今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

永田町天気予報

2010年12月31日 | Weblog
最近の天気予報は本当に進歩したな、と実感します。人工衛星とコンピューターのお蔭でしょう。冷凍海苔の張り込みも悪天候を避けて当初予定の30日の前と後に計画変更されましたが、その通りにかなり荒れました。28日からの消防団年末特別警戒の激励巡回も最終日は降りしきる雪で大変でしたが無事終えました。団員皆様の、まさかこんな雪の中を、とびっくりした顔が印象的でそれだけに充実感もひとしおでした。寒い中、本当にご苦労様です、有難うございます!さて一寸先は闇と云われる政界の天気予報は当たるのでしょうか。小沢と菅仙谷との醜い争いや、衆院選でのマニフェストを全面撤回するとの発言等、国民をバカにするのもいい加減にしろ、との声が更に高まっています。吹雪のような世論がうねりとなって政権を凍りつかせ、機能不全となって解散総選挙を行わざるを得なくなる日は意外と近いのではないでしょうか。日本そのものが凍死してしまってからでは遅いですからね。

この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカルと雪見酒

2010年12月27日 | Weblog
昨日は挨拶まわりを切り上げ、友人の招待でティーンズミュージカルSAGAの公演会に行きました。どうせ学芸会に毛の生えたようなものだろう、と思っていたところ素晴らしい出来映えに本当にびっくりしました。佐賀にもこんな素晴らしい劇団があり若い人がいることに胸が熱くなり力いっぱい拍手の連続でした。東京では芸術文化活動をそれなりに応援して来ましたが、これからは地元でも汗をかいて少しでも若い人達の力になっていきたい、と降りしきる雪の中決意を新たにしました。翌朝は予報どうり一面雪景色でした。子供の頃から雪が降り、積もると嬉しくてたまりませんでした。今朝は早起きして雪を口に含み、熱い朝風呂に入って汗が滲んで来たところで雪に埋めていた缶ビールをコップ一杯キューと飲み干しました。その美味かったこと。昨夜のミュージカルと今朝の雪見酒、まさに幸せのひと時でした。さあ、頑張らねば!

この記事をはてなブックマークに追加

心配で無責任なバラマキ予算案

2010年12月26日 | Weblog
新年度予算案が発表になりました。個々の内容にも様々な問題がありますが、最大の問題は留保金を殆どはたき出した上でなお差し引き23兆円の借金増加となっていることです。選挙公約だった207兆円から17兆円を生み出すどころか更に財政を悪化させています。年度末には国債残高だけで668兆円にもなってしまい、国債の信認に疑問が生じてくれば国債暴落と金利急上昇が生じる恐れもあり日本経済は大変なことになります。既に、そのXデーの到来がいつか、それに備えてどうすればいいか、の議論を秘密裏に自民党政調や財務省で始めました。菅内閣は政権維持という目先の利害にとらわれず思い切った対応をすべきであり、来たるべき国会では個別の問題も含め徹底的な政策論議と責任追求をしなければなりません。

この記事をはてなブックマークに追加

何を語る

2010年12月17日 | Weblog

政府は諫早干拓開門の訴訟で上告を断念することになりました。菅総理自身かねてより開門すべきだと公言していましたから当然だと思うし、私もホッとしています。開門に際しては、海にも農地にも被害が生じないよう万全の対策を講じ一日も早く宝の海の復元を果たさなければなりません。さて先日、菅総理らと共に再び硫黄島に行きました。未だ滑走路の下などに眠ったままの一万四千人もの遺骨収集のピッチを上げるべく出来るだけの努力をして参ります。頭蓋骨には歯が残っているものもありました。その形状からして二十歳位の青年ではないかとのことであり、未だ若い命を絶海の孤島で祖国の為に捧げられたことに思いを致し涙が溢れました。折しも本日、佐賀から遺族会の方々がお見えになり英霊の鎮魂と平和の尊さを語り合いました。今、我が国を取り巻く状況は本当に厳しいものがあります。眠れる英霊は菅総理や我々に何を語りかけようとしているのでしょうか。もしかしたら「俺たちのことは放っとけ、それよりもっとやることあるだろう!」かも知れません。乗り込んだ
飛行機は命を的に自衛隊員がイラクの支援に頑張ったCー130輸送機でした。

