今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代に於ける国家国民の安寧

2014年07月03日 | Weblog
集団的自衛権を軸に安全保障の課題が閣議決定として方向付けがなされました。但しこれで全て決定ではなく、今後、関連法案改正案を作成し具体的な国会審議に入っていきます。その過程で熱い論戦等が多方面で展開されていくことになるでしょう。憲法解釈の変更か憲法改正かの基本的議論もありますが、憲法残って国滅ぶでは困ります。昔と違い全ての面でグローバル化し、かつ流動化不安定な国際情勢の中で果たしてこれまでどうりでよいのか、どのように生き抜いて行くべきか、政治に課せられた責任は実に大です。このところずっと戦前の外交を改めて勉強し直して来ました。何故あの悲惨な戦争に踏み込んで行かざるを得なかったのか、これまで知らなかった経緯等も知ることとなりました。決して安易に軽率に方針を策定したのではなく、必死の努力を重ねつつも世界史の大波に巻き込まれもがき苦しんだ末の悲劇だったと思います。政治家や軍人だけでなく世論をリードしたマスコミにも責任があったのではないでしょうか。歴史に学べ、と言われます。現代にも通じる教訓の一
つとして、世界の中で生きていく、世界と協調協力貢献して生きていく、ということが大切でありその観点から我が国の安全保障も考えるべきであったしあるべきだと思います。これまでのような一国平和主義ではやっていけない、未然に惨禍を防ぐためにそれなりの認識と覚悟が求められる時代になっているのではないでしょうか。その為にも汎く国民的議論を展開しコンセンサスを醸成していくことが大切であると思います。

この記事をはてなブックマークに追加