(高性能マスク)とゴーグルを装着して働く。医療現場の業務の厳しさを伝える歌だが、作者は仕事に誇りを持っているようだ。(昨今の医療現場は戦場と思いかぶさって)

 <永田和宏選>
闘うも妻子をつれて逃げるのも生きる道なれ哀しウクライナ(江別市)海老澤基
ハリコフの市民であらばわれはいかに振舞い得るか考えてみた(東京都)野上卓
カチューシャも黒い瞳もトロイカもあくがれ遠き歌声喫茶(東京都)清水由美子
数秒にいのちをかけてあざやかにマリーナ・オフシャンニコワの反戦(新潟市)太田千鶴子
「ひどいことしやがる」父は戦争を知る者が持つ声でつぶやく(和泉市)星田美紀
戦争もコロナも地震もコメントするタレント族の不可思議テレビ(横浜市)森秀人
日本語を学ぶと避難民たちはまず片仮名で名前を書けり(札幌市)住吉和歌子
 【評】 
海老澤さん、命のかかる危機の中では個々の選択が迫られるが、どんな択(えら)びも非難されるべきではない。
それを野上さんのように自分ならばと考えることが大切。
清水さん、懐かしい歌声喫茶の思い出が踏みにじられるようだと。

2022年5月15日
  <佐佐木幸綱選>
モザイクは市民の遺体 後ろ手に縛られている手だけが見える(川崎市)川上美須紀
その靴とズボンで夫を見分けたと妻が戦争の惨さを語る(観音寺市)篠原俊則
 【評】 第一、二首、映像と証言で知るウクライナの惨状。

 <高野公彦選>
オリガルヒの息子がドバイで享受する豪華ヨットと高級キャビアを(小金井市)神蔵勇
殺人の兵器を区別して報ず人道的と非人道的に(江別市)成田強
モザイクは市民の遺体 後ろ手に縛られている手だけが見える(川崎市)川上美須紀
プーチンのキライなものでこの世界埋めつくしたい愛・平和・笑顔(河内長野市)平岡章子
  【評】 
一首目、ロシアにはオリガルヒ(新興財閥)が幾つかあってプーチン政権を支えているらしいが、実態はまだ不明という。

 <永田和宏選>
殺人の兵器を区別して報ず人道的と非人道的に(江別市)成田強
「遺棄死体数百といひ数千といふ」ああ何も変わっていない(水戸市)中原千絵子
この夜更けウクライナはまだ日没前爆撃のまだ終わらぬ時間(五所川原市)戸沢大二郎
埋められた遺体をあまた掘りおこし身元確かむキーウの人ら(山形市)黒沼智
 【評】 
成田さん、戦争の兵器に人道的な兵器などあるものかと。
中原さん、土岐善麿の歌の上句を踏まえる。下句は「いのちをふたつもちしものなし」と続く。
戸沢さん、ウクライナの人々の悲劇を共有、共感するにはどうすればいいか。

 <馬場あき子選>
かつての日アウシュヴィッツを解放し手を延べたるはソ連兵なり(長野県)千葉俊彦
加藤登紀子のロシアの抒情聴く夕べ民は平和を愛するものを(仙台市)沼沢修
無防備のキャベツ一枚ずつ剥がす守るべきもの何かと問ひつつ(富士市)村松敦視
砲弾に負傷せし人々を乗せ医療列車は国境目ざす(寝屋川市)今西富幸
殺戮(さつりく)をスーツで語る専門家ただ淡々とただ淡々と(飯塚市)那須富義
身寄り無き母を残して前線に送り出されるロシアの若者(北名古屋市)月城龍二
集団殺害(ジェノサイド)の捜査始まる日も冷たいブチャ掘り起こさるる動かぬ証拠(京都市)森谷弘志
 【評】 
今週もウクライナ情報に反応した歌が多くあった。歴史的な見直しや、今日の日常感から止(や)みがたい思いをうたわずにはいられなかった歌。アウシュヴィッツを解放したソ連兵とジェノサイドの疑惑は戦争のなせる両面なのだ。

5月22日
 <高野公彦選>
ウクライナが気になりますと語りたり洋上の堀江謙一さんが(上尾市)鈴木道明
【評】 
太平洋をヨットで航海中の堀江さんもウクライナが心配なのだ。
天敵の居らぬ人類自らで数を減らせと言ふのか神は(村上市)鈴木正芳
 
 <永田和宏選>
核のあるこの世に生まれ核のあるままのこの世を去らねばならぬ(観音寺市)篠原俊則
あの戦争止められなかったその理由いまうっすらと分かり始める(東京都)趙栄順
戦場で感染症で使われて遺体収納袋の無機質(新潟市)太田千鶴子
自転車でいつもの角を曲ったら彼は撃たれて理由(わけ)しらず死す(諫早市)藤山増昭
戦争の話する人しない人もう福島は遠くなったか(南相馬市)佐藤隆貴
  【評】 
篠原さん、言われるまでもない事実だが、当たり前のことが改めて指摘されてインパクトを持つ好例。
趙さん、今のロシアを見て、かつての日本を思う。

 <馬場あき子選>
どこまでも愛らしき瞳出でてくるマトリョーシカ春、淋しきロシア(三重県)尾崎淳子
【評】 マトリョーシカの愛らしい重なりにロシアの現状をかなしむ。
「プーチンが戦場に行けば終るのに」声欄にひびく十三歳の声(稲城市)坂井暁子
国護るためと持たされた銃重かった昭和二十年五月のわれは(大阪市)由良英俊
原発を撃つ国廃炉に悩む国それでも増設するという国(福島市)青木崇郎
平時なら知ることもなきままの都市指にて辿るウクライナ地図(舞鶴市)吉富憲治
  
 <佐佐木幸綱選>
悲しきはうららな春の新聞の歌壇につらなる戦争のうた(安中市)鬼形輝雄
ウクライナが気になりますと語りたり洋上の堀江謙一さんが(上尾市)鈴木道明
廃虚なるキーウの瓦礫の片隅にブランコゆれてぬいぐるみあり(行方市)額賀旭
誰が誰を殺したのかが分からないそして問わないそれが戦争(大和郡山市)四方護
 【評】 
第一首、春の歌がならぶはずの季節の新聞歌壇に毎週つらなるように並ぶロシアのウクライナ侵攻の歌。まさに「悲しきは」である。
第二首、ヨットで太平洋航行中の堀江謙一氏は、六月の日本帰国をめざしているという。

