徒然なるまま 写遊記

私楽 諸行歓常 諸行感謝 のんびり気ままに散策・・「埼玉・高麗川のほとり」(浮雲・浮浪雲)

皇居・四季巡り(添文・映画パトリオット・デイ)

2017-06-22 | 日本・彩色
空梅雨で、ダムの貯水量が心配になりかけた
6月20日。

皇居(東御苑)と周辺の彩色(緑)を求めた!

(皇居・三の丸庭園の菖蒲は、半分近くだけ
可憐な花びらを咲かせてくれていました)




(お上りさん気分で、話題の銀座シックスに!)


(都内真ん中の 銀座シックス屋上は、
様々の緑が設置されて 贅沢な憩いをデザイン)


(ビルの空間を 草間彌生さんのアートが
あでやかに演出。なお店内のお店情報は 
他のアクセス検索でお願い?)


(東京駅近くの 三菱一号館広場は 
今日も 優しい緑の木洩れ陽が・・・)


(午後のまったりした風が吹く 丸の内界隈の緑)




映画情報・・東京の平和な景色が流れる風景
とは裏腹に 当日見た 日比谷の映画は、

2013年ボストンマラソン・爆弾テロ事件の
実録もの「パトリオット・デイ」



映画は、警察が犯人を逮捕するまでの過程を
ハリウッド的サスペンスドラマの映像と思っ
ていたが、

実際は犯人逮捕物語と同時に 悲惨な爆破
現場や被害者の苦痛などをリアルに再現。

まさに、今 世界で起こっているテロの現実と
犯人逮捕までの現場の恐ろしさが、胸に迫って
くる 終始 緊迫した映画。



そして毎日流れる、テロや災害の被災者の
人数だけ聞いて 事件を理解しているつもり
だったが、

ニュースの裏側に 悲しいドラマが 
山の様にあることを改めて思った映画。

なお以下の2枚は昨年5月3日 皇居の満開花菖蒲




今回も当ブログ、チェツクしていただき 感謝です。
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立近代美術館(画家・藤田... | トップ | 大田区・蒲田駅前(寺内タケ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本・彩色」カテゴリの最新記事