僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1969【 露 骨 】

2019-03-07 05:00:01 | 
  露 骨

     にのみや あきら


露骨は
よく言えば開放的で活発
となるが
感情や本心をむき出しにする
となると
あまりいい状態とは言えない
欲望を隠さず
むき出しにするのも考えもの

開けっ広げ
開放的
あらわ
あからさまにするのは
隠し事がなくていいが
むき出しは感心しない
露骨な状態は難しい
あまり露骨に
使わない方が無難だろう
コメント