おごじょの気まぐれ日記

人生いろいろあるけど、
すべてを楽しもうっていうのがモットー。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪人

2010年09月30日 | 映画
9月も残り1日だった日。
久しぶりにお休みだったので、映画館へ娘と出かける。

今、読書中の「悪人」

悪人(上) (朝日文庫)
悪人(上) (朝日文庫)
posted with amazlet at 10.09.30
吉田 修一 朝日新聞出版 売り上げランキング: 36
おすすめ度の平均: 4.0
5 映画とは時系列が若干違うが、心情がよくわかるのでおすすめ。
3 映画から入った
5 「悪人」へのボーダーライン
5 善人。。。
4 今、愛する人がいる人にも、いない人にも。



まだ、読み終わっていなかったけれど、
この9月中に映画を見に行く必要があった。
それは、あと1ポイントで、ただ券がgetできるから。(マイカルの策略にすっかりはまってる!)
本当は、レディースディや映画の日に見るのが一番効率がいいのだけど、なかなかタイミングが合わなくて。

この日は1800円の通常日ではあったのだけれど、
途中で前売り券(既に公開中でも買えるのよね♪)を購入して、1300円で。
娘の分は本の帯についていた学生200円OFFのクーポンを使い、こちらも1300円なり。

この映画は、ふかっちゃんがモントリオール映画祭で賞を取ったことだし、
ぶっきーだし、小説も面白いし。

期待は裏切りませんでしたが、暗いなぁ~

人間の孤独って恐いです。
若いうちはまだしも、年齢を重ねるとなおさらか。
さらに、仕事もやりがいがある物でなかったら、
安定した立場でなかったらと、
最近の世相とも相まって身につまされるお話しでした。

妻夫木君の危うそうな目や不安そうな目、そしてぎらぎらした目が印象的。
いつもは優しそうな目が、ずいぶん違う表情をしていました。
目で表現できる役者さんに成長したのだなぁと実感。
しかし、どんな役をやっても美しいですなぁー

深津絵里ちゃんは、芯の通った女性を好演。
控えめで、優しい役は抜群。
今回のかなり大胆な演技には女優魂を見ました。

小説読んでいくと(少なくとも上だけでも)、映画に深く入り込めます。

コメント

井上芳雄君が万葉人に

2010年09月25日 | 井上芳雄君
平城遷都1300年記念事業の一環として、
10月8日「記念式典」が開催されるのだそう。

その式典に井上君も出演すると、先日のコンサートで告知してくれました。
その日、飛び入り参加の市村正親さんも一緒です。

どんな感じなんだろうと、ぐぐってみたら、
式典の式次第を発見→

市村さんが大伴家持、井上君は防人部領使(さきもりのことりづかい)となって、万葉歌を歌うんだ~

天皇陛下も臨席の厳かな式典の模様。

関係者しか会場には入れないらしいが、NHKで全国放送される予定です。

NHK総合テレビで全国放送(11時05分~11時54分)

見逃さないように、要チェックだわ!




コメント (2)

ボックスシート

2010年09月24日 | お出かけ
勉強の秋(笑)

パソコンスキルをあげたくて、講座の運営や授業の仕方も知りたくて、面白そうな講習会へ参加。
いい勉強になりました。
久しぶりに知的好奇心を揺さぶってくれました。

その講習会の場所が「戸塚」

なつかしい~
何しろ、初めての職場があった場所。

久しぶりに、通勤していたころのように電車に乗ってみたけれど、
今や新宿湘南ラインとおしゃれな名前に変わったのね~
昔の東海道線よね。
あの車両にのびたオレンジの帯はもう見られないのだろうか?

しかし、車中にはなつかしのボックスシートが健在。

それ以外の席も空いていたけれど、
懐かしくてボックスシートへ座ってみた。



その日の仕事の段取りを組み立てながら、
ドキドキしたり、
対峙しないといけない問題に憂鬱になったり、
出社拒否したかったり、
反対にわくわくしたり。

あの当時のいろんな感情が噴出してきた。

通勤電車だったけれど、
このボックスシートは旅行気分にもしてくれて、
気持ちを緩くしてくれたものだ。


戸塚の街もすっかり様変わりしていて。
思い返せば、20年以上も前の話だものね。

コメント

秋は?

