minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

SF映画の音(SE)について。

2017年11月01日 | 映画、本、芝居関係
今日は1日ということで、映画の日。

まずは渋谷アップリンクで阪本順治監督の「エルネスト〜もうひとりのゲバラ」を鑑賞。

ゲバラ役の俳優は少し小太りであったこと、オダギリジョーの子供の頃の役が完全に日本人の顔からかけ離れた南米人だったこと、を除けばとても面白い映画だった。

なにしろ、オダギリジョーが日系ボリビア人という設定で、出演中に一度も日本語はでてこない。スペイン語をネイティブのように喋っているのには驚き。素晴らしい俳優さんだな〜。

彼が扮するエルネスト・メディコ(という名前をゲバラが命名する)が私の生まれた頃(1960年代)に実在していたことすら知らなかったけれど、ハバナの飛行場やら毎日通ったハバナ大学や大学の裏手にある病院に世話になり、フィデルの葬儀にも出席した私としてはなんとも懐かしいハバナの風景(きっとそのままロケで浸かっているのでしょうw)も満喫できた楽しい一時でありました。


昨年のフィデル(カストロ)の亡くなった翌日のハバナ大学の朝の風景。このあと、ここで大集会が始まる。


人気のゲバラの3ペソ札




きっと50年前も同じような風景だったと・・・。

「エルネスト」阪本順治監督


そして、次に池袋に戻って「ブレードランナー2049」を鑑賞。

大大だ〜〜〜い好きなブレードランナーの続編ということで、あまり期待せずに(得てしてがっかりすることが多いので)行ったのですが、3時間という長さをまったく感じさせない面白い映画に仕上がっていました。

普段それほどSFとかアクションものを見ないけれど、これは別。やはり映画館で見るべき映画だな。

前回の作品と比べることはできないけれど、これはこれでとても良い映画だと満足。ルトガーハウアーのような不思議で魅力的なレプリカントはいなかったけれど、いろいろと楽しめるストーリー。特撮技術もすごいことになっているんだな〜。と改めて関心。

でも、でも SF映画を見るたびに思うのですが、なんでこんなに音が大きいの?というか、うるさすぎる。アクションシーンの音までそんなに大きい音で驚かさないで!と声を大にして言いたい。

映画関係者のみなさま、どうなっているんでしょうか?毎回、この手の映画を見るたびに、耳栓を持ってくるんだった〜と後悔しながら耳をふさぎつつ鑑賞するのであります。誰もなんにも文句を言わないって、私だけがおかしいのでしょうか????

それ以外は十分楽しめる映画でした。いや〜、映画っていいですねw。




コメント

子供達をよろしく(Streetwise)

2016年03月02日 | 映画、本、芝居関係


昨日のブログにたくさんの方が反応してくださって、その中で偶然見つけた「子供達をよろしく(邦題)」!!

20年以上前だったか、映画好きのトシキがレンタルビデオ屋でなんとなく借りてきたこの映画、音楽がトム・ウエイツだったのにも感動し、最後に流れてきた歌に涙しながら思わずビデオを巻き戻して採譜し、自分のバンドでも演奏するようになったものです。

以降、この映画の話をしてもあまり知る人がいなくて、もう一度映画を借りに行ってももうビデオ屋にもなくて・・・・。

youtubeで探したのに見つからなかったのは邦題のせいでしたw。本当は「Streetwise」だったのですね。

今年はこの題材となった街、シアトルのジャズフェスティバルにもご縁があってTReSが出演できることになって、もう一度どうしても見たい映画でした。運命的としか思えません。芳雄さん、本当にありがとうございました。