《番外編》
弟とママと作ったお昼ご飯あすかルビーのフルーツサンド(奈良市)山添葵
【評】あすかルビー(奈良で育成された苺〈いちご〉)入りのサンドが美味(おい)しそう。
「かき氷始めました」に少し似た「思春期に入りました」の背中(奈良市)山添聖子
【評】成長する子を見守る母。比喩が独創的で面白い。
三階の六年生の教室のまどは空しか見えない四月(奈良市)山添葵
春休み占いチョコは「テスト×」「れんあい△」「みらい◎」(奈良市)山添葵
むらさきのクリスマスローズのしずくむらさき色に光っているよ(奈良市)山添聡介
山添親子の大ファンなわんちゃんなんです。

むくのきセンターのユリノキにお花が咲いています  2022年5月8日
 


👆 ユリノキってこんなに大きな木です
ユリノキ(百合の木、百合木、学名: Liriodendron tulipifera)モクレン科ユリノキ属

高さ45メートルに達することもある大きな木であり、特徴的な形の葉をもつ。花期は晩春から初夏、オレンジ色の斑紋をもつ黄緑色の花が上向きに咲く。北米東部原産であるが、日本を含む世界各地で植栽されている。植物の学名の出発点であるリンネの『植物の種(英語版)』(1753年) で記載された植物種の1つである。

かぜのでんわ

2022-05-24 | 絵本

かぜのでんわ

作・絵 いもとようこ 金の星社 刊
岩手県大槌町にある「風の電話」。線はつながっていない・・・・・
電話にこめられた「想い(おもい)」を絵本に。

やまのうえに 1だいのでんわが おいてあります。
きょうも だれかが やってきました。
せんのつながっていない そのでんわで はなしをするために。


たぬきのぼうやがのぼってきました。
たぬきのぼうやは じゅわきを とると、いきなりいいました。
「もしもし、おにいちゃん。どこにいるの?はやくかえってきてよ!
『おにいちゃんは とおくへあそびにいった』って
おかあさんから きいたけど・・・・・
ぼく さびしいよ!いつものようにあそんでよ!
ぼく、いいこにするからさ!ねっ!はやく、はやく かえってきて!
ぼく、まってるから・・・・・

つぎのひは うさぎのおかあさんがやってきました。
「もしもし、ぼうや。げんきにしてる?いいこにしてる?」
いつものように『ただいまー』ってかえってきて!
そして『おかあさーん』って よんでちょうだい!
いつものように・・・・・
いつものように こもりうたを うたうね!
・・・・・おやすみぼうや」
この辺りでわんちゃんの目は涙でいっぱい。

以下は👇この絵本のあらすじです。
次の日は雨がザーザー
狐のお父さんがやってきました。
電話の前でいつまでも泣いていました。
「俺と子供たちを残していっちゃうなんて、ひどいよー」っと・・・・
「本当は『いままでありがとう』を言いに来た」って。
そして、狐のお父さんはいっぱいいっぱい泣きました。

幾日か経って、ねこさんがやって来ました。
「かみさま、人は なぜ死んでしまうの?なぜ生まれてきたのですか?
生きるということ、死ぬということは・・・・・どういうことですか?
教えて下さい神様」

山の様子は季節とともに変わっていきます。
どれだけの人がこの電話でお話をしたことでしょう。
寒い夜のこと、熊のおじいさんが眠っていると、電話が鳴ってます。
山の上の電話はこの熊のおじいさんが置いたのでした。
毎日、ピカピカに磨いてました。
電話のベルが鳴る方に歩いて行きました。
「あの電話は線が繋がってないんだから鳴るはずがない・・・・・」
雪がちらちら降る中を、登って行きました、やっぱりおじいさんの電話が鳴ってました。
おじいさんが受話器を取ると雪はピタリとやみ、数えきれないほどの星がキラキラと輝き始めました。
まるで「電話、ありがとう・・・・・」っと繰り返し繰り返し聞こえました。
おじいさんは空を見て、叫びました
「とどいたんだ!みんなのおもいが とどいたんだ」



風の電話
岩手県大槌町の佐々木格(ささきいたる)さん(ガーデンデザイナー)が、自宅の庭に「風の電話ボックス」をおきました。「会えなくなった人に伝えたい・・・・・」ひとりっきりになって、
電話をかけるように相手に想いをつたえる空間で、実際の電話線はつながっていません。
電話機のよこには、こう書かれています。

風の電話は心で話します
静かに眼を閉じ 耳を澄ましてください
風の音が又は波の音が或いは小鳥のさえずりが
聞こえたなら あなたの想いを伝えて下さい


佐々木さんが震災前から考えていたものだそうですが、心の復興のきっかけになればと思い、実現させたそうです。

「あまりにも突然、多くの命が奪われた。せめてひとこと、最後に話がしたかった人がたくさんいるはず。そして今回の震災だけでなく、会えなくなった人に 伝えたい想いを持っている人は多いと思います。どなたでもいらしてください」

セッカニワゼキショウ (雪花庭石菖)アヤメ科

2022-05-21 | 折々の花~散歩道で~
むくのきセンター東木津川河川敷


グラウンドゴルフ練習中に、コースからコースへの移動の時、白い可愛いお花を見つけました、「あっセッカニワゼキショウや」
飛行場で練習してた頃を思い出しました
飛行場でグラウンドゴルフ:2016.6.15 ⇒こちら

ぜひ撮りたいと思い、夕方の散歩のときカメラ持参で。グランドを何周してもあのセッカニワゼキショウが見当たらない「何でやねん」2~3日してからまた夕方の散歩のときグランドをウロウロしてみた、見当たらない。またまた「何でやねん」と思った。
一つセッカニワゼキショウが咲く時間帯っというのでググってみた。ひげ爺さんのお散歩日記-3⇒こちら

