Sightsong

自縄自縛日記

安田芙充央『Erik Satie / Musique D'Entracte』

2017-07-11 23:25:04 | アヴァンギャルド・ジャズ

安田芙充央『Erik Satie / Musique D'Entracte』(Winter & Winter、2016年)を聴く。

Fumio Yasuda 安田芙充央 (p, prepared p)
Joachim Badenhorst (cl, bcl, sax)
Julie Läderach (cello, voice)

「almost forgotton masterpieses」 との副題にあるように、エリック・サティの知られざる曲を演奏した作品集。

わたしはサティの曲などほとんど知らないので、受け売りである。とは言え、曲の雰囲気は、寂しく静かであり、サティらしいとはこのことかなと思ったりもする。浮かれた曲であっても全体を哀しさ切なさが覆っている。

何しろヨアヒム・バーデンホルストの演奏がいい。このサウンドを絵画だとすれば、その中に目立つように描き込まれた主題ではなく、周囲の色に混じり、また別の色を出しているような印象である。この人はハン・ベニンクとの共演でも俺が俺がではなく、また、カラテ・ウリオ・オーケストラにおいてもその特徴を全体のサウンドに高めている。

最後の曲はプリペアド・ピアノとともにバーデンホルストのバスクラも割れた音を発し、静かな部屋にぽつりと佇むような寂しさを残して終わる。

●ヨアヒム・バーデンホルスト
Spontaneous Ensemble vol.7@東北沢OTOOTO(2017年)
ハン・ベニンク『Adelante』(2016年)
カラテ・ウリオ・オーケストラ『Garlic & Jazz』(JazzTokyo)(2015年)
カラテ・ウリオ・オーケストラ『Ljubljana』(2015年)
パスカル・ニゲンケンペル『Talking Trash』(2014年)
ハン・ベニンク『Parken』(2009年) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <浅川マキに逢う>ライブ&... | トップ | 酒井俊+永武幹子+柵木雄斗... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アヴァンギャルド・ジャズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。