グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

印刷用紙の不足

2019-03-25 11:57:16 | 小さな会社のひとりごと
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
年度末から年度初めは印刷業界の繁忙期です。
官公庁や学校関係を中心に「年度内に」「始業前に」というご注文が大変多くなります。この時期はどの印刷会社さんも納期に追われていて割り込みが難しいのですが、通常はスピード対応が可能な大手印刷通販でも「注文制限」が行われているところがあります。

加えて、今年は「用紙の供給減」もあります。
東京都印刷工業組合からも官公庁あてに「用紙・再生紙の供給不足に伴う印刷物ご発注に関するお願い」が出されているほどです。
すでに原燃料価格や物流費の上昇を理由に印刷用紙の値上げが実施されているうえ、用紙によっては生産中止や製品集約が行われ、全国的に印刷用紙が品薄となっています。


印刷用紙が値上げされたうえ、品薄となっています

当社としては余裕のある制作スケジュールや柔軟な用紙選択等も含めてご提案し、お客様のご要望にお応えできるよう努力してまいります。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
学校案内の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

平成史③ 卒業

2019-03-18 13:22:54 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
私事ですが、この春子どもが中学校を卒業します。まだまだ心配事はつきませんが、子育てはひと段落です。平成という時代の後半は、子どものことを考えることが第一になっていました。仕事をしながらの子育て、まず最初に直面したのは保育園に入れるかということでした。育児休暇はそれなりにとれましたが、仕事を辞めるという選択肢は考えもしませんでしたので。
住まいが区境に接したところにあるため、住民票のある区と隣の区、双方の保育園を何か所も見学させていただき、第三候補までの申し込みをしました。隣の区の保育園の方が圧倒的に近く、また出社・退社時の送り迎えにも便利です。区を越境しての入園許可は難しいとは聞いていたのですが、第一希望は隣の区。0歳児の枠には空きがなく、やむなく近くの無認可保育園に入園。1歳になってから再度認可保育園にチャレンジ。幸いにも第一希望だった隣区の保育園に入園することがきました。その後、小学校、中学校もお友達と一緒に隣区に通学させていただきました。時期的にもラッキーだったようで、翌年からは越境しての入園がどんどん難しくなりました。幼児でも歩いていける距離の保育園に通えてどれほど楽だったか、と今でも思います。


▲希望の保育園に入園できたおかげで仕事を続けることができました)


平成28年の『日本死ね』のツイートが話題になった時は他人事とは思えませんでした。保育園、幼稚園に加え、平成18年には認定こども園という制度ができていても、仕事をしながらの子育ての環境はほとんど変わっていないと改めて思いました。今年の10月からは、いわゆる幼保無償化がスタートします。平成の後半は、子どもを巡る問題が政治的な課題として取り上げられることも増えていますが、行政を頼るとどうにも「えっ、まずはそこなの?」というケースが少なくないようです。平成が終わっても子育ての環境に劇的な変化はないのかもしれません。まだまだこれからの問題も山積みです。個人的にはひと段落を迎えた身ですが、この15年間を振り返り、子どもを巡る問題に関わっていきたいと考えています。
平成という時代、皆さんは何に関わってきましたか。自分に深く関わってきた問題を、あなたの「平成史」として改めてまとめてみませんか。
個人史、自分史の制作も当社でお手伝いいたします。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「平成史」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate

ポスター・チラシの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

平成史② 2011年3月11日

2019-03-11 11:40:54 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
3月11日。
今年もこの日がやってきました。


▲お向かいの国立新美術館では半旗が掲げられています


平成を振り返る時、この日のことが頭をよぎる人も多いのではないでしょうか。私も忘れることができません。小学生だった子どもが待つ家まで歩いて帰った日のことを。ご家族、知人を亡くされた方、未だに生まれ故郷に帰れずにいる方とは比ぶべくもありませんが。

あの日、六本木から渋谷に向かう青山通りは、私と同じように家路を辿る方でいっぱいでした。足元もさまざまで、歩くのが辛そうな方も少なくありません。靴ずれをおこしたとしても、後から後から続く人の波に押され、立ち止まることもままならない状態でした。東京では車が動いていましたが、歩道の混雑を避けて車道を歩く人も多く、車も思うように動けずにいました。渋谷警察署のところからの歩道橋では、狭さゆえに混雑を極め歩くスピードは更に遅くなりました。どうしようもない状況の中で気ばかりが焦っていたことが、今でも昨日のことのように思い出されます。







