パパと呼ばないで

再婚した時、パパと呼ばないでくれと懇願した夫(←おとうさんと呼んで欲しい)を、娘(24)「おやじ」と呼ぶ。良かったのか?

あなたはどっち?

2006年03月31日 | 本・マンガ・テレビ・映画
3月31日(金)快晴
朝から激晴れ。
気持ちいいーっ。
昨日はイマイチな曇り空だったが
スーパーに水汲みに行った帰り、写真を撮る。
今が一番いい季節だねえ~
花壇の花も、桜並木も、植え込みの花も、我も我もと綺麗に咲き誇って。
今日に日付が変わってから帰宅した夫はお茶漬けをさらさらっと
流し込んでいるところに、妻の写真を見せられる。
優しい夫は、丁寧に辛口の批評をしてくれる。
撮った時は「よいっ!いいのが撮れた!」と思ったんだけどなあ~
言われてみると、水仙の茎の部分を写し過ぎてたり
花の向きが逆なものがあったり・・・
週末のお花見でリベンジだわ。
その後も、まだ夫は眠れない。
なぜなら、今度は妻が見てた「どっちの料理ショー」の話に突入したから。
私はあまり料理番組を見ない。
子供みたいな所があって、見たものを食べたくなるからだ。
昔「料理の鉄人」という迷惑な番組があった。
これでもかこれでもかというほど超高級食材を使い、
一流の料理人達が料理をする。
こんなのを夜中見せられ、小腹のすいてる身としてはどーすりゃいいのよ。
どっちの料理ショーも、番組の流れはわかる程度で、
ほとんど見たことなかった。
しかし、夕べは、娘はいないわ、夫の帰宅はいつになるかわからないわで
早めの夕食をとり、お風呂にも入り、手持ち無沙汰でテレビをつけた。
へぇ~ラーメン対決なのね。
麺屋武蔵と柳麺 ちゃぶ屋となんつッ亭の三つ巴。
ちゃぶ屋と武蔵は塩ラーメン、なんつッ亭はとんこつで勝負。
店主のキャラクターとしてはちゃぶ屋の森住さんがタイプね。
緻密な計算によるスープ作り。
そうよ!母に分量聞くといつも「大体よ」と言われ困ってた私。
きちんと大さじ小さじ計量カップで量りたいのよっ。
いや、話のレベル違い過ぎです・・・
こじゃれたお兄さんの口から「マグネシウムの・・」と言われただけでもうよろめく
理系男子にとことん弱いワタシ。
それにひきかえ、全く相反するタイプのなんつッ亭店主。
ヤンキー上がりで、何かっていうと「~だぜ、ベイビー」
だめっ!ぜ~ったいダメなタイプ。
しっかし、私のラーメンの基本はとんこつ。
濃厚な白濁したスープじゃなきゃ物足りない。
それをこの男は知ってるかのようにぐらぐらと白いスープを見せ付ける。
挙句にトッピングにおこげだ。
私はおこげも好きなのよぉ~
好々爺予備軍のような前回チャンピオンの武蔵店主と、
理系で表参道ヒルズな森住氏が語るウンチクを
この男は「けっ!」と鼻で笑って突っ走る。
あ~、とんこつラーメン美味しそうぉ~
でも透きとおったクリスタルな塩ラーメンも食べてみたい。
こだわってこだわって器を佐賀に焼きにいき、
麺は自分の店の製麺コーナーでうつのだ。
そばのような細さと上品さをもっていて、「ラーメン」なのだそーだ。
あ~どうしよう。
え?武蔵の話は?
う~ん・・・前回のチャンピオンということもあってのプレッシャーからか、
それともこういうキャラの方なのか、懲りすぎの感あり。
煮卵までピンクに染められてきた日には引くぞ。
いよいよどちらか選ばなきゃ。
あ~決められない、あ~CM終わっちゃうよぉ~・・・って、どっちにしても
食べられないんだから落ち着けワタシ。
と、一人で大盛り上がりだったことを、夫に延々と話す。
夫は料理番組が大好きだ。
しかし「どっちの料理ショー」は料理番組としてはどうよ?って感じらしい。
この人は作る過程をきちんと見たいのよね。
で、自分の技として身に付けたい。
そのために見るには、その過程の映像が少ないらしい・・・
これは料理番組ではなく、ショーですから。
だって、あーた、いのししよ!自然薯よ!与論の塩よ!
器は有田焼じゃなきゃダメ!
作り方がわかっても、素材を集められませんって!
この話をしながら「で、弁慶のラーメンはね」
夫「弁慶?弁慶のラーメンも出てきたの?」
妻「あ、違うよっ武蔵だよ!」
またしばらくすると、
妻「それでちばき屋のスープはさぁ~」
夫「え?ちばき屋も出てきたの?」
妻「あ、違うよっちゃぶ屋だよ!」
夫「君、わざと間違ってる???」
もう真夜中だからね、思考回路がショート寸前なのよ。
さ、寝ましょ寝ましょ。
土曜日に桜行脚するこの夫婦、お昼は絶対ラーメン食べると思うよ。
コメント (3)

