minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

夏が来れば思い出す・・・

2018年09月03日 | 
このブログを書き始めた頃だった2005年。RIOがまだ小学3,4年の頃だ。

「尾瀬(片品村)に演奏しにきませんか?」池袋のライブでワガン・ンジャエ・ローズ(セネガルのパーカッショニスト)たちと演奏していたときに、アフリカンパーカッション好きのファンの男性たちに声をかけられた。

彼らは尾瀬を愛し、夏は尾瀬ヶ原でガイドをやったり、スイスの山などにも滑りに行くスノーボーダーたちだった。オリンピックの強化選手を育てるコーチ(元チャンピオン)などもいて戸倉スキー場はボーダーたちの聖地になっていたのだ。そこに30歳になるかならないかの若者たちが集い、私たちの演奏に喜んでくれ、それからは年に1度・・・ではなく四季折々に遊びに行くようになっていった。

東京生まれ、東京育ちのRIOにとってそんな尾瀬は故郷だ。素敵な若者たちがみんなRIOのことを可愛がってくれ、冬はスノーボード、スキー、夏はキャンプ、とたくさん遊んでくれた。彼らがRIOにとってのヒーローだった。

私もその頃は生徒が何人かいたのでサックスミュージックキャンプを行った。遊楽木舎という素敵な農家があってそこを解放していただき、手作りピザを焼いたり、薪割りしたり、もぎたてのトウモロコシやりんごを食べさせていただいた。













そのときトシキが曲を作ったハーベストソングの動画はこれ。
Harvest Song ~Dedicated to our friends in Oze


RIOが留学に行ったときも、スカイプでパタゴニアと片品村でバーベキューをしながら会話をしたりした。もちろん、サックスを吹き始めたときから知っているのでサックス奏者になったときもみんな大喜び。留学から戻って真っ先に遊びに行ったのも片品村だった。

その片品村と6年ぶりに再会できたのが今年の6月。


森の宿Amberでのライブ

初めて声をかけてくれたボーダーのKちゃんがご夫婦で素敵なロッヂをやり始めたのだ(森の宿Amber)。そこで東北ツアーの帰りに久しぶりにライブを行わせてもらった。昔の仲間たちがみんな集ってくれて大いに盛り上がった。そのとき、片品でキャンプ場をやり始めて5年、という皇海キャンプ場のオーナーがきていて「僕のキャンプ場でぜひ演奏してくれませんか?」という話になって9/1に演奏することになったのだった。



雨が心配されていたのですが、なんと当日の昼に雨が止み、私たちが到着した夕方5時くらいには少しだけ肌寒いけれどなんとかテントを出さずに演奏できそう、ということで広場に急遽ステージを作成。初めての試みなのでまったく PAなどもないけれど、TReSは電源1つあればどこでも演奏できちゃうのがすごいところw。

東京や名古屋からキャンプしにくる人たちがわらわら、とサウンドチェックしていたら集まりだして、さらに仲間たちも駆けつけてくれて1時間くらいのステージを終了。

終わってからはキャンプ場のバーでみんなで宴会。このキャンプ場、バンガローには冷蔵庫、そして水飲み場には電子レンジや湯沸しポット、洗濯機まで設置されている、超便利なキャンプ場なのです。毎週末は予約でいっぱいだそう。人気あるのもわかります。

ここのオーナーの小島さんも遊び人のとても面白い人でした。また来年もやりましょうね!








翌日は久しぶりに戸倉スキー場の友人宅でバーベキュー。調子に乗ってまた3曲ほど演奏。もちろん、彼らに捧げたハーベストソングは必須ですw。

夢をひたすら追いかけていた遊び大好きの若者たちはそれぞれに家族を持って未だに夢を追い続けています。本当に素敵なひとたち。

その一人、Tくんはフィールド・アースという会社を立ち上げて夏は水上や尾瀬の川でキャニオニングをやり、冬は戸倉スキー場でスノーパイプを作っています。川遊びの好きなトシキは動画を見せてもらって目がキラキラ。来年の夏は遊びたい!!!

