狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

死刑執行日、五日前!

2011-12-26 07:54:55 | 八重山教科書採択問題

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

今年も残すところ僅か六日となった。

今年の後半は「八重山教科書問題」で明け暮れた当日記であったが、上原正稔さんの琉球新報を相手の「パンドラの箱掲載拒否訴訟」など書きたいテーマは数多くあったが、専ら教科書問題に掛かりっきりなったのは、県内2大紙の沖縄タイムス、琉球新報それに八重山地元の八重山毎日の有力3紙が足並みを揃えデタラメ情報を垂れ流して、玉津石垣市教育長が行った教科書採択を含む教育改革を妨害したからである。

連日、雨あられと撒き散らされる「発狂3紙」のデタラメ情報に地味な当日記が1人立ち向かうということは、蟷螂の斧の謗りはもとより覚悟の上での挑戦であった。

それにしても半年近くも長期にわたり同じテーマでよく書けるものだと、友人達のあきれた声も聞くが、その間正直のところネタに困ることはなかった。

それだけ「発狂3紙」の玉津氏へのバッシング報道が異常で執拗かつ常軌を逸していたからである。

当初こそ、南の島のさらに南に浮かぶ島から成る八重山地域で起きた教科書問題など全国的にはほとんど注目されず、アクセスも次第に減少しランキングも下降気味であった。

ところがしつこく同じテーマで書き続けるうちにアクセスも増え始め、左翼ブログの多い県内ブログの中にも当日記と同じ論調のブログも目に付き始めたことは心強いものがあった。

文科省の最後通牒とも言える採択教科書数の報告期限日を5日後に控えた状況では、さすがの沖縄タイムスも悪足掻きの仕様もないのか、本日(26日)の紙面には八重山教科書関連の記事は一行も見当たらない。

イってしまった記者さんは入院加療中なのだろうか。

                 ☆

反玉津派が繰り返し大声を張り上げてきた「説明責任」「情報公開」は、充分果たされているにも関わらず自分らが合法だと主張する「9・8協議」については説明責任どころか、会議の詳細についてはスルーしている理由は何か。

情報公開されているにも関わらず反玉津派が「説明責任」を怠っているのは、「11・27 3教育長協議」も含まれる。

さらに言えば、玉津教育長が「議事録改ざん」を指示したとか、「教科書は見なくても見たと言えばいい」といったとか大嘘を報じられた「7.19連絡会」についても「発狂3紙」はその詳細を報じていない。

紙面で上記「三会議」の詳細を情報公開をしたのはのは八重山日報一紙だけである。

八重山日報の購読者には自明のことだが、「三会議」の詳細は報道することは、県民に知られたくない「不都合な真実」を読者に情報公開することになるからである。

つまり、「三会議」の詳細を報道してしまったら、彼らが合法だと主張する「9.8協議」の正当性が根底から覆ってしまうからである。

前にも述べたが、八重山教科書問題が年を越すのは必至だとしても決着は見えており時間の問題である。

結論は、県教委・竹富町教委の連合軍の完敗というより、いや、むしろ発狂3紙を含む「極悪複合体」の完敗である。

これを覆すには文科省相手の行政訴訟しか残されていないが、負けを承知で訴訟に打って出てさらに法廷で完敗したら恥の上塗り程度ではすまなくなり、それこそ「極悪複合体」の壊滅を意味することになる。

いくら大城県教育長や狩俣課長の脳ミソがイデオロギーで硬化しているとはいえ、訴訟に打って出る勇気はないだろう。

■一括交付金と竹富町の教科書予算

結局は「有償給付」で落ち着くだろうが、ここで気を付けねばならぬことは、竹富町では予算化されていないという有償の代金の出所である。

「沖縄のヒトラー」たる慶田盛教育長の面目を保つためには金額の多少に関わらず予算を計上するわけには行かないはずだ。 当然、県の指導に従った結果だということで県の援助を求めるだろう。

