市さんの自然との対話日誌

里山師、釣師を自称のオヤジが遠州の山間地に3千坪の山林を購入、自給自足を目指し田舎暮らし開始。魚釣、生き者達との対話

割れたキャベツ

2013-06-30 15:27:30 | 山菜
 数週間ほど前にキャベツが獣にかじられていたと思ったが、その後、同じように割れたキャベツがどんどん増えていった。どうもおかしい。獣にやられたにしては極めてきれい。
 

 ネットで調べたら、収穫時期が遅れたために、中身のボリュームが増し、耐え切れなくて、ポッカリ割れるらしい。

 早く食べねばならない。
コメント

先週の野鳥達(ヒヨドリ、アオゲラ・・・)

2013-06-30 07:14:17 | 野鳥
 先週、殆ど雨続きの中で、ホヲキノタ山にいらっしゃった野鳥達。

 ヒヨドリは相変わらず、飛びまくっている。
 

 ホオジロは以前のように近づいてくれない。
 

 アオゲラは指定席で。
 
 強い雨に耐え
   
 雨が止むと
 笑いだした。
 
 
 ウグイスの歌声はますます快調。
 

 シジュウカラは山荘前の枯れ杉の木の天辺でいつまでも鳴いている
。 
 そのすぐ下でコゲラらしき影が近づく。
 

 カケスも叫びまくっているものの一瞬たりとも留まらないので、カメラが付いていけない。

 他に聴きなれない歌声が響き渡っていたが、姿が見えない、あとで、図鑑で調べたけれど、歌声の正体は分からない。ツッツク ツッツーピーという特徴のあるメロディーだ。 
コメント

獣捕獲器の小細工

2013-06-29 18:11:04 | 生きもの
 結局今回は雨続きで、獣捕獲器を仕掛けることは出来なかった。

 最後の仕上げを行った。
 雨ざらしに耐えれる様に、木の部分を塗装した。
 フタはネズミ捕り器のようにバネではなく、自重で落ちる様になっている為、アナグマの鼻っ面で持ち上げられないように、小細工を施した。
 

 フタに板バネを取り付けて、落ちた後、天板に当たり上へ行かないようにした。

 どうだ、会心の作品だ。
コメント

オカトラノオに蝶達が

2013-06-29 06:35:20 | 生きもの
 蝶達はオカトラノオが大好きなようだ。

 メスグロヒョウモン。
 
 2匹で。
 

 ダイミョウセセリ。
 

 ヒメウラナミジャノメ。
 

 スジグロシロチョウ。白い蝶は皆モンシロチョウだとばかり思っていたら、そうではないらしい。
 

 葉の裏には幼虫が。メスグロヒョウモンの幼虫か?
 


 オカトラノオもオラを楽しませてくれる。
コメント

雨雨雨

2013-06-28 18:11:53 | 里山
 先週に引き続き、今週の山暮らしも殆ど雨ばかり。

 雨が降ると雑草が勢いづく。山荘へ登る道が草で覆われてしまう。
 

 雨が止んだ時を見計らって、草刈じゃ。
 

 本日は午後から久しぶりの青空。
 

 やっぱ、晴れると気分も爽快、雨はもううんざりじゃ。
コメント