知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

平成30年 松尾まつり 神幸祭(おいで)

2018年04月24日 16時21分17秒 | 松尾まつり

今回の報告は

 

 

 

工事中

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成29年松尾祭 還幸祭(おかえり)

2017年05月15日 20時45分41秒 | 松尾まつり

今回の報告は平成29年5月14日に開催された松尾まつりの還幸祭(おかえり)です。

7時30分ごろのお旅所です。

おかえりも

この二人東京から来てくれました。T君は京都駅ではっぴに着替えたそうです。

神事がはじまりました。

朝の8時40分ごろ町内回りのお神輿我が福田事務機の前を通るところです。

古谷さん宅前でしばし休憩です。

 

   

古谷様 年有難うございます。

お神輿は西大路花屋町の交差点を西に向かい老人ホーム前での差し上げです。お神輿の後ろの建物は毎日利用する私の大きい冷蔵庫です。名前はライフと言います。

宗像会の長老(ちょっと失礼かも)Kさんです。

町内巡行が続きます。

いとこの福田紙器さん宅前でしばし休憩です。

記念写真 パチリ。

西大路七条の交差点です。

兄と甥のT君です。

JRの西大路駅横です。

お神輿は西寺公園に到着しここで昼食です。

名前は明らかにできませんがたまたまお弁当があまり2食分食べた方がおられます。

神事です。

中央の方が宗像会会長のH氏です。

朱雀のお旅所です。

タイトル 「神輿を撮る少年」フォトコンテスト候補 帽子と袋に注目

朱雀お旅所をあとに松尾大社へ 

途中

七条御前にある北尾さんの冷やしあめの接待です。

七条春日の交差点での差し上げです。

巡行の先端が桂川にかかる松尾大橋を渡っているところです。

先頭のお神輿はいつも四之社のお神輿です。

K君です。同じ七条中学でした。ここまで来るともう少しで松尾大社です。

松尾大社の境内です。

Oさんいつの間にか円筒の提灯(?)頼んでいたのです。スマホで撮影しているのは甥のT君です。この写真いいです。ほフォトコンテストの候補です。

 四之社のお神輿が楼門(山門)くぐったところです。

宗像社のお神輿が赤鳥居の前まで来ています。

宗像社の青年会長です。

タイトル「唐揚げを食べる美少女」

本殿では巫女さんが・・・・・

 

私にとってはあまりにも長い 過酷な1日でした。まだこの時点(5月17日14時)で撮影したビデオをまだパソコンに取り込めていません。いつになるかわかりません。たぶん来年からは全工程を撮影するのは無理なように思います。年には勝てません。ただ今年はおいでもおかえりも天気に恵まれ良いお祭りでした。東京からのお二人 来年も待っています。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平成二十九年 松尾祭り 神幸祭(おいで)

2017年04月24日 13時24分17秒 | 松尾まつり

今回の報告はいつものクラフト市ではなく平成二十九年 松尾祭り 神幸祭(おいで)です。4月の20日を過ぎた最初の日曜日が松尾祭り 神幸祭(おいで)で今年は23日です。

 松尾大社には撮影スポットがたくさんあります。

  縁結びの葵絵馬掛け新しくなりました。

  大変珍しい阿吽の亀です。

松尾大社の境内にはいたるところに亀がいます。

カルガモ発見。

運が良ければ美人の巫女さんに会えるかも。

写真の國學院の二人今年も来てくれました。深夜バスで東京を出発し当日の朝6時に京都駅に着いたそうです。AさんとT君です。今年はT君お神輿を担ぐそうです。

 山吹をバックにパチリ。

タイトル 「山吹を撮る黒髪の少女」写真コンテストに応募〇定

Aさんベルギーから来られたご夫妻にこの祭りの説明です。半日ご一緒しました。

お神輿はこのような状態で神幸祭を待ちます。

   私は鳳凰のついた宗像社のお神輿です。

 みたらし団子

境内の一角にみたらし団子のお店があり5人で頂きました。

巡行が始まりました。

先頭の船渡御(船渡し)を見るために阪急電車・バスに乗り 巡行の先端へ

阪急電車 松尾大社➡上桂➡桂 バス 桂 ➡ ➡ 桂離宮前 です。

四之社の舟渡しに間に合いました。この祭りはお神輿が船にのり桂川を渡るのです。

昼食

桂離宮の前にある中村軒で昼食です。デザートはおまんじゅう三個(撮影忘れました お許しを)