折りしも沖縄県は12年度の政府予算案で「予想以上」の概算要求と使途が自由な一括交付金を勝ち取った。

沖縄関係2937億円 12年度予算案

県には自由裁量の一括交付金がタップリ入る。

竹富町の僅かな教科書代金等は膨大な「一括交付金」の中から支出することは「雑費」などの名目で容易に支出できるはずである。

だが一括交付金は国民の血税である。 

いくら使途は県の自由裁断に任せるとはいっても、イデオロギーのため国が決めた教科書を「戦争に導く教科書」だとか「戦争賛美」などと言い掛かりをつけ法令を踏みにじる自治体に交付することは国民への裏切り行為になる。

これは交付金額の多少の問題ではなく、国のコンプライアンスの問題である。

おそらくありえないとは思うが、仮に一括交付金の中から名目を変えて竹富町の教科書代金に充当されたとしたら、「泥棒に追い銭」を国家が自ら行うことになる。

これは血税を払った国民への大きな裏切りである。

よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

『沖縄県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黄門様が鉄槌!八重山毎日に | トップ | 「沖縄のヒトラー」、ヒトラ... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
だとすれば、ケダモノが、、、ハラをきれば、、。 (義挙人)
2011-12-26 08:41:00
狼魔人様。
おはようございます。


>結局は「有償給付」で落ち着くだろうが<

同地区で、別々の教科書を使えば、受験等で不利になるのは、子供達になるけど、ケダモノはこうなるのも、考えての事か、、、(怒)

このようなことを考えると、本当に「腹」が立ちます。
カネで解決させるなら (ヒロシ)
2011-12-26 12:20:27
今回の教科書問題をですが次の教科書選定まで有償給付という形をとれば「地域ごとに同一の教科書を使う」というルールが崩壊してしまいそうです。
次は学校単位で選定、その次は教師が好きな教科書を選ぶという形をとるのでしょう。
そうなるとますます「現場」の自由になり、その実態は「日教組」の「鶴の一声」で決まる事に繋がりかねません。
そのためにも彼らは竹富だけでも「カネで解決」という前例を作りたいのだと思います。
ですから私は竹富と沖縄県教育委員会に対して「9・8協議を認めない、あなた達は法律違反だ!」としっかり指導すべきだと思います。

カネで解決させるというのであれば沖縄の基地問題は「お金が払われている以上解決済み」という扱いになる事になりますね。
有償給付 (狼魔人)
2011-12-26 12:41:54
義挙人さん
ヒロシさん

>結局は「有償給付」で落ち着くだろうが<

文科省と県教委のこれまでのやり取りを見て、沖縄を腫れ物扱いしている民主党政権下では、結局「有償給付」で落ち着くと考えますが、私はそれを是認しているわけでは有りません。

仰るとおり、これを認めれば「金さえ払えば違法行為をしても良い」という悪しき前例になるからです。

文科省に対しては「有償給付撤回」の抗議をするべきです。
沖縄=乞食 (太郎の嫁)
2011-12-26 16:02:28
沖縄県外では、沖縄=乞食です。
もう「沖縄は乞食です」と宣言すればどうですか。
そうすれば、いくら国税をくれてやっても腹も立ちません。
Unknown (素浪人)
2011-12-26 16:07:22
う~ん、一括交付金の流用と言う手がありましたか…敵の腹は少しも痛まないのでは基地外連中を懲らしめることになりませんね。流用されたと判明したらまた記事で報じて下さい。
Unknown (◯◯◯)
2011-12-26 22:34:38
電凸によれば今日は朝から夕方までどうでもいい会議を長々とやってたようですが、残念ながら狼魔人様の予想は外れたようですね(笑)
ケダモノは予想以上にド厚かましかったようです(笑)まぁケダモノだけに人知の及ばない行動を取るのもむべなるかなですね(笑)

八重山教科書問題:竹富町教委、文科省に無償配布要求方針http://mainichi.jp/life/today/news/20111227k0000m040049000c.html
八重山教科書問題越年へ、竹富町が有償案拒否http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20111221-OYS1T00216.htm

