知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昭和の笑顔

2011年10月19日 09時11分52秒 | 京都写真館 昭和の笑顔

今回の報告はいつものクラフト市ではありません。今 書店で昭和の笑顔という写真集が発売されているのご存知 ですか。(私 全く知りませんでした。)

       Conv0001_2

       上の写真が京都写真館 昭和の笑顔の表紙です。

写真 伊藤とのひろ氏 文 井上大輔氏 写真所蔵 伊藤祐一氏 出版 淡交社のモノクロの写真集です。2011年9月29日初版発行です。京都の昭和38~50年の写真が載っています。

実は私この本の77頁に載っているのです。

       Conv0002

この写真です。上半身裸の男性が私です。(私 17歳8ヶ月です。)場所は京都・嵐山渡月橋の少し下流です。写真後ろの橋が渡月橋です。

実はこの話 偶然の連続です。

1. 実は府立乙訓高校の2年の同窓会が10月15日(土)にあり 幹事のひとり君が『小さいころの海パン姿の君が写真集に載っているのを幹事の君が書店で見つけた。』と言うのである。私 あまり水泳は得意ではなく『たぶん間違っている』と言ったのですが 同窓会当日その話が広まっており『あの写真 昭ちゃん以外にありえない』と複数の同窓生が言うのである。そして近くの書店で昭和の笑顔の77頁を開いてびっくりです。私が載っていたのです。

2.私がたまたま嵐山に来ていた時に見ず知らずの伊藤とのひろ氏が私たちの写真を撮られたこと。

3.そして伊藤とのひろ氏の甥の伊藤祐一氏がとのひろ氏の写真を所蔵されておりその写真を写真集にしようと思われ多くの写真の中から私の写真も1枚選ばれたこと あまりにも偶然が重なった結果 今 パソコンのキーをたたいているのです。

私 お礼の意味をかね 伊藤祐一氏にメールをしたのです。そしたら早速返答メールいただきました。

福田昭一様

初めまして、東京の伊藤と申します。
この度は写真集のご購入と素敵なメールを頂きまして感謝致します。
出版社の方にも色々とご連絡が入り
一枚のお写真で繋がる凄さを凄く感じております。
福田様の掲載させて頂いた写真の前後には良い写真が沢山有り
選択に迷った記憶が有ります。
現状、ちょっと仕事で忙しいのですが、時間が出来ましたら
他のカットを探しまして写っている写真が有りましたらプリントしてお送り致します。
色々な方に喜んで貰えて叔父も喜んでいると思います。
ありがとうございました。
伊藤裕一
                        ・
原文のままです。うれしいです。人間を長くしているとこんなこともあるのですね。
11月4日伊藤裕一氏より昭和の笑顔に掲載されていた写真ともう1枚写真を送っていただきました。ありがとうございました。感謝です。この冬額縁を作ろうと思っています。
                             ・
それで高校の頃のモノクロ写真関連(?)ということで
       Conv0004
この写真(合成写真ではありません)つり輪で倒立しているのは私です。私 高校の3年間体操部でした。つり輪の下 体育館の横幕に乙のマークがはっきりわかります。中学のときに東京オリンピックがあり遠藤・早田・山下選手らの活躍がすばらしく私もオリンピックを目指し入部し頑張っていました。
Conv0003 Conv0005 Conv0007
写真は床のY字バランス 平行棒のフニッシュ 床での倒立です。
Conv0008 Conv0009
つり輪での上向き水平 床のバランスです。
そして最後の1枚は
       Conv0010
平行棒のでの片腕水平支持です。この技はあこがれの遠藤幸雄選手の得意技のひとつで床・平行棒での演技をテレビで見て練習し 実際 私も大会で使用した技です。
(リンクページのの写真と同じ技です。ここから倒立するのです。)
これらの写真は新聞部の級友に卒業の前にお願いして撮影してもらったものです。
                      ・
今回N氏の書店での立ち読み(失礼)のおかげで40年以上前の楽しかった記憶が戻ってきました。同級生の皆さん写真に載っているのは私です。久しぶりの同窓会楽しかったです。
君 この写真見つけてくれてありがとう。君が見つけてくれなかったら永久に・・・・・です。
                      ・
この写真集に携われた多くの皆様に感謝します。
                      ・
         元 京都府立乙訓高等高校 体操部補欠 福田昭一  皆様に感謝。
                     ・
                木工木楽屋のHP

 

コメント (2)