興味ある方はぜひ!まだ紅葉の美しい9月までは遊べるようです。
キャニオニング IN 尾瀬 FIELD EARTH


もちろん、今もスノーボードも作って販売もしています。私たちのCDジャケットでおなじみのクレプトマニアックのデザインしたスノーボードも残りわずかだそうです。



いやはや、またまた片品村との強力なつながりが復活しちゃいました。ありがとう、片品村の友人たち。




コメント

吉良町インテルサット、関西ツアー終了。

2018年08月27日 | 
昨日の最終日、インテルサットにご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。



ここも一番最初の頃(私が25,6歳だった!)から演奏させていただいて、早〇十年が経ちます。近くにリゾートホテルができて、泊まる場所ができたので再びツアーで寄れるようになって・・・それも10年くらいになるのでしょうか。本当に月日が経つのはあっという間。

そんなインテルサットを皮切りにこの秋、RIOが自分のグループ(四管獣/しかんじゅう)で初めてのリーダーツアーを行う、というのはとっても感慨深いものがあります。たくさんの方達に聴いてもらいたいですね。



打ち上げも楽しく盛り上がり、年に1度の常連の方達ともお会いできて嬉しかったです。パーカッションの岩月香央梨ちゃんも聴きにきてくれて、一緒に温泉に入ったり、夜中までリオと3人で飲んで・・・いや〜、楽しかった〜。

インテルサット専属カメラマンの研ちゃん、素敵な写真をありがとうございます。



そして・・・本日無事に東京へ戻ってきました。行きの車中は DJギミーが<サルサ祭り>でしたが、帰りはDJシコウが大活躍。
シコウくんのかける曲がすべて面白いのです。ちょっとドライブには不向きな曲も多いけどw、渋滞だったので静かに聴けて最高でした!!イエ〜イ。


今回の旅も大阪野崎観音合宿、元ちゃんのコンガ講座から始まってとってもとっても内容の濃いツアーでした。結局、トシキは元ちゃんの選んでくれたコンガを購入することになりました。やった〜、私も叩かせてもらおう。

それにしても昔、トシキは『ブラジルやるならスルドをやったほうがいい』とヤヒロトモヒロperくんに言われ、一番大きなスルドを購入し、のちに浅草サンバカーニバルにまで出るという熱心さ。いやはや、リズムって奥が深いですね。。。




各地であたたかなおもてなしの数々、本当に本当にありがとうございます。

こういう人たちとの出会いで毎年このツアーができています。
ご馳走もたくさんいただくことができました。おかげですっかり二の腕もお腹周りも太くなりました(大汗)。

1日だけ、神戸の台風直撃でライブが中止になってしまったのだけが心残りですが、来年はぜひリベンジさせてください。

このツアーの成果をお正月のレコーディングに向けて行こうと思っておりますので、どうぞ来年のCDも楽しみにしていてくださいね。

みなさま、本当にありがとうございました。お疲れ様でした〜!















コメント

バースデイサプライズ!@名古屋Lovely

2018年08月26日 | 
名古屋Lovelyの2日目。今日は快晴で暑さがぶり返してきました。

このところ恒例になっている2日目のお昼は「うな春」でのうなぎの会。全員が鰻大好物なので、ツアーの締めにはちょうどいいのであります。ちょっとだけ贅沢な気分を味わって打ち上がるメンバー。


イソイソとうな春へ。


私は特上ひつまぶし。




ウナギパワー全開の私たちが2日目、燃え上がらないわけはありませんw。昨日の演奏に輪をかけて凄いことになりました(予想通りですが)。





次回のCDを作るために新曲を中心に濃い〜〜〜セットリストになりました。かおりちゃんも2セット目にかけつけてくれて、元ちゃんはコンガを彼女にまかせ、前面で歌う・・・という素敵な場面も!






そして、何と言っても特筆すべきは志宏くんの誕生日サプライズ。28日なのでちょっと早めですが、ラブリー初日のカタツムリパレードでバースデイソングが浮かんでしまい、ああ、2日目にサプライズをやろう、と思い立ってしまって・・・・。2日間ともいつも来てくださる志宏くんのファンのりっちゃんにお花を買ってきてもらって、可愛いケーキにろうそくを立ててお店の人たちとも打ち合わせ。

最後のかたつむりパレードのリフレインのところでメロディを間違えないようにするのが緊張でした。いつもウエデイングソングとよく間違えてしまうんで・・・汗。

なんとかこれも成功。元ちゃんもマイクをそっと準備し、ハッピーバースデーを歌ってくれ、サプライズも見事に成功!!!