さあ、ミンス痘政権、ここまでド田舎の化石極左にナメられてその安っぽいメンツを潰された仕返しをしなくちゃダメでしょ(笑)
遠慮すんなよ、テメーらは自民党やその支持者にはどんな苛烈な仕打ちでも無慈悲にやれる人間のクズじゃないですか(笑)
なに、別に竹富みたいに違法なことやれって言ってるんじゃない、未だ発動したことのない地教行法第49条をかつての同志に発動するだけですよ(笑)
8.31 9.16までの採択と需要数報告を平気で破った法令違反・だまし討ちの9.8井戸端会議・数々の政府答弁書無視・法律無視して11月まで期限延ばしてやっても無視・12月までの再延長もこれで実質無視(笑)
児童生徒の教育を受ける権利はもう十二分に侵害されてるのは明らかですって(笑)
支持者だろうがなんだろうがもうミンス痘は消滅するしかないんだから今までの極悪複合体に媚び媚びの勝手な法解釈なんて まぬふぇすと 同様にあっさり捨ててお得意の強弁で手のひら返すだけですよ(笑)
恥知らず同士なんだから平気でしょ(笑)
もう普天間も固定化一直線なんだから今更なにやっても沖縄の評価は未来永劫覆らないって、もう取り返しのつかないマイナスにマイナスを足してもマイナスでしかならないんだから、もう失うものは何もないでしょ(笑)
Unknown (涼太)
2011-12-27 02:38:02
狼魔人様

米軍基地反対と言いながら、米軍基地で食っているおかしさがあります。
こういう事ははたして沖縄にとっていいのでしょうか。復帰後40年延々と続く沖縄振興。
結果ハード面は整備されましたがソフト面は沖縄から自立心を奪っています。
差別だと叫び、差別利権にすがる団体と同じです。これで普天間が動かないと国民の我慢も限界ですね。普天間問題も竹富町の問題も根底は同じです。ごねれば国は何とかしてきました。
沖縄問題に政治生命を賭けた、佐藤元総理、橋本元総理の恩も仇で返し歩む獣道。沖縄よ何処へ行く。
一括交付金もまた、辻の遊郭(沖縄県庁)に消えるだけでしょう。
国からいくら金を引っ張れるかが、いつしか沖縄県知事の資質になって来ました。金に目が眩んで国民感情を甘く見ないほうがいいと思いますよ。
Unknown (涼太)
2011-12-27 02:49:15
狼魔人様

日本の一県でありながら、日本の弱点を付く沖縄。最近思うのですが沖縄の日本復帰は間違いだったのでしょうか。そう思う国民は少なくないと思いますよ。
復帰後40年。東北復興に匹敵する金が沖縄に投じられました。然るに、「東北の問題と沖縄の問題は別だ。」と発言する沖縄県知事。「トモダチ作戦はパフォーマンスだ。」と言う沖縄のマスコミ。
同じ日本人としてあまりに情けない。
Unknown (涼太)
2011-12-27 03:06:38
狼魔人様

那覇空港を那覇市街に向かうと、他のどの県よりも立派な身分不相応な建物があります。沖縄県庁です。沖縄県の象徴ですね。
昨日の臨時会で生まれた笑い話。 (ジャミラ)
2011-12-27 04:23:17
ケダモノ教育長、聞くところによると昨日の臨時会で、「子どもたちの魂を売るわけにはいかない」などと言ったとのこと。

もし、この言葉にその「子どもたち」が歓声を上げて喜ぶというなら、竹富町の「子どもたち」は、現代の沖縄の離島で黄泉帰った「ヒトラー・ユーゲント」だということを、戦慄をもって知ることとなるのですが。

それは同時に、ケダモノ教育長が、自分は「沖縄のヒトラー」であることを自ら証明し、認めることにもなるのですが。

コメントを投稿

八重山教科書採択問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事