今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美味い花見酒を

2008年03月28日 | Weblog
桜も咲き出し春爛漫となってきました。先日の「今村雅弘君と明日を語る会」には多くの方々に参加いただきご支援賜ったことに心より感謝申し上げます。一方、政界は緊迫の度を増してきました。福田総理が思い切った提案をされ、何としても国民生活に混乱を避ける意思を明確にされました。道路特定財源を従来以上に大幅に他の用途にも使えるようにしたことが最大の内容です。道路の維持整備や建設が十分に出来なくなる恐れや、何故ドライバーから福祉等にも向ける一般財源として徴収するのか等の問題点はありますが、今後の税制論議等に委ねればいいと思います。野党はあくまでも暫定税率廃止を譲らないようですが、それなら代わりの財源をどうするのか責任を持って提言するべきです。反対や批判ばかりの政党ではどうしようもないですね。政治が選挙目当ての大衆迎合になってしまっては日本丸は漂流難破して結局は国民を悲惨な目に会わせることになってしまいます。安全安心な心豊かな国づくりのメドをつけて美味い花見酒を飲みたいものです。!

この記事をはてなブックマークに追加

安らかに、ひたすら安らかに

2008年03月18日 | Weblog
地球市民の会 古賀武夫先生のご逝去を衷心よりお悔やみ申し上げます。残念でなりません、辛く苦しい病魔との闘いだったと思います。安らかに、ただひたすらに安らかにお眠りください。本当に素晴らしい人でした。

この記事をはてなブックマークに追加

食べ物は一流、政治は?

2008年03月13日 | Weblog
先日は幕張メッセでの世界食品市に来賓参加してきました。食の安全安心が問われたり供給不安等があるためか、極めて関心が高く大変な盛況でした。世界各地の美味しいものが所狭しと並び、あちらこちらでつまみ食いさせてもらって幸せな時間を過ごさせていただきました。自然の恵みと神様のご恩そして丈夫な胃袋に心から感謝します。ポーランドの店では大きなハムの塊を頂きました。ナチスドイツやソ連から筆致に尽くしがたい苦しみを受けた国ですが今や立派な復興と国創りがなされ、その明るい表情を目にしてつい嬉しくなり、皆で乾杯、ポーランドウォッカのグラスを二杯も飲み干してしまいました。それにしても日本の食べ物の豊さや繊細さは素晴らしいと思います。輸出拡大にも自信を持って取り組んでいけます。日本の政治もこうあらねばと痛感するものの相変わらず停滞したままです。日銀総裁も野党の反対で決まりません。円は90円台に突入、輸出関連企業は大変です。結局のところ日本経済そのものが痛い目に会わないと国民の政治意識は変わらないのかもしれ
ません。食べ物も政党も見た目より中味なんですけどね。

この記事をはてなブックマークに追加

歳費返上?

2008年03月10日 | Weblog
国会が機能不全となっています。参院予算委は野党欠席による定数不足で連日の流会、大臣がそちらに拘束されるため衆院の各委員会も開くことができません。異常な原油高や米国株式市場の暴落など、厳しい経済状況なのに日銀総裁も野党の反対で未だ決まらず。こんなことでいいのでしょうか。あちらこちらの会合でサボタージュ議員には歳費を返上させろというキツい声も出始めています。皮肉なことに返上法案も当の参院が反対すれば成立しないし参院は解散させることも出来ません。野党は反対するだけで対案を出さないので与野党修正協議もできません。昨夏、有権者が選んだ結果とはいえ本当に困ったことです。このままいくと月末に予算は自然成立するものの予算関連法案は間に合わないということになり、歳入不足が生じるのは勿論のこと、例えばガソリンが一時的にスタンドから姿を消したり品不足による大幅な値上がりを招く等大混乱をきたします。マスコミは大喜びするかも知れませんが苦しむのは国民です。一日も早く正常な姿に戻るべきです。良識の府は何処へいった
のやら、このままでは野党の衆院解散狙いが日本国そのものの雲散霧消になってしまう?参院は産院に通ず、立派に法案を産んで欲しいものです!

この記事をはてなブックマークに追加

批判や不平不満は誰でも言える!

2008年03月03日 | Weblog
二十年度予算が衆院を通過、参院に送付されました。景気対策や福祉充実を始め地方活性化のための諸施策も織り込んでいます。野党は共産党以外は欠席でした。週末の予定もありさっさと帰郷してゆっくりとお寝みだったのでしょう。反対なら反対らしく、共産党のように堂々と意見を述べ対案も出して議論すればいいのに寂しい限りです。批判と悪口やサボリばかりで、高い歳費を貰いながら国会議員としての職責を果たしているのでしょうか。多分「十分な審議がなされてないから」とか、おサボリの理由も上手に言うんでしょうけどね。本当に情けなく嫌になってしまいます。議論が足りないというなら夕方五時以降も審議をすればいいし、国交委や安保委もあるのですからそこでやればいいんです。年度内に予算が成立しないと大変な事態が生じます。土壇場になって暫定予算を組むにも時間がありません。だからこそ年度内成立を求めた衆参両院議長の斡旋案も出されたのです。テレビ政治で動く今日ですが、有権者の皆様には是非ともテレビ画像の裏にある政党や政治家の正しい評価
をしてほしいと願っています。その上でしっかりと選挙の洗礼をうけたいものです。口先上手に乗せられて失業社会を招来したり、子ども達が飢えたり世界で孤立するようなことにならないよう、ご用心ご用心!、結局は善良な農家騙しだった参院選の野党公約などを思い出してください。ちなみに外交官の場合は「自国の利益の為なら最高の嘘を平気でつける者」が超一流なのだそうです。

この記事をはてなブックマークに追加