田布施座

演劇でつながる、役者で伝える。

理由がひとつわかった

2019-08-23 16:22:23 | 日記

武士言葉、屑や言葉、職人言葉が職業噺家は身に付いているが私は日が浅いので、どうしても現代の言葉で間違えてしまう😣それだけ江戸時代の風情が薄くなってしまうことに気がついた😣。そこを注意しながら稽古だ🎵

コメント

この時期が

2019-08-23 09:21:43 | 日記

残りの時間を考えると不安と自信がせめぎあってくる。

非常に苦しむ時期です、兎に角時間を有効に使うことしかありません。

 

コメント

当たり前のことをきちんと

2019-08-22 16:09:45 | 日記

文脈を理解・納得しながら覚えているつもりが疎かになっていた。

もっと明確に展開の言葉を意識しながら呑み込んでいかないと間違えたり忘れたりする。

志ん朝師匠を信じ切って覚えなきゃ。

しかし職業噺家ってすごいなー沢山の持ちネタ持ってるんだもの。

わたしの目標は前にも書いた10本70歳を迎える前に(^_^;)。

さー稽古。

コメント

チケット販売が教えてくれる

2019-08-21 11:43:50 | 日記

毎日稽古とチケット販売。

お客様に接していると表現の最終点を改めて教えてくれる。

今は落語ですけど此れもしかり。

観ていただいて聴いて頂いて完結するのが舞台です。

その完結がないと何にもなりません。

その約束を何処まで果たせるか、その為の稽古。

チケット売ってるとそのことが実感できます。

買ってくれる応援団、そうでないけど応援してくれる人さまざま。

その人たちに、どれ程答えることが応えることができるか。

しみじみとライブの世界は甘くないけど喜びも感動も掘り出すことが可能なもの。

 

コメント

日によって

2019-08-21 09:28:02 | 日記

幾分涼しい日がありますが稽古も出来が良かったり悪かったり、スラスラ出ていたのが出てこなかったり。

なんでだろう?!なんて。

文七の時はこの時期稽古方法を変えていました71分が全部どうしても覚えることが出来ないと判断して、

間違えてはいけない部分をキチット覚えて流れだけ頭に入れる部分と分けて稽古していました。

今回「井戸の茶碗」27分「締め込み」30分なので本編全部覚えているつもりが、稽古の時出てこないときがあります。

暑さの所為齢の所為かな???って不安になったりもします。あと10日・・・

 

コメント