サポート&パートナー(吉祥寺/宇部)のブログです

あなたの「なりたい自分」になることを叶える、サポート&パートナーのブログです

八月の身体

2020-08-03 11:09:00 | 季節の身体
長い梅雨が終わりようやく暑い夏がやってきました。
70年の観測史上初めて、台風のない七月だったようですが、今月に入って早速二つ発生しています。

日頃は健康に自信があると自負していた人たちも、新型コロナ肺炎(武漢肺炎)には対処できず、心が萎縮してしまっている人も多いようですが、“健康”とは何かを改めて考えるには良い機会だと思います。

今から約160年前、当時まだ原因も治療法も判らなかったコレラが日本にやってきました。
種痘を普及させることに尽力した緒方洪庵等が、またも収束に努力しました。 
世界中の状況や情報がすぐに手に入る現代とは比べようもありませんが、治療法が確立していなかった事は、現代と同じです。
ヨーロッパでは多少効果のあったらしい方法も、日本では効果がなかったようです。
当時は当時なりの風評被害や過敏な反応がおそらくあったのでしょう。
これから先も、いつなんどき訳のわからない疫病などがまた流行しないとも限りませんし、多分また同様のことが起こるのでしょう。
頭を過敏にせず、まずは呼吸を静かに整えて、落ち着いて対処したいものです。

またついでに、利点ばかりが強調されがちな5Gについても、電磁飯による身体への害も考えるべきです。
スイスなど安全性に問題があるとして導入していない国がいくつもあり、また健康被害が多くなりそうで割りに合わないということで、ロイズなどは5Gによる被害を保険の対象から外しています。

コロナの影響でジムなども行かなくなり、また学校のクラブ活動なども制限され、汗をかく量が減っている事は残念なことです。
熱くなり汗をかく時期になれば元気になる七種や八種の捻れ体癖の人も、運動の制限される社会状況は辛いものです。

八月は、頭を使うことが好きで頭がよく働く、一種や二種の上下体癖の人は、血行障害に注意すべき時期です。
八月の終わり頃になると、H5(頭部第五)が横に広がり、集中できなくなります。
H5を調整し、さらに頭部全体を調整します。
またH2(頭部第二)からH3(頭部第三)にかけて、左右で高さが違ってくることが多くなるので、よく観察します。
寒い時期とは逆で、高い方を愉気して広げ、左右を均等にすることで、頭がよりノーマルに働くようになります。

腰部活点を操法すべき時期ですが、呼吸活点を使う場合はダブらないようにします。

汗をかく事は良い事ですが、背中が汗で濡れたまま冷房や風で冷やさないよう注意が必要です。
汗の内攻で、眠くなったりだるくなったりする元になります。
不注意に冷やしやすいのは首や肘ですが、首の冷えは頭部の血行不良や頭痛、また肘の冷えは頭がうまく働かない原因になります。
“八月の身体”は、本来食欲が出るのが正常で、エアコンの中で涼しく過ごすばかりより、多少『暑さの中で過ごしたい』と感じるのが正常です。
適度に動き、汗をかいて快適に過ごしましょう。
コメント

武漢コロナと6月の身体

2020-06-06 19:15:00 | 季節の身体
新型コロナ肺炎で、街の風景は一変しましたが、『こんな状態がいつまで続くのだろう?』というのが、誰しもの共通の思いではないでしょうか?

昔から「無病で育った子供は弱い」と云いますが、風邪をひいたり、ちょっと熱を出したり、小さな怪我をしたり…と、多少は鍛えられた方が、結局は丈夫になるということです。

この先ずっとコロナ肺炎ウィルスや、その他の病原菌に接触しないなどという事は不可能です。
そもそも今現在でも、多種多様な細菌やウィルスに日々触れている事は間違いありません。

要はその細菌やウィルスに体が侵されなければ良いわけで、体調が良い状態で、細菌やウィルス、またその感染者に時々は接触することで、鍛えられ、さらに免疫力を強めることが、現実的で最良の策かなと思います。
心理的に怯えて浅い呼吸になり、まるでこの先もずっと“無菌室”状態でいたいなどと、現実離れしたことを望む事は、むしろ逆効果ではないかなと思われます。