宗像社のお神輿が川を渡りこれからお神輿を差し上げ 船をぬきます。

   なぜかこの二人もお弁当です。

桂川の河原で神事があります。

  

地元七条御前です。

兄と姪のK子ちゃんとT君です。

もう少しで西七条お旅所です。

楽しい神幸祭でした。写真と同時に動画も撮影しました。そのうちにDVDも作ります。DVD(無編集です)の無料貸し出しいたします。

ベルギーのご夫妻日本を楽しまれたでしょうか。國學院のお二人お疲れ様。5月14日(日)の還幸祭(おかえり)も待っています。きらく。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

松尾祭り 還幸祭(おかえり)平成28年5月15日

2016年05月16日 09時48分28秒 | 松尾まつり

今回の報告は松尾祭り 還幸祭(おかえり)平成28年5月15日です。

 還幸祭(おかえり)は神幸祭の3週間後に開催されるお祭りです。今6基のお神輿は3ヵ所のお旅所にあり私の属している宗像社のお神輿は西七条のお旅所にあります。

朝の7時30分ごろのお旅所です。ここからお神輿は1日をかけ西京区にある松尾大社まで行きます。

朝の神事が始まりました。

  朝7時40分ごろからです。

そしてこの2人おいでに続いておかえりも東京から来てくれました。神事の後 御霊をお神輿に入れお神輿は各町内の巡行です。

 七条御前付近のとり神輿です。

宗像社の重鎮K氏です。

私がよく利用するおふろ 小町湯さんの前を通り宗像社の会長の橋本さん宅前で差し上げです。(ビデオで見てください。近々DVD-R無料貸出nの予定)

  そして毎年も古谷さん宅前でおもてなしです。いつもありがとう。

 

   そして例の二人も

休憩中 しばし 撮影タイムです。

お神輿は

西大路花屋町の交差点を通過しお年寄りの待つ老人ホーム前へ(DVDで見てください。)まだ町内巡行は続きます。

 

   お神輿は私の自宅横を通り町内回り最後の休憩所の石ヶ坪公園へ

  ここでもお二人 水分補給です。

この後お神輿は西大路七条の交差点で郡・川勝寺のお神輿のあとに続き JRのガードの下を通り西寺公園へ

お神輿の後ろは洛陽工業高校です。 西寺公園までもう少しです。

西寺公園では神事が行われます。

   そしてこんな写真もあります・  

ここ西寺公園で昼食です。この後 お神輿は朱雀のお旅所へ

        

朱雀のお旅所到着です。

冷たいお茶の接待です。この日のような暑い日は冷たいお茶最高です。

神事が始まる前にパチリ。

    

榊ご面です。

榊ご面の詳しいことは自分で調べてください。

最後の大宮社のお神輿もお旅所に入り神事の始まりです。

    

    

 

神事の後

月読神社の一行を先頭に6基のお神輿は松尾大社へ 途中 知り合いも パチリ。

これから 松尾大社まで老人には果てしなく遠い(少しオーバーかも)ただ今16時17分です。

私と國學院大學の二人はすべてのお神輿の拝殿回しを見るためにやむを得ず(?)ある交通機関を利用して先頭に追い付きました。おかげで

四之社や郡・川勝寺のお神輿の拝殿回しを見ることが出来ました。

この前後の様子ははDVDで見てください。

拝殿回しを終えお神輿のお衣や金具を外しているところです。このあと鳳凰を持ち上げお神輿からはずすところはDVDで なぜかこんな写真も

お神輿を神輿蔵におさめ一行は観光バスに乗り七条春日へ そしていつももように

内藤宅前に無事到着のシーンはDVDで

これから頑張って撮影した映像をパソコンに移してDVDにします。おいで・おかえりのDVDの無料貸し出しを行います。もう少し待っていてください。5月24日以降の予定です。

