minga日記

minga、東京ミュージックシーンで活動する女サックス吹きの日記

風情ある廓にて。@八戸新むつ(楼)旅館

2018年11月18日 | 
八戸最終日は160年の歴史をもつ「新むつ旅館」というところでのライブ。




ここは元遊郭。ここの現在の女将が嫁に来たときに、最後の一軒でご主人は潰そうと考えてらしたそうな。

「なんと、もったいない。こんな風情、文化遺産だから大切に残さないと・・・」と遊郭と知らされていなかった彼女はこの旅館を見たときにすぐに気がつき(結婚のときはただの旅館だと言われていた)、残す方向へご主人を説得されたそうです。

ひろい上り框をトントンと〜〜んとあがると座敷が2つ。吹き抜けの天井、渡り廊下。ああ、花魁たちがここを行ったり来たり・・・・想像が膨らみます。














そんな落語や映画の世界でしか見たことのなかった素晴らしい場所でのライブとなりました。







企画してくださったのは、瀬知素子さん。昔、池袋バレルハウスでトシキとDUOでライブを行ったり、ストリッパーで踊ったりしていたそうですが、今はご実家に戻られて、八戸でTVキャスターをやったり、会員制の高級バーを開店したばかり。バリバリ活躍する女性。



2セット目の頭に素子さんがこの渡り廊下から「朝日のあたる家」を浅川マキさんが女郎の詩をつけて歌った「朝日楼」をアカペラで歌って登場。












もう、この情景にぴったり。「朝日楼」を歌い上げる素子さんとTReSの妖艶な音がこの新むつ楼の小屋に充満。ここの女将も大喜びでした。「こんな素敵なコンサート初めて!ジャズって楽しいのね。」とCDまで買ってくださるノリノリの素敵な女将でした。





また、八戸酒造さんから「八仙」のお酒の差し入れまで。ワカちゃん、ありがとう!!!




この新むつ旅館、とっても安くで宿泊できるそうです。(1泊2食付きで8000円〜)

1階には昔の台帳や写真などが雑然と置いてあって、好きな方が勝手に見れるというおまけ付き。ふつうなら資料館に入りそうなものばかり。








この台帳をみると、ああ、あそこの〇〇さんはしょっちゅう通っていたんだわ。とかあの住職も〇〇ちゃんがご指名だったのね・・・などと色々とわかるそうですw。


ここで私たちは演奏しました〜。


私も最近ピアノ始めたのよ。と女将。


本当に貴重な場所でライブを企画してくださった素子さんに感謝。お客様をたくさん連れてきてくださった田中さん、さらにボジョレーの会で呼んでいただきライブにも来てくださった音喜多さんたちにも心から感謝いたします。ありがとうございました〜。楽しかったです。

また来年もお会いしましょう!!


写真提供/瀬知素子、小野寺庸氏
コメント

祝ボジョレー解禁!

2018年11月16日 | 
昨年に引き続き、再び八戸のセプドール(オトキタ酒販)主催のボジョレーヌーボー解禁パーティに呼んでいただきました!

2日前に八戸到着しすぐに八戸学院大学で教鞭をとっている安田美央ちゃんと合流。彼女は昔、横浜ドルフィーでバイトをしていて、さらに伊藤志宏くんの弟子でもあったピアニストです。

今回はゲスト参加していただくことになり、彼女の働く大学をお借りしてリハーサルを行うことになりました。

リハーサルのしょっぱなからかなり緊張の様子だった美央ちゃん。昨日の本番ではすっかり落ち着いて堂々と素敵な演奏を披露してくださいました。ありがとう〜〜!




