僕の詩集

読みやすく解かりやすい詩です。
人間・人生・生きるをテーマに、新作を、一日一篇、投稿しております。是非、ご覧ください。

僕の詩集No.1722【 意のまま 】

2018-06-30 05:00:30 | 
【 意のまま 】

     にのみや あきら


世の中を
自分の意のままにする
自分の希望通りにする
なかなか難しいことであり
無謀に近い
褒められたことではない
意のままになれば
満足感は得られるだろう
だが
その代わり
跳ね返りが降りかかってくるかもしれない
世の中を
意のままにするのは
政治家か実業家に任せておけばいい
平凡な人間は
無理をしないで
静かに生きている方が
無難で幸せだろう
コメント

僕の詩集No.1721【 安易な生き方 】

2018-06-29 05:00:08 | 
 【 安易な生き方 】

        にのみや あきら


人間なら
誰もが望むだろう
でも流されてはいけない
のめり込んではいけない
人生
そう簡単に楽はさせてもらえない
努力を重ね
苦しみに耐え
まあまあの人生になる

安易な道を選ぶな
安易な生き方を求めるな
人間
生まれて来ても
楽はさせてもらえない
苦を背負って生きるだけ
その覚悟はしなければならない
安易な生き方を望みたいなら
仏の世界でも行けばいい
コメント

僕の詩集No.1720【 真 相 】

2018-06-28 05:00:02 | 
 【 真 相 】

        にのみや あきら


人間の
本当の心は判断しにくい
なぜなら
嘘をつくから
隠すから
真相が曖昧なのが
人間の世界
そして
真相が不明のまま
人間関係は深まる
真相が
判明しなくても
物事は流されて行く
それが
この世の中
人間社会
コメント

僕の詩集No.1719【 深 層 】

2018-06-27 05:00:03 | 
 【 深 層 】

      にのみや あきら

人間世界の
深層は解らない
世の中
ベールに覆われて
隠されている部分が多いい
特に
政治の世界
企業の内部
真実が不明になっている
だが
そう言う状態で
庶民には関係なく
世の中は動く
深層は隠匿され
事は進んで行く
深層は
開示されず
蔑ろにされ
葬られ
永遠に謎となる
コメント

僕の詩集No.1718【 流 儀 】

2018-06-26 05:00:04 | 
 【 流 儀 】

      にのみや あきら

古いやり方に
固執していると
世の中から
置いてきぼり食うぞ
頭を切り替えて
未来を見つめ直すのだ
流儀はその時代だけのもの
時と共に淘汰される
古い流儀は
捨てがたいだろうが
改革の役にはたたない
むしろ
足を引っ張られるかもしれない
そんな流儀は
思い切って捨ててしまおう
そして
新しい方法を見つけ
新しい世界を開くのだ
世の中の進歩に
置いてきぼりを食わないように
コメント