今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国は一人をもって興り一人を・・

2011年05月26日 | Weblog
かねてより指摘していたとうり、やはり福島原発はメルトダウンしており政府の注水指示の不手際等によるものであることが明らかになってきました。菅総理に対する批判や退陣を求める動きも、野党のみならず民主党の中でも激しくなっています。西岡参院議長による辞任要求発言や、小泉進次郎衆院議員の良きライバルで新進気鋭の横粂衆院議員の離党にまで広がり、多くの議員連盟が発足しています。被災地対策の遅さ貧弱さや、原発対応に関するウソの塗り固めの発覚に国家の危機を覚える議員が激増しているということです。もちろん総理べったりのごますり議員もいます。菅総理自身は総理の座を追われる恐怖感にとらわれ、人気取りのパフォーマンスに頼り、それが更に無理な政策アピールとなって政権の首を絞めることとなっています。国家危急の時にリーダーを代えるのはどうか、という声もありますが、ダメなものはダメ!そうしないと国家国民が皆沈んでいきます。とにかく甘言やウソをついて政権を維持し国民を騙す政治や議員は絶対に許してはならない、苦しくとも真実
を述べその苦難を乗り越える為の政治の実行協力を真摯にお願いしていかねばならない、と思います。かなりの国民の皆様が菅政権の中身にやっと気がつき、不安と不信が充満し始めたようです。先日は年金受給者の集会が国会前で行われていました。以前は自民党批判を繰り返していたのに今や激しい政府年金改悪案批判に変わっています。騙された!との怒りが倍旧になって津波のように押し寄せている感じがします。「国は一人をもって興り一人をもって滅ぶ」中国の古典より。

この記事をはてなブックマークに追加

早急に徹底的に安全対策再検証を

2011年05月15日 | Weblog
福島原発1号基が溶融していたこと、大量高濃度の汚染水が地下に溜まっていることがやっと明らかにされました。2、3号基もその恐れがあります。国民は菅内閣の情報管理の狡猾さを見抜かなければなりません。先日、ジャーナリストで北朝鮮問題等で活躍されてる青山繁晴氏の話を聞きました。空からではなく自ら原発現場に踏み込んで目にしたショッキングな内容でした。津波でやられたのではなく地震の揺れで配管の取付け箇所等が緩み傷つき水漏れして空焚き状態になったのではないか、その証拠に原子炉格納棟の開いた入口にトラックがほぼ無傷で放置されていた、ひどく壊れていたタービン建屋は海との間に位置しておりむしろ津波に対して楯の役割を果たしたのではないか、ということでした。原子力安全保安院が了とし報告した緊急安全対策で本当に大丈夫なのか?ちなみに事故の際の最後の手段である水の注入ですが、確保すべき水量は果たして十分なのか。貯水池らしいものを準備しているのは北陸電力と九州電力だけ、他はわずかな貯水タンクと海水が頼りと
いう状況です。停めれば安全という浜岡の処置に騙されてはいけない、停めても冷却水が回らなければ核燃料の発熱により水素爆発等を起こす危険があります。騒がれてる海溝型地震だけでなく安全と云われる大陸プレートに乗ってるのに死者八万人もの大震災が起きた中国四川省の例もあります。とにかく日に夜を次いで全原発で改めて早急に徹底的に再点検を行い然るべき安全対策を講じなければ!

この記事をはてなブックマークに追加

原発なしでの日本存立は?

2011年05月11日 | Weblog
連休明けの今日、国会の合間をぬって雨降る被災地へのボランティア活動に仙台まで行きました。最近の現場の課題を皮膚感覚で把握すべく、迷惑かけたり手間を取らせないよう寝袋や食料等も準備して。しかしながら現地の対応が極めて官僚的で目的地まで行くことも出来ず結局引き返すことに。有り難迷惑なのでしょうか、ならばどうぞ自力で復旧を、との醒めた気持ちになってしまいました。もしかしたら同じ思いをさせられた方もいるのかも知れません。さて浜岡原発の運転停止が決まりました。今後30年間に84パーセントの確率で大地震発生の可能性があるとの報告書に基づくものですが、皮肉なことに1月に出されたこの報告書では福島原発についてはゼロ若しくは0、6パーセントとの記述がされていました。ということは浜岡に限らず全ての原発が福島と同じかそれ以上の危険性を有しているということであり、直ちに運転停止を決断せねばならないということになります。こんないい加減な報告書を基に浜岡原発停止を決めていいのか。既に全国に54
基ある原発の42基が今夏稼働出来なくなるとも云われており、深刻な電力不足が生じ産業や生活に大きな影響が生じます。そこまで考えての決断なのか極めて疑問であり、菅内閣支持率回復のパフォーマンスではないのか、そんなものに騙されてはいけないと思います。今までとは考え方を転換し、原発の危険を認識しつつ如何に安全対策を確立していくか、との全知全能を傾けての前向きの闘いに挑むべきではないでしょうか、勿論省エネや自然エネルギー開発にも大車輪で取り組みつつ。世界的大競争の時代、ものづくり無くして我が国の存立は有り得ません。

この記事をはてなブックマークに追加

5月になって

2011年05月05日 | Weblog
統一地方選も終わり震災復旧第一次補正予算も成立、石破政調会長と共に3日4日と東北被災地に行きました。お蔭さまで選挙はほぼ完勝、ご支援に心から感謝申し上げご期待に沿うようしっかりと頑張って参ります。補正予算は喫緊の課題であり、やむを得ず賛成しましたが、財源に年金積み立ての資金を流用したことには反対です。年金の将来不安を人質にした大増税を目論む財務官僚の意図が見え見えであり、それよりも先ずは高い公務員給与等を始めもっと無駄な予算を削るべきです。民主党政権の黒幕が財務省を始めとする霞ヶ関高級官僚やそのOBだということに国民もやっと気がついて来たような気もします。よくも騙してくれたな!という反発が地方選にも出たのでしょう、落選された民主党支援の候補者にはお気の毒でした。被災地に行って被害のひどさに本当に驚きました。百聞は一見にしかず、とはまさにこのことでしょう。そして涙と怒りもこみ上げて来ました。もう50日も経つのに体育館の避難所では未だに雑魚寝、朝食がコッペパン一個、夕食も
極めて質素、足りない分を自分で買い足して、という状況でした。体育館に泊まり込んだ政調会長も「とにかく寒くて寝れなかった」と。マスコミではとかく原発対応のみが取り上げられる今日、取り残された感じが強く本当に可哀想でした。なぜもっとテキパキと対応が出来ないのか、もっともっと現場第一主義で取り組んであげねばならない、と痛感しました。自衛隊の皆さんはよく頑張っていました、心から感謝いたします。こんな立派な自衛隊を暴力装置と呼んだ閣僚がいたことに改めて怒りを感じています。北上川河口から5キロも上った、まさかと思われる所で多くの小学生が亡くなった現場にも行きました。橋のトラス上部を越した凄まじい津波だったとのこと。小学三年生と一年生の可愛い子供さんを亡くされた若い農家のお父様とも橋のたもとでお会いしました。つい先日やっと遺体が見つかりました、と話された時には涙が溢れて止まりませんでした。もはや今の政権には任せられない、との思いを新たにし、自分なりに全力を挙げて一日も早い被災者の救援と復旧復興を
実現します!

この記事をはてなブックマークに追加