SARSにMARS、そして今回の新型コロナ肺炎で終わりではありません。
武漢コロナウィルスの変異型や、別の何かがまた必ず発生するという前提で、どう対処すべきかを考えた方が良さそうです。

体調がすぐれなかったり持病があったりという、リスクの高い人は別として、睡眠や食事に気をつけ疲労をためないようにして、あまり神経質にならず、前向きな気持ちで日々を過ごすことが、こんな時期を乗り切ることにつながると思います。

6月になっても暑い日が続いていますが、井の頭公園の紫陽花も見頃になってきました。
先月25日の宇部市の常盤公園は、菖蒲が半分くらい咲いていましたが、紫陽花はこれからという状態でした。
2週間近く経った今は、だいぶ見頃になっているのではないでしょうか?
紫陽花には雨(や蝸牛)が必要ですが、もう少しで梅雨になりそうです。

梅雨の時期の体の特徴として、H5(頭部第五)の下がりや、D7(胸椎七番)の凹がありますが、D9(胸椎九番)に力がないと、湿気に弱くなる傾向があります。
D5の下りは頭を鈍らせますし、D7の凹は体調不良やだるさの元になります。

この時期を快適に過ごすために大事な事は、汗をかく事ですが、室内ではクーラーがあるのが普通なので、その汗で特に首を冷やさないよう注意が必要です。
うっかり冷やしてしまった時は、電子レンジ等で蒸しタオルを作り、何度も当ててしばらく温めるのが、入浴よりも効果的です。
コメント

お弟子さんへの返信

2020-05-06 08:16:00 | 武漢コロナウィルス
皆さんお元気で何よりです!

3月まではわずかの影響で済みましたが、4月に入って一気にキャンセルが増えました。
宇部市でも自転車で10分かからない藤山町の、40代の男性教員が、(同じ山口県内の)防府の教員の人と一緒に、熊本で感染したようです。

藤山の人は独身で、また職場にも感染者はいないようですが、皆過剰に反応して、怯えているような状態です。

それで近所の飲食店は皆店を閉めたり、宇部の商店街辺りまで影響が広がりました。
ご存知のリモージュは夕方3時で店を閉め、「よろず(いか本陣)」は、休店しています。
スナックなども、閉めているか、それに近い状態のところが多いようです。

私は東京では仕事は半減しましたが、宇部は4分の1ほどです。
4月の売り上げは、前年同月比で50%を僅かに超えましたが、5月の売り上げが50%を切れば、例の100万円の給付金を申請するつもりです。

ただ、半年凌げれば、武漢コロナウィルスをむしろ有利に利用できる手段があるので、そのスキルを身に付けることを第一に、いろいろ算段を組んでいます。

以下は、「整体メルマガ」の一部です。

世界中がコロナ問題で揺れていますが、欧米に比べて規制のゆるい日本で、なぜ感染者や死亡者が少ないのか、いくつかの理由が挙がっています。

コロナウイルスの真実。なぜ日本人は強いのか? 医療ジャーナリストに学ぶ
https://youtu.be/y0xv-ixgYhA

以下の2つの動画では、共通した論点があり、それは“BCG接種をしている国では、明らかに感染者も死亡者も少ない”ということです。
他の論点と併せて、ご覧いただければと思います。

(1) 特番『いつまでやるのか?緊急事態宣言』ゲスト:㈱アゴラ研究所代表 池田信夫氏氏

( 私は幸福実現党とは何の関係もありませんが、以下の解説はわかりやすく、説得力があると思います )
(2) 自粛解除で、感染爆発が起こるのか?  及川幸久[言論チャンネル]

ところで最近話題の5Gは、良い面が多く強調されていますが、実は健康への悪影響が懸念されています。

5Gの危険性!なぜ導入を禁止する国があるのか?
https://youtu.be/YGAK6lA3zEg

メルマガからの抜粋は以上ですが、先に述べたスキルを守備よく身に付けることができれば、また連絡しましょう。
コメント

コロナ禍を救う【イネイト活性療法】

2020-05-03 12:29:00 | 新型コロナウィルス
 世界中がコロナ問題で揺れていますが、欧米に比べて規制のゆるい日本で、なぜ感染者や死亡者が少ないのか、先ほど投稿した「BCG接種の有無との関連」の他にも、いくつかの理由が挙がっています。

