知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第6回 つるがクラフトマーケット2012

2012年05月21日 15時03分19秒 | クラフト市

今回の報告は第6回 つるがクラフトマーケット2012です。

        Conv0031

会 場 敦賀駅前商店街アーケード

開催日 平成24年5月19日(土)20日(日)

主 催 つるがクラフトマーケット実行委員会 

事務局 港都つるが株式会社

木工木楽屋はいつものように前日の18日(金)の朝9時ごろ自宅を出発。高速道路を使用せず八瀬の大原 湖西道路 8号線を経由して会場の敦賀駅へ。木工木楽屋は過去 2年前と4年前にこのイベントに参加させていただいています。(2010のブログを見る2008年のHPの報告を見る

今回の旅行(?)の目的のひとつ名勝気比の松原を見に行きました。敦賀3回目にしてやっと見学することが出来ました。ここ気比の松原は静岡県の三保の松原・佐賀県の虹の松原とともに日本三大松原の一つだそうです。

Conv0005 Conv0003

そして今回の1枚は気比の松原で撮影したこの1枚です。

        Conv0033         

        すみっこにカラスがいるのがポイントです。(?)

5月19日(土)開催日当日

Conv0009 Conv0001 Conv0002

今回の会場 敦賀駅前商店街アーケード 駅前ゆめさき通りです。いたるところに写真ののぼりが うれしいです。

        Conv0012

             今回の会場はこんな雰囲気です。

Conv0010 Conv0011

外人さんもぬけ作に挑戦してくれました。流暢な(うそです)英語で説明しました。ぬけ作を3個購入していただきました。

        Conv0013

          木工木楽屋のブースです。(19日2時30分ごろ撮影)

5月20日(日)

Conv0019 Conv0018 Conv0020

今回は商店街アーケードでの開催なのでテントは持っていかずに愛輪ブロンプトンを持参 旅の宿本田(ホンダの軽自動車)で行きました。写真の先に敦賀駅があります。(5時30分ごろ撮影)会場付近を自転車で散策すると

Conv0024 Conv0021

Conv0022 Conv0023

写真のような楽しい木製の遊具です。さみどり保育園の方に了解を得て写真撮影させていただきました。

        Conv0029

2日目の木工木楽屋のブースです。(20日12時00分ごろ撮影)

今回のお土産

Conv0025 Conv0032

今回のお土産はITO CRAFTの伊藤憲昭さんのコーヒー豆のストラップです。伊藤さんは写真のキャンピングカーでどこの会場でも出没されます。10年以上前 駒ヶ根のクラフトフェアで作品を拝見しびっくり・感動した作家さんです。

Conv0027 Conv0026_2

写真は伊藤さんの作品の写真です。すべて完成度が高く 珍しい銘木を使用されています。私 伊藤さんの作品のファンです。

        Conv0028

写真はダンボールではありません。木(たぶんタモ)で出来ています。驚きです。

今回の温泉

18日(金)

Conv0008 Conv0007

18日は気比の松原の近くの越のゆさんでお世話になりました。

19日(土)

Conv0015 Conv0016

19日は敦賀きらめき温泉 リラ・ポートです。敦賀に来ると必ず来る温泉です。

        Conv0017

写真はリラ・ポートの駐車場から撮影したものです。敦賀市がよく見えます。手前が北陸自動車道です。ここの温泉は温度の違う浴槽があり38度ぐらいのお湯に長くつかるのが好きです。

今回の驚き

今回も多くの方にぬけ作に挑戦していただきました。感謝です。そして2人の女性(うち一人は高校生です。)が超難解なスーパーぬけ作君を見事に解いてくれました。私 複雑な気持ちです。(本当はうれしいです。)二人とも『この知恵の輪(スーパーぬけ作君)はすごい』と言ってくれました。作者としては一番うれしい言葉です。

今回うれしかったこと

今回のイベントで敦賀では3回目の出店の木楽屋ですが過去のイベントでぬけ作を購入していただいたご婦人がわざわざ自分のぬけ作をもって『あなたから購入したがまだ解けない答えを教えてほしい』とのこと私喜んで丁寧に答えをお教えしました。納得して帰って行かれました。もうひとりお父さんも『以前購入したが・・・・』とのこと ゆっくり丁寧にお教えしました。私が出店するのを期待されていたそうです。うれしいです。

Conv0014 Conv0030

今回 2日間で200人位の方がぬけ作に挑戦してくれました。楽しい・うれしい・最高のイベントでした。関係者の皆様に深く感謝します。

20日(日)夜8時半ごろ自宅に帰りパソコンのスイッチを入れると前回出店したわかばクラフト市くじらさまから投稿メールが早速入っていました。うれしいです。

今回もいつもの同級生夫婦孫2人を連れて京都の宇治から来てくれました。次は亀岡です。

            木工木楽屋のHPへ

コメント

わかばクラフト市 (三州足助屋敷前)

2012年05月06日 15時41分01秒 | クラフト市

今回の報告は三州足助屋敷前で開催されたわかばクラフト市です。

Conv0014_2 Conv0035

会 場 州足助屋敷前

月 日 平成24年5月・4・5

木工木楽屋はいつものように前日の2日(水)朝8時ごろ自宅を出発 今回は撮影旅行とゆっくり・のんびりクラフト市を楽しもうと思っていました。ところが・・・・・・です。