演奏後のはじけた感じw。

会場は昨年と同じ、アーバンホール。500名のお客様がぎっしり。喧騒の中での演奏ですが、毎年TReSを楽しみにしてくださるお客様もいらして、ワインを飲みながらの楽しいライブとなりました。





八戸へいくきっかけを作ってくださったのは大学時代の友人のレーコとベース弾きの田中さんのおかげです。6月には大きなコンサートを開催してくださってます。
本当に持つべきものは友だち。本当に感謝です。

先日ご逝去されたピアニストの佐山雅弘さんが「「君の身体は君の食べたモノで出来ている」と言いますが、まったく同様に僕という者は僕が出会った人々で出来ているのだとしみじみ実感しています。」とメッセージを残されていらっしゃいましたが、私も同感です。

パーティ終了後は田中さんや美央ちゃんにジャズの老舗バーへ連れて行っていただき、佐山さんの演奏した元となったオスカーピーターソンの曲がかかった途端、号泣してしまいました。片山さんや佐山さん、本当に素晴らしい音楽家たちでした。合掌。


さあ、本日は「新むつ旅館」でTReSのライブです。サプライズゲストに地元で活躍する瀬知素子さんを迎えて、楽しい夜になりそうです。(トップのフライヤーをご参照ください。)

お待ちしております!!!

コメント

波乱の幕開け@淡路島

2018年11月01日 | 
四国ツアーが始まりました。

昨年の四国ツアーの初日(前乗り)も淡路島の高速道路で夜中に鹿と遭遇し、大変なことになったのですが、今回もまたまた・・・・。

前乗りをして、淡路島の中高生たちと3日に商店街で合同コンサートをやるリハーサルが入っておりました。ですから、早朝8時に家を出発、16:30に中学生たちと合流する予定でしたが・・・・。

お昼すぎ、ちょうど愛知県にさしかかったところでいきなり車に「ガラガラガッシャガッシャ〜」という音と衝撃。なんと後ろの車輪がパンクしました。








結局、ハイウェイパトロールとレッカー車がきて、タイヤが交換できるお店まで連れて行ってもらうことになり、無事タイヤ交換はできました。もしこれが前輪だったら・・大変な事故になっていたことでしょう。しかも、破裂したタイヤの輪っかは私たちも止めた高速道路の側道にコロコロと転がっていきました。ふう〜。これももし高速道路のど真ん中とかに落ちてしまったら他の車にも大迷惑となっていたところです。

タイヤ交換のお店にこんな看板が。




ということで、怪我ひとつなく、タイヤも交換できたので不幸中の幸いと思うことにいたします。

それでも、中学校との合同練習が完全にアウト。そのあと、もうひとつの蒼開中学高校のリハーサルもあったのですが、こちらもみんな下校時刻。ぎりぎりに到着して、先生方だけでもお会いできればと思っていたのですが、パーカッションやサックス、ペットと要のパートの子供達は居残って待っていてくれました(嬉涙)。結局1時間くらいリハーサルさせてもらいました。みんな、ありがとうね〜。







ということで、明後日の3日、14:00からコモード商店街で州浜中学校のジャズバンドと蒼開中学高校のSwinging Willow Jazz Orch.との合同コンサートにゲスト出演させていただきます。その夜は遍照院というお寺でTReSの単独コンサートです。お近くの方、ぜひお越しくださいませ。


いよいよ、明日は香川「So Nice」でツアー初日を迎えます。無事にツアーが成功することを祈るばかりです。

So Niceのなっちゃんママ、楽しみにしてま〜す。
コメント

愛しのくらげたち。@鶴岡加茂水族館

2018年10月30日 | 
今年はなんと2回目となる加茂水族館。今回はここでのコンサートではなく、PV撮影でやってきました。

アルゼンチンの映画監督(元タンゴダンサー)の友人ラロに撮影をお願いし、一緒に鶴岡まで4時間。この高速の道中、美しい紅葉の山々にみとれつつ・・・なんと虹がかかるという素敵なサプライズまで!!

撮影by Lalo

水族館の館長さんが快く使わせてくださって今回のPV撮影が実現しました。本当にありがとうございます。音楽PVに使ったことは今までなかったそうです。

5時閉館から10時までかかってたった3分のPVをとるのはとっても大変でしたが、楽しかった〜。最後まで付き合ってくださったスタッフの池田くんにも感謝いたします。


そして、館長曰く「この水族館始まって以来のくらげの繁殖状態。めちゃくちゃ良い時にいらっしゃいましたね。」

たしかに6月に来た時はもう少しスカスカでしたが、今回は溢れそうなくらいの元気なクラゲたち。餌をやったあとは真ん中の花模様がピンク色になってとっても可愛いんですね。




できあがりが楽しみです!

