小部屋日記

映画、音楽、本…好きなものに愛をこめて・・
コメント、TB大歓迎です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

さよなら。いつかわかること

2008-11-16 | サ行の映画

Grace is Gone(2007/アメリカ)【DVD】
監督/脚本: ジェームズ・C・ストラウス
出演:ジョン・キューザック/アレッサンドロ・ニヴォラ/シェラン・オキーフ/グレイシー・ベドナーチク

笑うとき 目覚めるとき 
眠るとき 海を眺めるとき
必ずママを思い出します


イラクから届いた妻の戦死の知らせ。悲しみに暮れる男は幼い娘たちに真実を伝えなければならない・・
絶望の中から立ち直る家族の物語。

story
スタンレー(ジョン・キューザック)の妻は、陸軍軍曹としてイラクに単身赴任中だ。彼は12歳のハイディ(シェラン・オキーフ)と、8歳のドーン(グレイシー・ベドナーチク)とともに妻の帰りを待ちわびながら暮らしていた。だがある日妻の訃報が届き、娘たちに母の死を伝えることができない彼は、衝動的に彼女たちを連れて旅に出る。


父親と娘二人のロードムービー。クリント・イーストウッドの音楽がかなり効果的。
重い題材のわりに肩がこらないし、細かい説明がないのもよかった。
戦死というと夫が亡くなり、妻と子供が残されるケースが多い中でこれは逆のパターン。
妻の戦死の知らせを夫は娘たちに話すことができず、娘を連れてフロリダの遊園地へいく。


父親のちょっとふがいないところも描かれていて、妻に負い目を感じてる部分があり、彼女の死を受け入れたくない、現実から逃げたいのもあるね。
思春期にはいった長女は、父親の異変を敏感に感じ取る。なんとなくわかっているようで、気丈にふるまうところが健気・・。遊園地にいけることを無邪気に喜ぶ次女がまた切なくて。


父親と娘たち、はじめて3人だけで過ごす旅。
これから母親のいない生活がはじまる準備期間ともいえる。
ジョン・キューザックが普通の冴えない父親役を好演。長女、次女役の子役たちもうまかったです。
喪失感の中から新たな絆が生まれる。
反戦映画ともいえるけど、家族の再生ものとしていい映画でした。

砂浜で座って抱きしめあう3人の姿は美しい情景でした。

★★★★☆(5段階☆は0.5)

「さよなら。いつかわかること」公式サイト

ブログ王ランキング


Comments (16)   Trackbacks (31)   この記事についてブログを書く
« ヤング@ハート | TOP | 私は貝になりたい »
最新の画像もっと見る

16 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうでしたね (miyu)
2008-11-16 21:32:22
反戦メッセージも、兵士への畏敬の念も
そして家族の痛みを受け止め共に歩んで
いこうとする姿も描かれていて、
とてもいい映画でしたよね~。
うんうん、
>喪失感の中から生まれた新たな絆
も感じ取れましたね~。
子役が良かった (wanco)
2008-11-16 22:57:42
アイマックさん、こんばんは。
コメントとトラバ、ありがとうございました。

>思春期にはいった長女は、父親の異変を敏感に感じ取る。
そうそう、そのあたりの「何か変だな。。」という微妙な感じの表現がとても良かったです。
次女の無邪気さも悲しみを増幅させて、子役2人の貢献度大の映画でしたね。
小品ながら、とても印象に残っている映画です。
Unknown (ちゃぴちゃぴ)
2008-11-17 01:17:21
これね、置いてなかったの。
必ずみたいと思ってるので、DISCUSで送ってきたらまたきますね。
現実から (メル)
2008-11-17 10:19:17
逃れたい・・というスタンレーの気持ちが
痛いほど伝わってきたし、アイマックさんが書いてらっしゃるように、ふがいない自分を責める気持ちも良く出てましたよね~。

起伏は乏しかったけど、その分彼らの心情が
すんなり入ってきて、切なくて、悲しくて
でも、これから母親なしで生きていくんだ・・という家族の絆も温かく伝わってきて
いい映画だったなぁ~ってつくづく思います。
Unknown (mig)
2008-11-17 11:28:03
☆アイマックさん☆
こんにちは~
ジョンキューザックのお父さんっぷり、
良かったですねー

1408号室もうすぐ公開だけど、
面白かったので公開したらまた観るつもり♪
今原作も買って読んでるの、(短編だけどすごく短くてびっくり!)
アイマックさんの感想も待ってまーす
(って勝手にアイマックさんが観ると決めてるわたし
>そうでしたね (アイマック)
2008-11-17 23:51:55
miyuさん、こんばんは!
こんなにい映画だとは思っていなくて得した気分ですよー。
反戦映画でも、家族を失う喪失感も描かれていて
再会の街でに似てるね。
子役もうまくて音楽が効果的でした!

>子役が良かった (アイマック)
2008-11-17 23:52:26
wancoさん、こんばんは!
こちらこそいつもコメントもありがとう!