このブログを書いているときに國學院の彼女からうれしい投稿がありました。ブログの内容を見て 私 涙が出ました。また来年お二人に元気でお会いできることを楽しみにしています。福田。

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

平成二十八年松尾祭 神幸祭(おいで)

2016年04月24日 20時31分37秒 | 松尾まつり

今回の報告は平成二十八年松尾祭 神幸祭(おいで)です。木工木楽屋にはクラフト市より優先して参加するイベントがあります。地元松尾大社のお祭りです。4月の20日を過ぎた最初の日曜日に開催されるのが神幸祭でその3週間後に開催されるのが還幸祭(おかえり)です。今日24日が今年の神幸祭の日です。2015年のブログ

 松尾大社山門(楼門)

西七条の内藤氏宅まえ 朝の8時ごろ青年会長田中さんの挨拶今からお神輿の鳳凰や金具お絹をトラックに積み松尾大社に向け出発です。私はいつもこの先発隊で行きます。今 松尾大社には6基のお神輿があるのですが私が住んでいる西七条の一角は宗像社に属しています。

 今年も山吹の花がきれいです。

 

 拝殿横に絵馬をぶら下げるところがあります。ただこの方家内安全だけではないのです世界中の人の幸せもお願いされれいるのです。神様も大変です。・・・・・

 お神輿の飾りつけをしているところです。最初のお衣は白ですが最後が赤のお衣になります。

 境内の一角に素晴らしい赤松があります。

今 松尾大社に行くと写真のような美人の巫女さんに会えるかも 運が良ければ・・・

 美人の巫女さんのおられる授与所の建物の北側に写真のような四文字熟語が書いてありました。熟語の意味を知りたい方は自分で調べてください。そしてここ 境内でこの祭りを勉強するために(たぶん)東京から来られていた若い男女のお二人に会いました。お二人とも写真と動画を熱心に撮影されていました。後につづく。

   10時40分ごろ宗像の本体到着です。

私もこれぐらいの年から父親と 兄と一緒に祭りに参加しています。約60年です。

写真はお神輿に御霊を入れるところです。

最初に御霊を入れる大宮社には御霊のほかに写真のような太刀(たぶん)が入ります。ただ中身を見た人はおりません。

10時48分お祭りの巡行が始まりました。

この祭りの見せ場の一つが拝殿回しです。私 いつもはカメラ1台ですがこの日は動画を撮るため2台です。

宗像社の拝殿回しが終わり楼門を過ぎたところで先ほどのお二人と3人で阪急電車に乗り桂まで行きタクシーで桂離宮横までいきました。お二人にお稚児さんや月読さんが船で桂川を渡るところを見てほしかったのです。決して中村軒のお饅頭が目当てではありません。

お稚児さんや月読さんが川を渡るシーンは動画で撮影 スミマセン 画像ありません。なぜかこの日は松尾祭り最大のイベント お神輿の船渡御はありませんでした。代わりに御霊をからびつにいれて神様だけの船渡御です。残念です。

この写真は5基のお神輿が河原にそろい最後の大宮社のお神輿が七条大橋を渡っているところです。

この写真は船で川を渡った御霊をお神輿に入れているところです。このような白い布で隠し御霊を入れるのは初めてです。

    祭事の様子です。

東京からのお二人です。実はこの二人り神主さんや巫女さんになるための学校 國學院大學の学生さんと大学院生だったのです。おじぎの角度が神官さんと同じです。

これから後は七条御前を少し下がったところにある西七条のお旅所までの巡行です。これより後は動画ばかりで画像はありません。まだもう1台のカメラで撮影した動画パソコンに移していません。いつになるかわかりません。 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

平成二十七年 松尾祭 還幸祭(おかえり)

2015年05月18日 17時27分56秒 | 松尾まつり

今回の報告は平成二十七年 松尾祭 還幸祭(おかえり)です。

松尾祭りのおかえりはおいでの3週間後に行われます。いまお神輿は自宅からすぐ近くにある西七条のお旅所に6基の内4基がここにあります。これから祭典の後お神輿に御霊を入れます。