東京的風景

2006年03月30日 | Weblog
3月30日(木)曇り
朝ふっと目を開けるとスーツ姿の夫・・・
え???今日も早出??・
お弁当いらないとは聞いてたけど早出とは聞いてないよ。
大慌てでおみそ汁を作り、夕べの残りのマーボー豆腐、
切干大根とキャベツをあえたものを出す。
7時にご出勤・・・
娘もいないし、これから16時間くらい一人の時間だ。
とりあえずパソコン開いて、いつものコースでブログを読む。
その中の九州の人のブログを読み、そのトラックバックまで読むと、
なんと、中学の同級生だった。
いかにも女性起業家って感じで、プロフィールも、すごい。
中学時代、長い髪をいつもきりりと三つ編みにして、
学年でもトップレベルの成績をほこり、
なおかつ、ご両親が地方の学校に赴任されてる先生とかで
彼女は二つ上のお兄ちゃんと二人で暮らしていた。
中一にして、魚を三枚におろし、ご飯を作って、洗濯掃除して・・・
弁論大会でその暮らしぶりを語り見事優勝。
聞いていた親達をうならせたのだった。
何だか朝からちょいと凹む。
妬むという気持ちとは少し違うと思うのだが
同級生がなにやら頑張ってるらしい様子を見聞きするのは
なんとなくあせる。
せめて今日は一生懸命お掃除でもするか・・・って何か小さいワタシ・・・

部屋を片付けてると、先日みどり親娘と行った渋谷というか、代々木公園で
ストリートライブをしてたLOND CAPEのチラシが出てくる。
今年初めくらいだったか、娘が同級生のK藤クンからCDを借りてきた。
K藤クンのパパはミュージシャンらしい。
そんでもってママは超美人らしい。
やっぱミュージシャンの妻だからね!
そんなことはどーでもいいのだが・・・
これから売れるであろうグループのCDらしい・・・
K藤クンの受け売りであろう話を娘が私にしてくれた微かな記憶。
それからまたしばらく経って、ミュージックステーションを見てた娘が
「あ~っ!この人たち、前K藤に借りたCDの人達だ!」
と叫んでいたのも微かに記憶にある。
そして、日曜日・・・
ストリートライブが点々と続く代々木公園をてくてく皆で歩いてると
娘が「あ~っ!ママ」と指差す。
「???」な母に「前、K藤に借りたCDの人たちだよ、
この前ミュージックステーションに出てた人たちだよ!」
へえ~~~っ。
こうやってだんだんメジャーになっていくのね。
そして、休みのたびにここに聞きに来るファンとかは
「私達が育てたのよ」的な気持ちで応援するんだろうねえ。
いやぁ~東京だわぁ~
コメント