永久保存版にお勧めします!ぜひ一度ご覧ください。素晴らしいドキュメント映画です。

コメント

Mariya Suzuki ドローイング展@用賀Salad Bowl

2015年05月19日 | 映画、本、芝居関係
旅の疲れもそこそこに、今日は昼から車の洗車をし、そのまま「鈴木まりやドローイング展」へと向かった。








まりやちゃんは7年間、カリフォルニアで留学し、帰国した年に大阪ワイルド・バンチで出会いました。黒髪にキラキラした瞳のとってもキュートな女の子。なんと、いつもワイルドバンチの調律をして下さっていた鈴木さんのお嬢様でした。そして、私たちのチラシを描いてくれていたのです。

翌年も奈良、大阪のライブのチラシを手がけてくれたり、ライブに来てくれたりと意気投合。そして、昨年東京に進出することに。

そんな彼女の初の個展が用賀の環八通り沿いのギャラリーでやっているので駆けつけました。







彼女の独特な繊細なタッチの絵が壁一面に飾られて。さらに、コーヒーカップに書き込まれたアート。どんなところでもサラサラっとスケッチしちゃうまりやちゃんならではのユニークな発想の絵です。まりやワールド全開!

特に町並みの風景画が大好き!いつかブエノスアイレスの石畳の絵も描いて欲しいなあ・・・と夢が膨らむ。これを基にどんどんはばたいて欲しい若き才能あるアーティストの誕生です!応援します!!

個展はあさってまでですので、時間があればぜひ立ち寄ってあげてください。彼女が淹れたコーヒーもご馳走になれますよ〜w。入場無料。お願いすれば、似顔絵も描いてくれるそうです。



コメント

トニー・ガトリフ「ガスパール~君と過ごした季節」

2014年10月28日 | 映画、本、芝居関係
今日からベベンコビッチ週間。新曲ばかりを披露するので、家族3人で手分けをしてアレンジした。五島から関西ツアーを経て、東京入りしたベベンコ。我が家は今日から合宿所と化すのであります。家について早々にリハーサル。ご飯をはさんでまたリハーサル。気がつけば6時間もやってましたw。Buddyへの予約はもうおすみですか~?!



そして、明日はいよいよアルゼンチン大使館で面接の日。着々と準備もすすみ、さらに12/7(日)8時からブエノスアイレスの[BEBOP]というジャズクラブでのギグもとれたよ~、との報告。嬉しいです~。BebopをやらないTReSがそんな名前の店に出演していいのか~~(苦笑)。お近くの方はぜひいらしてください。music chargeは80ペソです。

さて、先週の金曜にトニー・ガトリフ監督の「ガスパール~君と過ごした季節」というDVDが発売になりました。本当のタイトルは「ガスパール&ロビンソン」ですが、ジプシー映画を撮り続けている素晴らしい監督です。この映画は初めて観たのですが、音楽がミシェル・ルグラン。めずらしく巨匠に音楽を一任しています。切なくも温かな、男の友情を描いた佳作。お恥ずかしいのですが、少しだけ中にコメントを載せております。よろしければご覧下さいませ。


コメント

芳雄さんの愛した村へ・・・

2014年10月24日 | 映画、本、芝居関係
原田芳雄さんの最後の作品となった映画、「大鹿村騒動記」。芳雄さんが、この村の「大鹿歌舞伎」に出会ったことで、惚れ込み、この村で何か映画を作れないか、と阪本順治監督に相談した。

おそらく、もうご自分が長くないことも覚悟の上だったと思う。NHKのお正月ドラマで吉田茂役で出演していた中で、大腸がんが見つかり、そのまま延期となり大手術。みごとに回復し、「原田芳雄復活ライブ」を目黒のブルースアレイで行った。ちょうどその1ヶ月前くらいに忌野キヨシローさんの訃報。このライブで芳雄さんは急遽「スローバラード」を熱唱したのだった。私たちが芳雄さんと演奏したライブも、これで最後となってしまった・・・。

未だに芳雄さんへの思いが強く、立ち直れていない友人たちを何人も知っている。私も其の中の一人だけれど、酷い人になると、芳雄さんの映像を観るのもつらい、と言い、未だに「大鹿村騒動記」を観れていない芳雄ファンも多くいるようだ。

