知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

光アート&クラフト 第10回 想・創まつり

2015年05月25日 18時27分07秒 | クラフト市

今回の報告は5月23・24日(土・日)に山口県光市の冠山総合公園のイベント広場で開催された光アート&クラフト 第10回想・創まつりです。

今回のA4判のちらしの表面です。

主 催  光アート&クラフト 想・創まつり実行委員会 梅津 敏英

このイベントは山口県での開催なので木工木楽屋の出店エリヤ外なので今までパスしていたのですが今回は一度出店したく申し込みました。今までは福山・岡山まででした。

今回の会場には開催日前日の昼頃到着しました。

今回の会場 冠山総合公園のイベント広場です。すでに区割りのラインが引かれていました。会場入り口には

大きい看板もすでに立ててありました。会場に行く途中にも多くののぼりが立ててありました。写真は会場入り口ゲート前ののぼりです。

このイベントは前日搬入が可能なので1時ごろから搬入しました。出展者は前日搬入ができると大変助かります。

会場の横には

せせらぎ水路があり多くの鯉が泳いでいました。

  

会場のすぐ近くの海岸は

    室積海水浴場です。

開催日当日 5月23日(土)

会場のゲートが開くのが朝の7時なので会場近くの漁港でセリの見学です。

         6時30分ごろ撮影

漁港の近くにものぼりが ホテルハイエースの後ろの白い建物が日帰り入浴 させていただいた かんぽの宿光です。2回お世話になりました。土曜日は割引券を頂きました。

開会のご挨拶をされる 梅津 敏英氏です。9時50分ごろ

会場はこんな雰囲気です。

   

木工木楽屋のブースです

23日(土)の3時ごろから少し雨が降りました。すべてテントの内側に入れて行いました。

 

ここ山口県まで来るといつもの出展者とは違います。その中でも一番すごいと思ったのは

 周南市から来られていたリトルウッドさんの作品です。おもちゃを作っておられるのですがレベルがすごいんです。私には絶対作れないレベルです。世の中にはすごい方がおられるものです。木工の事・銘木の事 いろいろお話させていただきました。私の作品も気に入っていただき全種類購入していただきました。了解を得て写真撮影させていただきました。すごい。他にも木でオートバイや回転椅子を作っておられた工房ウッズマンさんの作品もすごかった。木工をしているものにとってこのお二人の作品を見られただけでも来た甲斐がありました。

そしてこの会場にはステージがあり

   

2日間にわたりひかり太鼓の演奏やいろんな方のステージでのパホーマンスがありました。

今回は4~5人の方がスーパーぬけ作君に挑戦してくれました。

解けた方も解けなかった方もお疲れさまでした。

参加させていただいて

生まれて初めての山口県でのイベント楽しむことができました。多くの方とお話しができました。個人的には可愛い女の子が『おじさん私の町にも来て』と言ってくれたり高校生ぐらいの女の子が熱心にいろんな知恵の輪に挑戦してくれたあと しばらくして『おじさんにプレゼント』と言って四葉のクローバーを探して持って来てくれました。また若者3人組の男性が『おじさんと一緒に写真を撮らせて』と言ってくれました。涙・涙・涙・・・・・です。

これらのこと以上に一番感動したのはこのイベントの主催の梅津敏英氏の行動力です。こんな大変なことを10回もされているのです。イベントを開催することはあまりにも時間がかかり準備が大変なのです。写真はありませんが交流会も良かったです。私は今回1回だけのつもりでしたがまだわかりませんが来年もまた参加させてほしいイベントです。山口県光市で良い思い出ができました。梅津さんはじめ参加された皆様・お客様に感謝です。きらく

時間が前後しますが岩国市にある錦帯橋を見学しました。

木工木楽屋は5月21日(木)昼頃自宅を出発し名神・中国・山陽自動車道とのりつぎ広島にある小谷サービスエリアで最初のカーネル 名人戦第4局を19時ごろからタブレットでニコ生の放送を見る。なかなかいい勝負でした。サービスエリアで錦帯橋の写真を見つけ 急きょ予定を変更し錦帯橋を見学

私 錦帯橋初めて見ました。素晴らしい橋です。22日(金)9時15分ごろ

観光ガイドの方にお願いして記念写真です。

         