2010年09月23日 | お出かけ
今日も暑かったけど、月は秋~
中秋の名月


明日からお天気悪そうだから、今年も見れてよかった♪


そして、食欲の秋か。(私の場合1年中だけどね)
久しぶりに、息子の学校のママ友たちでランチ。

前々から気になっていた、青山のこの銀杏並木。



テレビドラマにもよく登場するところですね。

この、一角にあるこちらのレストラン「セラン」で。
ホタルノヒカリでもこのレストランのCAFEが登場していたけれど。






オープンテラス席の方が、パリの街角のように素敵だけど、今日は暑すぎ~
銀杏並木が見える、窓辺のお席に案内してもらいました。



前菜に始まり、パスタに、デザート、コーヒーのシンプルなコースでしたが、美味しいイタリアンでした。

ネットクーポンでプレゼントのジントニックをいただきながら、
3時間強、べちゃくちゃとおしゃべりに夢中。

その間、ほとんど息子たちのことは話題にのぼらず。
今や、最大のストレス元に触れなかったことは、
とても嬉しいことでしたー♪

イチョウが黄色く色づいた頃、リピしたいです。









コメント

10周年記念コンサート千秋楽

2010年09月21日 | 井上芳雄君
いやいや、今回もチケット代以上に楽しかったこのコンサート。

スタート曲の「ようこそ劇場へ」で、舞台に引き込まれます。


1部は井上君が「幸せの王子」という舞台(仮想)の出演30分前の楽屋という設定。

そこで、井上君がミュージカルナンバーをのびのびと楽しそうに歌い繋いでいく。
ミーマイではサリーの代わりにかわいらしい人型のふうせんを相手に。
ひとり「闇が広がる」は何回見ても、うっとりだし・・・

そして、2部は、井上君のおしゃべり炸裂!
もちろん、歌も!
マイケル・ジャクソンに尾崎豊、斎藤和義の曲など、
バラード調、ジャズ、ロックなどさまざまなジャンルから。
大好きな「Time to say Good Bye」も。
これは、今日までの自分に別れを告げて、さあ、またがんばって行こうと言う、再生の歌だそう。

今回のゲストは石丸幹二さん
同じ芸大出身で、しかも同じ先生の門下生同士だそうで。(その恩師も客席に)
キャッツを見てミュージカル俳優になりたいとの夢を持った井上少年は
パンフに載っている出演者のプロフィールから芸大出身者が多いことに気がつき、
ミュージカル俳優になるには芸大へ行けばいいんだと、道を決めたとか。

そんな芸大出身者のなかでも石丸幹二さんのことを目標にしていたそうで、
途中、劇団四季と東宝系に道は別れてしまったけれど、また、ここで交差することができたと
初共演を大変感慨深く思っている様子。

そして、お2人で、またまた「闇が広がる」
石丸さんは、まさに、今、帝劇で「トート」熱演中の身。
現トートと初代ルドルフの夢の共演

私は今年、何パターンでこの曲を聞くのか!と幸せに酔いしれながら、
この2人の「闇が~」も、心揺さぶられる。
一夜限りなんてもったいなーい。

そして、ソロで「This Is The Moment」(ジキルとハイド)を披露。
これも、良かった!!
さすが、四季の元看板スター。
いいお声です。

この時点で、心満タンなのに、
さらにアンコールで驚きのサプライズ。

赤い、モーツァルトのコートを着た井上君が登場。
袖から「キャンディード!、いや、違ったヴォルフガング!」と言うあの人の声。
そう、市村正親さん、登場~ 
すごーい!!
会場がどよめきました。ほんとにサプライズ!!!

