青森県津軽りんご通販(ヤマサンりんご園)-ブログ

青森県津軽からりんご、りんごジュースを通販(ヤマサンりんご園から、減農薬りんごの最新情報などをご提供します)

雪、雪、雪・・・いったい何時まで続くんだ~!!

2012-01-30 23:14:03 | Weblog

久しぶりの投稿です。ここのところズ~ッと真冬日で毎日雪が降り続きまた積雪が1mオーバーです。本当にこの天気異常としか言いようがありません。

畑に出て積雪を測ってみれば1m5cmにまで達していた。わい化の枝がかなり雪に埋もれてしまっています。雪害とネズミの被害が心配です・・・。

久しぶりに家の裏の畑に出てみる。雪は締まっていていてあまり足が取られないで意外に歩きやすい。こちらは今のところ樹に雪があまり乗っかっていないので今のところ雪降ろしするまでいかない。剪定はまだ出来ない状態でその前に家のまわりの雪をどうにかしなくては・・・。この寒気2月4日頃まで続きそうでホントに早く回復してもらいたいものだ。
コメント

ひと足早い春・・・

2012-01-25 23:40:09 | Weblog

外は今日も気温が低く寒い日が続いています。今朝も雪片解けで一日が始まりました・・・。家の中では花瓶に差した啓翁桜が3日前から咲き始め今朝見たら満開です

薄いピンクの小さな花でひと足早い春が感じられます。畑の隅に植えてあるものでたまに切り取って花瓶に差して津軽の厳しい冬ですがこの様に楽しむ事もまたいいものです・・・。

作業ですが今日は出荷するりんご(ジョナゴールド)を選果してパックに詰めそして箱詰です。関西方面に出荷します。これからまた天気が良くなれば畑に出て本格的に剪定していきたいと思います。
コメント

消雪剤を散布

2012-01-21 20:58:22 | Weblog

天気が回復してから今日で5日目になります。なんか天気は下り坂で朝からズ~ッと曇り空です。1m以上あった積雪もかなり減って80cmを切ったようだ。

そうなると雪をかぶったりんごの枝が雪が下がると引っ張られて折れたり裂けたりする雪害が発生する。わい化の樹は特にだ・・・。

本当はもう少し早くやっていればよかったのに今日消雪剤を散布する。消雪剤で雪に色が着けば太陽の熱を吸収してその部分は早く解け、枝のまわりの雪がザラメ雪状になって引っ張る力を緩めるので効果的である。実はこの消雪剤は発酵鶏糞なのだ。撒けば雪の色が焦げ茶色になるので解けやすいのと価格が安く土壌改良剤なので少しですが土にも良いと思う。

このように雪に色が着く程度に上に向けて粉をまき散らすように散布する。

少し色が着くように薄く撒くので少ない量でOK!この位で良いと思う。あとはお日様がでてくれれば完璧です。

わい化の畑を撒き終わった時にはようやくお日様が出てきた(^^)。でも、日が傾いてきた時間帯なのであまり御利益が無いかも・・・。

わい化が終わったら丸葉の若木を中心に散布する。この樹も随分枝が隠れている。結構吹き溜まりがあるのでヤバい所があるので急いでやる。なんか明日からまた雪で気温が低く大雪になる予報でちょっと心配ですが寒気が抜けて天気がまた回復したらもう一度散布したいと思います。まあ、やらないよりはましなので少しでも被害にならないように祈りたいと思います・・・。

コメント (1)

この冬一番の寒さ

2012-01-20 22:12:34 | Weblog

今朝は非常にしばれました。あとで分った事ですが-9℃まで下がったそうでりんご園を見てみると枝が真っ白になっていたので裏の畑へ・・・。今日も天気が良く東を眺めると日の出前の空がきれいだ。

畑まですぐで歩いてみると雪が固くとても歩きやすい着いて数分で日の出だ・・・。なんか得したような気分だ。や~それにしても凄い冷え込みだ。娘の乗用車にあったミカンが冷凍ミカンになっていたそうでこの冬一番の・・・といっても本格的な寒さはこれからだよな~・・・。

岩木山が久しぶりにクッキリ見えていた。少し雲があったけれどもこれもまたいい・・・。

りんごの枝が凍りついて薄っすらと白くなっていた。

近くで見ると枝に朝日があたってキラキラと結晶が輝いて幻想的だ。剪定はまだ本格的にエンジンが掛からない状態で午後には用事で出かけたりなんかしてホント用事がある時は不思議にも天気が良いのは悔しいよな・・・。それで、仕事しよう・・・となると大雪や吹雪になったりするからね・・・。まあ、農家はこんなもんだよな・・・。
コメント