ちょっとだけ撮影風景を。



それにしてもここのくらげたち、本当に癒されます。









そして本日は夜8時から鶴岡Bar ChicでTReSのライブを行います。世界中の美味しいお酒やカクテルが飲める最高のBarです。

ぜひぜひお誘い合わせの上、お気軽にお越しくださいませ〜。



コメント

北海道ツアー、無事終了。

2018年10月03日 | 
紅葉はあと少し・・・。台風が1日ずれていたら、フェリーに乗れなかったところでした。なんとラッキーなんでしょうw。

年も北海道ツアーが無事終了できたこと、本当に本当に各地でみなさまにお世話になり感謝しております。

今回は地震が直前にあったので、ツアー中止になるかも・・・と心配していたのに、逆に「元気つけに来てください。」と背中を押していただき、各地でみんなの元気な顔を見れたことは本当に嬉しかったです。

大事なのは「強く前向きに生きること」なんだな〜、と北海道の方達から教えていただきました。

関西でも北海道でもまだまだ大雨や台風、地震の被災地は完全に復興していない現状です。

どうか、気をつけて、でもめげないでくださいね。元気に笑える力があればきっと復興していけると信じています。

逆にたくさんの励ましをいただき、さらに美味しいものをたらふく食べて、美しい風景を望み、温泉にも入れた最高の旅でした。


北海道のみなさま、本当にありがとうございました。また来年もお会いしましょう!!



洞爺にて。


苫小牧にて。


札幌ジェリコにて。


ハッサムイオンにて。


室蘭にて。


旭川にて。


小樽にて。


函館にて。


コメント

旭川&小樽、満員御礼申し上げます。

2018年09月30日 | 
旭川へ行く高速道路で大きなダブルレインボー!やった〜、なんだか良いことありそう。とテンションを朝からマックスに。



田中くんとMizuhoさんの合同ユニットでのライブです。旭川の箭原さんのお弟子さんのおばさまが経営する「スープカレーの店ふわわ」。

アップライトピアノでしたが小さなハコで良く鳴り響き、お客様をぎゅうぎゅうに詰めてのコンサート。なんと、前日に飲み屋で軽く打ち上げをした私たちとMizuhoちゃんがラテンの名曲「Lagrimas Negras」で盛り上がり、そのまま旭川のアンコールでやってしまうという暴挙にw。Mizuhoちゃん、クラーベもめちゃくちゃ上手なんです。
そんなこんなで熱気も十分。旭川在住のサックス奏者の鈴木さんという方も聴きに来てくださっていて、終わってからもキューバの話に花が咲きました。

旭川でライブ大好きな小学生の空くんも6年生になって大きくなっていたけれど可愛さはそのまま。「今年聞いたライブの中で一番よかった!」って。トランペットも続けているようで嬉しかったです。また会いましょうね。



そして翌日も朝早くから小樽へ移動。

小樽のコーラスグループ「スカイビュー」の皆様とのジョイントコンサートも今回で4回目になります。ますますお元気でメンバーも2人増えてさらにパワーアップlしていました!!!



そしていつも100名以上のお客様が集まるのですが、なんと今回は200名以上に。素晴らしいパワーですね。

1部はスカイビューの懐かしい歌声を楽しんでいただき、第2部に私たちがMizuhoちゃんと登場。ここにはピアノはなくてキーボードだったのですが、なんと、真ん中の方の鍵盤が4つほど鳴らない状態に!!!!ピ〜〜〜ンチ!!でしたが、笑いながら弾いている信正くん、流石でした!!



それにしても小樽は美しい街ですね。水のある風景が大好きな私としては、この夕暮れ時はなんとも言えない美しさにうっとり。



さらに楽しみなのが、ここの打ち上げ。毎回スカイビューの皆様が選りすぐりに美味しいお店を選んで予約してくださっています。

今回は「柳助(りゅうすけ)」という居酒屋で、みたことのないお魚がでてきてびっくり!