私 大人入橋券(300円)を購入し見学です。最初は江戸時代の1673年に創建されたそうですが今の橋は平成の13~15年に作られたそうです。

2~3週間まえ 高校の同級生K谷君に『今度岡山のイベントに参加するんや』『岡山には有名なお酒あるんや』『けもの偏に何か難しい字や』と言うことで

山口の山奥の小さい酒蔵さん旭酒造さん行ってきました。いつもお世話になっている方にもと思い5~6本購入するつもりでしたがおひとり様1本のみとのこと 今時こんな商売もあるんですね。獺祭 だっさい と読むそうです

購入できた貴重な1本です。K谷君には3万円で売ろうと思っています。写真にわざとドアノブを入れダサイ撮り方をしました。K谷君 このブログを見たら3万円をもって来てください(笑う)

カーネル4泊の楽しい旅行でした。走行距離949Kmでした。次の旅行は6月6・7日鳥取県八頭方面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

平成二十七年 松尾祭 還幸祭(おかえり)

2015年05月18日 17時27分56秒 | 松尾まつり

今回の報告は平成二十七年 松尾祭 還幸祭(おかえり)です。

松尾祭りのおかえりはおいでの3週間後に行われます。いまお神輿は自宅からすぐ近くにある西七条のお旅所に6基の内4基がここにあります。これから祭典の後お神輿に御霊を入れます。

     

 

大宮社のお神輿には御霊と長い太刀のようなものがお神輿に入れられます。

宗像社の青年会の会長さんの出発前のご挨拶です。これからお神輿は地元を約2時間かけて巡航します。

写真は私の兄です。10違いです。

いつものようにF事務機の前を通過。

宗像社会長さんのH氏宅前で差し上げです。

途中写真のような接待です。

   古谷様に感謝。

お神輿は我が母校 京都市立七条第三小学校の前を通り西へ

  西七条老人ホームさんの前で差し上げです。

最近 近くにライフができ大変助かっています。西大路花屋町上がる東側です。そしてここでも接待です。

いとこのF氏宅前です。

 

そしてお神輿は私の自宅横を通るのです。

 

赤い屋根が自宅横の倉庫です。いつもここにホテルハイエース・旅の宿ホンダを駐車しています。そしてお神輿は地元巡行の後最初の目的地

 西寺跡です。ここで六つのお神輿が並びます。

ここで祭典が行われます。

   ここでお昼の食事です。そして次の目的地朱雀のお旅所へ

 

    

ここでも祭典が行われそのあと 最終目的地の松尾大社へ これからがまだまだなが~い。まだ半分です。

西大路七条の交差点でお神輿は大きく一周 途中 差し上げです。

     

途中 阪急の西京極駅近くの公園で休憩です。

 

やっと お神輿は桂川にかかる松尾橋に到着です。あと少しです。

上の写真の中央の山が愛宕山です。

今回の一枚は阪急電車とお神輿です。

さすがプロ (本人だけが思っています。)流し撮りです。

お神輿は赤鳥居まで来ました。

これから山門をくぐり拝殿へ。一台のCASIOのカメラで写真を撮ったり動画で撮影したりでこれからの祭りのハイライトは動画撮影しました。

    

 

鳥神輿のシンボル 鳳凰を若い衆が神輿から降ろしているところです。

裸になったお神輿は神輿蔵へ19時30分ごろです。担ぎ手は観光バス2台で地元の西大路春日まで帰りそのあと

  

提灯にローソクの灯をつけ貫をならしながら帰宅です。

感想 疲れた 私にはまる1日約20Kmを歩くのは無理です。今回限りになるかも。(たぶん・きっと)

おいでとおかえりの写真及びビデオをダビングします。ご希望の方はUSBメモリーを持って来てください。無料です。だだし未編集です。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

2015 あすけルネッサンス

2015年05月07日 12時02分26秒 | クラフト市

今回の報告は2015 あすけルネッサンスのわかばクラフト市です。

このイベントは毎年5月のゴールデンウィークに開催されています。愛知県豊田市足助町の一大イベントです。

このイベントは足助の名所をめぐるスタンプラリーをはじめ多くの催しがあり木工木楽屋はその中のひとつのわかばクラフト市に参加させていただいています。201220132014年のブログを見る

