僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1753【 人 望 】

2018-07-31 05:00:01 | 
 【 人 望 】

         にのみや あきら


この世で生きて行くのなら
人望を集める
努力をしよう
同じ生きていても
人望があるとないとでは
雲泥の差だ
あるのは
誉れなことである
期待され
信頼され
尊敬される
人間として
こんなに名誉なことはない
人望が厚ければ
人の上にも立てる
人望を持つことは
人間の
理想像である
コメント

僕の詩集No.1752【 悲喜交々 】

2018-07-30 05:00:01 | 
 【 悲喜交々 】

       にのみや あきら

生きている以上
悲しみと喜びの
繰り返し
場合によっては
同時に味わなければならない時もある
退屈しのぎに
いいかもしれないが
有難くない
でも
悲喜交々は
人間にとって免れないことである
喜びだけでは
片手落ち
悲しみあって
バランスが取れ
人間らしい生き方になる
コメント

僕の詩集No.1751【 覚 悟 】

2018-07-29 05:00:06 | 
 【 覚 悟 】

         にのみや あきら


生きていれば
覚悟しなければならないことに
ぶつかる
そして
人生の
窮地に陥る
それを解決するのが
人間の正念場
生きている以上
色々な正念場に出会う
そこが
覚悟のしどころ
それを対処してこそ
人間の価値が判る
人生も決まる
幸せか不幸せか
成功か不成功か
コメント

僕の詩集No.1750【 分 断 2 】

2018-07-28 05:00:04 | 
 【 分 断 2 】

         にのみや あきら


繋がっていたいたものを
断ち切る
恋仲の分断
家族の分断
民族の分断
などなど 色々あるが
どれも悲しいことに違いない
なかでも
強制的な分断は
悲しさの極致
悲劇を伴った
あってはならない
避けて通りたい状態
だが
長い人生
そんなことにも
遭遇するだろう
コメント

僕の詩集No.1749【 雑草の陰 】

2018-07-27 05:00:04 | 
 【 雑草の陰 】

       にのみや あきら

雑草の陰で
ひっそり
力強く生きて行こう
独りぼっちでもいい
縁の下の力持ちになるのだ
一人は強い
この世は一人一人が
集まって成り立っている
集団に属さなくても
立派に生きて行ける
雑草の根をかき分けて
表に出よう
そしてたまには
自分の主張をするのだ
雑草の陰で
大人しく暮らすことはない
前へ
表へ
出よう
コメント