今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またしても反対?

2009年04月29日 | Weblog
豚からの感染が疑われる新型インフルエンザの被害が広がっていますが、我が国は勿論、世界各国一致協力して直ちに万全の対策を講じていきます。さて昨日から補正予算の代表質問が始まりました。こちらも世界恐慌に近い怖さを持った経済危機を、世界の経済が回りだすまで必死に内需喚起で支えようという予算であり、雇用から子育てはじめ、社会保障充実や低炭素社会めざしての未来新産業創出など、幅広く、そして出来るだけ地元企業を活用することを条件付けした強力な地方財政支援策も盛り込まれています。野党は相変わらず反対のようです。かってはイラク派遣に反対、今度は海賊対策法案にも反対。スエズ運河経由のヨーロッパとの通商や中近東原油輸送という我が国の大動脈を守るのは当然のことだと思いますが本当に理解に苦しみます。自衛隊の会合では相変わらず臆面もなく二枚舌を使うのでしょうか。ソマリアの海賊というのは国家崩壊後の軍人崩れが組織しており、ロケット砲等で重装備し、散在する漁船のふりをして突然襲いかかってくるそうです。だからこそしっ
かりした警備が必須であり、 民主党でも賛成の議員は居るようですが、支援労組の反発や党分裂を恐れ声が出せないのでしょう。小沢党首の件でも一部を除き殆どがダンマリ。或る週刊誌には、秘書逮捕の釈明記者会見の後で議員に200万円が振り込まれてきた、との記事がありました。そのせいでおとなしく してるのだとしたら本当に問題だと思います。いずれにしろ我が党としては一日も早く予算を成立させ執行し、全力あげて経済と国民生活を守っていきます!

この記事をはてなブックマークに追加

陰気神はお退きください!

2009年04月24日 | Weblog
SMAPの草薙 剛 君が泥酔、公園で真っ裸になり公然猥褻罪で逮捕された。心配していたが検察はすぐ釈放してくれ、ファンの一人としてほっとしています。やったことは決していいことではないと思いますがマスコミの騒ぎようは異常すぎる。傷つけたり壊したり騙したりしたわけでもない、何故こんな扱いをするのでしょうか。持ち物が巨大すぎてお巡りさんから凶器とみなされたとしたら仕方ないかも知れないけど、もしそうだとしたらこの暗いニュースの多い最近、大笑いで国民栄誉賞ものですよ。皆さん!もっとおおらかな日本にしましょう、明るく楽しい人生を送りましょう。陰気な神様どうぞ消えて下さい、マスコミからも政界からも〓剛ガンバレ!逞しく復帰することを祈ってる。

この記事をはてなブックマークに追加

野党もしっかりしてください

2009年04月15日 | Weblog
いよいよ今日、諫早干拓開門調査の為の環境アセス説明会が熊本市で開かれます。普通のアセスと違って、背後地の農業や漁業への影響等も調査対象に加えて実施されることとなっており、そのために必要な予算も確保しています。佐賀地裁判決を機に副大臣の職を賭しての開門調査要求が実現に向け動き出し感無量です。それにしても苦労してここまで持ってきたことがねじ曲げて伝えられていることにびっくりし情けなくもなります。あるお婆さん曰わく、「政権交代すれば直ちに開門が実現します、副大臣は何もしなかった」、と国政報告会で聞かされたとのこと。長崎では民主党が開門に絶対反対であること、佐賀の副大臣二人と鳩山法相の頑張りで開門調査への道筋がつけられたこと、が真実です。正正堂々論戦挑まずして陰で無垢な国民を騙すというのはひどすぎる。西九州新幹線にしても地元民主党は断固推進。小沢問題にしても、安全保障や戸別農家所得補償等にしても、言ってることとやってることが違いすぎます。ウソついてまで有権者の気を引こうとするのは政治家として人
間として恥ずべきことであり、昔の野党には無かったのではないでしょうか。日本が岐路に立たされている今日、マスコミと並び野党の責任は重大であり、もっとしっかりしてほしいと思っています。さて今冬は佐賀西部でノリ不作となりました。昨年一昨年は採れたのに何故か、何が違っていたのか?私自身も気象条件や海水温度、排水の状況等を取り寄せデータ比較しながら原因を追求しており、わかり次第速やかに効果的な対策を講じていかねばと思っております。昨年は海底環境改善と燃油高騰対策の一環として貝殻を粉砕し海底散布したところ、竹崎カニやエビが大豊漁となりました。反対ばかりや批判、不満を煽るだけが政治であってはなりません。このように具体的な施策を積み重ねて豊かな海づくりを実現していくことが政治家の責務だと信じています。良い知恵がありましたら是非ご教授下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

永田町の桜吹雪は?

2009年04月01日 | Weblog
貼り付けの写真は江戸の旗本御家人展案内ポスターから戴きました。ご存知、桜吹雪の遠山の金さんこと遠山左ェ門尉景元です。そして北町奉行として鍋島藩の鍋島内匠守直孝が記されています。悪人を懲らしめ大活躍したといわれる金さんの相棒として我らのご先祖様が居たとは、まさに「ハハッ 恐れ入りやしてござんす」です。 佐賀人は昔から正義感が強く、明治維新以降も立派な司法官や軍人を輩出してきました。郵政民営化では頑張らさしていただきひどい目にも会いましたが矢張りそんな血が流れているせいでしょうか。日本国民の巨額で貴重な金融資産を外国の手に委ねようとしたり、民営化のどさくさ紛れに簡保の宿をタダ同然に手に入れたりといったことについては、不正糾弾の動きや、厳しい経済情勢のなか強力な公的金融資産セーフテイネツトとしての大切さの再認識が出てきました。鳩山の金さんも大奮闘中です。昨日は竹中元大臣の提灯持ちとして、民営化推進事務局の幹部であり退職後は大学教授として偉そうなことをほざいていた元財務省の高級官僚高
橋という男が、なんと風呂屋で盗みをしていたことが発覚しました。こんな唾棄すべき人物やハイエナのようなグループが取り巻きとなって民営化が進められたのだとあっては、小泉首相の心中も穏やかではないでしょう。そしてこんな連中のせいで国政を去らされ、塗炭の苦しみに耐えながら再起を目指している同志の憤りはなおさらおさまらない。いつもの繰り返しになりますが、批判や不平不満を煽るだけの野党や、視聴率上げることに血眼のマスコミに乗せられて判断を誤ることの恐ろしさを今ひとたび国民の皆様によーく判って欲しいと思います。さて世論の桜吹雪の前に小沢党首がひれ伏すのはいつでしょうか、それともあくまでしらを通して居座る?道連れにされて一網打尽になっても困る、民主党の皆さんも心中穏やかではないでしょうね。

この記事をはてなブックマークに追加