長女の心の動きとか、繊細なタッチで静かだけどいい作品でしたよね。
ホント、子役の二人がもりあげてくれました。
たくさんの人におすすめしたい映画ですよ~
ちゃぴちゃぴさん、こんばんは! (アイマック)
2008-11-17 23:52:46
レンタルにいったら目に入って、すぐ借りてしまった。
いい映画だった。
ジュノもみたけど、おもろかった!笑
後日、感想書きますね。
>現実から (アイマック)
2008-11-17 23:53:12
メルさん、こんばんは!
スタンレーのふがいない気持ちが、姿にあらわれていて、
ジョン・キューザックもうまかったです。

説明もあまりないのに、心情がにじみでていて
この監督さん、新人だとは思えないね。
父と娘の3人の生活のはじまるわけですが、二人の娘には幸せになってほしいよ。

migさん、こんばんは! (アイマック)
2008-11-17 23:53:38
ジョンキューザック、いつもと雰囲気ガラッとかわって
普通のおとうさん役がはまってました。

1408号室の原作読んだんだね。
短い作品なんだー。migさんおすすめ、楽しみ♪
もちろん鑑賞予定にしてますので、感想かけたらおじゃましますね!

post a comment

Recent Entries | サ行の映画

31 Trackbacks

さよなら。いつかわかることGRACEISGONE (まてぃの徒然映画+雑記)
HOMESTOREで働くスタンレーは、12歳の長女ハイディ、8歳の次女ドーンと暮らしている。妻のグレイスはイラクに駐留していて、ドーンと「同じ時間にお互いのことを考えようね」という約束をしている。いつもと変わらないある朝、突然の訪問者がスタンレーの日常に入ってくる...
さよなら。いつかわかること (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します イラクから突然届いた母の戦死。悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時を迎える』  コチラの「さよなら。いつかわかること」は、サンダンス映画祭で観客賞&脚本賞を受賞し、4/26公...
「さよなら。いつかわかること」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 ジョン・キューザック主演のこの作品、 昨年アメリカで公開された際の評判も高く 音楽がクリント・イーストウッドということもあり 公開前から関心を持っていました。 イラク戦争に出兵しているのはジョン・キューザック演じるスタンリーの...
さよなら。いつかわかること (夫婦でシネマ)
イラク戦争で妻を亡くしてしまった家族。ロードムービーの形で遺された家族の再生を感動的に描きます。
『さよなら。いつかわかること』 (映像と音は言葉にできないけれど)
しかし、アメリカの長くて何も無い道のりを、(衝撃を受けた彼は)いったいどんな考えを巡らせて運転していたのか!?。
さよなら。いつかわかること (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
さよなら。いつかわかることイラク戦争を新しい視点から扱った意欲作。戦争で、父ではなく、母親を亡くした家族の再生の物語だ。考えれば女性兵士もいるわけでこういうケースもありなのだ。父娘のロード・ムービーにしたことで心の変化が繊細に感じ取れる。好青年のイメー...
「さよなら。いつかわかること」 (It's a wonderful cinema)
 2007年/アメリカ  監督/ジェームズ・C・ストラウス  出演/ジョン・キューザック      シェラン・オキーフ      グレイシー・ベドナルジク  ジョン・キューザック主演。クリント・イーストウッドが自分が監督以外の作品に音楽を提供したことでも...
さよなら。いつかわかること (ダイターンクラッシュ!!)
5月5日(月) 12:50~ シネスイッチ銀座1 料金:1480円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフレット:600円 『さよなら。いつかわかること』公式サイト 軍人の妻がイラクで戦死。娘二人に事実を伝えられず苦悩。仕事サボって、学校サボらせて、末娘が行きたがっ...
『さよなら。いつかわかること』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:GRACEISGONE監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス音楽:クリント・イーストウッド出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク、アレッサンドロ・ニヴォラ鑑賞劇場 : シネ・アミューズ ウエスト公式サイトはこちら。<Sto....
さよなら。いつかわかること (5125年映画の旅)
ホームストアで働くスタンレーはイラクに出兵した妻グレイスの代りに二人の娘の面倒を見ていた。そんなある日、スタンリーの元にグレイスの訃報が届く。母親が死んだ事実を娘達に伝える事が出来ないスタンレーは、3人でフロリダの遊園地に旅行に行く事を提案する。 ...
「さよなら。いつかわかること」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)のもとに、ある日、イラクに 出征中の妻グレイスの戦死の報が伝えられる。気持ちの整理がつかないスタンレーは、2人の娘、 12歳の長女ハイディ(シェラン・オキーフ)と8歳の次女ドーン(グレイシー・ベドナ...
さよなら いつかわかること:grace is gone (銅版画制作の日々)
  笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海をながめるとき 必ずママを思い出します   「グレイスが消える」、これが原題です。   6月13日、京都シネマにて鑑賞。イラク戦争で揺れるアメリカの異色作品です。グレイスとは、主人公スタンレーの妻の名前で...
さよなら。いつかわかること/Grace Is Gone (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・キューザック出演映画にハズレなし{/atten/}ほとんど{/m_0205/} とこれまでずっと思ってたんだけど、 今回も。  例に漏れず。 面白いっていうんじゃなく、ちょっと心にしみるような作品。 わたしはアメリカで高評価されてるほど 良かった!って感じたわけ...
