今村雅弘活動日記

衆議院議員今村雅弘のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

びっくりしました

2007年02月28日 | Weblog
昨日モンゴル大統領を国会にお迎えし演説をお聞きした。不安定な北東アジアの有力な親日国として今後ともしっかりした友好関係を維持していかねばならない。了った後、本会議場を退出する者で混雑するなか、後ろから突つく人がいたので振り向いたところナントナント安倍総理だった。にっこり笑って先に行かれたがびっくりしたし有り難かった。最近支持率が下がり気味でこちらこそ激励しなければならないのにしっかりやってますかという感じで総理からまさか励ましの笑顔をもらうとは!総理についてはとかくタカ派というイメージが強いが私の知るかぎりでは違う。きわめて心優しく正義感の強い人だと思っている、だからこそ拉致問題で頑張っている。あのような不条理は絶対に許せない、何とかしてあげねば、ということが行動の原点だ。復党についても、国民の代表として発言し行動することや少数意見が圧殺されるべきではない、との思いからいじめにも近いマスコミの逆風の中で踏み切っていただいた。政治のプロから見れば青臭くて物足りないのかも知れないが側近が人
柄やひたむきさをもっとアピールしてあげるべきだ。人となりを知ってもらえば必ずじわりと本物の支持が湧いてくると信じている。弱肉強食の殺伐とした今の世の中、政治だけは優しくありたいものだ!

この記事をはてなブックマークに追加

隠し味

2007年02月23日 | Weblog
復党して昔のペースに戻ってきました。朝八時前に党本部に着き、朝食を5分で平らげてから各部会で各省から出される予算や法案原案等に注文をつけて修正させたり、有志議員団の各種活動の支援をしたりで慌ただしい時間がすぎます。不思議なことに家にいるとあまり朝食を食べる気にはなりませんが、テーブルにずらりと並べられた箱弁当には何故かすぐ手が出ます。食事は大勢で食べる方がおいしいといわれますがまさにそのとうりです。 餌を奪われまいとする動物的本能が働くせいなのかな。政策が与党の朝で創られそれを支えるエネルギー源がこの箱弁当かと思うと医食同源ならぬ政食同源、農は国の本なり、を実感します。ちなみにメニューは殆ど変わらず、丼飯に海苔と味噌汁、卵、魚煮付け、冷ややっこ、ひじきに野菜煮といったところが定番 、昼はほとんどカレーライスです。何故なら人数に応じて出すのも簡単だし年季の入ったルーの味はなかなかのもの、時代を通り過ぎていった多くの自民党政治家の汗と涙、ついでに笑いと怒号による唾液も?が隠し味か
。いずれにしろ胃袋が丈夫でないと政治家務まらない!

この記事をはてなブックマークに追加

ヤマは越した

2007年02月13日 | Weblog
今日から野党首脳の質問による予算委員会が本格化。しかしながら看板倒れ全くの期待外れで多くの国民はがっかりしただろうし閣僚はホッとしただろう。菅副代表に至っては追求の元になる資料がいい加減で恥かいてしまった。昔であればスタッフは切腹ものだろうがこちらも恥知らずなんだろう。 昨年の今頃はメール事件で大騒ぎだった。あれに懲りてしまったのか、それとも小沢不動産の件で逆襲されるのが怖いのかな。いずれにしろ当分は安倍政権は安泰か、腰を据えて着実に政策を実行していくことで信頼感を高めていけばいい。さあこちらは勉強!勉強!

この記事をはてなブックマークに追加

口の悪い先輩の居ること!

2007年02月07日 | Weblog
愛知北九州の選挙も終わった。予想どうりの結果とは思うが柳沢発言の影響は大きかったという感じがする。今日から野党様も国会審議に参加、さすがにこれ以上は頑張れないのだろうがいかにも選挙のための審議拒否だったということが露骨に判ってみっともない。さてそれはさておき私も今週から党の勉強会に本格的に復帰、発言も開始した。朝八時前に席に着いて箱弁当を平らげさあ始まり始まり!役所の説明終わったあとおもむろに挙手し、しばらく島流しにあっておりまして少しボケておるかもしれませんが・・と言ったところ、すかさず、自分から行ったんじゃないのか?との委員長の強烈なエール、これにはマイッタネ。一同大笑い、まずは賑やかに迎えてもらいました。明日朝もこれからもしっかりモノを言いガンバッテまいります!皆様に感謝感謝。

この記事をはてなブックマークに追加

君子危うきに近寄らず

2007年02月01日 | Weblog
柳沢厚労相の発言が国会審議を止めている。少子化対策として是非とも女性に頑張って欲しいとの思いからだったのだろうが喩が悪すぎた。機械に喩られれば女性は怒るのは当たり前だろう。元大蔵省のエリート官僚だったため定量的な感覚や潜んでいる優越感がつい出てしまったのかな?大臣の女性観が垣間見られたような印象もあり単なる失言では済まないのかも知れない。それにしても政治家の言葉は重い、特にマスコミにかかると単語が一人歩きさせられてしまい一色に塗り潰されてしまう。折角の補正予算だから一時休戦して改めてこの件で女性議員オンパレードで満足いくまで追求してその戦利品として大幅な女性のための予算を獲得したらどうだろう。オット待ったそんなこと言ったらまたまた金で片付けようというのか、ときついお叱りを受けるかも。 おとなしくしとこ!

この記事をはてなブックマークに追加