いや〜、素敵なラブリー2日間でした。お越しくださったみなさま、そしてLovelyの素敵なスタッフのみなさまにも感謝しております。(みんな、2日間、交代で休みとって聴きに来てくれるんですから。)

写真はお客様からいただいたものを使用させていただきました。ありがとうございます。



TReSプラス2、来年のレコーディングに顔合わせとなりますが、楽しみになりました。それまでに頑張って練習しようっと。

さあ、今日は元ちゃんとお別れして、ツアーラスト、吉良町のインテルサットです。お待ちしておりま〜す。
コメント

TReS+2再び@名古屋Lovely

2018年08月25日 | 
おとといの神戸は大型台風直撃とのことで、残念ながらライブは中止となってしまいました。

夕方まではお天気で、本当に悔しい思いでいっぱいでしたが、JRが5時から運行休止、テレビのどこをつけても「今日は早くおかえりください。」とのこと。これではライブやれてもお客様が帰れない・・・・。こんなこと、晴れ女の私にとっては初めてのことでした。





大きな被害がでないことを祈りつつ、神戸芦屋のおばさまの御宅でお寿司などほうばりつつ、空を眺めておりました。来年はリベンジしたいと思います。
神戸のライブ、楽しみにしていてくださったみなさま、来年こそはお会いしましょう。



気をとりなおして翌日は名古屋へ。元ちゃんとまたまた合流です。



リハーサル後は串カツラブリーへ行って一人串カツ。

今回の旅で元ちゃんにまたリズムの奥深さを教えていただき、苦手なラテンサックスを克服すべく練習の道が見えてきました(苦笑)。
志宏くんも演奏中に私が思っていることを口にださないで同じ瞬間に通じ合っている・・・・というところまできてしまいました。本当にすごいメンバーだなあ。



岩月香央梨ちゃんも参加してくれて、「Lagrimas Negras(黒い涙)」も演奏できましたw!

2daysなので、昨日の曲は半分以上変わります。

とても忙しいメンバーなので、この5人が揃うのが今年はここで最後。東京でも一緒にできるチャンスはありません。名古屋の皆様、ぜひぜひお越しください。お待ちしております。


サンティアゴ・デ・クーバの友人たちを紹介してくださったベース&楽器屋さんのブンテイさんも来てくれました。ありがとう!

トップの写真は大阪ロイヤルホースの写真です。(photo by Junko Ono)

コメント

広島の夜も熱く・・・

2018年08月22日 | 
岡山の素晴らしい夜の余韻を引きずりつつ、元ちゃんとまたまたお別れしてTReS+1は広島へ向かいました。突然の灼熱地獄!!

この暑さはまたまたびっくり。ああ、それなのにいきなりRIOが大絶賛したお好み村の中にある絶品お好み焼き屋で30分ほど待ってしまった(汗)。



やはりお好み焼きは1日に最低1度は食べずにはいられない体質。本当に美味しいお店でした。RIOに感謝。



さらに楽器搬入してからLush Lifeのすぐそばの居酒屋で「小鰯」の絶品料理の数々をいただくことに・・・・。





一番のおすすめは小鰯のお刺身だったそうですが、大雨の影響で入手できなくて、焼き、そして天ぷらをいただきましたが、これも絶品でした。お酒のみた〜い!

それにしても、今年の広島は地震、大雨と災害が続いて大変な状況になっています。広島市内は何事もなかったかのようですがまわりのちょっと田舎に行くと未だに電車も復旧できていない状態がたくさんあるそうです。ニュースではまったくやらないのはどういうことでしょうか。もっともっと多くの方々が知って救助に当たるべき事態が続いています。本当に1日も早く復興してほしいです。

そんな中、ふだんなら30分でこれるのを3時間もかけて来てくださった方、また四国(香川)から来てくださった方など、温かい家族のようなお客様たちでLush Lifeのライブも無事に行うことができました。Rieさん、そしてあにやん、ありがとうございます。

大好きなテナー奏者のあにやんにも2曲参加していただき、志宏くんも大喜び。本当に素晴らしい演奏を聞かせてくださり感謝です。

大学時代の友人の山田さんも「来るたびに面白くなっていますね〜。」嬉しいお言葉をいただきました。

初めての方たちも「Jazz Lifeに掲載されていて興味があって来ましたが、本当にびっくりしました。」などなど、嬉しい反応。CDを大人買いしてくださったおじさまもありがとうございました。





演奏後もあにやんと楽しい打ち上げ。なんと、最後にあにやんのテナーソロが・・・・。じ〜〜〜〜〜〜ん。

やはりあにやん、最高のテナー奏者です。東京の売れっ子サックス奏者たちよ、あにやんのテナーを聴いてほしい。清水末寿の音を絶対に聴いたほうがいい!!!!