八角という魚だそうです。顔は怖いけれど絶品でした。


圧巻のツブ貝の塩焼き。


本当に毎回美味しいものをふんだんに食べさせていただき、元気までもらっちゃって・・・スカイビューのみなさま、そして箭原顕さん、Mizuhoちゃん、ありがとうございました。また札幌からもコンサートに駆けつけてくださった皆様、ありがとうございました。美味しいお土産もいっぱい。幸せ〜。

信正くんとはこれでしばしのお別れ。お疲れ様でした〜〜〜!!!




今夜は函館Hanabiです。台風の行方も心配しつつ・・・がんばります。







コメント

北海道ツアー驀進中!(前半戦まとめ)

2018年09月27日 | 
洞爺湖から苫小牧へ・・・

ここが一番地震の震源地に近いということでとっても心配していましたが、みんなとっても元気なご様子で一安心。

昨年、年季の入った公民館で演奏させていただきましたが、今年はそこで聞いてくださっていた花園町の福祉会館の館長さんが「ぜひ、今年はうちの会館でやりましょう!」とおっしゃってくださり実現しました。町内会の方達がたくさん集まってくださって、天国のつるさんも大喜びだったと思います。もちろん、打ち上げは「私の青空」です。ももちゃん、いつもありがとうございます!!!


私の青空にて。

翌日は札幌に入り、ジェリコでした。毎年、小山彰太drさんと共演できるのを楽しみにしていたのですが、今年は彰太さんの都合があわず、初めてTReSのみの演奏になりました。北大の学生さんたちも相変わらず元気に聴きに来てくれて、打ち上げのジェリコ名物大皿料理に舌鼓。若いっていいな〜。


ジェリコにて。

そして次の日の昼間は発寒イオンでMizuhoさん、安斉亨pさんにトレスというメンバーで無料ライブ。苫小牧で聞いて駆けつけてくださったかたや、岩見沢のサックス奏者吉田ののこちゃんが家族で聴きにきてくれました。私の大学時代の先輩も!みなさま、本当にありがとうございました。楽しかった〜。Mizuhoさんの声は本当にいつも癒されます。安斉さんの美しいピアノにもお客様たちはうっとり・・・。





翌日はオフ。ということで東京で観たかった話題の映画「カメラを止めるな!」を観てきました。たくさんの人たちが絶賛していたのでここで今更言うまでもありませんが大好きな映画でした。

そして昨日は室蘭Dear Debby。ここのマスター清野さんはピアニスト、ということもあって「せっかく良いピアノがあるのだから、田中さんを呼んでよ。」というリクエストをいただき、Mizuhoさんの仕事もあったので、1日前に来てもらい「TReS+田中信正」のユニットが実現できました。グランドピアノが響き渡るこのお店の鳴りが素晴らしく、 TReSの音楽に田中くんの世界が混じって・・・もうすごいのなんの。東京からも知人が2人駆けつけてくれて、盛り上がりました。ありがと〜〜。そして、室工大のジャズ研のサックス隊も最後の曲でジャムセッション。1年から3年まで、今回は男の子たちがほとんどでしたがみんな音が良くて、昨年よりさらに進化している!来年もまた楽しみになりました。みんな、がんばってね〜。


室工大の学生たち。


ピアニスト3人。

さあ、明日は旭川、そして小樽とMizuhoさんとの演奏が2日続きます。(本日は札幌ハウスオブジャズで田中&MizuhoDUOです。)

お会いできるのを楽しみに、後半戦がんばります!!




コメント

夏が来れば思い出す・・・

2018年09月03日 | 
このブログを書き始めた頃だった2005年。RIOがまだ小学3,4年の頃だ。

「尾瀬(片品村)に演奏しにきませんか?」池袋のライブでワガン・ンジャエ・ローズ(セネガルのパーカッショニスト)たちと演奏していたときに、アフリカンパーカッション好きのファンの男性たちに声をかけられた。

彼らは尾瀬を愛し、夏は尾瀬ヶ原でガイドをやったり、スイスの山などにも滑りに行くスノーボーダーたちだった。オリンピックの強化選手を育てるコーチ(元チャンピオン)などもいて戸倉スキー場はボーダーたちの聖地になっていたのだ。そこに30歳になるかならないかの若者たちが集い、私たちの演奏に喜んでくれ、それからは年に1度・・・ではなく四季折々に遊びに行くようになっていった。