市村さんの「それぞれのコンサート」で、ゲスト出演した井上君に、お返しに君のコンサートにも行くよと言っちゃっていたので、
ファンはわくわくしていたのに、10周年記念コンサートの予定には市村さんのお名前をなく、
やっぱりムリだったのかぁーと思っていたところ、
ちゃんと守ってくれたのですね~

しかも、予告なしの突然の来場だったようで、島健さんのピアノだけの伴奏でしたが、
おもしろ、おかしいトークと、ちゃんとしたセリフがグチャグチャになりながら、お2人の息のあったアドリブに
「赤いコート」「私ほどお前を愛するものはいない」の2曲をデェット。
アンコールにスペシャルすぎます。

井上君は、まだ経験の浅かった頃、主役級の立場に、観客をいっぱいにしないといけない重圧に耐えかねて、
市村さんによく愚痴(弱音)を言っていたそうで、
その時の言葉が本当に救いになったと言う話を披露しながら、
途中声を詰らせてしまうと言う場面には、ほろり。
涙で話せなくなったのを市村さんが引き継いで当時の様子を話してくれましたが、
井上君はほんとうにいい共演者に恵まれているなぁと。

本人もこのコンサート中、たくさんの人に支えられてここまで来たことに感謝と強く言っていましたね。

才能+努力、人柄を含めての、10年間の成功だったと思います。
10周年、おめでとう~
これからもいい夢を私たちにお願いね~

今日のプリンス通りは人が多すぎて、握手なしでしたが、きちんとファンに対応してくれました。
ありがとう~

帰りは、会場で会った近所のママ友(お互いFC会員)と、コンサートの感想にお芝居の話を思う存分しながら帰ったのでした。
いつも、観劇後の感想を話す相手がなくて。
家では適当にしか聞いてくれないし、この感動を分かち合えないのよー
いつも消化不良気味なので、今日はそれも含めて、幸せな気分になりました♪

次は11月のモーツァルトだぁ~







コメント (2)

井上芳雄10周年記念コンサート@青山劇場

2010年09月19日 | 井上芳雄君
待ちに待った井上君のコンサート。


歌に演技にダンス、タップも踏んで、ギターを弾いての、井上君魅力全開コンサートでございました

前半は、この10年間に出演したミュージカルの代表作を熱唱。
どれもこれも、大好きな曲ばかり♪

ショー全体にストーリーを持たせていて、こった演出はなかなか贅沢。

中でも衝撃的だったのは!
井上君ひとり「闇が広がる」(エリザベート)
この曲はトートとルドルフのデェット。
先日、城田優君と伊礼彼方君のを聞いたばかりでしたが。

なんと!!

トートもルドルフも井上君が一人で。。
ちゃんと井上君用に誂えたかつらと衣装に、2時間もかけてメークしたトートは、スタジオで撮影した映像。

これがまた、すばらしくよく出来ていました~

このコンサートで一番お金がかかっているとか。
この映像をバックに、井上ルドルフが歌うという、ファンにはたまらない演出でありました。

ルドルフもまだまだいけるけど、将来的にはトートもあり?と、大きな期待を持つことになりました。

この日、ゲストの初風諄さんのエスコート役で来ていた、東宝の岡本プロデューサーへ、この演出はトート役への大きなアピールとなった模様です。
きっと、いつか実現するでしょう~

この日はファンク倶楽部貸し切り日で、
終演後、初風諄さんと、岡本プロデューサーと井上君のトークショーあり。

前半のミュージカルの演目はほとんど岡本さんのプロデュースだとか。

「この10年、井上芳雄には随分食べさせてもらったなぁ~と改めて思います。
しいては、ここにいらっしゃるファンの皆様に食べさせてもらったことになります。
お礼を言いたくてここにいます」と。
そして、すばらしい、サプライスなプレゼントを。(内緒にってことなので)

初風さんは、井上君デビューのエリザベートの共演から、母親のような、おばあちゃんのようなスタンスで見守ってくれているようです。

お2人とも、娘がいたら井上君に嫁がせたいと思うほど好青年であると評価してくれているようだし、
岡本さんなんて「忘年の友」(年の離れた友人)と思っているとか。
愛されていることがとてもよく伝わってきました。

さらに、この日、会場にはレベッカやミーマイ、ウェディングシンガーなどの演出をしている山田和也さんがみえていて、
サプライズの登壇。
山田さんは、「ポスト井上芳雄がこの10年現れなかったってことは、あなたは特別な人なんだと思う。」
という最高の賛辞に、ファンとしてはポロッときてしまいました。

この山田さんのブログもいいです~

この日は娘が同行。
いくつかの作品を見ているし、家で散々音楽を聴かされているので、知っている曲も多くて、楽しかったとの感想。
この会場で会った私の友人が5回もこのコンサートに通うという話を聞いて、目を丸くしておりました。

これで、私も千秋楽に行きやすくなりました~(笑)









