今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そのまんま当選

2007年01月23日 | Weblog
宮崎県知事にそのまんま東氏が当選、これほど差がつくとは思わなかったがほぼ予想どうりまさにそのまんまの結果だった。永い間知事の座を巡り激しい政争を繰り返してきたが、今度こそはきちんとした形で県民の負託に応えるべき体勢をとるべきところ、又もや自民党分裂し民主党も候補立てれず片一方に相乗り、さすがに宮崎県民も、いい加減にしろっと、喧嘩両成敗怒りの一票、加えて先の総選挙では江藤拓、古川禎久の両代議士が郵政民営化に異を唱えて勝ち抜かせていただいたように地方軽視や中央からの強権的な手法に反発する空気が満ちていたことも大きな要因だろう。何よりもまず県政と政党への不信を払拭する努力をしなければならない。新知事も大変だろうが選挙時の超真面目プラス持ち前のお笑いもたまには発揮してもらったらいい。新しい出発を機に宮崎県の大いなる発展を願いたい。

この記事をはてなブックマークに追加

嬉しかった一週間

2007年01月19日 | Weblog
慌ただしかった東京での今週もやっと終わり今高速バスの中です。佐賀を出て頑張っている若手実業家の皆さんが次から次へと挨拶に来てもらったのが何より嬉しかったし、俺も負けずにやるぞっしっかり応援するぞ!の気持ちで一杯。 彼らの進取の気性や取り組みを地元に残っている若手も是非もっともっと学んで欲しいなと思う。 婆ちゃんに負けるな、がばい兄ちゃんでキバレきばれ!僕もイノブタではなく野性味あふれる猪で今年も快進撃だ!

この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりに党大会へ

2007年01月18日 | Weblog
今週から上京、各省からの挨拶や説明も目白押しでいよいよ戦闘開始。今日は二年ぶりに自民党党大会に出席、全国から結集で会場は満満杯さすがに迫力あるなと実感。地元からのメンバーを久間防衛相や麻生外相等とスナップを撮ってあげ無理押しで安倍総理ともしっかり記念写真に納めてあげてまずはめでたしめでたし!復党しての存在感を共に満喫してもらえて何よりだった。その一方で平沼元経産相の病がついに報道された。昨年12月6日の我々復党組と会食の折に体調を崩されたのだが以来全員が口を閉ざしてきた。よく今日まで秘密が守れてきたものだ、団結も堅いが口も固い。一日も早いご回復と復帰を心から祈っております。

この記事をはてなブックマークに追加

早や一週間経ちました

2007年01月08日 | Weblog
早いもので元日から一週間が経ちました。太良町長やお世話になった方が新年早々亡くなられ残念の極みです。心より御冥福をお祈り申し上げます。そうしてる間にも賀詞交歓会や消防出初式など多くの行事をこなしています。国政報告会も開始しました。自民党に復党し皆さんから信頼感と安心感が蘇ってきたことをひしひしと感じ期待に応えてしっかり頑張らねばと決意を新たにしています。テレビで命の恩人と語ったことがかなり話題となっているのは意外でした。代議士としての生命は有権者の皆様から、自民党代議士としての生命は総理から吹き込んでいただいた、と述べたのですが、間違ったことはしてないのだからあそこまでへり下る必要はない という人もいれば、何としても復党させてほしいという支持者の熱い感謝の気持ちを見事に表現してくれた、と喜んでくれる人も多く、表現は異なっても本当に私のことを心配してもらってたんだなと涙が滲んできます。私としてはマスコミによる反復党キャンペーンの逆風の中、急速に支持率が低下していくにも拘らず決断してい
ただいた安倍総理に率直に心からの感謝の気持ちを述べたつもりだし、戻るからにはきちんと総理にも伝わるよう強い表現をしたつもりでした。いずれにしろテレビの力の大きさを改めて感じさせられる昨今です。

この記事をはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます

2007年01月02日 | Weblog
新年おめでとうございます、本年もよろしくお願い申し上げます。元旦は例年どうり朝五時からの早起き会に出席しましたが、今年は初めてその足で佐賀空港から初日の出を機上から拝みつつ皇居に参内しました。これまでもお招きをいただいていたのですが自宅で来客をお迎えしており欠礼をしておりました。両陛下には佐賀にお越しいただきその感謝の気持ちも表さねばとも思っていたし、昨年は実家罹災など様々なことがあり復党も叶い心機一転新たな気持ちで臨むべく参った次第です。陛下からお言葉を賜り、閣僚や議員の皆さんとも挨拶ができ充実した元日でした。天気が良かったせいもありますが何時参っても皇居の厳粛さには感動します。永い日本国の伝統を凝縮し何ともいえない美しさです。テレビやネットなどとかく軽薄で騒々しい世相ですが、この皇居の空気を腹いっぱい吸い込んで着実で信頼感のある政治を実現していかねば、と決意を新にしました。謹んで皇室のご繁栄と両陛下のご健勝を祈念申し上げます

この記事をはてなブックマークに追加