東京生まれ、東京育ちのRIOにとってそんな尾瀬は故郷だ。素敵な若者たちがみんなRIOのことを可愛がってくれ、冬はスノーボード、スキー、夏はキャンプ、とたくさん遊んでくれた。彼らがRIOにとってのヒーローだった。

私もその頃は生徒が何人かいたのでサックスミュージックキャンプを行った。遊楽木舎という素敵な農家があってそこを解放していただき、手作りピザを焼いたり、薪割りしたり、もぎたてのトウモロコシやりんごを食べさせていただいた。













そのときトシキが曲を作ったハーベストソングの動画はこれ。
Harvest Song ~Dedicated to our friends in Oze


RIOが留学に行ったときも、スカイプでパタゴニアと片品村でバーベキューをしながら会話をしたりした。もちろん、サックスを吹き始めたときから知っているのでサックス奏者になったときもみんな大喜び。留学から戻って真っ先に遊びに行ったのも片品村だった。

その片品村と6年ぶりに再会できたのが今年の6月。


森の宿Amberでのライブ

初めて声をかけてくれたボーダーのKちゃんがご夫婦で素敵なロッヂをやり始めたのだ(森の宿Amber)。そこで東北ツアーの帰りに久しぶりにライブを行わせてもらった。昔の仲間たちがみんな集ってくれて大いに盛り上がった。そのとき、片品でキャンプ場をやり始めて5年、という皇海キャンプ場のオーナーがきていて「僕のキャンプ場でぜひ演奏してくれませんか?」という話になって9/1に演奏することになったのだった。



雨が心配されていたのですが、なんと当日の昼に雨が止み、私たちが到着した夕方5時くらいには少しだけ肌寒いけれどなんとかテントを出さずに演奏できそう、ということで広場に急遽ステージを作成。初めての試みなのでまったく PAなどもないけれど、TReSは電源1つあればどこでも演奏できちゃうのがすごいところw。

東京や名古屋からキャンプしにくる人たちがわらわら、とサウンドチェックしていたら集まりだして、さらに仲間たちも駆けつけてくれて1時間くらいのステージを終了。

終わってからはキャンプ場のバーでみんなで宴会。このキャンプ場、バンガローには冷蔵庫、そして水飲み場には電子レンジや湯沸しポット、洗濯機まで設置されている、超便利なキャンプ場なのです。毎週末は予約でいっぱいだそう。人気あるのもわかります。

ここのオーナーの小島さんも遊び人のとても面白い人でした。また来年もやりましょうね!








翌日は久しぶりに戸倉スキー場の友人宅でバーベキュー。調子に乗ってまた3曲ほど演奏。もちろん、彼らに捧げたハーベストソングは必須ですw。

夢をひたすら追いかけていた遊び大好きの若者たちはそれぞれに家族を持って未だに夢を追い続けています。本当に素敵なひとたち。

その一人、Tくんはフィールド・アースという会社を立ち上げて夏は水上や尾瀬の川でキャニオニングをやり、冬は戸倉スキー場でスノーパイプを作っています。川遊びの好きなトシキは動画を見せてもらって目がキラキラ。来年の夏は遊びたい!!!

興味ある方はぜひ!まだ紅葉の美しい9月までは遊べるようです。
キャニオニング IN 尾瀬 FIELD EARTH


もちろん、今もスノーボードも作って販売もしています。私たちのCDジャケットでおなじみのクレプトマニアックのデザインしたスノーボードも残りわずかだそうです。



いやはや、またまた片品村との強力なつながりが復活しちゃいました。ありがとう、片品村の友人たち。




コメント

吉良町インテルサット、関西ツアー終了。

2018年08月27日 | 
昨日の最終日、インテルサットにご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。



ここも一番最初の頃(私が25,6歳だった!)から演奏させていただいて、早〇十年が経ちます。近くにリゾートホテルができて、泊まる場所ができたので再びツアーで寄れるようになって・・・それも10年くらいになるのでしょうか。本当に月日が経つのはあっという間。

そんなインテルサットを皮切りにこの秋、RIOが自分のグループ(四管獣/しかんじゅう)で初めてのリーダーツアーを行う、というのはとっても感慨深いものがあります。たくさんの方達に聴いてもらいたいですね。