「さよなら。いつかわかること」(アメリカ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
家族を失った絶望から寄り添って歩き出す父娘の物語・・・Grace Is Gone。
【さよなら。いつかわかること】 (日々のつぶやき)
監督:ジェームズ・C・ストラウス 音楽:クリント・イーストウッド 出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク 「スタンレーはホームセンターで働き、妻グレイシーがイラクに出征しているため二人の娘ハイディとドーンの世話をして
さよなら。いつかわかること (映画三昧、活字中毒)
■ シネスイッチ銀座にて鑑賞さよなら。いつかわかること/GRACE IS GONE 2007年/アメリカ/85分 監督: ジェームズ・C・ストラウス 出演: ジョ...
さよなら。いつかわかること/Grace is gone (描きたいアレコレ・やや甘口)
ジョン・キューザックが、シャツのズボン中入れ、ウエスト太め(←びっくり)で うろたえる"お父さん"を目一杯演じています。突然の妻の死に...
さよなら。いつかわかること・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
平凡な一家に、ある日突然やって来た「戦後」。 ジェームス・C・ストラウス監督のデビュー作「さよなら。いつかわかること」は、愛する者と...
『さよなら。いつかわかること』 7.5P (OL映画でいやし生活)
私的オススメ度:7.5Pこれは元々みたいと思っていた映画でしたー。 【STORY】 スタンレー(ジョン・キューザック)の妻は、陸軍軍曹としてイラクに単身赴任中だ。彼は12歳のハイディ(シェラン・オキーフ)と、8歳のドーン(グレイシー・ベドナーチク)とともに妻の帰...
映画 『さよなら。いつかわかること』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせるのは『“アイデンティティー”』などの実力派、ジョン・キューザック。スタンレー(ジ...
【映画】 さよなら。いつかわかること (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、「さよなら。いつかわかること」。 対テロ戦争で犠牲になった兵士たち。棺に入れられ帰還した愛する人と、残された家族の物語。 ...
『さよなら。いつかわかること』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:85分  原題:GRACE IS GONE  配給:メディアファクトリー  監督:ジェームズ・C・ストラウス  主演:ジョン・キューザック       シェラン・オキーフ   ...
『さよなら。いつかわかること』 2008-No38 (映画館で観ましょ♪)
二人の女の子の父親を、父親らしい体格=貫禄で演じたジョン・キューザック。 母親はイラク戦争へ。  ちいさな二人の娘とは、母親を...
さよなら。いつかわかること 79点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
さようなら いつだって 生きる事は戦いさ 公式サイト スサンネ・ビア監督の『ある愛の風景』と『悲しみが乾くまで』を合わせ、夫婦の性を逆転させた様な映画、というのが第一印象か。 ただ大きく異なるのは、妻の姿を一切見せない事、および、戦争を題材としなが...
mini review 08340「さよなら。いつかわかること」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。最初はぎくしゃくしていた父と2人の娘の関係が、旅を通して少しずつほぐれていくまでをじっくりとみせる。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせ...
さよなら。いつかわかること  Grace is gone (映画の話でコーヒーブレイク)
ジョン・キューザックを始めて見たのは遥か昔。 20数年前の「すてきな片思い Sixteen Candles」 典型的なティーンのスクールラブストーリーで最後はプロム(卒業ダンスパーティー)。 メインの恋話に加え、スクールバスで通う生徒達のキャラが可笑しくって今も記憶に...
さよなら。いつかわかること (晴れたらいいね~)
やっと観られました~~♪愛するものの死もんなんで、ちょっとほったらかしにしていた。そうなんだけど、この映画、死んでしまったものの想い出映像とかなくてそれよりも、この現実をやはり愛するものにどう伝えればいいのか、自分自身も実感もなく…という映画なので、「...
『さよなら。いつかわかること』 (『映画な日々』 cinema-days)
さよなら。いつかわかること イラク戦争で妻が戦死したとの知らせを 娘たちに伝えられない主人公は、彼女たちが 行きたがっていたテーマパ...
さよなら。いつかわかること (こんな映画見ました~)
『さよなら。いつかわかること 』 ---GRACE IS GONE--- 2007年(アメリカ) 監督:ジェームズ・C・ストラウス 出演: ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ 、グレイシー・ベドナルジク、マリサ・トメイ シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・...
さよなら。いつかわかること (心のままに映画の風景)
音楽を提供したC・イーストウッドも素晴らしい♪(WOWOWで) シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)は、 12歳の...
さよなら。いつかわかること/Grace Is Gone(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[映画レビュー] ブログ村キーワードイラクから突然届いた母の戦死。悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時を迎えるさよなら。いつかわかること(原題:Grace Is Gone)製作国:アメリ ...