     

 

大宮社のお神輿には御霊と長い太刀のようなものがお神輿に入れられます。

宗像社の青年会の会長さんの出発前のご挨拶です。これからお神輿は地元を約2時間かけて巡航します。

写真は私の兄です。10違いです。

いつものようにF事務機の前を通過。

宗像社会長さんのH氏宅前で差し上げです。

途中写真のような接待です。

   古谷様に感謝。

お神輿は我が母校 京都市立七条第三小学校の前を通り西へ

  西七条老人ホームさんの前で差し上げです。

最近 近くにライフができ大変助かっています。西大路花屋町上がる東側です。そしてここでも接待です。

いとこのF氏宅前です。

 

そしてお神輿は私の自宅横を通るのです。

 

赤い屋根が自宅横の倉庫です。いつもここにホテルハイエース・旅の宿ホンダを駐車しています。そしてお神輿は地元巡行の後最初の目的地

 西寺跡です。ここで六つのお神輿が並びます。

ここで祭典が行われます。

   ここでお昼の食事です。そして次の目的地朱雀のお旅所へ

 

    

ここでも祭典が行われそのあと 最終目的地の松尾大社へ これからがまだまだなが~い。まだ半分です。

西大路七条の交差点でお神輿は大きく一周 途中 差し上げです。

     

途中 阪急の西京極駅近くの公園で休憩です。

 

やっと お神輿は桂川にかかる松尾橋に到着です。あと少しです。

上の写真の中央の山が愛宕山です。

今回の一枚は阪急電車とお神輿です。

さすがプロ (本人だけが思っています。)流し撮りです。

お神輿は赤鳥居まで来ました。

これから山門をくぐり拝殿へ。一台のCASIOのカメラで写真を撮ったり動画で撮影したりでこれからの祭りのハイライトは動画撮影しました。

    

 

鳥神輿のシンボル 鳳凰を若い衆が神輿から降ろしているところです。

裸になったお神輿は神輿蔵へ19時30分ごろです。担ぎ手は観光バス2台で地元の西大路春日まで帰りそのあと

  

提灯にローソクの灯をつけ貫をならしながら帰宅です。

感想 疲れた 私にはまる1日約20Kmを歩くのは無理です。今回限りになるかも。(たぶん・きっと)

おいでとおかえりの写真及びビデオをダビングします。ご希望の方はUSBメモリーを持って来てください。無料です。だだし未編集です。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成二十七年 松尾祭 神幸祭(おいで)

2015年04月27日 07時37分21秒 | 松尾まつり

今回の報告はいつものクラフト市ではなく地元松尾大社のお祭りです。昨年のブログ

松尾大社には6つのお神輿があり私はそのうちの一つの宗像社です。私 松尾大社の氏子です。この日も多くのクラフト市が全国各地で開催されていますがお祭りの参加が優先です。

このお祭りは六基のお神輿が桂川を船で渡るのです。その船が松尾大社の境内の一角に保管されています。

その船を重機を使い取り出しトラックにのせ桂離宮横の桂川西岸まで持って行くのです。

 松尾大社は山吹の花でも有名です。

あまり知られてはいませんが滝もあるのです。

 社務所まえにておまつりの神事です。

   境内はお祭り一色です。

この子のあくびの顔よかったのですが・・・・・残念でした。

      

お飾りを付けたお神輿を本殿前に持って行き御霊をお神輿に入れ出発です。今年の青年会会長の田中さんです。

12時45分ごろ最初の

お稚児さんの一行が桂川を渡っています。

13時12分

宗像社の神輿は桂離宮の横を通り桂川西岸へ(松林の南側に桂離宮があります。)

お神輿は船渡しのための道を降り桂川西岸へ

   

お神輿は船で東岸へ

     

   ここで六社の神輿が並び神事です。

この河原でお昼の食事 休憩です。

15時40分ごろ宗像の神輿は河原を後にして出発です。目的地の西七条のお旅所までまだまだ時間がかかります。

 

