今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

見えたり、呑気なドジョウの限界

2012年01月26日 | Weblog
1月24日から第180回通常国会が始まりました。直ぐに2月となります、もっと早く開くべし!呑気な父さんそのもの、これだけ内外に懸案を抱えているのに。かって小渕総理の頃は正月の三が日終わったら直ちに国会開催してました、お盆休みもありませんでした。危機感と責任感に満ちてました。メタボ体型らしく野田総理は弛みきっています。加えて福田麻生元総理の発言を捉えて協力しないのはけしからんと言わんばかり。自らは自民党政権に対し白アリ呼ばわりし増税無きマニフェスト実現を公言していたにも拘わらず今や増税一直線、消費税10パーセントどころか20パーセント以上になる恐れも。自分本位も甚だしいし、財務省のロボットそのもの。ましてや小沢グループさえ抑え切れずに野党に抱きついたり解散ちらつかせて恫喝するなど甘えそのもの子供じみてます。もっと自らの信念を、我が身を焼き尽くす思いで強く国民に訴えるべきです。こんな調子では時間も足りず行き詰まりは必至、政治の漂流となります。自民党に対する批判もありますが、真
摯な心で協力を求められるならともかく、こんな無責任な内閣では手の差しのべようも無い、ということをご理解願うしかありません。国会論戦を通して暴走増税を阻止し堂々と自民党の主張を展開していきます。

この記事をはてなブックマークに追加

FW:Fwd: 痛みを全国会議員で

2012年01月23日 | Weblog
iPadから送信

Begin forwarded message:

差出人: 今村雅弘 <suku-suku-kun@i.softbank.jp>
日時: 2012年1月22日23:49:48 JST
宛先: ぶろぐ <ぶろぐ>
件名: 痛みを全国会議員で

先日来、衆議院議員定数減が急浮上し地元の方が心配されています。絶対反対です!。人口だけで決めるなら弱い地域の声が細くなりさらに都市部との格差が拡大します。一票の格差を是正するのに、割り算で決めるのなら小学生でも出来る、最高裁はその程度のレベルなのか。面積や水資源や防災、子育て、電力供給などでの貢献度も勘案して判断すべきです。しかも許せないのは消費税を上げるための方便として政府与党から出されていることです。先ず国会議員が痛みを、というのは当然だと思います。ならば全議員の歳費の削減をやるべきです。定数減は国民の基本的権利と国政の在り方に関わる重大な事柄であり、小選挙区制の見直しそのものも含めもっと深い議論をしなければなりません。選挙公約は平気で破り、国民の生活が第一どころか、やらないと公言していた消費税アップはじめ増税のオンパレード。一部地域の有権者の権利を犠牲に権力の座に未練がましく居座る姿はみっともないし、尻尾を振って賛同する議員は最低、そんな議員こそさっさと辞めて定数削減のお役に立っ
てもらった方がいい。私の生命は父母から頂きましたが政治家としての生命は有権者から頂きました。己の身はどうなってもいい、この皆様の大切な議席をないがしろにさせるわけにはいきません、いかなる事態になっても戦いに挑みます。さもないと確固たるビジョンも示せず、その場しのぎの対応ばかりのこの政権では日本丸も無能無責任船長により座礁転覆したイタリア豪華客船と同じ運命を辿ることになります。定数削減より先ず全国会議員の歳費削減を!

この記事をはてなブックマークに追加

解散大歓迎、前途暗示の眼帯姿

2012年01月17日 | Weblog
野田内閣改造がなされました。普通ならご祝儀で支持率は10から20ポイント上昇するはずなのにサッパリ。リーダーシップの無さと公約を踏みにじる増税最優先財務省主導の政治姿勢が嫌悪されているからでしょう。つい最近になってやっと公務員人件費削減等を言い出してますがまたもやウソで終わるのではないか、もう騙されないぞと国民は醒めた目で見ているようです。そもそも社会保障にどのように使うのかのビジョンも示さないまま、増税したり野党に協議を求めるのは政府与党としての責任放棄です。総理は党大会で野党に責任を押しつけるような、解散で(身内を?)脅すような高圧的な発言をしていましたが、そうなれば望むところ。増税批判の小沢グループは100人以上集まって気勢を上げるし、田中防衛相は早速もたつき気味、ヨーロッパの信用不安は増大、支持率は上がらず、あれやこれやで前の晩やけ酒飲みすぎて柱にでもぶつけたのか眼帯姿が痛々しく、ドジョウ総理の限界と前途を暗示しているような気がします。私自身は田中防衛相や真
紀子夫人と親しく、頑張って欲しいと願っているのですが・・・。

