怠るな!

残しておきたいことと残しておいてはいけないこと

俳句は詩……

2020年06月30日 05時16分38秒 | 俳句
俳句は詩である

アカシアの雨が降る六月十五日
こんなのや
アカシアの雨は六月十五日
こんなのは

詩ではないだろう
詩の感動も余韻も感じられない

いくら、
1960年に、日米安保が強行採決され、それに反対する全学連が国会へデモをし、当時東大生の樺美智子さんがころされて、その年に鎮魂歌のように西田佐知子さんが「アカシアの雨」を歌いそれがヒットしたことがあったとしても

アカシアの雨は六月十五日

これではただの五七五だ

梅雨入りや思い起こせし六十年
梅雨の入り思い起こせや十五日

これではどうだろう❔
四時半に目が覚めて夢の続き……

今日は雨……

昨日、平安神宮神苑にいって一人吟行してきた
コメント   この記事についてブログを書く
« あなたなら、どーする? | トップ | 今日から七月今年も後半分…… »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

俳句」カテゴリの最新記事