セッカニワゼキショウ (雪花庭石菖、 Sisyrinchium sp. ) アヤメ科 ニワゼキショウ属
別名、コニワゼキショウ。 北アメリカ原産の帰化植物である。
花は白く、花弁が6枚に分かれており、黄色いスジが1本入っている。
多年草で、花期は5 - 7月。

午前中に散歩のときやっと・・・

セッカニワゼキショウの周りにはチラホラとニワゼキショウも。
 
ニワゼキショウ(庭石菖 Sisyrinchium rosulatum)アヤメ科ニワゼキショウ属

先日のこと、ドクダミ茶⇒こちらを作るためのドクダミがそろそろ我が家の庭に・・・
ということで、ドクダミの周りの草抜きを敢行、その周りのお花たちの咲き終わった花柄も取り除いてっと。
パンジーを見るとまだ咲いてるけど、もう終わりのようなカンジ、キレイなお花だけを摘み取って水盤に水を張り浮かべてみた。





天声人語(君の名は)

2022-05-18 | 折々の花~散歩道で~
ええと、君の名は。毎年この時期に、道ばたに咲く花の前で立ち止まってしまう。君はハルジオンか、それともヒメジョオンか。キク科の二つは見た目がそっくりだ。花びらの細さを手がかりに判断していたが、蕾(つぼみ)でも見分けられると最近知った▼蕾が下を向いているのがハルジオンで、花が開くにつれて上を向く。「春女苑(はるじょおん)」の漢字をあてて、さだまさしさんが歌っている。〈あなたに似てる春女苑/うす紅(くれない)に恥ずかしそうに/うつむいて揺れてます〉▼春は、夢や希望と相性がいい季節だと少し前の小欄に書いた。それと裏腹なのだが、ときに失望も訪れる。新しい場所になじめない、こんなはずじゃなかったと、うつむかざるをえないこともある。ハルジオンの蕾のように▼〈信じていいです春女苑/必ず咲きます春女苑〉。さださんが歌うように、植物の姿に励まされることがある。冬を耐える芽。踏まれても咲く草花。植物学者稲垣栄洋(ひでひろ)さんの著書『大事なことは植物が教えてくれる』には、茎に節(ふし)を持つ雑草の話が出てくる▼節を作ることは植物の成長にとって一休みのように見える。しかしそんな草はちぎれても刈られても、節目から再び芽を出すのだという。人もまた悩んだり迷ったりしたときに節ができ、強くなるのかもしれない▼ヒメジョオンは明治期、ハルジオンは大正期に、それぞれ日本に渡ってきたという。全くの新天地だったはずだが、今はここが私の生きる場所だと言うかのように、上を向いて咲くのだ。
朝日新聞朝刊2022年4月23日一面 天声人語

ハルジオン(ハルジョオンとも、春紫菀)キク科ムカシヨモギ属


北アメリカ原産で、日本では帰化植物となっている。ヒメジョオンと共に、道端や空地でよく見かける雑草である。一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言い伝えている。
ハルジオンとヒメジョオンのお花はとてもよく似てます。その見分け方はこちら
さだまさしさんの♪春女苑(はるじょおん)こちら

戦争を詠んだ歌 PART3

2022-05-15 | 折々の花~散歩道で~
<高野公彦選>
 官僚の書きし作文読む日本 ゼレンスキーの魂の声(名古屋市)福田万里子
 太陽は大円となり沈みゆきウクライナの地を照らしに向かう(神戸市)松浦知恵子
 「子どもらの未来の自由を守るため」男ら言いてキエフに残る(観音寺市)篠原俊則
 馬の目も牛の目もやさし人間はさあどうでしょう続く戦争(高岡市)梶正明
 残念な生き物王座に輝くは戦争絶えぬホモサピエンス(川崎市)森八重子
 至言(しげん)「歴史は繰り返さずに韻を踏む」ヒトラーせしことプーチンがする(京都市)森谷弘志
 哀れなるロシア兵かな祖国ではあなたの死さえフェイク扱い(山形市)小林英則
 【評】 
一首目、確かにあの大統領の声は魂から湧いてくる感じ。
二首目、沈んだ夕陽(ゆうひ)は西方のウクライナを照らしにゆく。
 
<永田和宏選>
向日葵と小麦の大地に春近し銃を持つ手に種は蒔けない(日立市)加藤宙
 ウクライナ見れば軍備は必要とこの友までが言い出すのかと(神奈川県)神保和子
 地下壕にふるえ泣いてる栗色の髪の少女はあの日の私(八王子市)守屋栄子
こんな時に不謹慎だと迷彩の服着る我を戒める母(三原市)池田桂子
 キエフの街を泣き泣きひとり歩く子をカメラは前からうしろから追う(相模原市)武井裕子
 あの時も四十の母は乳呑児を背負って逃げた三月十日(草加市)伊藤真砂子
 戦場に掘られた穴に重なれり納体袋に納体袋が(観音寺市)篠原俊則
 国民が国家を動かす幸せと国家が国民動かす不幸(柏市)加藤安博
 パンのため兵士募集に応じたと出稼ぎのごと話すシリア人(北九州市)田部久美子
 CGの映像ではなく着弾の巨大な穴が市街地に空く(出雲市)塩田直也
 【評】 
時事を、社会を詠(うた)うことだけが歌の使命ではない。日常の機微を詠いとめることは作歌の大切な意味だ。
しかし、今回はすべ て ウクライナの歌になってしまった。私の脳がこの危機的状況に占拠されている故とお許し願いたい。
 