羽田空港

2006年03月29日 | おでかけ
3月29日(水)曇り
朝の満員電車に、これまた迷惑な大荷物を抱えて乗り込む親娘。
今日から一週間の予定で、娘九州へ帰省。
今までは年齢詐称して「キッズらくのり」の手続きをしていた。
これなら搭乗口まで親がついていけるし、
飛行機に乗る時は客室乗務員のおねーさんが連れて行ってくれる。
到着したら、お迎えのおばあちゃんにきっちり引き渡してくれる。
しかしこのシステム、年齢制限あって11歳までなのだ。
4月生まれの娘は6年生の中でも、とびっきり早く12歳になる・・・
っていうか、あと一週間ちょっとで今度はもう13歳だ。
さすがにもう使えない。
先日は一人でディズニーシーから帰ってこられたしね、大丈夫だよね・・・って
誰に言い聞かせてるのか、これは私の心の声だ。
浜松町で搭乗手続き。
ををっ、まだ窓際あったよ!
空港でおばあちゃんや近所のおばちゃんたちにお土産買って、
搭乗口を確認して、さぁ行ってらっしゃい!
帰りは乗り換えの少ない京急にする。
出発まで少々待つ。
だんだん不安になる。
あいつ、中の売店でお菓子買うなんて言ってたけど
ちゃんと時間に間に合うように買物できたかな。
ビビリのくせに、ぼーっとしてるとこあるからなあ~
飛行機が離陸するまでは空港にいたほうがいいかなあ~
電車降りちゃおうかなあ。
いやいや、搭乗口もすぐ近くだったし、もしちょっと遅れたとしても
チェックインしてるのだから、放送なりなんなりして探してくれるだろう。
大丈夫大丈夫・・・
「着いたよ~」の電話があるまでドキドキハラハラしていたのであった。
娘よ!九州で羽伸ばしすぎるなよっ。
おばあちゃんのお手伝いしなよっ!
おじいちゃんに心配かけるようなことはくれぐれもしないのよっ。
母よ!どーせ○ンズに呑みに行くんでしょ。
くれぐれも呑み過ぎないようにねっ!・・・はいっ。
コメント (2)

桜第一弾

2006年03月28日 | おでかけ
3月28日(火)曇り
いよいよ桜の季節。
ちょっと家を出ると、至る所で桜を目にしてはワクワクする。
あ~、骨の髄まで日本人。
月曜日は、イチの抜糸の日。
ところが・・・前日私達が長時間お出かけしている間に
エリザベスカラーをすり抜け、糸も、追加処置のホッチキスも
綺麗に舐め取っていた。
あれほどカラーをはずさないように!と念押しされたのに・・・
どんよりした気持ちでイチを連れて行く。
先生に「抜糸完了しちゃいました」と言うと苦笑いしながら傷口を見て
「よし!綺麗だ。大丈夫だよ。」
ホッとして連れ帰る。
イチを置いて、今度はブックオフだ~
唯一見つけた「ハチクロ」は丁度探してた巻でプチ幸せ。
近くのスーパーでお弁当を買って、お花見しながら娘と食べる。
ベンチで、それぞれ今購入したマンガを読んでから帰宅。
そして今日は、夫のお弁当を作る時、ついでにお昼用の私らの分まで
お弁当を作っておき、買物済ませてからお昼にすぐ下の遊歩道のベンチで食す
近くのベンチでは、作業服着たおぢさまが二人ランチタイム。
そして食後はそろってお昼寝が始まる。
とても絵がおもしろいので、写真を撮りたくてしょうがないが
こういうことってダメ?
肖像権侵害っていうの?
それにしても、外で食べると、フツーのお弁当なのにとても美味しいのはなぜだ。
今週末はいよいよ満開の桜が見られそう。
さぁて、今年はどこでお花見しようかしら。
今日の一枚は、日曜日に通りかかった青山の「善光寺」の桜。

コメント (2)

