今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女の涙とは違います

2009年03月25日 | Weblog
鳥肌が立つような凄まじい戦いを制して侍ジャパンがWBCの覇者となりました。最後の場面のイチローの風貌はまさに生と死の一瞬に賭ける武士のものだったと思います。敗れたとはいえ韓国チームの戦い振りには心から敬意を表したいですね。昔は全日本でかかってもアメリカ大リーグの単独チームにさえ勝てなかったのに大した進歩です。選手の皆さん本当におめでとう、ご苦労様。ノーベル賞でも勇気と自信を頂きました。政治家ももっと頑張らなくっちゃ!それにしても同じ日のもう一人のイチローさん情けなかったですね、あれほど悪どいふんだくりをやってきておきながら涙ぐんだりして。しかしながら国民の眼は決して騙せないと思います、女の涙はとんでもなく強い(小泉総理)そうですけど・・・〓

この記事をはてなブックマークに追加

お金が第一?

2009年03月22日 | Weblog
桜も咲き始めた最近ですが経済状況はなおさら厳しさを増しつつあります。貿易収支が赤字になるという我が国の存立を揺るがす事態も生じており、それによる税収減は社会保障の財源にも大きく影響してきます。事業規模75兆円の景気経済対策を展開し外需の低迷をカバーしていきますが、状況次第では更なる対策が必要になると思われます。バブル崩壊後の復興を外需に依存しすぎ、再び世界的なバブル崩壊の激震に見舞われたことは皮肉なことです。この間ひたすら効率化に邁進し、派遣労働の推進等あらゆるぜい肉を削ぎ落とし高配当高株価を目指してきた企業経営や竹中路線の地方軽視財政政策は、ショック吸収のゆとりを失わせてしまっており、後の無い深刻な事態を招いています。負の連鎖に陥らないよう今後もあらゆる手段を講じていく必要があります。さて政界の方は小沢党首の巨額違法献金疑惑の帰趨が焦点になっています。民主党系の知事で固めることにより、人事や公共事業の発注等で県政を牛耳り東北地方に小沢帝国を築いてきたことは衆知の事実です。本人が直
接指示したり手を染めたりはしてないでしょうから逮捕起訴とまではいかないと思いますし党首辞任もしないでしょう。そのほうが自民党にとっては戦い易いのかもしれません。あれほどマスコミを煽り公共事業を批判しながら、裏ではゼネコンを通じて社員や弱い立場の下請け業者から金をむしり取っていたのですから完全にイメージダウンです。言ってることとやってることが全く違う、民主党のスローガンである「生活が第一」は「お金が第一」に、赤いポスターも泥色に変えてもらいたいものです。小沢さん辞めないでくださいね!

この記事をはてなブックマークに追加

いい政治を!

2009年03月06日 | Weblog
小沢党首の第一秘書が逮捕されたり事務所が家宅捜索を受けるなど、金銭疑惑が政界を揺るがしています。民主党は、権力の横暴だ謀略だと批判していますが、次期総理ともいわれる人ののど元まで検察が踏み込むのはもっと巨大な疑惑があるからだろうと考えざるを得ません。国会ではダムや道路新幹線が無駄な公共事業だと政府与党を徹底的に非難しつつ、自分達はその請負企業から巨額のカネを裏で貰っていたというのは本当におかしいし選挙民を愚弄しています。党首ですから、多かれ少なかれ民主党内にもそのカネが行き渡っているのでしょう、一日も早い真相解明を期待します。さてその一方で定額給付金の支給が始まり、テレビで雪深い村のお婆さんが嬉しそうに受け取られ早速お仏壇にあげてお詣りしておられる様子が放映されてました。じーんときました。日本人て素晴らしいですね。強い者がしっかり稼ぎ弱い者を優しく支える!政治は誰のためにあるのか、いい政治をしなければならない!改めてファイトが湧き出てきました。麻生総理はあのテレビ見られたかな?

この記事をはてなブックマークに追加

未体験ゾーン突入への怖れ

2009年03月02日 | Weblog
21年度予算が衆院で可決、あれだけ反対していた野党も予想外にすんなりと審議に。この経済危機においての反対は世論の反発をくらうし、勝ち目の高いうちに1日も早く解散に持ち込みたい、との打算が働いたせいでしょう。参院は相変わらず抵抗の府のようですがまずはめでたしというところです。それにしても出てくる経済の諸データをみると寒気がします。海外でしっかり稼いで国内の必要な費用を賄ってきた長い長い間の日本経済の構図が崩壊するのではないかという未知の体験ゾーンに入りこみつつある不安感です。併せて少子高齢化による生産力の減退が更に懸念を強めます。マスコミ劇場等でキョロキョロするのではなく本当に骨太で実のある政治を実行しなければ!と痛感しています。船はどんな嵐でも推進力を持ち舳先を風に波に向けて進めば絶対に沈むことはありません。今こそ国を挙げて危機と戦うときです。アメリカも団結を高めています。

この記事をはてなブックマークに追加