今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国会活動

2010年11月30日 | Weblog
今村雅弘代議士の主な活動(事務所更新)
すっかり肌寒くなりました。国会議事堂周辺は銀杏の黄葉がとても綺麗です。

この場所からは、ビルの奥にスカイツリーも見ることができます。完成が楽しみです。

さて29日(月)の18時30分から福岡資麿参院議員の結婚を祝う会が開催されました。

会場には1500名以上の方がお見えになられ、今村代議士も激励のご挨拶をさせて頂きました。おめでとうございました!

その足で夜上京し今朝8時から開催された看護問題小委員会や国土交通部会などに出席しました。
国土交通部会では今村代議士が法案提出者の「地下水の利用の規制に関する緊急措置法案」が了承され
党内手続きを経て本日15時に衆議院へ議員立法として提出しました。

法案を衆議院へ提出する今村代議士

また本日は地元の杵島地区農業共済組合の久原組合長さんから要請書を、佐賀県町村長会の江北町の田中町長さんや白石町の片渕町長さん、吉野ヶ里町の江頭町長さんから提言書をそれぞれ事務所へお持ちになられました。

町村長の皆様からは、民主党政府に対しTTP反対を明確に表明するとの特別決議も持参されました。
ご来訪有難うございました!


この記事をはてなブックマークに追加

最大限の警戒を

2010年11月26日 | Weblog
今月28日から米韓合同軍事演習が開始されます。北朝鮮は激しく反発しており、どのような行動に出るのか極めて要注意だと思います。下手すると日米韓の環の最も弱い部分、日本に向けられる恐れもあります。日本海沿岸の原発などに嫌がらせや脅しのような攻撃があっただけで日本は大騒ぎになり、米国に北朝鮮との対話を再開するように泣きつく動きが出るかも知れません。それでは北朝鮮の思うツボとなります。最大限の警戒態勢をとり絶対にそのようなことが起きないようにしなければなりません。万が一にもそのような事態が生ずるならば直ちに内閣総辞職すべきです。

この記事をはてなブックマークに追加

すぐ隣で戦火が

2010年11月25日 | Weblog
世の中には上り坂下り坂そして、まさか、というものも有ると云われます。まさかと思われる北朝鮮の砲撃で民間人含め4人が死亡、多数の負傷者が出ました。これまでにも軍事トラブルはありましたがこれほどまでの事態は初めてでしょう。最近、戦後の太平の夢を破るような出来事が我が国の近辺で頻発しています。インド洋からの給油支援引き揚げ、沖縄からアメリカ出ていけ、という民主党の政策が完全に誤りだったことがはっきりしました。一国の宰相たる者の権限と責任の重さ、それを選ぶ者への跳ね返りの大きさを改めて考えさせられます。米軍は直ちに空母を派遣、韓国との迅速密接な連携で動いています。それに比べ菅内閣の対応の鈍さ緩さにはがっかりします。北朝鮮の政治経済状況が極めて不安定になりつつある今日、追い詰められて何が起きるか予断を許しません。もっと緊張感をもって果敢な対応をしなければならない。高校無償化の対象を見直すなんて程度ではどうしようもないですね。

この記事をはてなブックマークに追加

自衛隊は暴力団ではないぞ!

2010年11月21日 | Weblog
秋の陽はつるべ落とし、といいますが内閣支持率も急落、閣僚の更迭論が高まっています。柳田法務相の発言は国民のみならず国会及び国会議員そのものをバカにした発言であり、さすがに身内の民主党議員も怒っているようです。しかしながら自分達は嘘八百のマニフェストで有権者を騙して選挙で勝ち、後は知らん顔で国民をバカにしています。目くそ鼻くそを笑う、の類でどっちもどっちですよ。他方、仙谷官房長官の自衛隊暴力装置という発言にはびっくりしました。レーニンが暴力革命を正当化する論理として愛用したスローガンだったと思います。私が大学生の頃、大学紛争が真っ盛りであり、いくつかのセクトがあって対国家権力だけでなく凄惨な内ゲバも繰り返していました。確かフロントという過激派がありましたが仙谷氏もそのメンバーだったとのこと。カッときて思わず地が出たということでしょう。最高指揮官の総理や防衛相は暴力団の組長幹部みたいなものなんですかねえ。厳しい訓練や緊張の中で国防の任に当たっている隊員の方々に失礼であり許せない冒涜です。一
般人に対しても、思想信条及び表現の自由を抑圧する自衛隊施設内での発言禁止通達がなされました。暴力団も唖然とするとんでもない政権国家権力が日本国を本当にダメで危険な方向へ向かわせています。

この記事をはてなブックマークに追加

感謝感謝

2010年11月15日 | Weblog
福岡市長選で36才の高島氏が二期目を目指した現職を破り見事に勝利しました。昨夜早速お祝いに駆けつけましたが、私も党の団体総局長として、地元の国会議員団の幹事長として本当に応援の甲斐がありました。勝因は何よりも本人の努力と清新さと知名度によるものですが反民主党の風が大きかったとも思います。騙しの政治にきっぱりとノーを突きつけていただきました。これからはアジアの玄関口としての九州の発展の為に力合わせて頑張って参ります。ご支援に心より感謝申し上げます!