久しぶりに晴れる(^O^)/

2012-01-18 19:15:04 | Weblog

今朝起きて雪が積もっていない事がうれしかった(^^)。久しぶりのお日様が見れたような気がする。そして、青空と雪の岩木山を眺めれれてとても気分が良い。1m積もった雪はしまっていて歩いてもあまり足を取られない。剪定には丁度良い日だ。紫外線がかなり強いので日焼け止めクリームを塗って畑へ出勤です。剪定始めて間もないので樹をじっくり見てマイペースでいきます・・・。

積雪が多いので梯子を使う所が少なく伸びあがって済む所が多い。

先ずは大きい枝から切り落とす。1本の樹に大きい枝は何本も必要無い。必要なのは細かい枝でそれは場所を取らず沢山配置出来るからだ。りんご葉隠れ論語にもあるように「りんごは枝に成るものなり・・・」である。だから思い切って空間を空ける。この大きい枝は南側に向かって伸びていてその先の枝に日が当らなくなるので切り落とす。細かい成り枝が多く着いている事が大枝を切り落とす条件である。

剪定し終わって空間ができてスッキリです。でも結構小枝は残したつもりですが・・・。今日は何本も剪定できませんでしたがこの天気長く続いて欲しいものです。
コメント (3)

ようやく冬型一休み?

2012-01-17 22:01:54 | Weblog

今朝は雪が少し降った程度で雪片付けしなくて良かった(^^)。や~久しぶりに朝ゆったり出来ました。でも午前中は湿った雪は降っていて午後は止んでいたので雪藪をこいでりんご園に直行です。今年は近年になく雪の量が多く測ってみれば1mは超えていた。ただ幸いなことにりんごの樹にはあまり雪が乗っかっていなくりんごの樹の雪降ろしをしなくても良かった事だ。他の地域ではかなり雪が乗っかってひどい所では雪の重みで枝が折れたりしている所があるそうです。我が地区は吹雪が強いのでりんごに雪が乗っかる前に風で吹き飛ばされているのが幸いして大丈夫な所です。久しぶりに畑にでると気持ちが良い・・・。今日の午後3時から用事があるのでそれまでにじっくり樹を眺めて1本今年・・・というよりも今シーズン最初の剪定をやる。

雪がこんなに積もったので梯子がほとんどいらない状態だ。高い所のみ5尺の剪定用の梯子で大丈夫だ。

久しぶりに本人登場です!最初の1本は早生種の「つがる」の樹を剪定する。剪定する前に2周樹のまわりをまわって大枝の切り落とすところを見極める。私は今年の事よりも隣の樹とぶつかりそうになる前に空間を空けるようにしている。と言ってもその前にいかに小枝、頂芽数を増やしているか。あとはその空いた空間にいかになり枝を配置するか。頂芽数が少ないのに大きい枝を切り落とすと必ず樹がバランスを崩す。地上部と地下部のバランスがとれているかどうかである。いかに頂芽数を多くするか。それは切らずに様子を見ることだ。それが素質が良い枝が増えて枝を選抜出来ると思う。素質のと良いものを育てる前に形を作っては良い結果にならない・・・。なんていっても毎年の事だがりんごの作業している時には必ず作業がしにくい事など妻と喧嘩になる(^_^;)。自分では樹のバランスと更新する枝の事を考えてやっている事なのだが・・・。やっぱり作業するのはかあちゃんなんだよな~・・・。このバランスが一番大事か・・・。この道究めるにはこの兼ね合いがカギになる。明日から天気が回復しそうなので、じっくり考えてゆっくり急ごう・・・。
コメント

ふじの準原木の剪定会

2012-01-15 23:04:15 | Weblog
今朝も積もっていました。今日も雪片付けで1日の始まりです。本当に毎日毎日嫌になってきます。とりあえず入り口と玄関前と車庫の前を片付けて今年も出かけました・・・。今日は弘前市りんご公園にあるふじの準原木の剪定会が行われるので近くの若げ者連れて勉強に行って来ました。りんご公園に向かっている途中に雲行きが怪しくなって吹雪いてきたのですが剪定会の時間になると不思議な事に雪が止んで時折お日様が顔を出すと言った絶好の剪定会日和となりました。

今年もこの準原木の剪定を見に来ました。昨年も書いたのですが、このふじの準原木はふじの育ての親、故斎藤昌美氏のりんご園にある60歳になった樹を平成19年の11月にここに移植したものです。準原木とは昭和20年代に藤崎町にあった当時の農林園芸試験場東北支場で育成されたふじを昭和33年に斎藤昌美氏が原木から穂木を譲り受けました。当時栽培しにくい品種でありましたが氏の努力と研究により栽培技術が確立されました。そして、そこから、穂木が多くのりんご生産者に配布され接ぎ木されてふじが普及され今日に至っているということです。今では世界のふじと言われる位メジャーになった基となった貴重な1本です。年々枝の量が増えてきて樹勢も強くなってきたのですがまだまだ成り枝の数が少ないです。樹の勢いが良くなったので徐々に本来の姿に近づいてきたように思えます。

