今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佳いお年を

2006年12月31日 | Weblog
今年もあと僅かになりました。悠仁さまご生誕や経済の向上など明るいニュースの反面、北朝鮮の核実験やいじめによる自殺の頻発などもありました。私も復党や実家の火災など多難な年でした。振り返ってみると短い一年でしたが感ずることも多々ありました。政治面では、モノを言いにくくなったこと、マスコミに引きずられていかれがちなこと、そのマスコミも視聴率至上主義で歪みがちなこと等です。経済をさらに強くしその成果をいかに配分していくのか、来年の大きな課題だと思います。それによって沢山子供が生まれ、お年寄りが安心され、皆が明るい笑顔に輝くようになれば最高です。今年一年ありがとうございました、佳いお年をお迎えください。

この記事をはてなブックマークに追加

さあこれからだ

2006年12月21日 | Weblog
臨時国会が閉会となった。安倍政権にとって初の舞台だったが、タウンミーティングなどの問題はあったもののまずは無難にこなし、マスコミが反復党キャンペーンで騒ぎまくってる間に?教育基本法や防衛省への格上げ法案がスルスルと通ってしまった感じ。それにしても野党の対応はひどかった。賛成なのか反対なのかはっきりしない。挙げ足とりや参院選対策ばかり言わないできちんと対案を出して野党としての存在感を示し責任を果たすべきだと思う。やっぱり右から左といれば仕方ないのかな。来年度予算の内示も始まった。安倍カラーをしっかり出して着実に政策を推進していけば支持率も必ず上がってくる。教育改革を柱に、国土だけでなく心も美しい国をぜひ創って欲しいしそのために私も全力を捧げていきます!

この記事をはてなブックマークに追加

ほっと一息

2006年12月08日 | Weblog
慌ただしかった今週も早や週末、今は新幹線の中です。朝早い党の勉強会にも顔を出し本会議では議席も変わって自民党席の後ろから三分の一ぐらいのところに座っています。古参の議員ほど後ろの方なので自分もかなりのベテランになってきたんだな、と感慨も新に古巣に帰ってきた実感をかみしめています。小泉総理や森総理にも挨拶しました。ニコリと笑って、おお おおっよかったなしっかり頼むぞ、と激励いただきました。皆さんお帰りなさい、と暖かい言葉で迎えていただいた安倍総理には勿論心から感謝してますが元総理の言葉や多くの議員から大変だったなあ、とか胸張ってやれよ、とねぎらいや歓迎を頂き、苦しかったこの一年の労苦が吹っ飛ぶ思いがしました。同時に、国会議員として言うべきことやるべきことをすればそれなりに評価もしてもらってるんだなとも思いました。恩讐を越えて、という言葉がありますが厳しい状況の中で支えてくださった皆様に改めて感謝申し上げ、落選中の同志の一日も早い復党に向け汗を流しつつ貴重?な体験と評価を無駄にすることなく頑張って参ります。以下この続きはは次回のお便りまでお待ちください。

この記事をはてなブックマークに追加

よろしくお願いします

2006年12月05日 | Weblog
12月4日をもって自由民主党に復党させていただきました。
この間ご激励を賜りお支えいただいた皆様方や厳しい状況の中で決断していただいた安倍総裁はじめ党関係の方に心より感謝し厚く御礼申し上げます。
復党に際しましては誓約書の提出を求められました。
その主な内容は①党規党則の遵守 ②党公認候補と争った総選挙の総括 ③郵政民営化実現への協力です。
復党反対の声の主な根拠となっている③については、法案への反対票を投じたのは議会を中心とした地元の皆様の意見の発現と自分自身JR民営化を実現してきた者として3事業分割や手順に修正を求めてきたためでした。
しかし、総選挙での国民の皆様の総意として決まった以上はそれに従うのが民主主義のルールであり、よき民営化実現のために努力して参ります。
今や郵政以外にも多くの国民的課題がありそれらの解決のためには何と言っても政権与党内での政策づくりとその着実な推進が必須であり、私を送り出してくれた方々も思いは同じであると思います。そのようなご期待に応えこれまで以上に国家国民のために全身全霊を上げて参ります。どうか今後ともよろしくご指導ご鞭撻賜りますよう衷心よりお願い申し上げます。
尚、これから折りにふれ、この激動の2年間での政界体験談をお伝えして参ります。

この記事をはてなブックマークに追加