この記事をはてなブックマークに追加

しっかりした受け皿づくりを

2010年11月13日 | Weblog
ビデオ流出問題は予想通り公務員によるものでした。秘密保持義務が言われていましたが実際には相当な範囲の海保職員も閲覧できたとのこと。政府自らそんな状況にしといて機密保持義務とは全く聞いて呆れます。APEC開催成功と対中関係という菅内閣の点数稼ぎの為に、大切な国家主権や国益の喪失を招いてしまったことのほうがよほど罪は深い。子供手当てや年金、高齢者医療、公務員人件費2割削減等では明らかな公約違反であり、TPPにしても党で決めたことと政府の方針で大きな食い違いがあるのに民主党議員は地元では平然と反対のふりをして農家を騙す。事業仕分けにしても、政権を取り自分達の権限と責任で作った予算であるにも拘わらず、おかしいといって廃止や縮減をマスコミ通じてパフォーマンスしています。とにかく民主党の政権と議員は信用出来ないし本心では国民を軽く見ていると思います。こういう政治のあり方に為政者への不信や怒りがどんどん高まっていってるのは当然でしょう。自民党も、批判だけでなく、しっかり反省と総括を行い、政
権の受け皿としての新たな出直しと信頼構築を着実に実行していかねばなりません。

この記事をはてなブックマークに追加

国を売る

2010年11月10日 | Weblog
政界は尖閣諸島ビデオ問題で大揺れしています。早く公開してれば中国国民にも事実が淡々と伝わり何ら問題無かったのに。恐らく菅内閣の対応振りに義憤に駆られた政府関係職員が流出させたのでしょう。犯人探しに躍起になるより菅総理はいつかみたいに頭丸めて総辞職したほうがいい。北方領土におけるロシアの行動に対しても然り。加えて関税ゼロの貿易自由化まで推進し、領土ばかりか我が国の農林水産業や農山漁村まで売り払おうとしています。国内問題なら政権を代えてやり直すことが出来ますが国際間の課題はやり直しはまず不可能です。国民の不安は怒りに変わりつつあり、内閣と民主党の支持が急落、このままでは映画ではない「平成桜田門外の変」すら起こりかねません。こんな政権を造った昨年夏の衆院選、旗を振った人々は今どんな思いで政治を見つめておられるのでしょうか?

この記事をはてなブックマークに追加

再開します

2010年11月08日 | Weblog
母が亡くなり喪が明けるまでは控えるつもりでしたが、最近の国政その他に於いて余りにも気になることが多く、月も代わったこともありブログ再開します

この記事をはてなブックマークに追加

地元活動6日(土)7日(日)

2010年11月08日 | Weblog
今村雅弘代議士の主な活動(事務所更新)
11月5日(金)夕方佐賀に戻った今村代議士はご案内を頂いてた東与賀海岸でのシチメンソウ祭り前夜祭に参加しました。

シチメンソウはアカザ科の塩生植物で11月を中心に美しい海の紅葉を観ることができます。地元の人達の絶え間ないご努力で毎年シチメンソウまつりが行われ多くの観光客が訪れていらっしゃいます。ご案内有難うございました!
その後さんの佐賀新聞文化奨励賞を受賞された栗原誠治様の祝賀会やバルーンを通じて国際交流をはかられている「翼の女性」の皆様が主催する『バルーンと翼でよか晩た』に参加しました。
6日(土)は太良町文化祭や小城町芸能祭、江北町かがり火祭りなどに出席しました。小城町芸能祭でピアノ演奏を披露された小学生がとてもお上手で皆さん感激されていらっしゃいました。
7日(日)は朝9時からご案内頂いていた鹿島のごみふれあい祭りへ。

ご挨拶させて頂きました。
その後白石柔道場落成式に出席しました。

未来の三四郎の皆様と一緒に記念撮影。
有明町、芦刈町、諸富町、神埼町、脊振町の文化祭にもお邪魔しました。

出展者、出演者の皆さんの多種多様な才能に驚き、また茶席ではおいしいお茶を頂きました。有難うございました!

石倉県議後援会グランドゴルフ大会へ。

ご案内有難うございました!

この記事をはてなブックマークに追加

国会活動

2010年11月05日 | Weblog
今村雅弘代議士の主な活動(事務所更新)
昨日、今村代議士はは朝8時から開催された国家戦略本部会議やTPP即時撤回を求める会総会などに出席しました。

国家戦略本部会議では、谷垣総裁も出席され「これからのインフラのあり方」を議題とし有識者ヒアリングを行いました。
会では、有識者からも現在民主党が行っている政策は理解し難いなどの話がありました。


TPP即時撤回を求める会で今村代議士は役員を務める事となりました。会に出席された全国農業協同組合中央会からは「関税撤廃の例外措置を認めないTPP交渉に参加すれば結果として農林水産業の崩壊を招く、国民合意を得る議論も行われておらず断固反対である」と話され全国漁業協同組合連合会からは、「輸入自由化は漁業へ壊滅的な影響を与えることから断じて反対」と要望されました。
農林水産業は特に地方において地域経済の重要な一翼を担っており、地域社会の崩壊を招き地域の商工業も同じく破綻してしまいます。また国際間では一度締結された条約、協定などは政権が変わっても撤回する事は困難で、これだけ重要な事を民主党政権は影響分析や国民への説明を全く行っておらず、外交パフォーマンスのためのTPPへの拙速な参加は必ず将来に深い禍根をもたらすでしょう。

今日は佐賀県の脊振、三瀬の森林組合の役員の皆様13名が事務所へ激励にお見え下さいました。

ご来訪有難うございました!





この記事をはてなブックマークに追加