▲2019年3月現在、様変わりした歩道橋。

あれから8年。あの日通った歩道橋は渋谷地区の再開発の中で大きく様変わりしています。大きな災害が起きた時には一斉帰宅をしないなど対応の基準も変わっているようですが、あの日のような人の波は二度と起きないのでしょうか。この街は、その人の群れに耐えられるのでしょうか。
2020年、そしてその先の未来に向けて新しい姿に変化していく街を見ながら、8年前のあの日を改めて記録しておきたいと思います。



【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「平成史」に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の「震災」に関する記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate

ポスター・チラシの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

港区 障害者アート展【語り合う色 よりそう形】

2019-03-04 11:39:26 | 六本木探訪
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
当社向かいの国立新美術館の1階ロビーでは、「地域で共に生きる障害児・障害者アート展」として、【語り合う色 よりそう形】という展示会が行われています。これは港区主催で「重度障害児を対象とした事業や区内の障害者施設等で制作した作品」を展示しています。
障害者アート展 チラシはこちら(PDF:3,117KB)


▲1階ロビーで開催の障害者アート展【語り合う色 よりそう形】


▲ダンボールを使って立体的に作られた「夜のレインボーブリッジ」


▲左「指で描く春」  右「シマウマ」


ここ港区では定期的に「障害者アート展」が開催されていて私も何度か足を運んでいますが、全国でも各地で同様の展示会が開催されているようです。
2020年のパラリンピックを控え、パラスポーツを体験・紹介しているCMや番組を見る機会も増えましたが、文化面でもこういう展示会が催され作品を鑑賞できるのは素晴らしいことだと思います。
会期は3月11日の月曜日まで、どうぞご覧になってみてください。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「展示会」に関する記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

おススメ!爪切り屋さんのフットケア

2019-03-01 10:46:26 | ワークライフバランス実践ヒント集
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある会がご縁で私的なことも相談にのっていただくようになった河野さんが、前職を辞して一から勉強して足の爪切り屋さんを始められました。
その名も「爪切り屋ぱちぱち」。

日ごろ手の爪ほどには意識が向いていない足の爪ですが、娘の足爪が気になっていたこともあり、まずは私がプロの方に見ていただこう、とモニタ体験をさせていただきました。
これまでなかなか足にあう靴に巡り会えずタコやウオノメができ、足裏もガサガサになっていましたが、河野さんがやすり掛けや角質除去をしてくださると、足全体が生まれ変わったようにスベスベになりました!このスベスベをキープするにはきちんと保湿することが大切とのこと。足の保湿なんて今まで気にしたことがなかったので、まさに目からウロコです。そして、タコのできている場所などから歩き方や靴の選び方についてもアドバイスしていただきました。


▲ドイツ製の爪切りで丁寧に切ってくださいます


▲足裏全体にやすり掛け。タコの箇所だけでなく全体がスベスベに!


▲清潔感のあるプロの道具たち。デザインも素敵です

河野さんの「爪切り屋ぱちぱち」は吉祥寺駅から徒歩3分の「i-dream吉祥寺 」での施術が中心ですが、訪問での施術もしてくださいます。巻き爪や変形した爪の方はぜひ一度相談されてはいかがでしょうか。特にトラブルがないと思われている方も、河野さんの「ツルツルスベスべマジック」は体験の価値ありです。

帰りはすっかり足が軽くなった感じで、適切なフットケアはワークにもライフにも大切だと実感しました。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の健康に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

御社の平成史とは

2019-02-26 15:39:05 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
天皇陛下在位30年記念式典が2月24日に行われました。祝賀ムードとともに、終わりが近づいている『平成』について改めて思うことがありました。

『平成』にはさまざまなことがありました。もちろん30年もの時間なのですから、いろいろなことがあったのは当然です。いかにも紋切り型な表現と失笑される方もいらっしゃるのでは。ですが、それにしてもと思い返されます。やはり大学を卒業し就職して社会人として歩んできた期間が、そっくりそのまま入っているということが大きいのでしょう。

お恥ずかしいことですが、新人時代は未だバブル景気の余韻が残り、いかにものほほんとした新人でした。そんな私でも現場では独り立ちし、人に指導などをするようになる中で遭遇した阪神・淡路大震災や、安全神話の崩壊と取りざたされた大事件は、改めて社会と個人のつながりを考えさせられました。

その他にも、前代表の後を継いで直面したリーマン・ショックの影響を受けた日々や、子供が待つ家まで多くの人にもまれるようにして歩いて帰った3月11日の経験など今でも忘れることができません。
もちろん社会的な災害・事件とは関係なく、日々の仕事の中にあった達成や失敗も数限りがありません。特に経営者としての『平成』後半の経験は濃密だったと感じています。
とにもかくにも歩み続けて来られたと言うしかありませんが、この歩みは間違いなく『平成』という時代とともあったと言えると思います。新元号の時代を迎えても、この『平成』の経験を忘れずに歩み続けていこうと思います。

