僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.581【 人 間 18 】

2015-10-31 10:26:18 | 
人 間 18

      にのみや あきら


人間は

自分を実感しようと

もがきあがく

恋をしたり

仕事に夢中になったりして

実感を勝ち取ろうとする

涙ぐましい生き物
コメント

僕の詩集No.580【 蛙 3 】

2015-10-31 04:07:55 | 
蛙 3

    にのみや あきら


純粋な眼
穏やかな眼
闘争心がなく
警戒心もない
大きな眼で
相手の動きを
じいっと静観するだけ
俊敏さも
どう猛さもなく
威嚇されても
瞬きでかわすだけ
最大の防御は
一歩飛び跳ね
移動するだけ

蛙は詩人
無表情の詩人
無攻撃で
無抵抗で
静観のかまえだけで
世間を
眺めている



コメント

僕の詩集 No.579【 短 詩 集 9 】

2015-10-30 10:48:04 | 
【 短 詩 集 9 】

◎ 夕日背に、
黒いカラスのシルエット。

◎ この並木通りに、
夢いっぱい。

◎ スクランブル、
ぱっと広がる人の波。

◎ 余寒の夕、西日斜めに、
歩道橋。

◎ 生きてるか、
生きてるらしい酒の味。

◎ 追われて追われて、
ビルの谷間が我がすみか。

◎ 威勢いい、案内ひびく、
ビャステーション。

◎ どこへゆく、お酒と恋に 酔いながら。

◎ さら地になった、
旧国鉄本社あと。

◎ 高速の下の運河の船着場

コメント

僕の詩集No.578【 退 屈 】

2015-10-30 04:15:38 | 
退 屈

     にのみや あきら


退屈ほど退屈なものはない

どこを向いても希望がない

ただ時間が無意味に流れるだけ


退屈ほど退屈なものはない

何を考えても空回り

ただ空虚が漂うだけ


退屈ほど退屈なものはない

何を眺めても焦点が合わない

ただぼんやり空間を眺めている

コメント

僕の詩集No.577【 ヨロメク 】

2015-10-29 10:49:11 | 
ヨ ロ メ ク

      にのみや あきら



若い時は

異性に

ヨロメク

楽しい

幸せ


年を取ると

平行感覚の

アンバランスに

ヨロメク

歯がゆい

悲しい



コメント