この記事をはてなブックマークに追加

誠実で力強い政治を

2012年01月11日 | Weblog
各地新年会に出席しています。この先日本は大丈夫ですか、今の政治は心もとない、という声が圧倒的です。喫緊の課題が目白押しなのに政府与党は国会の早期開催も求めずのんびりしたもの。あの共同通信の世論調査ですらも民主党内閣不支持が過半数を超えたのは当然のことでしょう。一方で、消費税を巡って与野党協議を呼び掛けていますがこれではまさに談合政治、国会論戦が無意味となります。消費税増税はしない、ムダを無くして財源を生み出す、との国民との約束は平気で破っておいてあたかも協議に応じない野党が悪いというのは笑止千万、そんな自分勝手は通用しません。加えて小沢グループ始め党内に異論が強い中で野党との協議などありえません。まず党内をまとめるべし、顔を洗って出直して来いです。議員定数削減や公務員人件費削減などの徹底的な行革、増税を呑み込める強い景気経済の実現、弱者対策、社会保障特定財源化の法的担保など幾つかの条件をクリアしてでないと消費税増税は絶対に認めるべきではありません。自民党はそれらの点を国会審議を通じオー
プンな形で国民の目の前で強く主張し、信を問うべく解散総選挙を要求していきます。ウソだらけ口先だけの政治や政治家を一掃し、真に志ある者で新しい枠組みも視野に入れ強力なリーダーシップで荒海を乗り切って行かねばなりません。それにしても円高デフレ対策も貧弱、無策に近い状況でこの数年のバラまき財政の膨張振りには驚かされます。かって国家を支えた官僚の劣化は目を覆うばかりです。そんな官僚に操られる内閣、やっぱりドジョウじゃどうじようもない、ということでしょうか。

この記事をはてなブックマークに追加

本当です!

2012年01月05日 | Weblog






昨日、山行のブログを書きましたが、嘘だろう、まさか、という声が多く届けられました。証拠写真をお送りいたします。半袖シャツの勇姿、尾根にある鬼の顔に似た巨岩、鬼の住処の岩屋、五家原岳、多良岳、経ケ岳、一本歯の高下駄でこの辺りの山々を歩き回ったと云われる役(えん)の行者の祠です。その後雪が降り今朝はお山は真っ白でした。

この記事をはてなブックマークに追加

久し振りの山行

2012年01月04日 | Weblog
年末の挨拶まわりや深夜に亘る3日間の消防団夜警激励などを経て新春3日が過ぎ今日から仕事始めです。今年も厳しい状況が続きそうですがNHK「坂の上の雲」を観て今こそ日本人は団結し困難に立ち向かわねばならない、と覚悟を新たにしました。正月は御家族でおくつろぎ、ということで例年挨拶まわりは控えています。昨日は約五十年振りに雪ちらつく多良岳に独りで登って来ました。亡き親友を偲び、共にボーイスカウトで活動していた頃を思い出しながら、今日まで元気で居られることに感謝を捧げて来ました。それにしても久し振りの山行はキツかったですね。気温は低かったのですが、リュック背負って標高差600メートルを一気に登ったものだから汗びっしょり、半袖シャツになって、会う人が皆ビックリしてました。尾根伝いに多良岳から隣の前岳まで歩いて感動したのは巨大な岩が折り重なるように尾根に乗っかってることです。昔は気付かなかったのですが誰が積み上げたのだろう、やっぱり神様はいらっしゃるんだなあ大自然と共に、ここは巨大なパワースポット
だ!この力を頂いて国難なんかぶっ飛ばしてやる!と元気いっぱい下山しました。頂の下の湧き水を汲み持ち帰り家内と事務所スタッフにも「霊験新たかなる神霊水であるぞ、謹んで戴かれよ」と健康と活躍を希い振る舞いました。皆様に幸多き年でありますことを祈念しつつ、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。新春につたない一句「山の神箱根駅伝だけじゃない」頑張るぞ!

この記事をはてなブックマークに追加