   途中でお茶のおもてなしです。感謝。

やっと西大路春日です。

西大路春日でのさしあげです。

 兄・Kちゃん・T君です。T君お祭り大好きです。

お神輿は西大路七条まで来ました。

西大路七条の交差点をお神輿は大きく一周です。

     

     

    

南病院まえあたりではじめての試みです。三社の神輿が一斉に差し上げです。

     

   

お神輿は七条御前まできました。

 

  

よく見た顔のお二人です。

お神輿は無事西七条お旅所に到着しました。

  

青年会 会長さんよく頑張ってくれました。拍手。・・・・・です。

     

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松尾まつり 還幸祭(おかえり)

2014年05月12日 20時20分13秒 | 松尾まつり

今回の報告は5月11日(日)の松尾まつり 還幸祭(おかえり)です。

Conv0001_3  Conv0003 

       おかえりはおいでから3週間後の日曜日です。

Conv0002 Conv0004

松尾大社に3つのお旅所があり ここ西七条の お旅所には4基のお神輿が入る神輿蔵があります。(朝の7時25分撮影)

Conv0006 Conv0007

西七条お旅所のお社にある御霊をお神輿に入れるところです。

Conv0009 Conv0008

宗像会会長H氏・同青年会会長T氏 朝の挨拶です。これからお神輿は各町内を回ります。

       Conv0010

            福田事務機さんの前を通過

Conv0011 Conv0013

       近所のおばさん・神輿好きのT君

Conv0014 Conv0015

お神輿が通るあちこちで飲み物やおやつを出していただきます。古○氏家まえ

Conv0016 Conv0017

Conv0018 Conv0019

老人ホームの前までお神輿が来ます。みなさん大変楽しみにしておられます。

Conv0020 Conv0021 Conv0022

         いとこの 福○氏宅前でのしばし休憩です。Conv0026_2 Conv0030 

          福○氏宅前の西大路通りでの差し上げです。

Conv0028 Conv0029

私が6年間通った

       Conv0032

お神輿の後ろの3階建ての建物 京都市立七条第三小学校です。私 普通の成績で卒業。

       Conv0033

お神輿は自宅横の倉庫の南側を通ります。いつものホテルハイエース・旅の宿本田が駐車しています。

       Conv0037

          七条通りの神輿蔵前での差し上げです。

Conv0038 Conv0039 Conv0040

西大路八条

Conv0043 Conv0042_2

Conv0044 Conv0045

       若一(にゃくいち)神社前での差し上げ。

Conv0046 Conv0048

JR西大路駅ガードの下を通り次の目的地 西寺跡へ

Conv0049 Conv0050

Conv0130 Conv0055

       Conv0051

       ここ西寺跡に六社のお神輿が集合し祭事が行われます。

Conv0052 Conv0053

       Conv0054

       ここで昼食をいただき次の目的地 朱雀お旅所へ

Conv0076 Conv0072

Conv0065 Conv0066 Conv0067

Conv0068 Conv0069 Conv0070

          神様へのお供え物いろいろ

西大路七条の交差点 ここを過ぎると西京区にある松尾大社へ

Conv0082 Conv0083

Conv0084 Conv0085

        途中 阪急西京極駅前・公園にてしばし休憩です。

       Conv0088

Conv0086 Conv0087

このあと 五条通り・高辻通り・四条通り経由で松尾大社へ

Conv0089 Conv0090

Conv0091 Conv0092

       Conv0131 

  桂川にかかる松尾橋を渡ると松尾大社の大きい鳥居がすぐそこに

Conv0094 Conv0096

Conv0097 Conv0098

そして最後のクライマックス。山門を上り拝殿へ

Conv0099 Conv0100

Conv0101 Conv0102

拝殿廻し

Conv0103 Conv0106

       Conv0132

御霊移し

Conv0108 Conv0109

お神輿は神輿のシンボル鳳凰を下ろし神輿蔵へ

Conv0113 Conv0114 Conv0115

Conv0116 Conv0118

担ぎ手一同バスに乗り 地元 七条春日へ

Conv0120 Conv0121

Conv0122 Conv0123 Conv0124

Conv0125 Conv0126

Conv0127 Conv0129

皆様 お疲れさん 私も大変疲れました。 写真 今年が最後かも。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

