僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩の解説No.446【 日 本 】

2017-02-28 10:31:10 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.446
  1991.4.29.作

【 日 本 】

            
     にのみや あきら


日本が世界に背を
      向けられたなら
どうなる
日本に蓄財がなくなったら
         どうなる
建てまくったビルディングも
造成しまくったゴルフ場も
各地に造られた文化会館や
         遊園地も
空虚に見舞われる


資源の乏しい日本である
自分の繁栄だけを考えず
金儲けだけを考えず
人の心を大切に
人類の和を大切に
本物の繁栄を推進することだ


もし日本が世界に背を
      向けられたなら
もし日本に蓄財が
      なくなったなら
日本は何処へ消えてしまうの          だろう


 NO.446.【 日 本 】の解説

 この作品は、資源の乏しい日本が、今はいいが、落ち目になってしまったらどうなるだろう、と日本を憂えている詩です。

コメント

僕の詩の解説No.445【 お気に入り 】

2017-02-28 10:17:05 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.445  
  2015.8.14.作

【 お 気 に 入 り】

     にのみや あきら


狂わされてもいい

あなたの愛でなら

僕は

あなたの思いのまま

だって

恋してしまったんだもの

何があっても

あなたの思いのまま

それで僕は幸せ

騙されていてもいい

あなたを愛しているから

僕は

あなたの意のまま

すべてあなたの願い通り

いつまでも

あなたに尽くし続ける

狂わされてもいい

あなたの愛でなら


NO.445.【 お気に入り 】
          の解説

この作品は、ある男性が、恋人に対して、自分の想いを述べている詩です。

コメント

僕の詩の解説No.444【 希望 3 】

2017-02-28 10:03:59 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.444
  2015.8.16.作

【 希 望 3 】
  ー 孫・頌里樹へ ー

     にのみや あきら


強く生きるんだ

臆せず

焦らず

何事にも負けないで

強く生きるのだ

心配する事はない

君の未来は明るい

希望を持て

明日は開ける

すべてを信じ

すべてを崇めれば

君の人生は開ける

自分を信じて生きよう


 NO.444.【 希望 3 】の解説

 この作品は、あることで落ち込みかけていた私の孫に宛てた、励ましの詩です。





コメント

僕の詩集No.1238【 花 7 】

2017-02-28 09:50:09 | 
【 花 7 】

     にのみや あきら


花にも
色々ある
天然で育まれた

人工的に造られた

人工的に造られた
      花と言っても
造花ではない
造花は造花だが
ちょっと違う
天然の花に迫った
芸術の世界
花・盆栽もろもろ
その名も
ネオ・アート
天然の花には負けない
美しさと輝きを持っている
造花だと差別しないで欲しい
ネオ・アートの世界は
あくなき挑戦を
天然の花の世界へ向けている

コメント

僕の詩の解説No.443【 都会の風景 】

2017-02-27 10:28:50 | 詩の解説
  (再掲載)

 僕の詩集 No.443
 1998.11.28.作
 
【 都会の風景 】

     にのみや あきら


目が覚めると
世界が変わっていた
目にしたことのない世界
経験したことのない世界
これは人間が住む所ではない


夢から覚めると
世界が変わっていた
地球の上とは思えない世界
地球で起きたこととは思えない世界
ここは人間が住む場所ではない


冬眠から覚めると
世界がすっかり変わっていた
この世の風景とは思えない姿
これでは人間が住む状態ではない
だがこれが都会の本当の風景


 NO.443.【 都会の風景 】
          の解説

 この作品は、東京が、人間の住む所ではなくなった、と悲観している詩です。

コメント