僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1993【 流 儀 】

2019-03-31 05:00:04 | 
  流 儀

     にのみや あきら


古臭く感じるかもしれないが
また特殊な世界のことのように
感じるかもしれないが
決してそうではない
現代人にも大切な主義
流儀を持つことは
その人の物事のやり方を持っている
と言うことだ
それは立派なこと
つまり個性があると言ってもいい
個性を身に付けることは
他人にない特異なものを持つことだから
自慢してもいい
普通の人間で過ごすのは詰まらない
だから
他人にはないものを持つ
人から抜きん出たものを持つ
そうすると
人生の生きる喜びも増してくる
コメント

僕の詩集No.1992【 生 き る 14 】

2019-03-30 05:00:00 | 
生 き る 14

     にのみや あきら


嫌だ
嫌だ
全てが嫌だ
なんてことにならないように
生きよう
生きるのが嫌になるほど
無理をしないで
高望みをしないで
普通に生きていれば嫌になることはない
無理や高望みはしないで
自分のありのままの姿で生きていこう
人間の能力には限界がある
それを乗り越えようとするから
失敗して嫌になるのだ
人生に
期待しすぎないこと
平凡でいいと達観すること

コメント

僕の詩集No.1991【夢 7】

2019-03-29 05:00:00 | 
  夢 7

にのみや あきら


人生の夢は
破れるもの
自分で計画した通りに
なかなかいかないのが

それが現実
それが人生
夢が破れたからといって
自棄になったりくじけたりしないこと
長い人生
チャンスはいくらでも訪れる
いちいち失望していたら
体がいくらあっても足りない
時間が解決してくれる
起きた不幸を振り返り
次の
新しい夢を見よう
新しい夢に期待しよう
コメント

僕の詩集No.1990【 自分らしさ 】

2019-03-28 05:00:01 | 
  自 分 ら し さ

       にのみや あきら


無理をして生きないこと
背伸びをして生きないこと
ありのままの姿で生きること
自分の実力を
必要以上に誇張すると
必ず破綻をきたし
世の中の爪弾きに合う
自分に合った評価で満足すること
無理をすると破滅の原因になる
あくまで自分らしく
無理をしないで
自然体で振る舞おう
自分を誇張して見せると
本来持っている実力が
元の木阿弥になる
コメント

僕の詩集No.1989【 一 途 2 】

2019-03-27 05:00:01 | 
  一 途 2

     にのみや あきら


ひたむきで
熱心で
情熱的なのはいいが
無鉄砲な行動は感心しない
一つのことを追い求めるのはいい
でも
考えなしではいけない
夢中になるのはいいが
冷静になって
自分をじっくり眺めて生きること
一途に生きるのは
悪くはない
ただその方法を誤ってはならない
コメント