皆さまも、『平成』という時代の区切りを機会に、これまでの経験をこれからの時代に繋いでいく平成史をまとめてみませんか。
当社で社史制作のご相談をお受けする企業や団体の方は口を揃えて、その企業、団体が持つ創業の理念をこれからのメンバーに伝えていきたい、そのために社史を作りたいとおっしゃっています。
『平成』という時代の区切りは、御社の理念を改めてご確認され、これからへと伝えていくのに良い機会ではないでしょうか。

皆さまにとっての『平成』はどのような経験でしたか。
御社の平成史の制作を当社がお手伝いいたします。



御社の平成史とは。時代の区切りに伝えていきたいことは何でしょうか


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「年史制作」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

デザインは遍く潜む?! #3 仙台万華鏡美術館

2019-02-18 11:51:08 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
先日、仙台万華鏡美術館に行ってきました。宮城県・秋保温泉郷の入口にあり「実際に見て触れて、万華鏡を作ることも出来る」体験型ミュージアムということです。

「万華鏡」といえば「子どものおもちゃ」というくらいの知識でしたが、見てびっくりです。まさに芸術品、すばらしいアートでした。
手にとって中を覗く筒状のものはもちろん、自分で動かしながら見るもの、人形の頭から覗き込むもの、顔を入れて自分の顔が何重にも映し出されるもの…などさまざまです。


歴史を感じる一品。自分で動かすことで美しい世界が広がります。


公園のベンチに座っている老夫婦? 後ろから二人が手にしている光の玉を覗きます



花の台を動かしながら筒を覗くと…


中にはまた別の花の世界が。

他にも、万華鏡の歴史や貴重なアンティーク作品なども展示されていて、予想以上に楽しむことができました。

展示のあとには万華鏡制作を体験しましたが、なかなか思ったような配色や見え方にならずに難しかったです。鏡の質や組み合わせによっても見えかたがまったく違ってくるそうで、展示されていた芸術品はどれほど計算されて作られたことでしょう!ここにもまたデザインが潜んでいました。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「デザインは遍く潜む?!」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate

ポスター・チラシの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

大きな用紙で色校正

2019-02-12 12:05:38 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
クライアントさんに印刷物のデータを納品したところ「こちらで出力したものの色が正しいかどうかわからない」というご連絡をいただきました。当社で出力したものをお持ちして比較しましたが、確かに色は違います。出力の色はプリンターの機種によっても違いますし、同じ機種でもプリンターの設定や使用年数、あるいは天候や湿度によっても同じ色にでないことがあります。そして紙の種類や紙の色にも大いに左右されます。
白色度の高い紙に出力すると青が強く感じられたり、黄味がかっている紙に印刷するとややくすんで見えたりすることがあります。


下になっている紙は白色度の高いもの、上になっている紙はやや黄味がかっているもの


色を確認するには実際の印刷に使う紙で色校正をとる(本紙校正)のがもっとも正解に近いのですが、何度も色校正をとるのは費用も時間もかかります。そんなときは大きな用紙で色校正をとるという方法があります。A1・A2など、実際の印刷物のサイズよりも大きな用紙に、濃度や色味を変えた複数パタンを印刷してみるのです。一度の本紙校正で複数パタンを確認できるので、色の検討には大いに役立ちます。
当社がお付き合いのある印刷会社さんでは快く対応してくださるので、微妙な色の違いが気になる場合などどうぞご相談ください。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の紙の色に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の色校正に関する記事一覧





good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

年史制作の担当になっちゃった

2019-02-04 11:33:37 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
翌年に創立30年を迎える企業さんから年史制作のご相談をいただいたときのことです。「30年」ということでまだ過去に年史を制作したことがなく、担当になった方は「これまで誰もやっていないのに年史制作の担当になってしまって、何をどうしたらいいものやら…」。困惑されるのも無理ありません。

1、どんな年史にするか

まず明確にしておきたいことは、
・発刊の目的をはっきりさせる
・配布対象、読者対象を決める
・どんな性格(タイプ)の社史にしたいか
・費用はどのくらいかけられるか
・いつまでに発刊したいか

