今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

怒ってるのかな妨害かな?

2006年06月25日 | Weblog
何故か原稿が全部うまく送れません 機械も怒ってるのかも

この記事をはてなブックマークに追加

これからが本番だ!

2006年06月25日 | Weblog
村上ファンドに絡まる福井総裁や宮内オリックス会長に対する批判が国会審議等を通じ次第に高まってきている。 しかしながら前回指摘したように、例え結果的にであれ株の買い占めの手伝いをしたことになったこと、それにより当該企業や株主に巨額の損失を強い自らもその分け前にあずかったこと、 についての糾弾や反省は何故かなされていない。 宮内氏のオリックスにいたってはファンド参加グループの胴元役すら勤めたともいわれているのにである。 巨額の売りぬけ益は一体どこへ誰の懐に入ったのか、 フジテレビやニッポン放送 阪神阪急にしてみれば腸の煮えくり返る思いだろう。又やっぱり民主党の松井参議院議員も村上から金をもらっていたことを告白した。 金額を少なくし早めに発表して火が小さいうちに消しておこうという魂胆だろうが検察もそう甘くはない。 自らリクルート役として誘いをかけ民主党から国政に出馬させた高級官僚の顔触れや諸般の情況についてはすでに把握ができているとのことであり、どれだけ巨額の資
金が提供されたのか今後の追求が見物だ。 小泉総理や次期総理候補もここは厳しい対応をされたほうがいいと思う。 さもないと後になってとんでもない人物を擁護していたことにもなりかねず禍根を残すこととなる。それにしても中立性を担保する為との触れ込みで日銀総裁の罷免権は総理大臣にもないことにしたのは失政だったのかも。 世の中きれいごとや建前だけではいけないということか?

この記事をはてなブックマークに追加

これからが本番だ!

2006年06月25日 | Weblog
村上ファンドに絡まる福井総裁や宮内オリックス会長に対する批判が国会審議等を通じ次第に高まってきている。 しかしながら前回指摘したように、例え結果的にであれ株の買い占めの手伝いをしたことになったこと、それにより当該企業や株主に巨額の損失を強い自らもその分け前にあずかったこと、 についての糾弾や反省は何故かなされていない。 宮内氏のオリックスにいたってはファンド参加グループの胴元役すら勤めたともいわれているのにである。 巨額の売りぬけ益は一体どこへ誰の懐に入ったのか、 フジテレビやニッポン放送 阪神阪急にしてみれば腸の煮えくり返る思いだろう。又やっぱり民主党の松井参議院議員も村上から金をもらっていたことを告白した。 金額を少なくし早めに発表して火が小さいうちに消しておこうという魂胆だろうが検察もそう甘くはない。 自らリクルート役として誘いをかけ民主党から国政に出馬させた高級官僚の顔触れや諸般の情況についてはすでに把握ができているとのことであり、どれだけ巨額の資
金が提供されたのか今後の追求が見物だ。 小泉総理や次期総理候補もここは厳しい対応をされたほうがいいと思う。 さもないと後になってとんでもない人物を擁護していたことにもなりかねず禍根を残すこととなる。それにしても中立性を担保する為との触れ込みで日銀総裁の罷免権は総理大臣にもないことにしたのは失政だったのかも。 世の中きれいごとや建前だけではいけないということか?

この記事をはてなブックマークに追加

さあどんな展開に

2006年06月19日 | Weblog
村上ファンドに日銀総裁や政府の経済財政政策決定の枢要な地位にいる宮内氏が参画していたことがバレてしまった。 少しばかりの金儲けや新興企業の育成・株主地位向上のためならまだしも、 株を買い占め経営陣を脅したり高く売り抜けて巨利を貪ることの手助けを、たとえ結果的にではあれ、していたとあっては開いた口が塞がらない。 恐らくこのような経済界等に信用と大きな影響力を持つ著名な人物にもメンバーになってもらっている、ということを宣伝しファンドに巨額の資金を集めることができたのだろう。 これからどのような展開になるか分からないが自らきちんと身を処してもらい、 検察にはぜひ真相を明らかにしてほしい。 政界への飛び火も噂されているが野党の反応が鈍いのが変だ。 村上と経済産業省の同期である某参議院議員との関係が取り沙汰され、同議員が盛んに霞が関高級官僚の民主党からの衆院選出馬の働き掛けをしていたことやそのための資金提供も噂されている。 もし事実だとすれば野党としての厳
しい追求はできないしリクルート以上の大スキャンダルだ。 関係議員には四谷怪談以上に寒気のするコワーイ夏になるだろう!

この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ特捜!

2006年06月11日 | Weblog
村上ファンドが検察当局の手入れをくってからほぼ一週間が経った。 ライブドア事件当時からささやかれてはいたがやっと本丸に司直のメスが入った。怯えてる関係者も多いだろう。 株主を大切にせよ からいつのまにか会社乗っ取り屋に変わってしまった。従業員が汗水たらして働き支えてきた会社の株を、掻き集めた札束で秘かに買い高値で売り飛ばす、金さえあれば何でもできる、の典型だ。ヒルズ内の サロンで定期的に会合していた話など聞いているとヒルズ族はインサイダー談合屋の集まりといわれても仕方ない。 国を強くするには改革が必要だ。 だから国民はリストラに耐えただみたいな預金金利で産業の立ち直りに協力してきた。 その成果はきちんと配分されなければならないしその道筋を創っていくのが政治の役割だと思う。 それをしないで逆に彼らにお世話になってたり手を貸していたりした財界人や金融庁等の役人、政治家は与野党問わず氏名を公表し徹底的に糾弾しなければならない。お金万能の風潮を糾すために
も 更なる解明を強く望む!

この記事をはてなブックマークに追加

ああ情けなや恐ろしや

2006年06月05日 | Weblog
又しても国会で珍事が起きた。衆議院法務委員会で審議中のいわゆる共謀罪法案が、迷走の末なんと与党が野党案を丸呑みで受け容れ。びっくり仰天した野党は高らかに勝利宣言をすると思いきや、徹底抗戦!との小沢党首の一声で拒否 を余儀なくされ、まさに宙ぶらりんの状態となっている。 与党もふがいないが野党はもっとひどい。 散々自らの修正案をぶつけて審議引き延ばしをやってきた挙げ句がこの始末だ。 政策内容で争うのが議会政治のあるべき姿なのに これでは単なる政争でしかない 税金の無駄遣いだ。与党にはもっとしっかりしてほしいが民主党もこんなことではいずれ二ヵ月前の醜態にさかのぼりとなるだろう。それにしても政治の世界は何でもあり!か。ああ恐ろしや アーメン

この記事をはてなブックマークに追加