そんなこんなで至福の打ち上げも終了。あにやん、また来年もよろしくお願いしま〜す!!!



翌朝からまたまたYさんに美味しいお好み焼き屋さんに連れて行っていただき、昼食。本当にごちそうさまでした〜〜〜〜!!!




志宏くんは姫路でソロの仕事があるというので、広島駅でお別れ。
私たちはそのまま大阪入り。大阪のスーパー銭湯「愉快の湯」に行ってアカスリまでやってもらってまったり。久しぶりのオフを満喫。

明日は台風直撃らしいので、神戸のライブがどうなることやら・・・・。昼にすべてが決定しますのでご注意くださいませ。

台風、どっかへ行ってしまえ〜〜〜〜!と祈るばかりです。
コメント

岡山 蔭凉寺ライブ

2018年08月21日 | 
「どうしても、元ちゃんを入れた5人できてくれませんか?」

岡山でいつもお客様をたくさん集めてくださる友人のMさんに頼まれて、今回は豪華に5人で演奏できることになりました!やった〜〜〜!

ということで、奈良から岡山へ向かい、前乗りしていた元ちゃんと 蔭凉寺で再会。元ちゃんは自分の楽器はジュンジュンのみ。あとは全てこちらのパーカッションを持っているN氏からお借りすることになりました。

やはり他人の楽器なので調整などがいろいろと大変だったようですが、みごとに大儀見元ワールドに。いつもは使ったことのない鐘やシャラシャラ系の小物が途中ででてきて大笑い。「だって、このパーカッションに入っていたんだもん。使わないと。」

志宏くんも元ちゃんのリズムが加わってまたまた強力なピアノを魅せてくれました。








このお寺、ただものではないお寺です。2回目ですが、お寺にこんな立派なステージがあるのは日本中探してもここだけでしょう。昨年よりもさらにこの本堂は音が響くように、と畳から板の間に変わっていました!!!すご〜〜〜い。










音楽大好きなご住職も1セット目が終わってから「いや〜、今まで聴いた中で最高のパーカッショニストですね!!!」と興奮気味で喜んでくださいました。

お客様も120名を越す超満員。前列の小学生の女の子たちもノリノリで聴いてくれて・・・とっても気持ちの良いライブでした。みなさま、本当にありがとうございました。

打ち上げも素敵なイタリアンレストランで美味しいものいっぱい。身も心もすっかり満腹の夜でした。Mさん、そして岡山のみなさま、また来年もよろしくお願いしま〜す。

そして、本日は広島Lush Lifeです。すでにお好み焼きをいただきました。あにやん、待っててね〜。

コメント

空間の美@廣栄堂

2018年08月20日 | 
昨日は元ちゃんおすすめの大阪のヘルシーフードのレストランで昼食をとり(志宏くんがまったく似合わないw)、そこで元ちゃんとは一旦お別れ。4人で奈良へ。

奈良の宿がとっても気持ちの良い炭酸温泉。ここに到着するや否や飛び込み、終わってからも特別に開けておいてくださるので、夜中も夜空を眺めながらまったり温泉に浸かる。というのがここ2、3年の習慣になっています。あ〜、極楽。

そして廣栄堂の素晴らしい建物の中で、生音がめちゃくちゃ気持ちよく響き渡る。パーカッション抜きのラテンの練習をリハーサルでみっちり。元ちゃんが教えてくれたことを復習しつつ、志宏くんがしっかりサポートしてくれる。なんて素晴らしいメンバーなんだろう。とつくづく感謝。

終わってからパタゴニアの話をいきなりされたり、CDを買ってくださるときに話しかけてくださったり・・・だいぶ常連の方が増えたようで嬉しいですね。ありがとうございます。

この素晴らしい空間でまた来年お会いしましょう!天国の庄内さん、そしてオーナーの池田さんに感謝。

演奏後に奥様の美味しい手料理でおもてなし。ごちそうさまです!

ベロベロになって宿にたどり着きました。それでも温泉に入るという・・・。



さあ、今日は岡山へ向かいます。元ちゃんと合流。また、盛り上がりそうだな〜!!