この記事をはてなブックマークに追加

冬の寒空に

2010年12月11日 | Weblog
今朝は恒例となった障害を抱えた皆様方の「みのり福祉作業所」餅つきに顔を出し激励して参りました。先般、時間稼ぎの政府の対応に業を煮やして自民党主導で応能負担を柱にした自立支援緊急対策法案を提出し可決したこと等を報告し、数多くの感謝の言葉を頂きました。不思議なことにここの餅つきでは毎年必ず北風が吹き冬の到来となります。あれほど暑かった今年の夏でしたが、やはり地球は生きているんだなあということを実感します。永田町も小沢問題を軸に波乱含みです。もし離党して新党を結成するなら今月がヤマです。政党交付金をもらう資格が今月末だからです。そのまま残れば年明けに離党勧告となり着の身着のままで放り出されることになるでしょう。年内に数十人が離党すれば、民自の大連立が無い限り民主党は衆議院で単独過半数を失い小沢新党が主導権を握ります。そもそもが政権を取る為だけの野合ですから、政権を取った後は政策や目的も無く崩壊の途を辿るのは当然のことですが、馬鹿を見るのは信じて一票を託した国民です。新党を巡ってどのような連立
政権が樹立されていくのか、それとも解散総選挙か。今日の冬空を見ながら、今ひとたび命がけで国家国民のため可愛い子供や孫のため決起するか!これからの己の生き様にも思いを巡らすひとときでした。

この記事をはてなブックマークに追加

国会活動

2010年12月08日 | Weblog
今村雅弘代議士の主な活動(事務所更新)
今日今村代議士は10月26日に続き、13時からの農林水産委員会で諌早湾干拓問題やTPPなどについて質問に立ちました。
質問の冒頭、6日福岡高裁において、諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門開門を巡る訴訟の控訴審判決で国が敗訴したことをうけ、鹿野農林水産大臣に対し「今回の判決で国の主張はことごとく否定されているという事を率直に受け止められ、上告せず長期開門の実施を行うべき」と申し入れたうえで地元の実情などを訴えました。

今村代議士はこれまで有明海を豊かな海として再生することを目的とした有明海特措法の作成や有明海環境影響等調査・技術開発事業の実施、副大臣時にはこれまでの農林水産省の方針を180度転換させる開門を前提とした環境アセスの実施を当時の若林大臣に決断させる等々様々な活動を行って参りました。この間、自民党や他党、県が隣県との意見が平行線のままな状況での長期開門実施を求めてこれたのは地元の皆様方の熱い思いと有明海の側で生まれ育った今村代議士の郷土愛だと確信しています。

地元の皆様とご一緒に海上デモに参加した今村代議士。(平成22年9月10日)

有明海産秋芽ノリの今季初めての入札へ駆けつけた今村代議士。(平成22年12月4日)
今季は猛暑の影響で種付けが遅れ心配されていましたが、販売枚数2億枚、販売額も40億円を超えました。
宝の海有明海の再生を心から願い、今回の判決が尊重され上告されず長期開門が行われるよう引き続き取り組んで参ります。

この記事をはてなブックマークに追加

判決に従い開門調査の実施を

2010年12月07日 | Weblog
私の事務所がキャバクラを利用、ということでマスコミからお叱りを受けました。そこで働く人達は偏見だと悲しまれるかも知れませんが、いずれにしろ心からお詫び申し上げます。さて本日、諫早干拓水門の開門を命ずる判決が出ました。当然の判断であり、農水副大臣として辞表を胸に当時の大臣と大ゲンカして開門調査のための環境アセスメント実施を決めた私にとっても嬉しい知らせでした。民主党政府も素直に判決を受け止め絶対に上告すべきではありません。衆院選での公約を実行せず今日まで至ったことを猛省すると共に、この判決を梃子に長崎県を説得し、面子を捨て一日も早く開門調査を実施して有明海の再生を図るべきです。

