今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザックジャパンおめでとう、感動した

2011年01月31日 | Weblog
ザッケローニ監督率いる日本チームが凄まじい闘いを制しアジアカップを獲得しました。選手の健闘に本当に感動しましたが、新監督に代わってから戦い方が変わったように思い、リーダーの役割の重大さを改めて噛みしめています。一方で、私は疎い、との菅総理の発言が波紋を起こしています。株価も大きく下げました。しきりと弁明してましたが内閣の資質を正直に示した発言だと思います。大企業労組と公務員労組と市民活動家で構成され、経済の知識も疎く目線も高いことが露呈しつつあり、行革等のムダ削りもしないままバラまきと大増税路線を強行しようとしています。国債を買い支えてきた個人金融資産も買い入れ余力が限界に近ずきつつあり、高齢者の預金取り崩しが加速して来ると更に厳しい状況となります。金利上昇と600兆を超える既発国債の値下がりが生じて、保有する金融機関が大打撃を受け更なる景気悪化となります。このような危険な局面にあることの認識も無い人物に国の運命を委ねていいのか。スイスダボスでの会議名は皮肉にも賢人会議とか、吹き出し
てしまいます。総理演説に対する本会議での与党側拍手もまばらで、民主党内でも見限りと後継の動きが出ているとか。衆院選での公約を踏みにじり大増税路線の官僚主導政治を許していいのか、スリムで活力ある経済活動による国家再生がいいのか。まさに正念場であり、マスコミの批判を恐れず無責任内閣の退陣と国民の審判を目指し、対決型の国会対応で厳しく臨んでいくべきだと考えています。

この記事をはてなブックマークに追加

信頼こそ

2011年01月22日 | Weblog
与謝野氏が入閣して早速年金の負担を巡って迷走が始まっています。税金で対応するとした民主党マニフェストを変更、一転して保険料や増税アップを主張しています。ムダを削って財源を生み出す、との約束を始め、ことごとくがウソだったということです。このお陰で政党や政治家に対する不信感が国政、地方政治を問わず広がっています。名古屋や大阪での地域政党や議会無用論もその一つでしょう。今春の統一地方選の候補者は大変だと思います。私自身、与野党を問わず自己本位でウソをつく政治家は絶対に好きになれませんし軽蔑しています。明日は党大会です。「信頼」のただ一言こそが政権奪回の鍵だと思っています。それにしても小沢さん与謝野さん、何故いさぎよく議員辞職しないんでしょう。管総理はお二人と心中するつもりなんですかねえ?

この記事をはてなブックマークに追加

鮒んこぐい

2011年01月19日 | Weblog
今朝は早起きして鹿島市浜の鮒市に行きました。幼い頃、母が3日3晩味見しながら大鍋でコトコト煮詰めていた懐かしい香りと味を思い出しました。美味しかったことは美味しかったのですがその後二週間程は毎日食べさせられてうんざりしていました。そんなことを思い出していたら不思議なことがありました。神主さんが祝詞を上げはじめられた時は周りは暗かったのにふと頭を上げそっと目を開けるとすっかり明るくなってしまってました。僅かな時間しか経って無かったはずなのに昔のことを思い出しているうちにタイムトラベルの世界に迷い込んだのかも知れません。大根とゴボウと鮒の昆布巻き、鮒んこぐい、と云います。本来なら鯛をエビス様にお供えして商売繁盛等をお願いするべきであるところ、鹿島付近は鯛は穫れないし値段も高いということで鮒で勘弁してもらったとの言い伝えです。昆布で巻いて隠すところなど本当にユーモアたつぷりですね。映画「武士の家計簿」の中の絵鯛を思い出してにんまりしてました。その後上京、武部代議士との打ち合わせや農水省の予算
説明など早速国会活動を開始しました。

この記事をはてなブックマークに追加

君恥かきたまふことなかれ

2011年01月15日 | Weblog
民主党が国民そっちのけで相変わらず醜い内部抗争を続ける中、内閣改造がなされました。左翼過激派の革マル一派と云われる枝野幹事長代理を、よりによって政府の中枢である官房長官に起用、ああ世も末だ!自民党で要職を重ね民主党政権打倒を声高に叫んでいた与謝野氏を閣僚に。常に時の権力者にすり寄る自己本位の人物です。年金改革や郵政見直し法案等での根本的な考え方の違いをどのように対応していくのか。亀井氏や、全国民注視の予算委で平成の脱税王とまで面罵された鳩山前総理の胸中や如何に?下り坂での改造は更にその転落スピードを増すと云われますがさてどうなりますか。国会の混乱と行き詰まりによる内閣総辞職、解散総選挙がにわかに現実味を帯びてきました。祖母にあたる与謝野晶子の歌をもじって石原都知事曰わく「君恥かきたまふことなかれ・・・」と。祖父の与謝野鉄幹も「俺の孫の名は与謝野変節漢だったか」と嘆いているかも。「国死にたまふことなかれ・・・」国家の危機、頑張らねば!

この記事をはてなブックマークに追加

悪夢が正夢にならぬよう

2011年01月10日 | Weblog
正月からの新年会等行事も一段落しました。多くの方々から云われたのが不安と不満でした。特に、バラまきで金が入るのは有り難いけど結局は自分達にツケがまわるだけでぬか喜びペテンにかかったようなものだ、それより米価を下げないでほしい、子供の働き先を探してほしい、等の悲痛な声が大部分でした。今年の予算案を見ても税収は41兆円歳出は71兆円差し引き30兆円の赤字であり、国民一人当たり2万5000円4人家族で10万円の借金増となります。経済音痴の現政権、この先どうしてくれるのでしょうか、国民一人一人が既に自らの身に降りかかっている問題であるということを自覚して、心地よい言葉やテレビ政治にだまされず、しっかりと政党や政治家を監視吟味していかねばならないと思います。国債消化の躓きから銀行預金取り付け騒ぎへ、そして国家経済の溶解という悪夢のような年にならないよう願っています。そうした中で今日は感動する場面に出会いました。農家の皆さんが粉雪吹きすさぶ天気にもかかわらずクリークの手作り補
修に頑張っておられました。「自分たちの農地は自分たちで守るよ、その代わり必要最小限の費用はみてくれよ」とのことでした。私も負けないよう頑張ります!

この記事をはてなブックマークに追加

ハヤブサに負けるな!

2011年01月01日 | Weblog
新年明けましておめでとうございます。雪景色での寒い元旦でした。恒例の元朝式に出席、昨年母が亡くなったこともあり来客も無く静かに年賀状を見るなどして過ごしています。この数年、天候が思わしくなく初日の出を拝むことが出来ないのが残念です。矢っ張り全てのエネルギーと生命の源である太陽を見れないと世の中しみったれた感じになってしまうような気がしてなりません。さて太陽と云えば昨年、幾多の試練に耐えつつ永い永い宇宙の旅を終え、最後に自らが素晴らしい炎となってカプセルを地上に届けた「ハヤブサ」には本当に感動し政治に身を置く者としてその生き様に魂を揺さぶられました。不安に満ち満ちた我が国の未来のために、今年も全身全霊を賭けて頑張って参ります。「お天道様にはかなわぬまでもせめてなりたやハヤブサ様に」よろしくお願いします

この記事をはてなブックマークに追加