今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

選挙制度は難しい課題

2013年03月29日 | Weblog
昨年の総選挙に関する高裁判決が相次いで出され、何れも憲法違反とされました。人口だけで判断するなら小学生でも出来ます。面積等の地域性や地方の貢献度、投票率などもっと広く深い見地から判断して欲しかったと思います。今後は国政の場でとりあえず0増5減等の区割り改正を行い、その後抜本的な改正をしなければなりませんが党利党略ではない対応が必要です。定数減も大事だとは思いますが、地方の議員が更に減らされその声が届きにくくなり過疎化が進みます。その一方で我が国が人口比での国会議員数はOECD先進国の中で連邦制の米国を除くと最も少ないことは意外と知られていません。区割り審議会の答申も出されました。様々な要素を勘案しつつ中選挙区制の検討も含め改革に取り組んで参りますが、現在の制度も永年の議論を経て創られたものであり本当に難しい課題です。

この記事をはてなブックマークに追加

国政の最大課題として

2013年03月20日 | Weblog
予算委はTPPに関する集中審議を行いました。公約違反ではないかとか、影響に関する試算について等が質問の中心でしたが、民主党は与党として推進してきたせいか追求に迫力が欠け何を言ってるのかよく判らない質問でした。訪米した際の総理の国を守る使命感と覚悟により聖域無き関税撤廃の大原則に風穴を開けることが出来たこと、自動車関税などにおいて米国も交渉で弱味を有することが明らかになったこと、医療関係は議論に上がってないこと等により、交渉に参加しない論拠が薄れ苦渋の選択なれども決断に至ったものと思います。激動する世界情勢の中、TTPの隠れた意義である安全保障の課題もあります。いずれにしろ現下のところは交渉の門前に立っただけであり、問題点や課題も多く、正にこれからが本当の闘いになり交渉力が問われることとなります。大きな影響を受ける農業分野を絶対に守り抜く、ことを必須条件として、折り合いがつかねば脱退や国会で批准しないのは当然のことです。東南アジアの参加国と連携し米豪の圧力に対抗する途もあります。い
ずれにしろ私自身今後の国政の最大の課題として全力をあげて取り組んで参ります。

この記事をはてなブックマークに追加

党大会を終えて

2013年03月18日 | Weblog
今日、自民党大会が開かれました。TPPについて、激動する国際情勢に触れつつ、農業農村農家は我が国の誇るべき礎であり必ず守る!強欲な市場原理主義は採らない、との力強い総裁発言もなされました。痛くない注射針で有名な岡野工業社長からはユーモアに富んだ勇気溢れさすスピーチもあり、大盛会に終わりました。使命感に燃えた素晴らしい大会でした。国民の皆様にも我が党の目指すところをしっかり伝え理解して頂いて、参院選の必勝を期さねばなりません。明日から新しい歩みが始まります。

この記事をはてなブックマークに追加