私もつらさをこらえて、やはり映画館に一人で観に行った。大きめのハンカチを持って。

しかし、終ったあとに残ったものは、芳雄さんの笑顔。素晴らしい、本当に素晴らしい映画だった。最後までこんなに笑わせてくれるなんて、なんて素晴らしい役者なんだろう。この映画の脚本から監督を務めた阪本監督にも脱帽です。今回、大鹿村とのご縁ができ、行く事になって、改めて映画を見直してみたが、やはり、この映画は何度観ても素晴らしい。

さらに、メイキングがついていて、これがまた楽しいのだ。芳雄さんがどれだけ大鹿村を愛したか。大鹿村の人達との交流や、役者さん同士(本当に仲の良い友人たちだが)の交流、すべてがそのまま映し出されている。

「人間臭さが大鹿歌舞伎にはある。そのありのままが俺たちにも表現できればいいんだけれど。大鹿歌舞伎は役者の原点なんだよね。」

十分に伝わってきますよ、芳雄さん。最後にこんな素敵な映画を残して下さって本当にありがとうございます。

明日は、この「日本一美しい村」大鹿村で芳雄さんを愛してやまない同志たちが集って「原田芳雄プロジェクト2014」というイベントをやります。

芳雄さんのライブ(秘蔵)もちょっとだけ公開いたします。無料コンサートですので、どうぞお近くの方はお気軽に遊びにいらしてください。

演奏は 10月25日(土)大鹿村交流センター大ホール  17:00 ~ 18:00 / 18:30 ~ 19:10

芳雄さんにまつわるお話などもさせていただきます。

コメント

映画「クライマー~パタゴニアの彼方へ」

2014年09月01日 | 映画、本、芝居関係
美しく、鋭くそびえるCerro Torre/セロ・トーレ。クライマーが憧れるパタゴニア(アルゼンチンとチリの境)の山。



富士山頂で演奏経験はあるけれど、まったく登山に興味のない私(苦笑)。それでもこの映画、予告編観ただけで「行かなくちゃ」と思える映画だった。

ドキュメンタリー映画好きの私にとって、映画館でしか観られない壮大なパタゴニア風景。これは絶対観るべき、と神様のお告げが・・。さらに今日は映画の日だからチケットが1100円じゃん!とどしゃぶりだったけど、あわててネットで座席予約購入。最終回にも関わらず、満席でした。

予想を上回る素晴らしい映画でした。内容はあまりごちゃごちゃ書きません。カメラ隊も主人公のデビッド・ラマも本当に格好いいのです。


若き日の伊達公子さんのような爽やかなイケメンなのだw。

CGアクションばかり観ているあなた、たまにはこういう映画もお薦めですよ。本当のスリルと興奮が味わえます。

ぜひ、興味あるかたは映画館へ行ってみてください。

いや~、人間、何事もあきらめずにやり続けるって大事なんだなあ。さあ、私ももうひとふんばりしよう。といきなりやる気モードにスイッチが入ったのであります。イエ~イ!

12月にパタゴニアに行ったら、絶対この山を眺めてみたいなあ。

コメント

映画三昧~リメイクにはご用心!

2013年04月07日 | 映画、本、芝居関係
先日、シュガーマン奇跡に愛された男を鑑賞。やはり音楽ドキュメント映画は素晴らしい!特にシンガー、音楽家は必見の映画。ドキュメントだけど、脚本もよくできていた。ロドリゲスの歌声が今も心に沁みている。ネタバレさせたくないので内容はひ・み・つ。ぜひ映画館へ足を運んでください。

家では息子が「アルゴ」を借りて来たので鑑賞。こちらも一応ドキュメント映画。ハラハラドキドキするジェットコースターのような展開はアメリカ映画だな(苦笑)。息子は面白かった、凄かった、と興奮気味。

