僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集 No.995【 う つ 病 】

2016-07-31 09:50:28 | 
 【 う つ 病 】

喪失していた
十一年間の空白は
なんだったのだろう
十一年間もの時間を
       失ったのは
悔いが残る 
取り戻すには
二倍も三倍もの
    時間と努力を要する
虚無感に襲われ
なにも手につかず
ただ部屋の中でゴロゴロ
       寝ているだけ
外出はおろか
食べることも拒否
そんな虚脱状態になる
うつ病と言う
わけのわからない病
なんであんな病気に
     かかったのだろう
まったく身に覚えがない
生真面目過ぎたのが
      原因だったのか
神様は無慈悲だ
あんな病気にかかったのは
はずかしい
もう二度とかかりたくない
かかった人たちの苦難が
          解かる
幸い私は十一年で回復した
良かったと
   喜ばなくてはならない


コメント

僕の詩集 No.994【 晴れ舞台 】

2016-07-30 09:50:09 | 
 【 晴れ舞台 】

男には
一生に一度でいいから
晴れ舞台を経験してみたい
と言う願望がある
地味でおとなしい
      人生もいいが
一度ぐらい
自分を思いっきり
アピールするチャンスが
       あってもいい
晴れ舞台で生きがいを感じ
満足できたなら
こんな素晴らしいことはない
さあ、晴れ舞台を計画しよう
晴れ舞台を実現するのだ
一度しかない人生
思いっきり晴れ姿に酔おう
それが
男の一生に一度の願い
コメント (1)

僕の詩集 No.993【 短詩集 47 】

2016-07-29 10:44:17 | 
  【 短 詩 集 47 】

① 待ち合わせ、メールに
    知らせまだ来ない。

② 散歩道、デモの行進に
         遮られ。

③ 始発電車待つ、
    シャッターの前は、
       人の渦。

④ 秋風に、乗って寂しい、
        セミの声。

⑤ 正月や、
   繁華街もカラスも、
      一休み。

⑥ かすむ目に、
    桜吹雪に義母の顔。

⑦ ひとり酒は、美味しい。

⑧ ひとり酒の美味しさ。

⑨ ひとり酒の寂しさ。

⑩ 階段に放置された、
    ペットボトル一本。
コメント

僕の詩集 No.992【 言 葉 4 】

2016-07-29 09:50:09 | 
 【 言 葉 4 】

言葉の力によって
あらゆることが
まとまり解決すると
       思っていたが
そうではない
口は災いの門と言う通り
悪い方向に
向ってしまう場合もある
だから言葉は怖い
上手に使いこなさないと
とんでもないことになる
最高の道具として
育ててきた言葉に
逆襲される恐れがある
芸術に
対話に
伝達に
意思疎通に役立っているのは
言葉だ
だがそれに危険が伴う
言葉を
崇めなければならない
敬わなければならない
逆襲される前に

コメント

僕の詩集 No.991【 人 生 18 】

2016-07-28 08:20:03 | 
 【 人 生 18 】

人生
垣根のない畑で育ち
壁のない子供部屋で遊び
エレベーターにも乗らず
手摺のない
梯子で
登らなければならない


人間は
牛のように歩き
時計のように刻み
歯車のように嚙み合い
そして
輪転機のように
働かなければならない


人生は
まめに働き
一生懸命努力して
焦らず、慎重に
優しく、親切に
寛大な心で
力強く、正直に
生きなければならない
コメント