などです。これらのことは社史発刊の責任者や経営トップの方のご意向も重要になります。

2、どう仕事を進めていくか

そのうえで、具体的にどう仕事を進めていくかを検討します。具体的というのは
・「編纂委員会」「編集事務局」の人数や具体的なメンバーを決める
・「社内で行うこと」「外部の人/会社に頼むこと」を明確にする
といったことです。予算やスケジュールに左右されることでもあるので、1の「どんな年史にするか」をあらかじめ明確にしておく必要があります。

「いやいや、そこからしてどう考えたらいいかわからない」というような場合は、ぜひ当社にご相談ください。
「年史制作の担当になっちゃった」とお困りの担当者さんをしっかりサポートしていきます。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「年史制作」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

色味が変わるマットPP加工

2019-01-28 10:27:55 | 記念誌・年史のあれこれ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
ある法人さんの記念誌を制作した際、今回の記念誌に関連する言葉をデザイン的に表紙に掲載したい、というご要望がありました。いくつかご提案した中で採用されたデザインは、文字をあまり目立たないような濃度で地紋のように背景に散らす案でした。

「目立たないように」という濃度がなかなか難しく、プリンタ出力したもので「この濃度がいい」と言われても、印刷でそのとおりに出るとは限りません。本紙校正は必須だな、と思い印刷会社さんに相談したところ「マットPP加工でも色味や濃度が変わってしまうので、本紙校正だけでなくマットPP加工まで試した方がいいです」とのお返事。
PP加工とは、印刷用紙の表面にポリプロピレンのフィルムを圧着する加工で、保存性を高めるために本の表紙などはこの加工をすることが多いです。今回もその加工をしますが、普通のPP加工は光沢が出るのに対し、マットPP加工をすると落ち着いた印象になります。今回のようにわずかな濃度差で文字を見せようという場合は、これがどう影響するかがわからないから実際に試してみた方がいい、というアドバイスでした。
これを試すには費用がかかるのですが、クライアントさんのご了承をいただき、マットPP加工をしたものも作成してもらいました。


▲左がマットPP加工無し、右がマットPP加工をしたもの。背景色や文字の見え方が変わりました。


あがってきた色校正は、マットPP加工をしたもの、しないもので色味や文字の見え具合が異なりました。クライアントさんにも加工前・加工後をご覧いただき、ご納得いただいてデザインが確定しました。

年史や記念誌のように何年にもわたって読んでいただきたい、保存していただきたいというものは、ぜひきちんとした色校正をとりたいものです。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の色校正に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の冊子制作に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

ボトルの形とラベルで購入

2019-01-21 11:22:02 | デザインいろいろ
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
このところカフェイン摂取量が多い気がして、できるだけカフェインを減らす努力をしています。まずはカフェインの多いドリップコーヒーを飲まないようにしていますが、ときどき無性にコーヒーが飲みたくなります。それでデカフェを試したのですが、インスタントを購入したせいか味がいまひとつ…。コーヒーのことならカルディさん!と思って行ってみました。そこで見つけたのがこれ。


▲カフェインレスの「ルルーインスタントチコリ」


「チコリ」はコーヒーではなく「ヨーロッパ原産のキク科の野菜」だそうで、その根を乾燥し焙煎したものがこの商品です。インスタントコーヒーのようにお湯や牛乳に溶かして飲むようです。
しかしキク科の野菜の根?! う〜んどんな味だろう? お店の方に聞いてみるも「コーヒーと似ているけれどちょっと違う味ですね」。やっぱりわからない…。
悩んだ末にこのボトルの形とラベルで購入を決めました。親しみの持てるボトルの形、ポップな色合い、そしてリラックスタイムを演出する「おいしいカフェラテ」風のイラスト…。
「ジャケ買い」ということがありますが、やはりパッケージデザインというのは大切だな、とあらためて思いました。

さて、お味のほうは。
初めて飲んだ感想としては「失敗したか…」というのが正直なところ。味そのものがNGというより、香りがコーヒーとは全然ちがうのです。しかしラベルに書かれている通り牛乳に溶いて飲んでみたところ、まあまあイケます。
あとからネットで調べてみたら「整腸作用がある」「ダイエット効果も」といった記事もあり評判は上々でした。最近はだいぶ慣れてきてコーヒー代わりにチコリ飲料を飲んでいます。結果的に満足のいくお買い物でした。


【関連記事】グラフィックメイトブログの中のパッケージに関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

中綴じ製本は4の倍数

2019-01-15 13:09:38 | PTA広報委員の覚え書き
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
PTA広報誌の見積のご相談がありました。
「年4回の発行でA4サイズなんですが」
「ページ数はどのくらいですか?」とお尋ねすると、
「そうですね…号によって変わるんですが、とりあえず10ページで見積もってください」とのお返事。