松尾大社 神幸祭(おいで)

2014年04月22日 07時37分20秒 | 松尾まつり

今回の報告はいつものクラフト市ではなく 松尾大社 神幸祭(おいで)です。

        Conv0017

私は松尾大社の氏子でありクラフト市・手づくり市よりお祭りが優先で小学生のころから欠かさず参加しています。松尾大社のお祭りは4月に行われる神幸祭(おいで)と5月に行われる還幸祭(おかえり)があります。神幸祭(おいで)の最高の見せ場は神輿(みこし)を船にのせ桂川をわたる船渡御(ふなとぎょ・通称ふなわたし)です。 現在神輿は6基あり私は宗像社のとりみこしです。

写真は

Conv0002 Conv0003

船渡御に使う船をトラックに積むところです。一番上の船が神輿用で下の2隻は担ぎ手を運ぶためのものです。

       Conv0005

写真は神輿蔵からおみこしを出してきたばかりで裸の状態です。これからおきぬスズなどを付け飾ります。写真は檪谷社(いちたにしゃ)のみこしです。これから通称ながい?(正式名 轅 ながえ と読む・神輿棒・担ぎ棒などがあり不明)をみこしに取り付けます。

       Conv0066

   宗像社のおみこしにおきぬを着せているところです。右の人物はいとこです。

Conv0012 Conv0004

       松尾大社ではいたるところにやまぶきが植えてあります。

このような神事が行われます。

Conv0013 Conv0015 Conv0014

これから御霊(みたま 神様) をおみこしに入れるところです。

Conv0018_2 Conv0019 Conv0020

私 まだ神様のお姿見たことがありません。白い布の中におられるそうです。

松尾大社は洛西の総氏神で醸造の神様です。亀がお使いです。

       Conv0008

Conv0009 Conv0010 Conv0011

             いたるところに亀さんがいます。

Conv0007 Conv0006

珍しい阿吽の亀さんもいます。この場所がどこか知っている方は少ないです。

       Conv0016

              今年のお稚児さんです。

御霊を入れたおみこしは

Conv0022 Conv0024

       Conv0025

おみこしは拝殿を3周半まわり山門・大鳥居を通り桂川を渡り目的地の西七条のお旅所へ 

       Conv0021

    写真はとりみこしのシンボル鳳凰です。決してにわとりではありません。

Conv0027 Conv0028

写真はおみこしをのせる神輿車(台車)です。太い 大きい欅の材が使用されています。

Conv0033 Conv0034

写真は桂川の西側にある桂離宮の北側を通る宗像社のおみこしです。木の茂っているところが桂離宮です。

       Conv0035

        この道を降りると桂川があります。13時18分ごろ撮影

       Conv0036

このお二人は京都府知事の山田啓二さんと市長の門川大作さんです。お二人とも応援に。

Conv0037 Conv0038

おみこしを船にのせるところです。おみこしを差し上げ船が入ってくるのです。

Conv0039 Conv0040

         写真は担ぎ手がのる船の中から撮影しています。

       Conv0041

      桂川を渡るとりみこし。背景の木の茂っているところが桂離宮です。

       Conv0063

写真は上の写真の部分拡大です。真ん中のメガネをかけた方が宗像会の会長のH氏です。いつも夕方散歩にさそってもらってます。

今回の1枚の写真

       Conv0065

     桂川を船に乗って渡るおみこし 背景には愛宕山 その間に阪急電車です。

Conv0067 Conv0042

上の2枚は桂川の東側についたおみこしを船から担ぎ上げおろすところです。寒い・パンツぼとぼとです。

       Conv0043

上の写真は船渡御のあと八条通りにかかる桂大橋を過ぎたところです。見学をされる方はおみこしの真上をさけ見学です。ここ桂川の東側の河原で昼食です。

時間が少し経過して(17時20分ごろ)おみこしは西大路七条に到着です。

Conv0045 Conv0046

西大路七条の交差点を大きく1周して差し上げです。小雨のためおみこしにビニールがかかっています。

       Conv0049

       私も白いハンテンを着ているのでおみこしに近づいてパチリ。

Conv0047 Conv0050

       姪の一家です。息子のT君 お祭り大好きデス。

       Conv0062

         K子ちゃんがT君に作った帽子 評判よかったです。

       Conv0048

           兄も元気に参加しています。

       Conv0064

メガネの人物いとこの孫のM君です。宗像会 青年会の次の 次の・・・・会長候補です。(たぶん)