このイベントは大好きなイベントで開催日の前々日の1日の夕方自宅を出発し刈谷SAで最初のカーネルをし2日(土)足助の古い町並みを楽しみました。

開催日前日5月2日(土)

 上の写真は豊田信用金庫さんの前あたりで撮影した足助の町並です。

今年も10時ごろから足助の古い町並みを散歩です。

この木製の家具(?)一体何か わかりますか。これが何かわかる方は人間を長くされておられる方です。答えは最後です。

古い木製の看板発見です。

この下駄萬さんでぞうり買いました。今 履いています。

途中 このお店でしばし休憩です。

   

ろじうらのカフェさんです。お店おすすめの豆乳いちごジュースいただきました。

 

中馬街道です。仕事をさぼっていたので起こしました。怒っていました。

  

今年も井筒亀さんの塀にはいのししの皮(剥製・ぬいぐるみかも)がぶらさげてありました。16頭ではありません。10頭です。いったいこの皮を何にするのでしょうか。私にはわかりません。答えの知りたい方はお店の方に直接聞いてください。

そして今年も

百年草にやってきました。ここではいつものように昼間から入浴です。200円です。

この建物の一角に

 

ZiZi工房 と バーバラはうす があります。ZiZi工房は足助ハムのお店です。バーバラはうすはパン屋さんです。爺さん ばーさんが中心のお店ですがこのネーミング最高です。どなたが考えたのでしょうか。バーバラはうすさんで3日の朝食のパン3個購入。

鯉のぼり

昨年はなかったのですが巴川にかかる赤い待月橋の前後に鯉のぼりが

     

待月橋を渡ったところに今回のイベントの看板が

  今回の会場へ行く途中のあちこちにこの様な看板が うれしいですね。感謝。

いったいだれの作

 この芸術作品の作者はだれ・いつからあるの いいほほえみですね 面白い。

開催日当日3日(日)晴れ 4日(月)雨 5日(火)晴れ でした。

3・5日の木工木楽屋ブースです。日よけが必要でした。

会場はこんな雰囲気です。

3日の日は足助太鼓の演奏や

  ちんどんやさんもこられていました。最近ではめったにみられません。

  4日は残念ながら雨でした。撮影は9時ごろです。おかげでゆっくり食べることができました。

少し早い昼食です。山菜そば・ちまき・お薬大量です。

3時のおやつにはいつも五平餅とZiZi工房さんのフランクです。

そしてお隣は

今年も岐阜のひげのお兄さんです。(?)

5月5日子供の日の巴川です。6時40分ごろの撮影です。

上の写真の建物が足助屋敷です。

   

朝の散歩です。このあたりは小鳥の声をあちこちで聞くことができます。はっきり言って都会ではありません。

ここが有名な三州足助屋敷です。中の様子は2014年のブログを見てください。

 そしてなんと久しぶりに

お二人共同でスーパーぬけ作君を解いてくれました。

木製の家具の答え

昔の冷蔵庫です。上の写真の部分に氷をいれます。私が小学生のころわが家でも使っていました。おやじが荷台の大きい自転車で氷を買いに行っていました。氷は1貫目・2貫目と購入単位が貫でした。私も古い人間です。(たぶん・きっと・まちがいなく)

 出店させていただいて

楽しい3日でした。本当は5泊6日の旅でした。(もちろんカーネル5泊)このわかばクラフト市は年間20数回出店する中で私の知恵の輪に挑戦してくれる人数が一番多いイベントです。朝に挑戦してくれた子供さんが昼からまた来てくれるのです。自分が考案したり・改良した知恵の輪を『面白い・楽しい・おじさんすごい』 と言ってくれるのです。毎年このイベントを楽しみにされている家族が大変多いのです。今回の出展者の方で「木楽屋さんのブログよく見ています。」と言っていただいた御夫婦の方もおられました。これからも頑張って1日かけてブログ書きます。個人的には搬出のときこのイベントの担当のS氏の気配り大変うれしかったです。感謝です。元気な限り参加させてほしいイベントです。きらく。

コメント