打ち上げも楽しく盛り上がり、年に1度の常連の方達ともお会いできて嬉しかったです。パーカッションの岩月香央梨ちゃんも聴きにきてくれて、一緒に温泉に入ったり、夜中までリオと3人で飲んで・・・いや〜、楽しかった〜。

インテルサット専属カメラマンの研ちゃん、素敵な写真をありがとうございます。



そして・・・本日無事に東京へ戻ってきました。行きの車中は DJギミーが<サルサ祭り>でしたが、帰りはDJシコウが大活躍。
シコウくんのかける曲がすべて面白いのです。ちょっとドライブには不向きな曲も多いけどw、渋滞だったので静かに聴けて最高でした!!イエ〜イ。


今回の旅も大阪野崎観音合宿、元ちゃんのコンガ講座から始まってとってもとっても内容の濃いツアーでした。結局、トシキは元ちゃんの選んでくれたコンガを購入することになりました。やった〜、私も叩かせてもらおう。

それにしても昔、トシキは『ブラジルやるならスルドをやったほうがいい』とヤヒロトモヒロperくんに言われ、一番大きなスルドを購入し、のちに浅草サンバカーニバルにまで出るという熱心さ。いやはや、リズムって奥が深いですね。。。




各地であたたかなおもてなしの数々、本当に本当にありがとうございます。

こういう人たちとの出会いで毎年このツアーができています。
ご馳走もたくさんいただくことができました。おかげですっかり二の腕もお腹周りも太くなりました(大汗)。

1日だけ、神戸の台風直撃でライブが中止になってしまったのだけが心残りですが、来年はぜひリベンジさせてください。

このツアーの成果をお正月のレコーディングに向けて行こうと思っておりますので、どうぞ来年のCDも楽しみにしていてくださいね。

みなさま、本当にありがとうございました。お疲れ様でした〜!















コメント

バースデイサプライズ!@名古屋Lovely

2018年08月26日 | 
名古屋Lovelyの2日目。今日は快晴で暑さがぶり返してきました。

このところ恒例になっている2日目のお昼は「うな春」でのうなぎの会。全員が鰻大好物なので、ツアーの締めにはちょうどいいのであります。ちょっとだけ贅沢な気分を味わって打ち上がるメンバー。


イソイソとうな春へ。


私は特上ひつまぶし。




ウナギパワー全開の私たちが2日目、燃え上がらないわけはありませんw。昨日の演奏に輪をかけて凄いことになりました(予想通りですが)。





次回のCDを作るために新曲を中心に濃い〜〜〜セットリストになりました。かおりちゃんも2セット目にかけつけてくれて、元ちゃんはコンガを彼女にまかせ、前面で歌う・・・という素敵な場面も!






そして、何と言っても特筆すべきは志宏くんの誕生日サプライズ。28日なのでちょっと早めですが、ラブリー初日のカタツムリパレードでバースデイソングが浮かんでしまい、ああ、2日目にサプライズをやろう、と思い立ってしまって・・・・。2日間ともいつも来てくださる志宏くんのファンのりっちゃんにお花を買ってきてもらって、可愛いケーキにろうそくを立ててお店の人たちとも打ち合わせ。

最後のかたつむりパレードのリフレインのところでメロディを間違えないようにするのが緊張でした。いつもウエデイングソングとよく間違えてしまうんで・・・汗。

なんとかこれも成功。元ちゃんもマイクをそっと準備し、ハッピーバースデーを歌ってくれ、サプライズも見事に成功!!!



いや〜、素敵なラブリー2日間でした。お越しくださったみなさま、そしてLovelyの素敵なスタッフのみなさまにも感謝しております。(みんな、2日間、交代で休みとって聴きに来てくれるんですから。)

写真はお客様からいただいたものを使用させていただきました。ありがとうございます。



TReSプラス2、来年のレコーディングに顔合わせとなりますが、楽しみになりました。それまでに頑張って練習しようっと。

さあ、今日は元ちゃんとお別れして、ツアーラスト、吉良町のインテルサットです。お待ちしておりま〜す。
コメント