I Love Nature

自然の中で見つけたステキなモノ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太田尾カトリック教会(西海市大島町)

2009年11月09日 | 長崎県北部のお話

西海市大島町の太田尾という集落で小さな教会を見つけました

ここ太田尾カトリック教会は、太田尾漁港から道路を挟んで山側の方へ少し上った所にあります。この町におけるキリスト教の歴史は文政年間(1820年頃)にさかのぼりますが、この教会堂自体は昭和4年11月建てられたもの。教会内部は一見すると普通のリブ・ヴォールド天井(こうもり天井)に見えますが、今まで見てきたものとどこか雰囲気が違うような…

あーっ、柱がない普通は天井の垂れ下がった部分から床に向けて柱が伸びているものですが、この教会には柱が一切ないのです。教会自体が小さいので、信者さんが座るスペースを確保するための工夫だったのでしょうかね?

 

ステンドグラスはとてもシンプルな模様で、使われている色も赤・黄色・青の3色のみ。中から見るとあまり分かりませんが、外から見ると窓枠がかなり傷んでいて、その歴史の古さを感じます。

外壁はモルタル吹き付け仕上げといって、木造の教会を強化するため、砂とセメントを水で練り混ぜたものを外壁に塗布しているようです。遠くから見ると汚れで黒っぽく見えているのかと思いましたが、そうではなく、その色はセメントの中に混入された無数の細かな石の色でした。独特なリブ・ヴォールド天井と同じく、このような外壁も今まで見たことがありません。

教会の入り口には聖像が二体建てられていて、まるで外部から侵入を妨げようとしているかのようです。ここ太田尾は隠れキリシタン集落と言われていますが、現在カトリック信徒の数は三分の一にも満たず、仏教徒と区別することも難しいのだとか。しかし目の前には教会が運営する保育園があり、その信仰は今も次世代の子ども達に受け継がれているようでした。小さな島のちょっと珍しい小さな教会、太田尾カトリック教会。今後もその風格のある姿を残していって欲しいものです

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 百合岳公園(西海市大島町) | トップ | 大島大橋公園(西海市大島町) »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
出身地です (イソッチ)
2011-04-19 15:57:58
たまに実家に帰りますが、教会は久しく行ってません。因みにその保育園の卒園者でもあります。確か一番年長組が「ゆりぐみ」だったような記憶が・・・。
初めまして! (kero-kero)
2011-04-20 00:18:22
>イソッチさん

コメントありがとうございます初めまして、ですよね これまでいろいろな教会を巡ってきましたが、
こちらの教会は独特な風格があってステキだなぁと思いました。これからも文化遺産として大切に保護されていくことを願っています

ちなみに私の幼稚園の年長組もゆりぐみさんでしたよ。
ゆりってちょっと大人っぽい感じがするからですかね!?
裏の家 (GEN)
2016-01-21 19:52:06
田端と申しますが、教会のすぐ裏のうちのもので太田尾教会の設計が誰か調べてたら、ここにたどり着きました。
その件まだ謎なのですが、誰かわからないかな?

コメントを投稿

長崎県北部のお話」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事