剪定会が時間通り始まりました。剪定をしている人は私が1年に何回かおじゃまして勉強させてもらっているS氏です。2人の助手がいて成り枝が増えるようにS氏が采配をふるって枝を切り落としていった。成り枝の量が増えるように徒長枝(幹から直接出る枝で勢いが強すぎて素質が良くない枝)も利用して根と枝のバランスをとっている。残す枝にお日様が当たるようにすることと空間にいかに枝を置くようにしている事が伝わってきた。

残す枝に対してお日様を遮る枝を切り落としてその後の仕上げの鋏入れは講師であるS氏がやって剪定が終了した。

剪定し終わった準原木です。年々花芽が着いた枝が増えてきているようで毎年見るのが楽しみです。帰りにこの準原木の剪定した枝を分けてもらいました。春に台木に接ぎ木してみようと思います。この樹の生命力のパワーを頂いたような気がします。これから我が家のりんご園の剪定するのですがまた少し勉強になりました。斎藤昌美顕彰会のみなさんありがとうございました! 
コメント

今日も真冬日・・・

2012-01-14 17:41:12 | Weblog

久々の投稿です。毎日が雪降りで気温が低く真冬日が続いています。今日の最高気温は-4℃でした。ホント、何時になったら治まってくれるのでしょうか・・・。今日は雪片付けの合間にりんご支会の支会長の仕事・・・我が家に「りんごニュース」が届いたので分配して役員宅に届けて各支会員宅に配達してもらうのだ。「りんごニュース」はりんごの生産技術の情報は勿論のことその時期の作業の指導や海外のりんごに関する情報その他りんご協会の助言者のユーモアに富んだコラム等々充実していて月に3回出版している。今の時期運動不足解消の為に歩いて配っている。町内を歩いてまわると普段見られない景色も目に入る。たまには歩いてまわるのも良い。しかし、今年の雪の量は半端じゃない・・・。

この様な状態で道路の脇は雪の壁だ。一昨日には道路が狭くなってしまって車がすれ違うのに大変だったので町の幹線道路中心に夜中に一斉に大型ダンプが何台も集結して夜遅くまで排雪作業したお陰でかなり道が広くなった。本当に作業に当たった人たちに心から感謝したい。歩いて行くと神社が見えてきた。初詣の時にはじっくり見る事が無かった・・・。

鳥居に奉納した今年の干支の絵ですがここ最近子供たちが絵を描いている。昔は町内の青年団がやっていたのですが青年団が無くなってから老人会の人達がやっていた。老人会の人達が子供たちに指導してやっているようだ。子供たちにとってはいい経験になると思う。この龍もまた良く描かれて今年はなんか縁起が良いんじゃないかな・・・。

6件まわるのですが最後の1件の途中ですが一旦止んだ雪がまた降りだしてきた。風も冷たい・・・。

配達し終わって帰るころには猛吹雪だ。たまには吹雪に当たるのも良いでしょう・・・。これもまた雪国ならではのこと。五所川原市ではこれを逆手に取った「地吹雪体験ツアー」がある位ですから。都会のみなさん一度体験してみては・・・。
コメント

屋根の雪降ろし

2012-01-09 12:16:54 | Weblog

今朝は雪が積もっていなく庭の雪片付けは無かったのですが倉庫の屋根には雪が70cm位積もっていて戸がしぶくなって開きにくくなっていたので朝飯食ってすぐに屋根に上る。暖気してくると危ないので気温が上がる前に降ろす。

久しぶりに屋根に上ったこの景色は滅多に見れない。

今日は曇りで岩木山の頂上が雲に隠れていた。そして作業に入る。落ちて怪我しないように慎重に少しづつ雪を落としていく。

10時頃には作業は無事終了!一息つくや否やまだ作業が残っています。落とした雪の片付けだ。スノーダンプで家の裏の用水路まで排雪作業です。この作業があるから1日仕事になってしまう。なんか筋肉痛になりそうです・・・。まあ、午後も頑張ります!!
コメント

雪かなり積った・・・

2012-01-08 12:36:09 | Weblog

今朝も積もっていた・・・。毎日雪片付けから1日が始まる。まず先に家の入り口にドカ~ッと置かれた雪を片付ける。毎日が良い運動になっているのだが今のところ一向に痩せる気配なし・・・。やっぱりその分食っているもんな~・・・。や~、結構積もって先程測ってみたらなんと78cmじゃないですか

昨日まで我が家のりんごの樹には雪が乗っかって無かったのに今朝は結構雪が着いた。まあ、これ位はまだ気にならない。我が板柳町野中地区は吹雪が強くて樹に雪が乗らない・・・今のところ。これじゃまだ剪定どころじゃないな・・・。

雪片付けが終わって家の裏の畑の隅にある啓翁桜の枝を切りに行く。すぐ近くなのにそこまで一苦労だ・・・。

花瓶に挿して室内の暖かい所に置いて咲かせる。10日位で咲くだろう・・・。ひと足早く春を感じたいものだ。
コメント