        Conv0054 

Conv0055_2 Conv0056

あすけルネッサンスはゴールデンウィーク恒例のイベントでわかばクラフト市はあすけルネッサンスのイベントのひとつです。このポスターをいたるところで見ることが出来ます。わかばクラフト市もしっかり書かれています。うれしいです。

        Conv0001_2

Conv0002_2 Conv0003

ここ百年草さんは宿泊施設やパン・ハムの手作り工房やフランス料理のレストラン・お風呂もある社会福祉施設です。ここ百年草さんもあすけルネッサンスのイベントのひとつで山野草展や山野草の販売が行われます。ここに到着した2日の昼ごろ丁度明日からはじまる販売用の山野草を持ってこられていました。

Conv0049 Conv0044

ここのレストラン楓さんでおそい昼食をいただきました。食事制限中の私は少し残しデザートも付いているのに断りました。残念・・・・です。

Conv0052_3 Conv0051

この写真は足助川から見た百年草さんの建物です。たいへん斬新な建築です。小さい写真のところにお風呂があります。私もお風呂に入らせていただきました。200円でした。

そのあとブログ用の写真撮影です。

Conv0061 Conv0062

写真の建物は豊田市役所足助支所の建物です。

Conv0063 Conv0064

Conv0065 Conv0066

足助支所の横には足助神社足助八幡宮があり足助八幡宮は足の守り神だそうです

そしてここ足助には足助川と巴川がありいったいどこで合流しているのか不思議に思い

Conv0067 Conv0068

        Conv0069

古い街道 中馬街道を散策し足助川にかかる飯盛(?)橋を渡り足助川を下りました。写真が2つの川が合流しているところです。後方にある建物が豊田市役所足助支所です。ここからは足助川はなくなり巴川になるそうです。

5月3日わかばクラフト市の開催です。

Conv0007  Conv0006

一番大きい宮町の駐車場に車を止めるとこの待月橋を渡り少し行くと今回の会場足助屋敷があります。

        Conv0033

           会場の少し手前には写真のような看板やのぼりがあり道案内してくれます。

そして

Conv0079_3Conv0013 Conv0078

                いつもの同級生夫婦孫2人を連れて初日の3日に来てくれました。

Conv0018 Conv0020

             写真は3日(木)の木工木楽屋のブースです。

5月4日

Conv0023 Conv0016

        Conv0022

木工木楽屋のブースの前に檜茶屋さんがあります。毎日8時20分ごろ煙突からけむりが 見に行くとかまどに火が よく見ると使用済みの割り箸・五平餅の食べた後の棒(?名前わかりません)です。これってエコ。

Conv0025 Conv0026 Conv0028

あすけ広場会場では竹とんぼ・木工教室・じゃんぼシャボン玉等のイベントがあります。

Conv0024 Conv0029

             写真は4日(金)の木工木楽屋のブースです。

5月5日

Conv0042 Conv0039

写真は檜茶屋さんの五平餅と山菜そばの写真です。私 期間中に五平餅×2 山菜そば×2 ちまき×3 いただきました。

        Conv0043

           広場では写真のような三州足助太鼓のパホーマンスも

Conv0045 Conv0017

あまりにもたくさんの方がぬけ作に挑戦しているのでとかげ君も挑戦しに来てくれました。

そしてなんと

        Conv0046

写真の彼女すごいんです。「間ぬけ作」を簡単に解き より難易度の高い木工木楽屋の自信作 2010パズル会議in箱根で正式発表した「スーパーぬけ作君」をいとも簡単に解いてしまったのです。私ショックです。写真は楕円をひとつにまとめ又元の形にもどしてもらった写真です。過去最速です。びっくりです。彼女には木工木楽屋でいつでもアルバイトが出来る特典を与えました。(1時間 180円です。少し安いかも。)

今回の会場は

Conv0076 Conv0075

          こんな雰囲気です。

今回の1枚の写真は

      Conv0077

新緑のミドリの向こうに見える足助村です。木工木楽屋は平成18年の3月第4回カタクリの花クラフトフェアにも参加させていただいておりそのとき足助村で一泊させていただきました。

今回のお土産

Conv0037 Conv0072

新潟の三条名匠会会員の田巻勇一さんの木のくつべら(2,000円)です。田巻さんとは他のイベントで数回ご一緒しています。

Conv0041 Conv0073

木工木楽屋のおとなりのお店新潟の燕市から来ておられた(有)イソダ器物さんのくつべら(1,000円)です。銅製で厚みは1mmだそうです、3日間ご迷惑をかけました。

今回の温泉

Conv0057 Conv0058

今回の温泉は地元の方に教えてもらった宮町の駐車場から5分ぐらいの所にある白鷺館の白鷺温泉です。3・4日の2回お世話になりました。蛇口からも源泉の温泉水が出る古い温泉宿です。日帰り入浴800円です。ここの受付の女の子かわいいです。

Conv0021 Conv0032 Conv0048

参加させていただいて

今回ゆっくり・のんびりとクラフト市を楽しもうと思っていた木楽屋ですが天候にも恵まれゴールデンウィークでもありたくさんの方々にぬけ作に挑戦していただきました。上の写真にあるように3日とも挑戦者数は100人を超え3日間で450人近くの方に挑戦していただきました。お昼ごはんもゆっくり食べることができませんでした。木楽屋にとって大変幸せな楽しいイベントでした。関係者の皆様に深く感謝します。特に木楽屋の「知恵の輪の体験」という内容を理解していただき広いスペースを使用することを許可していただいた担当者のS氏には特にお礼申し上げます。感謝です。

      木工木楽屋のHPへ

コメント (5)