よろしくお願いいたします。
コメント

大阪夏の陣@ロイヤルホース

2018年08月19日 | 
今日(昨日)も大阪ロイヤルホース、たくさんのご来場本当にありがとうございました。

大阪での知名度が少しあがったのかなw?元ちゃんや志宏くんのファンもたくさん駆けつけてくださって、本当に素晴らしいライブになりました。

生音がここは気持ちいいのが嬉しいですね。

昨日の野崎観音の余韻をそのままに、もっともっとラテン色の濃い夜となりました。大阪のパーカッショニスト、亀山ひろしさんも3曲参加していただきました!ありがとう、亀ちゃん!!!



明日は元ちゃん抜きで奈良の廣栄堂でのライブです。ここも生音が気持ちいい場所なので楽しみ〜〜〜!!!


お待ちしておりま〜す。




太陽の塔のイヤリングをプレゼントしてもらっちゃった!そしたらブローチつけてるスタッフがいてびっくり!!


ブラックシスターズ。


可愛い愛弟子のMちゃんとも再会!


亀ちゃんとTReS+2

ライブ写真/Midori
コメント

野崎観音ライブ

2018年08月18日 | 
TReS+2の関西ツアーが始まりました。

前乗りして、元ちゃんとTReSで朝まで大盛り上がり。こういう時間がとっても貴重なのです。自動車の移動中、そして宿での飲み会。こんなときにいつも音楽の話になって熱く熱く・・・。年に1度の幸せな日々。


この夜(前日)、利樹のオリジナルの「Patagonの伝説」がラテンに蘇りました。格好いい!!

それにしても、野崎は山のてっぺん。風が気持ちよく吹いていていままでの猛暑が嘘のようです。ちょうど宿坊のクーラーが壊れたのですが、まったくクーラーいらずに眠れました。もう秋なのかしら?





当日、伊藤志宏pも合流し、観音様の前でリハーサルのときからみんな絶好調。楽しいライブになりました。

珍しく、3人の写真家が集ったので、それぞれの写真をここで少し披露させていただきます。ありがとうございました!!(人に写されると照れてしまう3人が可愛いw。)




<KAZ HAMA氏より>
















<津田啓三郎氏より>






















<Junko Ono 女史より>





みなさま、本当にありがとうございました!!観音様、ありがとうございました。最高のツアーになる予感。

コメント

TReSの夏休みvol.3@有川George House

2018年07月28日 | 
天国の島、小値賀から上五島にもどると、上五島が都会に見える。コンビニも大型スーパーもある。

TReSの九州ツアー最終日は上五島(有川)のGeorge Houseだ。ところが、この日、有川の花火大会が重なってしまった。有川の花火大会は年に一度の夏祭り。毎年私たちも防波堤に寝そべって落ちてくる花火の火の粉を避けながら(苦笑)迫力満点の花火を楽しんでいたのだが、なんとよりによってライブ当日に当たってしまった。

わかったのが1週間くらい前で、店主のジョージさんが「花火大会が終わるのが9時半だから、こっちは10時にスタートしましょう。」

ということで、ジタバタしても仕方ないので、夕方から上五島の風景を撮らせたらピカ一のカメラマン、中山さんにお願いして美しい上五島をバックに撮影会。田尾さんもデザイナー魂を発揮して一所懸命にプロデュース。おかげさまで素敵な写真がたくさん撮れました。本当にありがとうございます。来年の夏のフライヤーが楽しみです。

7時半ごろまで夕日をバックに撮影し、ジョージハウスに入るとドラマーの尾崎一雄ちゃんがセッティングして待っていてくれました。さっそくリハーサル。リハーサルが終わると外でパーン、パパパパパパ〜ン、と花火の上がる音が。毎年ここでしか見られないダイナミックな花火大会を楽しみにしていたので、ジョージハウスの裏手の海岸まで出て行くと・・・おまわりさんが警備していて厳戒態勢。そう、あの防波堤で寝っ転がって観ることができなくなっていたのです。がっかり。友人のかき氷やさんに向かうと、すでに完売。とほほ。花火を見ながらジョージハウスに戻って行きました。



それにして、ライブ、こんなに遅くて大丈夫か???と心配しましたが、なんと、10時になると続々とお客様たちが続々と集まってくれました。嬉しい!!!













演奏も長めの1セットでしたが、尾崎一雄のドラミングが素晴らしくてバンドも良い緊張感を保ちつつ楽しいライブになりました。お客様も大喜び。そしてアンコールではジョージのギターで「子供達をよろしく」が始まり・・・。九州ツアーラストにふさわしいライブになりました。

上五島を繋げてくれた田尾さん、そして上五島のみなさま、本当に本当にありがとうございます。また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ライブ写真by 中山正寿氏



コメント