PTA広報誌などは通常「中綴じ」という製本方法になります。ページ数の少ないものに向いているうえ安価です。開いた状態の紙を重ねていくので、ページ数は4ページずつ増えることになります。


▲中綴じ製本は4の倍数でページが増えます


そういう事情をご説明し、今回は12ページでのお見積もりをさせていただくことになりました。
中綴じの場合、「あと1ページ増やしたい」と思っても4ページを増やさねばならず、印刷・製本コストにも関わってくるのでご注意ください。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「中綴じ」に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の「製本」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
年史や社史の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

チラシとポスター

2019-01-10 10:21:31 | DTP覚え書き
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
同デザインでA4サイズのチラシとA2サイズのポスターを制作することになりました。
まずチラシ(A4サイズ)で制作をすすめ、クライアントさんからのOKが出たところでポスターサイズのものを制作します。
「同じデザインだからそのまま拡大すれば簡単でしょ」と思われがちですが、そのまま拡大すると思わぬところで不備が出ます。


▲ただ拡大しただけでは隙間ができてしまうことも(下の赤い矢印部分)


上の例ははそのまま拡大して下部に隙間ができてしまったものですが、他にも
・罫線の太さが太くなりすぎる(拡大時の設定によっては太さが変わらず、ポスターとしては細すぎる場合も)
・画像の解像度が不足する
・トンボ(仕上がりサイズに断裁するための位置合わせなどなどに使用する目印)の位置がずれる
・塗り足し(仕上がりサイズよりも外にある断裁される部分)サイズの過不足
といったことが起こり得るので注意が必要です。

画像サイズについて補足しますと、ポスター制作における画像の解像度は150dpi〜200dpi程度で良いとされています。(通常の印刷物では350dpi程度が推奨されています)
ポスターはチラシなどとは違い少し離れて見るものなので、細部が多少ボケてもほとんど気になりません。そのためチラシ用の画像に十分なサイズがあれば流用可能な場合もあります。

チラシとポスター、デザインは同じでも制作時の注意点が異なります。サイズによっては印刷方法も変わりますので、ご依頼の際は正しいサイズをお知らせください。


【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の「チラシ制作」に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate

ポスター・チラシの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

新年おめでとうございます

2019-01-04 11:06:18 | 小さな会社のひとりごと
新年おめでとうございます。
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。


▲社窓には国立新美術館と2019年の青空が広がっています

昨年は、年史制作、記念誌制作のお話を複数いただきましたが、いずれも無事にお納めすることができました。
2008年に2代目社長となって10年、この間にご縁をいただいたお客様からも定期的にお声をかけていただけるようになり、お仕事の幅も広がって参りました。これも応援してくださる方々、お取引先の皆さま、スタッフや家族のおかげと心より感謝しております。

社長としての11年め、これからもひとつひとつの仕事を丁寧に、そして迅速に、お客様のまだ言葉にならないご希望もしっかりとした形にしてまいります。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。





good life ☆ good design ☆ graphicmate
学校案内の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

ページ番号の振り方

2018-12-25 13:51:36 | DTP覚え書き
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
冊子制作のご依頼をいただきデザインを進めています。本文に加え目次や巻頭のご挨拶なども入り、冊子全体を通して見直しています。
この冊子は横書き・左綴じなので、表紙を開いた左ページを2ページとしてノンブル(ページ番号)を振ったところ、クライアント様より「左ページを1ページとしてほしい」とのご要望が。

横書きの場合は基本的に左綴じで、表紙を1ページと数えるので表紙を開いた左ページが2ページ、その右ページが3ページとなります。縦書きの場合は右綴じが基本で、表紙を開いた右ページが2ページで左ページが3ページとなります。
書籍制作でも同様で、目次や口絵など部分的にノンブルを振らないページがあったとしても、左綴じの場合は左ページが偶数・右ページが奇数、右綴じの場合は右ページが偶数・左ページが奇数になるようノンブルを振るのが基本です。



▲左綴じか右綴じかでページ左右の偶数・奇数が変わります。

今回はクライアントさんのご希望に従って、左綴じではありますが左ページを1ページとしてページ番号を振ることになりました。
冊子制作・書籍制作をされる場合の基本をご理解いただき、今後はページ番号の振り方もご検討いただけると良いと思います。

【関連記事】
グラフィックメイトブログの中の冊子制作に関する記事一覧
グラフィックメイトブログの中の書籍制作に関する記事一覧




good life ☆ good design ☆ graphicmate
パンフレットの制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
コメント

良質をデザインするグラフィックメイト


広報誌の制作ならグラフィックメイトへ https://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310