<馬場あき子選>
向日葵と小麦の大地に春近し銃を持つ手に種は蒔けない(日立市)加藤宙
 「kamikaze(カミカゼ)」と英語のニュース聞こえきぬ「空から突つ込む自爆ドローン」と(町田市)村田知子
 ウクライナへの防弾チョッキ積みて発つ機影の消えるまで画面見つ(一宮市)園部洋子
 ポンペイの灰に埋もれし死者たちに核戦争の未来重ねる(東京都)野上卓
 沖縄はいまだに戦場と訴える「辺野古のおばあ」は九十二歳(江別市)成田強
  【評】
第一首の上句はウクライナの平和だった頃への思い。下句に銃を持たない手への祈念がある。
【おまけ】
流氷の欠片漂ふトーサムポロ沼腰まで浸(つ)かり浅蜊掘りする(札幌市)藤林正則
北海道根室の春。海から流氷のかけらが流入する沼の浅蜊漁。昔ながらの辛く苦しく、冷たい光景が「腰まで浸かり」に如実。
トーサムポロ沼(北海道根室)こちら
 
<佐佐木幸綱選>
 三度目(みたびめ)の過ちとなる瀬戸際に晒されている大戦と核(尾道市)森浩希
 吐(つ)いた嘘無かったように新たなる嘘をまた吐(つ)く嘘吐(つ)きの嘘(川越市)西村健児
 世界中の三角形の頂点は底辺のこと何も知らない(綾瀬市)小室安弘
 ウクライナの空と大地が震へれば地下シェルターの人ら黙せり(小金井市)神蔵勇
こんな時に不謹慎だと迷彩の服着る我を戒める母(三原市)池田桂子
 【評】 
第一首、なんとしても避けたい第三次世界大戦と三発目の原爆投下。
今週もロシアのウクライナ侵攻にかかわる作が多くあった。
2022-4-24日曜日 朝日新聞:朝日歌壇 

【おまけ:散歩道で出会ったお花】
コバンソウ(小判草)イネ科


イネ科の植物は一般に地味。その中でコバンソウは小さいながら小穂(しょうすい)は丸くて少し膨らんだ扁平。熟すと黄褐色になり、小判の名がつけられた。明治中頃に観賞用にヨーロッパからもたらされ、逸出帰化植物:いっしゅつきかしょくぶつ(栽培植物が野生化したもの)

ゲンゲ(紫雲英、 Astragalus sinicus )マメ科 ゲンゲ属 中国原産。
レンゲソウ(蓮華草)レンゲとも呼ぶ。
 
 

昭和30年代には各地で見られた。姿を消したのは、米作りが早くなった理由が大きい。花後は田にすき込まれ、有機質の緑肥とされた。それが十分発酵するには一か月以上必要。五月の田植えでは、未熟なために腐敗し、害を与えてしまう。
室町時代に中国から輸入、ゲンゲは中国での呼び名がなまったものだといわれる。。


青い鳥

2022-05-12 | 野鳥
青い鳥
日本で身近に観られる青い鳥は、5種類。イソヒヨドリ(磯鵯)、カワセミ(翡翠)、ルリビタキ(瑠璃鶲)、オオルリ(大瑠璃)、コルリ(小瑠璃)です。
この中のイソヒヨドリについて
青いヒヨドリでイソヒヨドリっと言う名前がついてるけど、実はイソヒヨドリはスズメ目ヒタキ科の鳥なんで、本来ヒヨドリとは全くの別種。何となく似てるからイソヒヨドリと呼ばれてるだけで、ヒヨドリとは関係ないです。
オスがキレイでメスは地味です。鳴いてるのはオスです。なぜかというと、ビルに止まって愛の音を発し続けている、求愛の歌です。で、メスを呼んでこれから繁殖のシーズンに入って行くわけです。元々は海、磯に居たからイソヒヨドリなんです、だんだん都市化して街に近づいてきた、やはり餌目あて人間が出す食べ残しなんかも食べますからね、イソヒヨドリのエサは、本来は虫なんです。
マクドナルドのテラスでイソヒヨドリが落ちていたポテトを食べていた、とても慣れているようだったがちょっと心配に思えた。子供が「ポテトあげて良い?」っと聞くので「ダメよ、鳥さん、お腹痛くなっちゃうからやめようね」。「エライっ!お母さんコレ正解です。」
ホントにこれは正しい環境教育になるんですよ。本来自然界に存在しない餌を鳥にあげ続けることは決していいことじゃない、彼らは人間の食べ物目あてにやってきてる。あんな、油で揚げたものを人間ならちゃんと消化できるけど、鳥たちはきっと消化できないです。体にどんなことが起きるかわからないのでコレは親として凄い良い環境教育をしたなっと思います。
カラス、ムクドリ、ハクセキレイなど都市化して町で増えてます。人の近くに来てるんです。それからオオタカも一時都市化して、山や森でえさが獲れないから、人の暮らしの近くに来ると鳩が居るでしょ、神社とか公園に来る鳩を狙うんですよ。っと言うこともあって町の近くで見られるようになった。このことが良いことかっと言うと、本来の生息域ではないので良いこととは言えない。
カワセミって清流に棲んでるイメージがあるけど、カワセミって意外なほど町中のどぶ川に居るんですよ。街のどぶ川にはカダヤシ(蚊絶やし)っていう外来種がいっぱい居るんですよ。魚なんだけど、カワセミはそれを食べて生きてる。都会のどぶ川にすむ魚を食べてるとは意外だけど。どぶ川にすっと立ってるから余計に掃きだめの天使のように、より美しさを感じるんです。下水溝や排水パイプなんかに営巣したりする。もう結構その辺で観ることができるカワセミ。
やっぱりね、青い鳥というと瑠璃三鳥(オオルリ、コルリ、ルリビタキ)
ルリビタキ冬に見られる鳥、なので、この季節では見られない、ちょっと自然度が高い公園、ちょっと開けた山間地とか開けた森で見られます。
これからのシーズンちょうど見られるのがオオルリとコルリこれらは夏鳥なんです、南の方から初夏に渡ってくる鳥なのでこれから5月にオオルリ、コルリは見られます
オオルリとルリビタチは同じ青でも青の深さが違う。オオルリは瑠璃色、ルリビタキの瑠璃は瑠璃色と違ってちょっとブルーっぽい瑠璃色。
オオルリ、コルリ、ルリビタキ、イソヒヨドリは全部ヒタキ科、この仲間は青色が多いんですね、カワセミは違いますが。
カワセミ(翡翠 、翡翆、魚狗 、川蟬 、学名:Alcedo atthis)ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属
サンコウチョウ(静岡県の県の鳥)は青くないです、黒い、何が青いかというと黒い鳥の眼の周りだけが青い、アイリンクっというんです。そこだけが真っ青。
2022-4-25(月)SBSラジオ 鉄崎幹人のWASABI 午後のTEPPAN月曜日は>>>クローズアップ生物
カダヤシ(蚊絶やし)についてこちら