渋谷~表参道~月島

2006年03月27日 | おでかけ
3月27日(月)快晴
一週間ほど前だったか、夜メールの着信音。
九州の友人みどりからだ。
「東京に行きま~す」とハイテンションな文面だ。
25日に上京、29日までいるので26日に会おうとのこと。
彼女は高校の時の同級生だ。
バツ一で、中一の娘まいちゃんを連れて実家に出戻り、
専門学校の講師をしている。
気楽な親娘2人旅よと、世界各国を休みのたびに飛び回っている。
一度一緒にタイへ行こうとしたことがあったが
直前にうちの娘が風邪を引きドクターストップ。
泣く泣く高額のキャンセル料を支払ったのは苦い思い出。
隣街に行く気軽さで東京へも来る感じだ。
しかし、私はこちらで九州の友人と会えるなんて!とうれしくてしょうがない。
東京に着いた日は何をするのと聞くと銀座にでも行こうかなあと言うので
夕方娘を連れて銀座で合流。
ずっと前にちびまるこちゃんで出てきた千疋屋のパーラーへ行ってみる。
いちごパフェのいちごがシャーベットなのね。
とっても美味!
1階のフルーツショップをのぞき、宝石のようないちご、かつて見たこと無いような綺麗なりんごを見てから出る。
銀座をぶらぶらして、プランタンまで行き、
そこからホテルのある赤羽根橋まで送っていく。
翌日はまいちゃんご希望の「渋谷109」に11時待ち合わせした後、
12時半まで別行動ということにする。
若い女の子達の中、居心地悪そうだった夫は
カメラ片手に文化村通りへ。
私と娘は109を上から順に見てまわり、その後道玄坂を少し上ってみたり
109の入り口のミニコンサートを見たりする。
集合してスペイン坂をちょっと見たあと、昼食。
その後てくてく歩いてNHK~代々木公園を経て明治神宮へ。
参拝して休憩して、いざ表参道へ。
子供達だけキディランドへ入れ、夫はスモーキングタイム、
みどりはバッグやさんをのぞきに。
私は手すりに座って疲れをとる。
ラルフローレンのお店の前に、なにやらすごい人だかり。
歩道橋の上も立ち止まる人が多くて大渋滞。
みどりさん、気になって気になってしょうがない。
近くのおにーさんに「誰がいるの?」
と、そのお兄さんも「さぁ?」
この人だかりの半分以上は誰かわかんないまま
立ち止まってるのね・・・
皆が飛んだり跳ねたりして中をのぞき見てる中、
一人逆方向の表参道ヒルズの写真をせっせと撮ってる夫・・・
子供2人を引き連れてじりじりと列の前方をねらってるみどり・・・
しばらくしてみどりが「どうやらラルフローレン氏が来てたらしいのよ。
見えなかったわ。」と残念そう・・・
さあ今度は表参道ヒルズへ入るわよ。
って、ほんとどこ見てもすごい人人人・・・
トイレもすごい待ち時間。
う~・・・あっという間に東京の夕暮れは早い。
さて、夕ご飯はどうしようかというと娘間髪入れず「もんじゃ!」
みどりとまいちゃんに「食べたことある?」と聞くと「ない」とのこと。
じゃあ月島行こう~っ。
月島でそばもんじゃ、チーズもんじゃ、明太もんじゃ、カレーもんじゃ
もちもんじゃを食べて解散。
東京へ来ますメールに「どこか夜景の綺麗なレストランで食事でもしよう」という
言葉があったことを思い出すが
いいのいいの!それも東京、これも東京よ!
これまた楽しい休日でしたぁ~


コメント (2)

