今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本のこころ

2011年10月31日 | Weblog
秋もたけなわ、黄金色の実りがふるさとを彩っています。そんな景色を一変させるようなTPP参加を野田総理が表明とのこと。様々な問題点があるのに何故重要な情報を隠して慌てて参加しなければならないのか、国民不在の政権に強い怒りを覚えます。問題点については別の機会に詳しく述べますが、今日は関連して各県から選ばれた農家が天皇陛下に献上する献穀米について。とにかくものすごい神経と労力を費やし、周りの方々の協力を得て全精力を注いで陛下に献上するものです。農水副大臣の時にはその献上米を机の上にどんと置いていました。農産物自由化を要求してやって来る米豪などのタフネゴシエーターにはそれを見せ、これは帝に捧げるものであり農家が大変な労苦と心を用いて作ったものである。米は単なる食糧ではなく日本の精神文化であり日本そのものである、と説明するとビックリしたような羨ましいような顔をして退散して行きました。険しい山を開墾し、狭い田畑を開き、皆で水を引き、田植えや稲刈りに共に汗を流す。自然を懼れ敬い感謝する多彩なお祭り
。まさに地域の絆、人の絆が子ども達を産み育て日本社会を創り支えて来た。弱肉強食の欧米社会とは違う強みをもっと自覚せねばならないと思います。TPPは単なる貿易自由化ではなく国や社会の仕組みを破壊し共通化するものであり、これでは資源の無い狭く急峻な災害列島であるにも拘わらず生き抜いて来た日本ならではの独自性や強みを放棄するものです。農業壊滅のみならず、外国人労働者の流入により日本人の働き場が減り、年金財政や治安の悪化等も懸念されます。国家百年の計、国家国民が大事か我身が大事か、今こそ嘘つき政治家の正体を暴き途を誤らないようにしなければなりません。

この記事をはてなブックマークに追加

小さな侵入者

2011年10月12日 | Weblog
秋もたけなわ、各地でお祭りが盛んです。東日本大震災や軟弱外交のせいもあるのでしょう、「頼みますよ」とか「今までどおりスジを通す政治家でいてください」とか以前とは様変わりして励ましを頂くことが大変多くなりました。マニフェストで騙されたり大増税路線を推進しようとする政権や嘘つき政治家に嫌悪感すら覚えておられるようです。さて我が家では今年も小さな侵入者が現れました。女郎蜘蛛いわゆる金こぶです。家の入り口に大きな蜘蛛の巣を張っています。私は構わないのですが来訪者が迷惑されるので、申し訳ないが頭に触る分だけ取り除かせてもらってます。とはいえ寒い冬、暑い夏、鳥などの天敵を乗り越え毎年この時期に現れる命の営みには感心しています。尖閣諸島や北方領土についても我が家並みにキチンとした対応をすれば心配無いはずですけどね。さて今朝のニュースで気になるのが二つ。年金支給年齢引き上げと天然ガス等の輸入増大による経常収支の悪化です。少子高齢化と原発等エネルギー対策の問題点を象徴しています。天然資源の無い我が国が将
来に亘って生き抜くために労働や科学技術のあり方を再点検しなければなりません。にも拘わらず政府はTPP推進に全力を挙げようとしています。農業の壊滅のみならず外国人労働者の流入により日本人の働く場が無くなっていくことを判っていない。これでは年金制度もあっという間に崩壊です。オバマ再選が大事か日本人が大事か、金こぶ君の逞しい生命力と種の本能に学ばなければならない。

この記事をはてなブックマークに追加

FW:お遍路さん

2011年10月05日 | Weblog
予想通り早くも野田内閣に翳りが生じて来ました。予算委員会での対応や朝霞公務員宿舎建設での理不尽な対応が原因でしょう。安全運転はリーダーシップ欠如でもあり答弁の棒読みなど菅内閣以上に「官」内閣そのものです。宿舎を売却し建設費との差額を20億生み出すからいいではないか、との論理ですが落語の壺売りの話じゃあるまいし馬鹿にするなと言いたい。まだ十分使えるし集約して余った分を売却すれば建設費も要らず20億の10倍以上の財源が生じて復興予算に回せるはずです。そもそも巨額の復興負担を増税で国民に押し付けようとしながら自分たちはぬくぬくと豪華入居とは世間が許しません。さすがにTV局にも怒りが殺到して一転凍結が決まり、強弁していた出演者が赤っ恥かいたとのこと。廃止や凍結を約束していた地方合同庁舎の新築予算800億計上も発覚しました、一体どうなってるんでしょうか?一方で菅前総理は四国へお遍路さんへ。そんな時間あるなら被災地巡りでもやったらどうだと言いたい。初期対応のミスで塗炭の苦しみにあ
る原発事故の被災者はこれを聞いて今どんな気持でしょうか。小沢秘書団の有罪判決も下り、野田対前原の内ゲバも開始され、円高はじめ経済の先行きも不安でいっぱい。こうなりゃこちらも神頼みで神社回りでもするか、とも思いますがそうも行きません、自民党も体制を組み替え私も新しい任務に就きます。秋の陽はつるべ落とし、インチキ政権追い落としの秋の戦いはこれからです!

この記事をはてなブックマークに追加