イソヒヨドリ(磯鵯、学名:Monticola solitarius Linnaeus, 1758)スズメ目 ヒタキ科


2019-1-17 精華町畑の前公園にて
イソヒヨドリのオス。
磯の岩場の鳥でしたが、最近はビルなどの凸凹した人工物を岩場にみたてて営巣場所にし、どんどん海から離れた場所にも進出しています

ルリビタキ(瑠璃鶲、Tarsiger cyanurus)スズメ目ヒタキ科


2011-3-08 京都府立植物園にて

オオルリ(大瑠璃、学名Cyanoptila cyanomelana)スズメ目ヒタキ科オオルリ属

2013-5-26 大阪城公園にて

コルリ (Larvivora cyane) 鳥綱スズメ目ヒタキ科
コルリの画像⇒こちら

カワセミ(翡翠 、翡翆、魚狗 、川蟬 、学名:Alcedo atthis)ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属

2011-2-16 精華町けいはんな公園:水景園にて

サプライズなプレゼント⇒こちら

イシガケチョウ(石崖蝶、石垣蝶、Cyrestis thyodamas)チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科

2022-05-09 | 
ほぼ毎週火曜日には不動川公園グランドでアスピアグラウンドゴルフに参加のわんちゃんたち。
ハナミズキの木陰で休憩中、「わんちゃん、ほら、イシガキチョウが居るよ」「どこどこ?ホンマや、南方系の蝶々なのに何でこんなとこに居るんやろ?」
ハナミズキの花に埋もれてヒラヒラ。撮るには遠い、届かへん「写メして送ってもらえない?」

送っていただいたのが👇



イシガケチョウ(石崖蝶、石垣蝶、Cyrestis thyodamas)チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科
大阪市とその周辺の蝶⇒こちら

和名通りの石崖・石垣模様を持ち、ひらひらと紙切れが舞うように飛ぶ。吸水のために濡れた地面に降りる姿がよく観察される。とまるときはほとんど常に翅を開く。 多化性(昆虫の、1年に3回以上の世代を繰り返す性質。)で、成虫は越冬を終えた春から発生を繰り返し、秋遅くまで見られる。食樹はクワ科のイヌビワ・イチジク・オオイタビなど。卵は葉や芽に1つずつ産みつけられる。
南方系のチョウで、 その南方系のチョウが、地球温暖化の影響か、近年は少しずつ分布を北に広げつつあります。熱帯系のチョウの分布域の北上が止まりません。
かつては「珍チョウ」とされたイシガケチョウも近年、九州ではいずこも普通種となり、中国地方から近畿地方まで分布を拡大しました。
 約40年前では日本のチョウは約250種でしたが、最近出版されたチョウ類図鑑(原色昆虫大図鑑?, 2007)によると、321種が数えられ、そのうち熱帯系の種が約50種も増加しました。
 
【おまけ】
散歩道で咲いてた可憐なお花たち
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英、学名 Taraxacum officinale)キク科タンポポ属
 
ヨーロッパ原産の帰化植物。環境省指定要注意外来生物。
日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。
日本の在来種とは外側の総苞の反る点が異なる。

 

ナヨクサフジ (学名:Vicia villosa)マメ科
ヨーロッパや西アジアに自生する植物である。飼料作物として栽培される。

ヘビイチゴ(蛇苺、学名:Potentilla hebiichigo Yonek. et H.Ohashi )バラ科 キジムシロ属
和名の語源については実が食用にならずヘビが食べるイチゴ
ヘビがいそうな所に生育する
イチゴを食べに来る小動物をヘビが狙うことからなど諸説がある。



セイヨウヒキヨモギ(西洋引蓬)ゴマノハグサ科
原産地:地中海沿岸 道端荒れ地に生育

アメリカフウロ(亜米利加風露、Geranium carolinianum)フウロソウ科フウロソウ属
北アメリカ原産の帰化植物。現在は全国の道ばたなどによく見かける


オオバコ(大葉子・学名:Plantago asiatica)オオバコ科オオバコ属の多年草。

高地から平地まで、道端などによく生える野草で、地面から葉を放射状に出して、真ん中から花穂をつけた茎が数本立つ。
葉は薬草として利用され、漢方薬でも使われている。
中国では車前草(しゃぜんそう)ともいうスモトリグサ(相撲取り草)の別名もある。

ノヂシャ (野萵苣、学名: Valerianella locusta )スイカズラ科 (またはオミナエシ科)ノヂシャ属


おもにサラダ用として生食する 。 チシャ(キク科)とは近縁ではない。




エンドウ豆のストラップ 2022-4-18

2022-05-06 | いちごサロン



はぎれを使用したエンドウ豆のストラップです。
とても可愛らしいエンドウ豆です。豆だけにマメに動けるかな・・・?
感染対策の為、1回の定員が6名になりますが皆様の参加をお待ちしております。


さやを縫って縫い目がカーブするところは外側にハサミを入れて細かく切る。


表に返す。



豆を縫ってわたを詰める。


豆をさやでくるんで縫う。できあがり。



えんどう豆とは、ヨーロッパ原産のマメ科の植物から取れるマメのことである。世界中で広く栽培され食用とされており、日本には9世紀から10世紀頃に中国より伝わった。豌豆とも書く。
莢(さや)が硬い種と柔らかい種があり、硬い種では完熟したときに豆を食用にする。日本ではアオエンドウが、うぐいす餡や煮豆などに調理して食されており、アカエンドウはみつ豆やゆで豆として食される。