娘のハードな一日

2006年03月25日 | 子供ネタ
3月25日(土)快晴
夫は本日も休日出勤・・・
娘は作文サークルへと出かけて行った。
昨日は朝7時半待ち合わせでディズニーシーへ。
子供達だけで総勢18人くらいと言っていたか・・・
開園と同時に入り、花火見て閉園までいる、というのが
いつものパターンらしい。
わが娘は初参加だが、5年生の頃からそういうことしてるらしい。
こういうところが都会の子だわぁ~
しかし!過保護&過干渉ママは許しませんっ!
本来ならば子供達だけってことで不許可なのだが
今回は卒業記念ということで特別の配慮なのだ!
だから行ってもよろしい。
しかしそろばんに行ける時間には帰ってきなさいと言っていた。
本人も「さきちゃんとまいちゃんも5時には帰るって
言ってるから一緒に帰ってくる」と言っていた。
そして、小さなおにぎりとペットボトルをしのばせ(ホントはいけません)
ミニーちゃんやミッキーをじゃらじゃらバッグにつけて
ディズニーバージョンに仕上げて、いそいそうきうきと出て行った。
かなこちゃんのママが言うには
「ディズニーランドにしても、シーにしても食べるとこってお高いじゃない?
だからお昼はどーせ待ち時間もたっぷりあるし
並んでる時に一口でぱくっと食べちゃえるようなおにぎりを持たすのよ。
そして、夜にちょっと豪華にレストランで食事して帰るってパターンね。」
なるほどね~
そうこうしてるうちに夕方・・・
しかし6時が過ぎても帰ってこない・・・
あいつぅぅ~~
じりじりいらいらしてると6時半過ぎた頃やっと帰ってくる。
お説教は後からだわ、さっさとそろばん行ってきなさい!
7時頃、ディズニーシーから猫ひろしくん違う違う竹内くんが電話してくる。
帰って来たら携帯に電話させるわ。
8時頃よれっとなって娘帰宅。
とりあえずまだシーにいるお友達に連絡させると
竹内君がシーで買ったサングラスをうちの娘のバッグに入れたままだったという
たわいのない話であった。
で、そのサングラスというのが「タケウチ~っ、あんた新庄じゃないんだからさぁ~」と言いたくなるような代物・・・
最近の小6女子も「おいおい!」と言いたくなるようなおねーちゃんファッションだが男子もこういうのに憧れるわけね。
って、そんなことはどーでもいいのよっ。
なぜに6時までに帰って来れなかったか!
娘のいいわけ開始。
さきちゃん、まいちゃんと一緒に帰ろうねって言ってたけど
5時半になっても
「私達6時に出るわ」
さすがにそれじゃ間に合わぬ。
ってことで娘は一人でシーを出た。
でミッキーのモノレールに乗って・・・どこで降りるかわからず一周して
やっと舞浜で降り、次は京葉線を探す。
みんながシーの出口まで送ってくれた時、
たけうちが「木場のほうへ行くなよ!」と言った言葉が耳に残り、
慎重に慎重に探すんだけどわからなくて結局駅員さんに聞いて
やっと臨海公園駅まで到着。
そこからバスに乗ったんだけど、うちの前を通るバスはいなくて
前にイクスピアリから帰る時乗ったバスに乗ったの。
そしたら降りるとこがわかんなくて「よしっ、ここか?」と降りたら
一つ前のバス停で、てくてく歩いて、やっと帰り着いた・・・
ひゃ~~~っ、一人だったのぉ・・・ちょびっと動揺する母・・・
子供は楽しいこと優先になっちゃうから
さきちゃんまいちゃんが帰る時間を延び延びにしたくなる気持ちもわからんではない。
それにしても一人帰宅はちょいとかわいそうだったなあ~
不安だっただろうなあ~
母が怒るからと思ってしょうがなく一人でも帰ろうと思ったんだろうなあ~
お友達は「○ゆいのママって相当怖いんだ」と思ったかもね。
へろへろで帰る早々そろばんだ。
いやぁ~大変な一日だったねえ~
でもさぁ、楽しいこともあって、きつかったり、頑張らなきゃいけないことも
あったりしたほうがいいんだよ。
楽しいことだけじゃだめだよ。
来週九州に帰省する娘、また楽しいことたくさんあるよ!

今日の一枚は、そんな娘が前回の習字の時に
自分の好きな言葉を書くことになり書いた一枚・・・
ちょっと笑った!
どこかで聞いたことある四字熟語だわ・・・
ママは苦あれば楽ありって言葉も好きよ。
コメント (5)