コロナウイルスの真実。なぜ日本人は強いのか?医療ジャーナリストに学ぶ
https://youtu.be/y0xv-ixgYhA

また先日ご紹介した【イネイト活性療法】ですが、これは、まるでマジックのような不思議な療術です。
検査法も治療法も一切の道具を使わないので、なぜ可能なのか『???』で、「これってSFですか?」と言われそうですし、「悪い冗談はやめてくれ!」と言われても、「そう云われるのも、ご尤もです」としか言えません。

【イネイト活性療法】2015年、初公開の動画
https://youtu.be/_Aj2uvq5E30

然しもしあなたが、『でも、事実は小説より奇なりって言うからな』と思われるのなら、そして興味を抑え切れないのなら、以下の説明会に申し込んでみては如何でしょうか?

もっと詳しいことが分かりますし、特典としていくつかの動画が送られてきますから、それらを視聴することができます。
( 私はもちろん、説明会の開催者とは何の関係もありません )
第6期セミナー案内&申し込みのURL(後半に受講生数人の動画あり)
https://gyoretsuacademy.jp/60chiryou/thanks5

3月中旬の、日本橋での説明会の会場で、会が終わったあと、豊田さんと話をするために、1つずつ前の椅子に移動しながら順番を待っていた時、第1期か2期の卒業生で、仕事は治療家ですという、若い男性と話をしました。
私が長年野口整体を行なってきたことを話すと、(豊田さん自身も野口整体を行なっているときに、ある奇妙な体験をきっかけにして、このイネイト活性療法を創り出すに至ったので)その後は話が弾みました。
そして話の途中で、こう言われたのです。
「もし他所でこんなことを言えば、頭がオカシいと思われるので言いませんが、僕は目の前の人がコロナ肺炎に感染しているかどうかが判ります。今日もこの会場に来るときに電車に乗ってきましたが、その車両に感染者は1人もいませんでした。でも先日帰った田舎では、子供が4人ほど感染していました」

聞いた私は驚きました!

その男性のイネイト活性療法の習熟度のレベルは、中級以上かなと思いましたが、目の前の人が細菌やウィルスに感染しているか否かが判り、さらにその除去もできるようです。

しかし今これを読んでいるあなたは、多分この話をとても信じられないのではないでしょうか?
実際に説明会の場で、豊田さんの手技をご自分の目で確かめ、さらに特典として送られて来るいくつかの動画を視聴して…いや、それでもなお“半信半疑”であろうかと思います。
それほどにこの手技は、これまでの医療の常識を、根底から変えるものです!!

【イネイト活性療法】の創始者である豊田 竜大(りょうた)さんですが、その二冊目の著書「根本治癒! 脳が教えてくれる『見えないトラブル』」の中で、よく云われる電磁波の危険性について、警鐘を鳴らしています。
良い面ばかりが強調されがちな5Gですが、健康への悪影響は想像以上に大きいようで、規制のない普及が懸念されています。

5Gの危険性!なぜ導入を禁止する国があるのか?
https://youtu.be/YGAK6lA3zEg

コロナウィルスに対してあまり神経質になり過ぎて、昂じて怯えるようなことでは、何事も上手くいくはずはありません。
趣味や軽い運動でリラックスしたり、深呼吸や活元運動などをして、まずは深い呼吸をすることです。
それは免疫力を上げることにも繋がります。
コメント

新型コロナ肺炎とBCG接種

2020-05-03 12:13:00 | 新型コロナウィルス
以下の2つの動画では、共通した論点があり、それは“BCG接種をしている国では、明らかに感染者も死亡者も少ない”ということです。
他の論点と併せて、ご覧いただければと思います。

(1) 特番『いつまでやるのか?緊急事態宣言』ゲスト:㈱アゴラ研究所代表 池田信夫氏氏

( 私は幸福実現党とは何の関係もありませんが、以下の解説はわかりやすく、説得力があると思います )
(2) 自主解除で、感染爆発が起こるのか?  及川幸久[言論チャンネル]
コメント