【おまけ】
散歩中のA子さんから写メ届きました
ATR東側フェンス

ナニワイバラ(難波茨)バラ科 中国南部、台湾原産
わんちゃんも撮ってましたこちら


こんなにもいっぱい、四つ葉のクローバー


キレイね、けいはんな記念公園
「A子さん、旬のお便り、おおきに」




戦争を詠んだ歌 PART2

2022-05-03 | 折々の花~散歩道で~
<永田和宏選>
火柱のロシアの戦車に溜飲が下がるそこにも人がいるのに(観音寺市)篠原俊則
昨日まで遊具のありし公園が墳墓になりて十字架の立つ(安曇野市)武田光弘
プーチンもゼレンスキーも名を残す無名の人は死にゆくばかり(千葉市)塚谷隆治
【評】篠原さん、「見る」側の安易な心理を鋭く衝(つ)いた一首。一方的にロシア軍、その兵士らを悪と決めつけてはその本質は見えてこない。

 <馬場あき子選>
戦争をしない生きもの春の野に雲雀と燕がこぼすさえずり(観音寺市)篠原俊則
絨毯(じゅうたん)に春の光の射し来ればトルコの駱駝(らくだ)微(ほの)かに歩む(五所川原市)戸沢大二郎
ウクライナ攻撃止まずわが郷は罪の如くに春の深まる(亀岡市)俣野右内
【評】 日々ウクライナの情報が伝えられる。
第一首の「戦争をしない生きもの」はそれに触発されてのものか。下句に生の活力がみなぎる。
第二首はトルコ絨毯にさす春光。下句の駱駝の織り柄に添えた「微かに歩む」に独特の気分がある。
 
<佐佐木幸綱選>
戦争で町が廃墟と化しゆくを進行形で見てる驚き(大洲市)村上明美
動物がおびえていると園長は戦火の中に留まるという(前橋市)荻原葉月
日本にも海越え派兵した歴史「侵攻」という言葉の重み(郡山市)柴崎茂
ウクライナの短歌を読みたく日曜のあした朝日を買いに走るも(東広島市)大成健次
ジャベリンやスティンガーなど昨年の春には知らざりし武器を覚える(昭島市)西山美津江
【評】第一~五首、今週もウクライナの歌が多く寄せられた。進行形の戦争の報道をどう短歌にするか。歌人たちの短歌もむろん問われているし、第四首にあるように、この点に関する新聞歌壇の選者の責任も重いのだと思う。

<高野公彦選>
攻められて焦土広がるウクライナいま人びとはムンクの「叫び」(横須賀市)矢田紀子
百四十三個のテディベア並ぶロシアの奪いし子どもらの数(観音寺市)篠原俊則
美しき草色萌ゆるライ麦はいつか黄金の波になりゆけ(国分寺市)小山佐和子
再上映「ひまわり」見つつウクライナの別れあまたを暗がりに泣く(我孫子市)松村幸一
高遠(たかとお)の観桜のヘリ飛ぶ空は爆音止まぬ国に続きおり(伊那市)島村玲子
【評】 一首目、かの国の空にもムンクの「叫び」が湧いているかも。
二首目、死んだ子どもの数だけ置かれたテディベア。
三首目、戦争が終わって農作物が順調に育ち、豊かに稔(みの)ることを願う歌。各句の頭に「う・く・ら・い・な」を置いた折句。
朝日歌壇 2022.5.01日曜日 朝日新聞朝刊九面 
 
【おまけ】
散歩道で咲いてた可憐なお花たち
セイヨウタンポポ(西洋蒲公英、学名 Taraxacum officinale)キク科タンポポ属
 
ヨーロッパ原産の帰化植物。環境省指定要注意外来生物。
日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。
日本の在来種とは外側の総苞の反る点が異なる。

 

ナヨクサフジ (学名:Vicia villosa)マメ科
ヨーロッパや西アジアに自生する植物である。飼料作物として栽培される。

ヘビイチゴ(蛇苺、学名:Potentilla hebiichigo Yonek. et H.Ohashi )バラ科 キジムシロ属
和名の語源については実が食用にならずヘビが食べるイチゴ
ヘビがいそうな所に生育する
イチゴを食べに来る小動物をヘビが狙うことからなど諸説がある。



セイヨウヒキヨモギ(西洋引蓬)ゴマノハグサ科
原産地:地中海沿岸 道端荒れ地に生育

アメリカフウロ(亜米利加風露、Geranium carolinianum)フウロソウ科フウロソウ属
北アメリカ原産の帰化植物。現在は全国の道ばたなどによく見かける


オオバコ(大葉子・学名:Plantago asiatica)オオバコ科オオバコ属の多年草。

高地から平地まで、道端などによく生える野草で、地面から葉を放射状に出して、真ん中から花穂をつけた茎が数本立つ。
葉は薬草として利用され、漢方薬でも使われている。
中国では車前草(しゃぜんそう)ともいうスモトリグサ(相撲取り草)の別名もある。

ノヂシャ (野萵苣、学名: Valerianella locusta )スイカズラ科 (またはオミナエシ科)ノヂシャ属


おもにサラダ用として生食する 。 チシャ(キク科)とは近縁ではない。





絵手紙三人会 四月 柏餅・葱坊主・鈴蘭 2022-4-20

2022-05-03 | 絵手紙
絵手紙. モットーは〝ヘタでいい、ヘタがいい!. ”この言葉に助けられているわんちゃんですが、
「コレ、何に見える?」っといつも聞きます、その日に描いた絵手紙を息子たちに見せて「ソレって、何描いたつもりなんや?」「・・・・・・・・・・」

ネギ坊主描いたつもりなんやけどなぁ」


「子供の日が近づくと、描きたくなるね」とか言いながら毎年描いてます。花仙堂御用達


スズランが庭に咲いてましたので




Hさんは季節のお便りにしてお友達に・・・っと言うてはりました。


Mさんは、庭のお花をモチーフに

春爛漫なお便り

大柳生在住Nさんから


 
絵手紙仲間Hさんから




天声人語(ある反戦歌)