コメント (2)

清正の井

2010年09月18日 | お出かけ
パワースポットで有名な清正の井(きよまさのいど)
「願いが叶う」かもと、他力本願の大好きな私、表参道に用事があったので、足を伸ばしたのでした。



明治神宮は元旦に何回かお参りしたことはあったけど、こんなところがあったのね~
菖蒲園の存在も知らず。

一時のブームも去ったのか、整理券配布の立て看はあったけど、すんなりと中へ。(夕方だったせいもある?)
一人で行くにはちょっとうっそうとしていて怖い道を進んでいくと、
菖蒲園のはずれに井戸は位置していて、
井戸には水が満々と。
森の木々が水に映り、何とも神秘的。
先入観も働いてか〝気"を感じたわ~!?





とても原宿のお隣とは思えない、自然たっぷりな場所。


帰り口へ向かっていると、大きな池があり(明治神宮ってどんだけの土地を持っているの!?)
そのそばで、大きな望遠レンズのついたデジイチを構えているおじさんたちのグループ発見。
何を撮っているのかと、興味しんしんで近づいたら、レンズの中には「カワセミ」が。



青く光るきれいな羽と大きなくちばしがかわいい。
初めて野生のカワセミを見ましたね。
この地で繁殖して生息しているんだそう。
さらに、オオタカも生息しているんだって!!
デジカメの画像を見せてもらいました。
へぇーこんな都心に、そんな鳥までいるの!?と新しい発見。

明治神宮のこの広大な森は、人口の森だけれど、今や自然の森となり、生態系が確立されているのですね。
ぐぐってみたら、大隈重信が伊勢神宮や日光東照宮のような杉林を望んだのを、気候や地質などから椎や樫、楠などの照葉樹が適しているだろうと結論付け、森作りを実施したそうで、「永遠の森」を目指したそう。
そのかいあり、今や自然の状態の森へと育ったわけです。

明治神宮の鳥たちに出合えたこと、このおじ様たちに、清正の井のブーム前の貴重な写真を頂いたこと、
さっそくの清正の井のパワーに恐れ入りました。



コメント

エリザベート@帝国劇場

2010年09月16日 | エンタメ


大好きなミヒャエル・クンツェ &シルヴェスター の「レベッカ」「モーツァルト」「エリザベート」の3本立ては魅力的なラインナップ。
帝劇にての上演です。


今月は井上君のコンサートもあるし、観るのをどうしようかなと考え続けていた「エリザベート」。
悩んでいたら、東宝プリザーブドからの特別チケットのお知らせを見つけ、
えい、やっ!と9月6日 トークショー付きのマチネを観てまいりました~

何年ぶりの「エリザベート」?
初めて観たのは2003年。
今日は朝から、ワイドショーをにぎわせている内野聖陽トートと一路真輝エリザベートでした。
この共演で、お2人は結婚したわけです。(それなのにネ~)
この2人の上手さに、ミュージカルって面白いと私がミュージカルにはまったきっかけとなり、
その時の井上ルドルフで、私は彼のファンになった、とても思い出深い作品でしたが、
井上ルドルフでなくなってからは、ホント、ご無沙汰していました。

が、やっぱり、面白い!

豪華で、華やかな舞台は、曲もいいし、アンサンブルの動きも歌も、まさにミュージカルの王道~
闇夜の出だしから、当時を回想する形での脚本の面白さ。

この作品、長丁場ゆえ、Wキャスト、トリプルキャストとなっています。
この日は、瀬奈じゅんシシィ、城田優トート、伊礼彼方ルドルフ。


心配だった城田君のトートは意外や、意外(ごめんなさいね)
やるじゃない~!

