僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集 No.641【 駄洒落集 12 】

2015-11-30 10:39:27 | 
  【 駄 洒 落 集 12 】

★ 「菊祭り、
  どうだった?良かた?」
  「そんなこと、聞くなよ」

★ スイミングクラブで、
    疲れてしまって、
     睡眠しちゃった。

★ ソロホームラン、
そろそろ出ると思ってたよ。

★ 高校野球の××高校、
後攻で、勝利につながった。

★ 信号青で渡ったのに、
 車に引かれそうになって、
       青くなった。

★ バーのママさんが、
     隠れんぼをして、
  イナイ・イナイ・バー。

★ 三田の街に初めて行って     迷った。
   友達に「それみたか」
      って言われた。

★ NHKの秋山気清さんは、
    鐘を叩いて、
    金をもらっている。

★ 銚子に行きたいけど、
体の調子が悪いからヤメタ。

★ 午前9時に
   終わらせるかどうか、
   くじ引きで決めよう。

コメント

僕の詩集 No.640【 詩 論 】

2015-11-30 04:00:42 | 
【 詩 論 】

詩が美を主張する
人間の心が惑う
詩が正義を主張する
人間の心が硬直する
詩はなにをすべきか
詩の主張は?
詩の属性は?
自由で
フラットで
何色にも染まらない
思考を柔軟に
思考を雄大に
言葉で人の心を深く刺し
リズムで人の心を
大きく揺るがす
詩が詩を失った時
人類は心を失う
詩が心を失った時
人類は滅亡する

コメント

僕の詩集 No.639【 心 7 】

2015-11-29 10:54:20 | 
【 心 7 】

美しい心

それは

すべてを知りつくした上で

人の心を優しく包む



正しい心

それは

正しさが故に

ややもすると行き詰まり

人の心を傷つけることもある
コメント

僕の詩集 No.638【 都会の悲劇 】

2015-11-29 04:18:33 | 
【 都 会 の 悲 劇 】

       にのみや あきら


ベランダの
狭い空間に
お化けのような
大きなビルが姿を現し
外の景色の
わずかな安らぎを塞ぐ


ベランダの
ゆとりのない空間に
お化けのような
ノッポのビルが立ちはだかり
唯一のオアシスを
真っ二つに割る


ベランダの
ゆったりとした空間を
お化けのような
黒いビルが塞ぎ
眺めるのが楽しみだった
外の風景を
完全に奪ってしまった



コメント

僕の詩集 No.637【 お互いさま 】

2015-11-28 10:38:23 | 
【 お 互 い さ ま 】

詩を創る人間は

暗くて陰気だ

などと言わないでほしい

確かに偏屈で

ヘソ曲がりかもしれない

でも、心は優しい



小さなこの世界で

他人との対抗だけを焦点に

自分を

よく印象づけることだけに

夢中になっている人間が

山ほどいる

そんな人間よりまだましだ
コメント