2022-04-30 | 折々の花~植物観察会~
ベトナム戦争の頃の反戦歌に「ユニバーサル・ソルジャー」がある。題が暗示するのは、誰もが兵士になりうるという現実だ。〈彼はカトリックであり、仏教徒であり、ユダヤ教徒だ。彼は殺してはいけないと知っているが、私のためにあなたを殺し、あなたのために私を殺す〉▼彼は自国のため、民主主義のため、共産主義のため戦う。〈そしてこれが戦争を終わらせる方法だと思っている〉。名目は何であれ、起きているのは人が人を殺すことだ。ウクライナでの戦争が始まって2カ月が過ぎた▼キーウ近郊の破壊され尽くした映像から見えるのは、ロシア軍の非道さである。そしてウクライナ側は、米国などから渡された武器を使って対抗している。武器供与は今後も続くという▼気がかりなのは、オースティン米国防長官による勇ましげな言葉だ。米国の目標について、「ウクライナ侵攻のようなことができない程度に、ロシアが弱体化することを望む」と語ったという。自衛のための支援が、いつからロシアつぶしに変わったのか▼もし自分がウクライナの市民だったら。小さなまちの市長だったら。侵略が始まってからいつも考える。戦いたくない、誰も戦わせたくない。だからこそ、銃を取らざるをえなかった人たちの苦渋と葛藤を思う。戦争というものの恐ろしさを思う▼グテーレス国連事務総長がロシアとウクライナの首脳と直接対話に乗りだしている。小さくとも何か糸口がつかめないか。停戦を、停戦を、停戦を。
朝日新聞朝刊一面2022・4・28

戦争を詠む歌
朝日新聞朝刊2022年4月28日18面京都短歌 中西 健治選
ウクライナの旗のようなり一面に菜の花の咲く 戦悲しも (京田辺)福田 正人
【評】美しい菜の花畑を悲しみに染めないでと願うのみ。「な」の響き、「も」に至る一字空けが巧みだ。

植物観察会のメンバー(奈良市在住)から写メが届きました
ホタルカズラ(蛍葛、学名:Lithospermum zollingeri A.DC. )ムラサキ科ムラサキ属
 
和名は、草むらの中に点々とつける花の色をホタルの光にたとえたことに由来する 。花は径15mm
別名:ホタルソウ、ホタルカラクサ、ルリソウ

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)ラン科キンラン属
 
 
地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する

我が町、精華町ででもキンラン、ギンランに出会えます、友人宅のすぐそばでね。
キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)ラン科キンラン属

ギンラン(銀蘭、学名:Cephalanthera erecta )ラン科キンラン属
 
ちなみにキンランは京都府RDB絶滅危惧種⇒こちら
ギンランも京都府RDB絶滅危惧種⇒こちら


ふるさと発見の旅~春~ 2022-4-16

2022-04-27 | 健康ウォーキング

≪健康管理に歩くことが見直されてきています。どんどん歩きましょう。≫
ふるさと発見の旅~春~

多世代間交流
青葉につつまれた天空の回廊を歩こう!
春爛漫の「神奈備丘陵」を巡る旅 高船~天王~水取
《コース》徒歩区間:約4.5Km
奈良交通バス91系統 高船行(570円)三山木駅西口3番乗り場9:29発⇒高船9:58着
高船農産加工センター⇒高船極楽寺・石船神社⇒笠上神社⇒朱智神社⇒天王・極楽寺(昼食)⇒一石多尊石仏⇒水取バス停⇒奈良交通バス90系統 三山木駅前行(300円)水取14:58発⇒三山木駅15:10着

バス停 高船

バス停の時刻表見たら、な・ん・と一日に2便!!
1高船農産加工センター

地元産にこだわった漬物・みそ 高船農産加工センターこちら

同行メンバーに、凄くお味噌に拘っている人が居てた、特にここでのお味噌を・・・その日は売り切れていた。
お求めはここで!
まごころ込めた製品を一度ご賞味ください。季節によって並ぶ商品が異なります。
・普賢寺ふれあいの駅
・にこにこ市
・駅ナカ案内所(近鉄新田辺駅西口)
・アル・プラザ京田辺(毎月第1・3土曜日)
・LOVE 京田辺マルシェ(ブランチ松井山手で3カ月に1回程度開催)
・市内イベント
・産直市場よってって枚方北山店(枚方市)

1-1徒歩で極楽寺(高船)へ



 
五重石塔2基(庫裏《本堂横の住居》横に設置
北側1基はもと七重塔で、軸部に四方仏を刻む
南側1基は軸部には、四方に梵字を刻む

1-2石船神社(いわふねじんじゃ)

 



2笠上神社

 


瘡(かさ)神社とも呼ばれ、瘡(天然痘)を患う人たちの平癒祈願の信仰がある。
本殿前には左右に石造狐が鎮座している。元は稲荷神社であったのか?
境内は京田辺市の最高地所でもあり、南山城南部や奈良方面が眺望できる景勝地であり(春の桜がキレイとある。)


キモチいいほどの見晴らしの良き事。

3朱智神社



朱智神社 (京都府京田辺市天王高ケ峰)⇒こちら
4天王極楽寺こちら






ここで、昼食タイム、境内で思い思いの場所でお弁当を広げた、ふと見るとこのお寺の周りは桜の樹が植樹されてある、満開の頃はさぞや・・・

5一石多尊石仏碑(天王共同墓地斎場)

入り口正面斎場奥に此の多尊石仏が三基と向かって左には地蔵と阿弥陀石仏。
向かって右から三十三観音碑、十六尊仏碑、十六尊仏板碑と三基が仲良く並列しています。
京田辺市 天王(てんのう)墓地の一石多尊石仏/他 ぺんさんのblog愛しきものたち⇒こちら




6マンホール
 

市の花ヒラドツツジと、中央に市章がデザインされています。 下部に「ひらどつつじ」「おすい」と書いてあ
ります。
市章は、京田辺の田の文字をかたどり、丸い円は市民の融和を意味し、横に突き出た部分は無限にのびゆく京田辺市を表現したものである。
汚水管マンホール蓋
【おまけ】
京田辺市には極楽寺が4か寺あるという京田辺・極楽寺巡り⇒こちら
さて、ここで天王から徒歩で水取バス停へ出て、バスで三山木駅に向かうのと三山木駅までここからずっと徒歩でっというのに分かれた、わんちゃんは何気なく「歩き組にご一緒しまぁ~す」
歩きましたね、三山木駅のホームでバス組に追いつかれました。
この日の歩数計は、な・ん・と21236カウントしてました。

