動物霊園グリーンメモリアルのブログ

「いとしい子たちよ安らかに」

通信紙第132号

2020年02月27日 | 通信紙版バックナンバー
令和2年(2020) 3月






【お知らせ】
合 掌 
春暖の候、皆様には益々ご健勝の事とお慶び申し上げます。
いとしい子達の愛と思い出、ご家族との絆と幸せを祈願します
令和二年 春彼岸会合同慰霊祭日程のお知らせをさせて頂きます。
・期日 三月二十 日 ()  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 三月二十一日 ()  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
・期日 三月二十二日 ()  ・読経開始午前十一時と午後二時の二回
         (天候不順の場合は電話にてお問い合わせ下さい)
・お参り時間 午前八時~午後五時まで開園しております。
・お塔婆料 二、〇〇〇円より三種 ・供養料 ご予算の範囲内で
何卒皆様のご参列を心よりお待ち申し上げます。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
啓蟄(けいちつ)
ひと雨毎に暖かくなる季節を迎えました。
今年の啓蟄3月5~3月20日にあたります。
啓蟄とは、二十四節気の一つで土の中で縮まっていた虫(蟄)が穴を
開いて(啓いて)動き出す日のことです。
具体的には、日本人が「さぁ働くぞ」と意気込み始める日のことを言います。
この時期は、一雨降るごとに気温があがってゆき、春に近づいていきます。
日差しも徐々に暖かくなってきます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

~2月のSNSより~
2月19日
今週初めの霧の朝から暖かい風とともに梅の花が咲き揃いました。




今朝は2月らしい寒さが戻り水を張ったバケツには薄っすらと
氷の膜が冬と春の境目を感ずる事ができました。
ここ数日の気温の高さで雑草が早くも顔を出し、鉢のメダカは
お腹を膨らませソワソワしはじめました。
春の準備として草木には薬品による抑制とメダカには
人工の産卵床を与えました。


まだまだ寒暖の差は大きいですね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

紙面版PDF

 
コメント   この記事についてブログを書く
« 春支度 | トップ | 春のはじまり »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

通信紙版バックナンバー」カテゴリの最新記事