卒業式

2006年03月24日 | 子供ネタ
3月24日(金)晴れ
昨日は娘の小学校卒業式。
あっという間の小学校6年間だった。
途中転校したこともあり、今の小学校にいまひとつ思いいれがないこともあり
母としてはかなり涙腺はきつく引き締まっていると思っていた。
しかし、5年生のリコーダーで「威風堂々」が流れる中
卒業生が入場してくる時点で、もう危ない。
早すぎだよ!
しかし私の前のせれらちゃんのママとそのお隣のママはすでに号泣モード。
私の横はクールなエリちゃんのクールなママということもあり
ぐっとこらえて娘の入場を目に焼き付ける。
一人一人卒業証書をもらった後、ゆっくりと体育館内を歩いて
親たちの前を通り着席。
祝辞の後は子供達が門出の言葉を一人一言ずつ言う。
間で歌が入ったり、在校生の言葉が入ったり・・・
「おとうさん、おかあさん、ありがとう」の辺りで・・・もう限界です。
とどめがまた、退場の際の5年のリコーダー「蛍の光」
イマドキは今風の卒業の歌を歌うのかと思ってたが
想像以上にオーソドックスな式で、保守的な私としては
気持ちよく穏やかなよい式でしたという感想。
雨も上がり校庭で写真を撮り合った後、子供たちは仲良しグループで
激安ファミレスへ。
生意気に打ち上げかい?
私とあやかちゃんママは、スーパーの中のハンバーガーやさんで
ハンバーガーだというのに・・・
あやかちゃんママとだらだらとおしゃべりしてから帰宅して
大慌てでカレーを作る。
6時からイタリアンレストランで「先生方を囲む会」なのだ。
あやかちゃんも家に来るとのことで
カレーとスープとサラダを用意しておく。
「先生方を囲む会」は、お料理も美味しく(顔見知りの人が少ない私は
かなこちゃんとくみこちゃんのママと食べることに集中)
A田先生ともお話できて、これまた穏やかに過ぎていった。
今日は朝7時半待ち合わせで、娘達ディズニーシーへ。
今頃楽しく並んでることでしょう。
卒業おめでとう!


コメント (3)

イチ再縫合

2006年03月22日 | 子供ネタ
3月22日(水)曇り
昨日の夕方、お風呂場でなにやら楽しげに転がってるイチ発見。
ちょうどお腹が上にきてるので
傷口を見てびっくり!
一箇所糸がとれてるじゃないのっっっ!
傷口が開きかけてるじゃないのっっっ!
大慌てでエリザベスカラーを装着。
ダメもとで動物病院へ電話してみるがやはり休診、留守電・・・
ネットでいろんな相談コーナーだの、検索してみると・・・
結構避妊手術後にエリザベスカラーを嫌がる子が多くて
はずしちゃったら、なめて傷口開いちゃったってブログ多し・・・
出血までしてもあまり動じてない飼主さんに驚きつつ、
ちょっとだけワタシも落ち着いてくる。
とりあえずバンドエイド貼っとこうかというと
娘が「え~っ??ダメだよ~」
帰宅途中の夫にメールで報告すると
「とりあえず、絆創膏貼っといたら?」
・・・同じ思考回路
で、今朝一番に先生に電話してみると
「連れておいで」
ほどけた一箇所をホッチキス止めして、注射して・・・
5250円也。トホホだ。
おまけに抜糸は来週まで延期。
イチによかれと思ってエリマキはずしておいたのが裏目に出て
イチは来週までまたエリマキ状態が続く事になる。
イチと病院から帰ってきてすぐイチだけお留守番させて
スーパーに浄水をもらいに行く。
3.8ℓを2本・・・かなり重いです・・・
帰り道かなこちゃんのママとばったり。
明日卒業式ねえ~としばし立ち話。
今日は習字の日。
「風梅落晩春」の草書・・・
草書は苦手~いつもどうしても楷書になってしまうのだ。
しかし今日はちょっといい感じ~
先生が「これ出して見ましょ」
やった~っ!草書初出展!
習字からそろばん塾へ直行して帰宅した娘と
卒業アルバムやあゆみ(通信簿)を見てしばらく雑談。
自慢の娘、いよいよ明日小学校を卒業します。
コメント (2)