Conv0051 Conv0052

七条御前の交差点を少し下がったところにある西七条の御旅所前での差し上げ。 これからみこし蔵に入るところです。

       Conv0053

      おみこしに入っている御霊を神官の方が取り出しているところです。

       Conv0055

         いとこの息子さんT君今年も青年会 会長です。

お祭りと言えば

Conv0056 Conv0057 Conv0058

Conv0059 Conv0060 Conv0061

天気予報では1日中くもりだったのですが天気予報が悪い方にはずれ途中小雨が降り寒い1日でした。10数年まえはビデオ撮影をし編集もしていたのですが今は足も悪く写真撮影だけです。還幸祭(おかえり)は5月11日です。今回約320枚撮影しました。写真希望の方はダビングします。私 おかえりも参加します。

             木工木楽屋のHPへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松尾まつり おいで・おかえり

2013年05月15日 09時54分59秒 | 松尾まつり

今回の報告はいつものクラフト市ではなく私の地元のおまつり松尾まつりです。

松尾祭り 神幸祭(おいで) 4月21日(日)

松尾まつりはおいでおかえりがありおいでは普通4月の第3日曜日に開催されます。

       Conv0005_4

この写真は松尾大社の本殿 ・山門とみこしがおりてきて赤鳥居の手前での写真です。写真の奥に松尾大社があります。私は松尾大社の氏子です。

       Conv0008

写真はみこしの倉庫からみこしを出しているところです。まだシンボルの鳳凰は付いていません。

       Conv0001

       みこしのうえに鳳凰を取り付けているところです。

       Conv0002

       松尾大社 本殿では美しい巫女さんの舞もあります。

       Conv0003

       この写真はみこしを差し上げているところです。(拝殿前)

       Conv0004

       写真はみこしが山門を降りたところです。

       Conv0006

このまつりの最大のイベントは桂離宮の横を流れる桂川を船で渡る船渡御です。今年は残念ながら風が強く船外機の付いている小さい船でお稚児さんや関係者たけが桂川をわたりましがみこしの船渡御は中止になりました。

       Conv0009

       写真はたくさん撮影したなかでお気に入りの1枚です。

松尾祭り 還幸祭(おかえり) 5月12日(日)

おかえりはお旅所におられる神様をもとの松尾大社に戻すまつりです。

       Conv0010

写真は京都市下京区西七条にある西七条お旅所です。ここには6基のうち4基のみこしがあります。

      Conv0013 

        これから神様をみこしに入れるところです。

       Conv0019

写真はみこしが町内を巡回しているところです。福田事務機の前も通ります。

       Conv0011

        写真は西寺跡公園で6基のみこしがそろったところです。

       Conv0012_2

        写真は西大路八条の交差点でのみこしの差し上げです。

       Conv0016

Conv0014 Conv0015_2

途中 七条千本付近にある朱雀のお旅所でもまつり事があります。

       Conv0020

写真は18時40分ごろ 桂川にかかる松尾橋を渡りみこしが松尾大社近くに来たところです。

Conv0022 Conv0021

この後 おみこしをおろし神様をもとの松尾大社に戻すのです。

       Conv0024

     写真が丁度 神主さんがおみこしから神様を出されたところです。

       Conv0023

            このようにして地元に帰るのです。

このような訳で木工木楽屋は4月第3・5月第2日曜日はイベントに参加できないのです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松尾まつり 還幸祭(おかえり)平成28年5月15日

2005年12月05日 19時40分41秒 | 松尾まつり

今回の報告は松尾まつり 還幸祭(おかえり)平成28年5月15日です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加