桜紀行 最終章 2022-4-17

2022-04-24 | 折々の花~桜編~
前のグラウンドゴルフの練習日に、終了後のこと、
「もうそろそろ桜も終わりやねぇ、そやけど八重桜がまだまだキレイよ、観に行かへん?」
「行こ行こ、クラブ車に置きに行ってカメラ撮って来るわ」

日曜日の道路は車も少なく両側の八重桜はキ・レ・イ。

 

 




2018年にこの辺りウロウロしてますこちら

戦争を詠む歌

2022-04-21 | 折々の花~散歩道で~
朝日歌壇 2022-4-17(朝日新聞朝刊)
★佐佐木幸綱選
「しんこう」と打てば親交と出るスマホAIも侵攻は予測せざりき(龍ケ崎市)矢嶋 千尋

★高野公彦選
戦車行く野は花が咲くはずだった子らが遊んでいるはずだった  (福島市)美原 凍子

烏克蘭(ウクライナ)紅旗征戒(こうきせいじゅう)吾が事の震撼の日々の壬寅(じんいん)の春
(逗子市)織立 敏博

爆音に怯えなく子をウクライナ国歌であやす地下壕の母 (寝屋川市)今西 富幸

リモコンのボタンひとつでお笑いと殺戮行為を見ている我ら (山形市)山上 龍子

特攻の翼作りの少女期を返せ戻せと詠みし姉逝く (吹田市)谷村修三

第一首:戦車隊が侵入し、いつもと余りにも違うウクライナの春。
二首目は『明月記』の有名な言葉を織り込み、全体を漢語調に仕上げた作。

★永田和宏選
戦争は「始まる」ではなく「始める」であるとつくづく思う如月 (観音寺市)篠原 俊則

戦車行く野は花が咲くはずだった子らが遊んでいるはずだった  (福島市)美原 凍子

氷点下堪へて流るる春の水戦車が砕く凍土悲しき (長野県)内藤 弘子

不意に来てテレビ局員NO WARが映り込むよう立ち位置変える(大洲市)村上 明美

篠原さん、戦争は誰かが「始める」ものだという厳然たる事実。それによって豊かで平和な野が踏みにじられると美原さん。

★馬場あき子選
俳優もサッカー選手も戦死する映画でもないゲームでもない(茨城県)樫村好則

銃撃に腕失いし九歳の少女はピンクの義手を欲(ほ)るとぞ(観音寺市)篠原俊則

使用済み燃料四千体残るふくしまは仰ぐウクライナの空(福島市)青木崇郎

惨状を映す画面に中断のコマーシャル明るくて平和って何(取手市)近藤美恵子

ウクライナ情報をもとに戦争への思いを歌う。

散歩道で咲いてる可愛いお花
ヒナギキョウ(雛桔梗、 学名: Wahlenbergia marginata )キキョウ科


関東地方以西から琉球、朝鮮・中国・東南アジア・オーストラリアに分布する小型の多年草。日当たりの良い原野に生育する。高さ20~40cmになり、小型ではあるが長い柄の先にキキョウにそっくりの花を付ける。地下には地上部の姿からは似つかわしくないほどの根茎を発達させている。この地下部が芝生などの強度に刈り取られる場所での生育を実現させている。

ナガミヒナゲシ(長実雛芥子、長実雛罌粟、学名 Papaver dubium L. )ケシ科
 

ナガミヒナゲシは地中海沿岸地域の外来種で、1961年に初めて東京都世田谷区で確認されました。
雛と呼ばれて可愛いお花、道端で咲いてるのを見かけるとついカメラを向けたくなります、が、ナガミヒナゲシにはアルカロイド性の有害物質が含まれています。害虫や動物から身を守るための植物毒のため、素手で茎を触ったり折ったりすると、手がかぶれるおそれがあります。
花言葉:平静、慰め、癒やし

散歩道 2022-4-14~4-17

2022-04-18 | 折々の花~散歩道で~
いつも散歩コースがけいはんな公園というA子さんから写メが届きました。


「うわっ!!タンポポがいっぱいやねぇ、どこなん?」
「けいはんな公園から水景園に行く途中の梅林の梅の木の根元に広がってるわ」

ウチに帰ってタンポポのこと調べようとしたら、図鑑の索引ページに『タンポポ』とは載ってなかった、タンポポモドキのページを繰ってみたら、セイヨウタンポポ、アカミタンポポ、カンサイタンポポ、トウカイタンポポ、エゾタンポポ、カントウタンポポっと、載ってる、載ってる「え~~っ」
A子さんが写メして送ってくれたんは、何タンポポ?
日曜日のことグラウンドゴルフ練習の帰りしなに寄ってみました、近づいて撮ってみたら


「カンサイタンポポ」み~んなそうでした。
「わんちゃん、この白いお花は何というの?」

シャガ(射干、著莪、胡蝶花、学名:Iris japonica)アヤメ科アヤメ属

「シャガとちゃうかなぁ」
「そやそや、教えてもらったことあったよね」
「そのお花は山林に群生する植物で、木漏れ日が差し込むような半日陰の環境が理想的っと聞いたことあるわ」
「薄暗い杉の大木の根元やわ」
「ナルホド、ガッテン」

タンポポを撮ってたら、スミレが2種類、ムラサキサギゴケも
 

そばの小川で子供っちのはしゃぐ声が・・・

公園の芝生広場の方へ



そして、木津川の堤防を散歩中にダイスキなスミレ見っけ。

大きな株のスミレがあっちこっちに咲いてて、嬉しかった。
ヘラオオバコもいっぱい咲いてる、
ヘラオオバコ(箆大葉子)オオバコ科


要注意外来生物に指定されながら、一方で漢方として使われていて、咳を鎮める・去痰の効果がある植物です。
このお花は背丈がひょろっとしてるんで、ちょっとでも風が吹いてたら撮れないんです、
たまたま風のない日でじっくりと撮れました。