この記事をはてなブックマークに追加

政界にも北風が

2010年12月04日 | Weblog
国会が閉会、極めて少ない法案成立や多くの課題に対しても全くリーダーシップを発揮出来ず支持率は急落、解散総選挙の風も吹き出しました。先日、かなりキツいブログを書きましたが、返って来る有権者の雰囲気はまさにあのとおりです。相変わらずマスコミは民主党寄りのようですが、小沢氏が解散当日に四億五千万を配ったことも明らかになりました。しかもその金は政党が解散した際に本来なら国庫に返すべき税金であるにもかかわらず!。小沢氏にはカネまみれの疑惑が沢山あります。菅総理は代表選でクリーンな政治を高く掲げたのだから、国会の場できちんと説明させるべきところ、結局は無しのつぶて。これらのことを総合して、今の政権に増税等を国民に負担させることが許されるのでしょうか。提出される法案や政策は本当に信頼できるものでしょうか。「信なくば立たず」問責決議など野党の国会対策も、国民をバカにしたような政治姿勢を糺し真に国民本位の政治を実現させるためのものです。あちらにもこちらにも票目当ての良い顔、バラまきのオンパレード、の公約
が財政の壁にぶつかって七転八倒しています。そのとばっちりが扶養控除廃止による増税など、真面目に働き会社や家族、地域の為に汗を流している方々に行かないように、本音の政治で頑張って参ります。ちなみに国会周辺も北風が吹き冬の気配が深まってきました。銀杏の葉も綺麗に色づいてハラハラと落ちています。一年の務めを果たし沢山のギンナンを生んで来年春には又爽やかな新緑となることでしょう。我々政治家も銀杏の樹に学ばねばならない、風雪に耐え後世の為にしっかりと!

この記事をはてなブックマークに追加

国会活動

2010年12月03日 | Weblog
今村雅弘代議士の主な活動(事務所更新)
臨時国会の閉会日となった今日、閉会中審査などの手続きのため衆議院本会議や今村代議士が所属している農林水産委員会が開催されました。
また、14時には自民党本部で「平成23年産米の生産数量目標の配分に反対に関する緊急声明」の記者会見を行いました。

党水田農業振興議連会長として記者会見を行う今村代議士。

今回政府が発表した都道府県別に配分された米穀の生産数量目標は、これまで生産数量目標に真面目に取り組んでこられた県に対して過重な負担を課す内容となっており到底認められません。<緊急声明文は自民党HPに掲載されています。>

特に佐賀県など県間調整に協力され自らの生産減によって他県の生産調整を受け入れてこられた生産農家のご努力を軽く扱い、踏みにじるものです。この問題についても民主党に対し厳しく追求して参ります。

この記事をはてなブックマークに追加

国会活動

2010年12月02日 | Weblog
今村雅弘代議士の主な活動(事務所更新)
今年も残り1ヶ月となった昨日、国会の周りは1000人以上の人が集まられていました。

集まられた方々はそれぞれ片手に国旗を持たれ、「民主党は日本を崩壊させている。今すぐ政権交代を。」等々を必死に訴えていらっしゃいました。国会周辺では各政策や特定団体による抗議デモはよく見かけますが、一般の方が多数参加され政党名指しでこれだけ大規模な抗議デモはとても珍しいです。
国会周辺での活動が終わると、民主党本部へ抗議するため移動されて行かれました。

さて、毎年この時期、東京では様々な全国大会が開催され今村代議士も国会日程を調整しながら出席しています。

全国町村長大会をはじめ昨日今日だけでもNOSAI事業推進大会や簡易水道整備促進全国大会、水産業振興・漁村活性化推進大会、全国山村振興通常総会等々が開催されました。このような大会は共通の課題に取り組んでいる全国の市町村の代表者の方々が参加され、情報の共有や今後の取り組みなどを話し合い、各地域住民の生活環境の向上のために開催されています。

佐賀県からも大会出席で上京された皆様が事務所へお見えになられました。
ご来訪有難うございました。今後ともご指導よろしくお願いします。

この記事をはてなブックマークに追加