私「アルゴはとても面白かったけど、ちょっと作り過ぎじゃないかなあ?脱出劇といえば、『ミッドナイトエクスプレス』がお薦め。きっと感動するよ。」
RIO「ふうん。」とすぐに携帯で検索すると見つからないらしい・・・そんなあ。
トシキ「俺は、映画の中では『奇人たちの晩餐会』がお薦めだな~。」
RIO「へ~?」

さっそくレンタルビデオ屋で借りて、夜中に観たらしい。

翌朝トシキが「どうだった?」と聞くと
「最悪・・・あんな映画が好きだなんて。バイトが朝からあるのに、無理矢理起きて観た2時間を返せって感じ。」

トシキは大ショック。「そんなにひどい映画だった?おかしいなあ。俺は大好きなんだけど。もう一度観たいからそのビデオ返さないで。」

てなわけで、昨夜もう一度鑑賞しよう、とDVDをセット・・・・。

あれ?しょっぱなからなんか違うぞ、しかもこれってアメリカ映画・・・?5分くらい見て全く別ものだと解った。15分くらい我慢して鑑賞していたが、やはりつまらないのでやめた。これはアメリカでリメイクされた物だった。酷い(怒)!

本物はフランス映画。ああ、大きな勘違いに気がついてよかったねw。みなさま、ご注意を!

本物はこちら。「奇人たちの晩餐会」



コメント

「バイエルの謎」安田寛著

2012年11月11日 | 映画、本、芝居関係
昨日は高校時代の友人Sが結婚パーティをするというので丸の内へでかけた。めったに行く事のない丸の内があまりに様変わりしているのでびっくり。お上りさん状態だった(汗)。

高校時代の友人だから、私と同じ歳。20歳を過ぎた息子,娘もいる彼女は13年間つきあった相手とようやく再婚。2人あわせて106歳だ!凄い!彼女のためにTReSで演奏をしてきました!

しかし、同い年とは思えないくらい若くて美人で才女のS。天は2物も3物も与えるのだな~~~とSの美しくダイエットに成功した純白のウェディング姿にほれぼれ。おめでとう!幸せになってね。

彼女の最後に放った一言「願えば叶う!」う~~~ん、人生の勝利宣言です。


話は別になるが、面白い本を見つけた。「バイエルの謎」。

私たちが小学生の頃、ピアノを始めるときに必ずお世話になったピアノの初心者入門バイブルと言える「バイエル」。ところが息子くらいの年代から「うちではバイエルは使いません」というピアノ教室、先生が増え出し、一気に『バイエルは入門書としてはどうなの?』という風潮が・・・。

なぜバイエルが酷評されだしたのか?そもそもバイエルってどんな人物?と疑問を抱いた著者が調べて行くうちにあまりに彼についての情報がないことに驚愕し、もしや世の中にバイエルがいなかったのでは・・・・?なぜバイエルは106番という曲数なのか?指のお稽古にしては曲の作り方がランダムで・・・????

などなどと歳月をかけてバイエルの足跡をたどる旅にでかけ、丁寧に調べていく過程がちょっと推理小説のようで面白かった。

種明かししちゃうと面白く無いからここには書きませんが、興味ある方はぜひお読み下さい。





コメント

[スケッチ・オブ・ミャーク]こぼれ話

2012年09月28日 | 映画、本、芝居関係
「久しぶりにぺーぱーむーんに飲みに行こうと思います。お時間があれば紗知さんもいらっしゃいませんか。」と大西君からメールが入った。

大西君の「スケッチ・オブ・ミャーク」があまりに素晴らしい映画だったので沢山話したい事があったから喜んでぺーぱーむーんへ向かった。

一番驚いた事はあの映像は殆ど大西君一人で撮ったという事だ。助手だとかカメラ、照明、記録なんていうスタッフなど一人もいないで、一人で撮影、編集まで全てやってしまったとは。凄すぎる!

