季節の花

季節の花などを掲載しています。写真はクリックして拡大して見てください。
ご意見など、コメント下さい。

Lyc.Shoalhaven 'Pure Yui'

2010-02-28 09:51:19 | 趣味・季節の花
花は大きくはありませんが、絹が輝くような高貴な色をしているとても優雅で美しいリカステです。銘板によれば、「Lyc.Shoalhaven 'Pure Yui'」と記されていました。
コメント

贅沢な時間

2010-02-27 11:46:41 | 趣味・季節の花
洋風のリビングに各種のランを組みわせて、「贅沢な時間」と言う表題で展示されていました。赤い色が好きな方のようですが、手前にある椅子の赤が強くて・・ややランが見劣りするような感じでした。このような部屋でくつろげるなら、まさに贅沢な時間を持てそうです。
コメント

Change of Ran

2010-02-27 11:41:58 | 趣味・季節の花
世界らん展2010のディスプレイ部門で見かけたものです。ランの花弁を集めてトランプのマークが描かれています。題名は「Change of Ran」でした。無数の花弁が使われていますが、ランそのものの美しさは、やはり自然のままが良いように感じました。
コメント

Phal. ’KANATA’

2010-02-26 09:23:30 | 趣味・季節の花
世界らん展2010の個別審査部門のトロフィー賞を受賞した、見事な桜色で花の小さいコチョウランです。小さな蝶が無数に舞っているような錯覚を覚えるほどに優美な作品でした。銘板には、「Phal.(Brother Little Amaglad×Brother Pico Gato)'KANATA'」と記されていました。
コメント

Rth.Tzeng-Wen Queen 'Kiss of Fire'

2010-02-25 09:03:08 | 趣味・季節の花
世界らん展2010の個別審査部門のトロフィー賞に輝いた見事なランです。色彩が鮮やかで、トロピカルな感じがします。緑が濃い葉とのバランスも良く秀作でした。銘板によれば、「Rth.Tzeng-Wen Queen 'Kiss of Fire'」と記されていました。
コメント

Paph.Stealth ’Black Dragon’

2010-02-25 08:51:29 | 趣味・季節の花
このランは、花全体が黒っぽく見えるとても珍しいものだと思います。近づいてみると光の照射方向によっては、ワインレッドに見えたりもします。中央上にある花弁を顔(鼻)に見立てて、髭を蓄えた人の姿にも見えませんか?ランの世界には変わった種類もあるので、興味深いですね。銘板によれば、「Paph.Stealth 'Black Dragon'」と記されていました。
コメント

Paph.Ma Belle 'Vesper'

2010-02-25 00:51:08 | 趣味・季節の花
世界ラン展で見かけた特徴のあるランです。草丈に比較してとても大きい花が異様に見えます。図鑑によれば、この花は、「bellatulum」と「malipoense」とのハイブリッドだそうです。写真のように薄い緑色の花弁に茶褐色の網目模様があり、唇弁は袋状に膨らんでいます。熱帯雨林の中で見かけたら仰天して足がすくんでしまいそうな花でした。
コメント

Paph.godefroyae fma.leucochilum ’Ebigashiwa’

2010-02-24 08:06:19 | 趣味・季節の花
緑色の厚みのある葉の間から伸びた短めの花茎にとても美しい紫の斑点が入った花が咲いています。花弁の豪華さとは逆に白い独特の袋のような形をした唇弁が一段と引き立ちます。観客を圧倒するほどの衝撃的な美しさを持つランでした。銘板によれば、「Paph.godefroyae fma.leucochilum ’Ebigashiwa’」と記されていました。
コメント

Lyc. Elizabeth Powell 'Maki'

2010-02-24 07:58:40 | 趣味・季節の花
ワインレッドの落ち着いた色がとても優美で魅力的なリンコカトレアです。銘板によれば、「Lyc.Elizabeth Powell 'Maki'」と記されていました。
コメント

オオイヌノフグリ

2010-02-23 18:26:08 | 趣味・季節の花
つくば植物園もだんだん春めいて、緑の草が花壇にも目立つようになりました。その中にとても小さいけど存在感があるこの青色の花が咲いていました。野原を散策していて、春になったなーと実感する花です。もともとは、ユーラシア~アフリカ地域が原産のようですが、いつのころか日本にも住みついて帰化したものだと言われています。学名は「Veronica persica」、ゴマノハグサ科、クワガタソウ属の多年草です。美しい花ですが、一日花だそうです。写真は2月20日に撮影しました。
コメント

Lyc.Henty ’Umenohana’

2010-02-23 18:21:38 | 趣味・季節の花
世界ラン展2010で見かけたとても上品で美しいランです。銘板には、「Lyc.Henty 'Umenohana’」と記されており、まさに淡い色合いが梅の花にも似ているような気がします。3枚の花弁が美しいリカステ独特の美しさがあります。
コメント

セロジネ・モッシアエ

2010-02-23 09:51:50 | 趣味・季節の花
つくば植物園の熱帯山地雨林温室で見かけました。とても香りがさわやかで大好きなランの一つです。純白の花弁と淡い黄色の唇弁、緑色の濃い葉のバランスも良いですね。説明板によれば、南インドの2000m級の高標高地原産で、「Coelogyne mossiae」、セロジネ属の着生ランです。写真は2月5日に撮影しました。
コメント

Living with Beautiful Orchids

2010-02-21 12:22:20 | 趣味・季節の花
世界ラン展で米国の方が「Living with Beautiful Orchids」と題して出展していたディスプレイの中にあった美しいミニカトレアです。ミニでも色彩が鮮やかでとても存在感があります。説明によれば、『蘭は生活そのもので、目が覚めてから眠るまでいつも蘭の夢を見ている・・』とその蘭への思いが記されていました。まさに美しいランは世界中の愛好家が自分の好みに合わせて楽しめるものかもしれません。
コメント

花芸

2010-02-21 12:14:20 | 趣味・季節の花
埼玉県の花壇業者の出展で、アジアの蘭の花たちを日本の園芸伝統に支えられた「花芸」で展示されたディスプレイでした。どこか菊花展でも見ているような錯覚を覚える展示でした。ラン展20周年だからこそ可能となったものかもしれません。同一の種類の蘭の花弁を集めて写真のようになっていました。
コメント

C.Cluminant 'La Tulerie'

2010-02-21 12:08:22 | 趣味・季節の花
薄紫の大輪の花弁に濃い紫色と黄金色の唇弁が見事ナカトレアです。世界ラン展の中でもカトレヤのコーナーは香りと花の優美さを求めて多くの人が並んでいました。銘板によれば、「C.Cluminant 'La Tulerie’」と記されていました。
コメント