トートって、主役の次にとっても大事な役ですからね。

歌も色っぽく、違和感ないし、演技も悪くない。
何しろ、あの長身とスタイルの良さ。
容姿もトートのイメージにぴったりで、舞台栄えするわ~
TVで観る城田君より、俄然良かった。
終演後のトークショーでは、この役は、毎日胃薬を飲むほど緊張しているそうで、悪夢を見ることもあるとか。
とても真剣に、初めての大役をがんばっている姿は、初々しくて素直な演技となっています。

この演目の中で、一番好きな「闇が広がる」
トートとルドルフのデュエット。
2幕の見せ場のひとつですが、この曲が流れると、ぞくぞくします。
今回も、劇場の空気が変わる~と聞き入りました。
井上ルドルフではなかったけれど、それでも、魅力的な曲でした。

そのほかも「ミルク」や「最後のダンス」「夜のボート」などなど、名曲がいっぱい。


やっぱり観に来て良かった~
非日常な空間の中で、夢の世界にしばし身を置き、リフレッシュしましたー♪





コメント

ウィルスセキュリティ

2010年09月06日 | パソコン
私の使っているウィルスセキュリティは、ウィルスを核爆弾とすると、
竹やりで守っているようなものだという指摘をヤマダ電機の定員さんに受ける。

え、えっ~そうなの?!!
今まで何にも問題ないけど?
この間もイカタコウィルスにもきちんと対応していたけれど。

最近のは、パソコンを壊すのではなく、個人情報を盗み出すウィルスなので気がつかないことが多いそうだ。

この定員さんの話は、妙に説得力あり、これは一大事と、
今回、夫が仕事用にWindows7搭載のミニパソコン(Office2010)を買ったのを機に、
定員さんお勧めの「ウィルスバスター」に乗り換えた。

以前も使ったことがあったが、重たいのが嫌でという話をしたら、

最新版はその辺りが改善されて、ウィルスを検知するためのプログラム?を使用パソコンに20%しかインストールせず、
残りをトレンドマイクロ社のコンピューター内において、そこでウィルスチェックを受けるという形式になっているとか。
今流行りのクラウドコンピューティングということらしい。
正しい理解かどうか、用語の使い方もあやしいけれど、トレンドマイクロ社の大きなパソコンに繋がって、
ウィルス対策をしてくれるわけね。

メモリがたくさん必要でもなく、CPUにもあまり負担をかけないようだし、
3年使用で3台まで使えるので、コストパフォーマンスも悪くない。

これで、私のパソコンは竹やりから核シェルター並みになったかな?

ネット社会がますます進んで、いろんなことがネットでということが多いし、
得することや、便利なことも多く、情報量だって半端ない。
デジタルデバイドの現象はますます大きくなってきている~

が、脅威が潜んでいることを忘れないようにしないとね。
考え出すと不安になるわ。
難しいな、パソコンって。


コメント

いったい僕はなんだったんでしょう

2010年09月02日 | 政治
とは、鳩ぽっぽの言葉。

おもろすぎる~

どこまでも、人が良いのだわね。

「トロイカ体制」と言う、ご本家のロシアでさえも使っていない死語で持って、
菅さんと小沢さんを何とかまとめようとしたけど、あえなく失敗。
結果としては、さらに混沌さを深めた。

今朝の読売の編集手帳が面白かった。

民主党を清潔だけが取り柄の料亭になぞらえ、
味はいまひとつだが、手をきちんと洗わない板前を板場から締め出していることで、客の評判を保っているところに、
「料理の腕は俺が上だぜ」――締め出され組の小沢さんが次期花板に名乗り出て大騒ぎになった。
そこに「まあまあ、ご両人、みんなで仲良く板場に立って“挙板態勢”で参りましょう」と、清潔さでも料理でもしくじって辞めた前花板・鳩山さんが割り込んで話を余計ややこしくする。
「みんなで仲良く」が手を洗わぬ板前にも調理させることを意味する以上、清潔さだけで料亭支持率を保っている菅さんが「うん」と言うはずもない。
菅さんは料理の腕を磨くべし。小沢さんは手を洗うべし。客の注文はそれに尽きる。

さて、さてどうなることやら。

円高、ドル安、景気悪し、就業率悪しと世の中のことを考えると、
こんなうちわもめをしている場合ではないだろうにと、多くの人はあきれているに違いない。
政治をないがしろにしている感が非常に強く、あー日本はどうなる!と思うけど。

何とかしてーと思う国民は多い中、この民主党首の選挙には民意はほとんど反映されず。
もし、小沢さんが代表になったとしたら、国会は解散すべし。
選挙で、民意を問うぐらいのことをしてくれなくてはね。


政党や派閥のような小さな枠にとらわれず、
日本という大きな枠で考えやーと、龍馬なら言いそうだわ。





コメント (4)