大西君は若くてハンサムな青年なので、宮古のおばあたちもきっとトキメいてインタビューに応えていたに違いない。おばあたちの輝くような笑顔。自然な会話。
普通なら入り込めないような神事の場にも一人だけで撮影していたからこそ溶け込んであの映像が撮れたのだ。みんなが幸せで濃厚な時間・・・・そのまま映画に現れていた。

映画の中の風景に一頭の馬が道路にやってきて通り過ぎる場面があった。

「あれはヤラセなの?」いっきさんが聞くと「いいえ、あれは偶然なんですよ。」

とても印象的な素晴らしい映像。神様があの映画には舞い降りて来たのだ。そして、素敵な話を聞かせてくれた。


宮古で試写会をやった時に、終わってから一人の知らないおじいがニコニコ笑いながら大西君に近づいて来た。

誰だったかな~?お世話になった人かな~?いや、やっぱり知らないな~、と思っていたら

「あの馬、俺の馬だ。サカエィって言うんだ。」

あの時、小屋から小屋へ移動中の馬の群れから一頭だけ逃げ出したところを偶然大西君が撮っていたそうな。

「名前がわかっていたら、出演者の名前に入れていたのに。」とちょっと残念そうに大西君は笑っていた・・・。


酔っぱらって嬉しそうないっきさんは「大西君はヘンなもの(凄いもの!といういっきさん流の褒め言葉)を撮ってしまったんだよ!」を何度も何度も連発していた。

集落ごとに唄があり、伝えられて行く神事がある。50歳を過ぎた女たちが中心になって自然と神様と一体になり、生きて行く為に必要だった唄(ブルース)。

そんな文化がどんどん日本から消えて行こうとしている。その大切な大切な瞬間を素晴らしいタイミングと映像で大西君が残してくれた。ありがとう!そして、やはりこの映画は沢山の人たち(特に音楽関係者)にはぜひ観ていただきたい映画です。

10月中旬まで恵比寿写真美術館や吉祥寺バウスシアターで公開しています。そのあと、沖縄、北海道などでもイベントをやるそうなのでぜひぜひチェックしてください。

良い映画観ると幸せな気分になれる。大西君本当にありがとう!ご苦労様でした!!



そして、今日は「トロピカリア」に行ってきま~す。









コメント

音楽の神様 <Bob Marley >

2012年09月27日 | 映画、本、芝居関係



[ ボブ・マーリー/ Roots of Legend ]を有楽町に観に行った。「スケッチ・オブ・ミャーク」に続いて大当たりの映画だった!!さっすが、芸術の秋。一緒に観に行った息子も大感激していたのが嬉しい。

ボブ・マーリーの育ったジャマイカの貧民街。少年の時期から最後までを彼をよく知る家族、仲間たちが語って紡いで行くドキュメント。彼の写真と映像が上手く組み合わせて話が進んで行くので、まるで生きたボブ・マーレーがそこにいるかのよう。

どんな思いで唄を書いたのか、コンサートで歌ったのか。今まで全く知らなかった事ばかり。あんなに大好きな人のに・・・。

最後の最後まで勇気を持って生き抜いたBobの人生。やはり音楽の神様の一人なのだ、と確信できた。

最近、涙もろくなっているのか、この映画の半分以上ずっと泣きっぱなし。感動しっぱなし。ステージ上で対立している政治家2人を手をつながせ、観客とみんなが一つになる・・・・・。音楽があればいい。幸せってなんだろう。お金持ちになることかい?ボブのメッセージが私たちにつきささってくる。

ラストシーンで世界中の人たちがレゲエ(ボブ)を通じて一つになるシーンで、新宿のレゲエバー「OPEN」も出て来てハルヤスさんもちらっとだけど登場する。わ~~~い!!

「スケッチ・オブ・ミャーク」と併せて観に行って欲しい映画です。こんなに良い映画がガラガラとは情けない。ぜひぜひ映画館に足を運んでください!
コメント