祝!王ジャパン世界一

2006年03月21日 | Weblog
3月21日(火)晴れ
夫今日も休日出勤。
出がけに、近くの杏の林で写真撮ってから仕事に行くと言うので
私もついていく。
ほとんど満開に近くて、とても綺麗だ。
そしていよいよ桜の時期もやってくるのだと思うとうきうきする。
娘も下りて来て一緒に○ャスコへ買物へ行く。
今週木曜日が卒業式だというのに、
いまひとつ実感が湧かない・・・
娘はリセエンヌみたいに可愛い服を準備したが
さて、母は何を着るのか?
6年前の保育園の卒園式、小学校の入学式用に買った2着のスーツを
着まわせばいいやと思っていた。
美容院にも行かず、目立ってきた白髪はビゲンクリームトーンで染めて
前日に得意のカラーでくるくる巻けば、マダムな母になるわと思っていた。
しかし!ブログ仲間のキャサリンちゃんの会社の社長夫人が
ご子息の卒園式に臨むまでの長編記録を読み、反省したのだ。
女としてどーよ!最近の私って!
そこで、エステに行く事にする。
娘も髪切りたいと言ってたし、ちょうどあやかちゃんのママから
キャンペーン中の美容院を紹介してもらってたので
昨日、娘が髪を切ってる間に母は
お顔そりをして、眉カットしてホットパックエステして
フェイシャルマッサージをしてもらう。
ひゃ~~~若い頃を思い出すわねえ~
極楽極楽!
うとうとまどろんでうちに、最後の仕上げに腕から指、肩のマッサージ。
お顔つるっつるっよ!
はぁ~気持ちよかったよおぉ~と娘を見ると、
前髪を切りすぎておサルさんのようになった娘がいた・・・
2歳ほど若返ってハイテンションな母と
サルゲッチューを思い出すねえ~なんて母に言われローテンションな娘・・・
大丈夫よ、あなたカワイイからたとえ前髪はアンガールズの山根君のようでも
顔だけみれば上戸彩みたいだから。(出た出た!)
だんだんテンション上がってきたぞ~
って、今ちょうど日本対キューバの野球の試合中。
こっちもテンション上がりまくり。
テレビつけっぱなしにしてパソコン部屋にいるのだが
歓声が上がるたびに膝の上のイチを抱えてテレビを見に行く。
途中ハラハラさせられたが、いよいよあと・・・
やったぁ!王JAPAN世界一!
・・・ってここで私が実況しなくてもよいのだが・・・
せっせと働いてるであろう夫に、実況メールを送る。
いやぁ~イチローはさすがイチローだし、
川崎君、福留君よくやった!おばちゃんはうれしいよっ!
王監督もすばらしい采配でした。
夏のテレビは相撲と野球とニュースにとられてた子供時代がよみがえる。
巨人がすっごく強くて、王が片足上げてホームランを打って
ピンクレディがピンクのサウスポーを歌う。
私もまみちゃんと教壇でよく踊ったものでした。
私はケイちゃんね。
巨人が勝つと、アンチ巨人の父の機嫌が悪くなって
巨人ファンだった兄(当時小学生)と本気でケンカしたりしてたぞ。
あ~王監督ありがとう。
あ、王監督のインタビューが始まった。
聞きに行かなきゃ!
MVPの松阪君のコメントもちゃんと聞いてなきゃね!
そして仕事からヘロヘロで帰ってくるであろう夫は、
延々と野球の話を聞かされることになるのである・・・
コメント (3)

日比谷公園~銀座

2006年03月20日 | おでかけ
3月20日(月)晴れ
相変わらず強風だが、いいお天気!
昨日「さぁてどこかおでかけしよう!」ということになり
夫が「お彼岸だから誰かのお墓参りに行こう。
誰のお墓に行きたい?」って聞くので
じゃあ、エッセイの神様、向田邦子さん!」
で、調べると・・・多磨霊園。
朝の遅い我が家(って・・・オレは早い)なので
今から出るには遠すぎると却下される。
そうそう!もうすぐ卒業式で、その翌日はお友達とディズニーシーに行く娘。
上野のチケットセンターで安いパスポートを探したりしたのだが
さすがに子供用はなくて、まだ準備できていない。
じゃあ、日比谷にチケット買いに行くか!
ってことで、日比谷へ~
ディズニーシーのチケット購入した後、そのすぐ近くにある黒豚料理のお店に入る。
夫がトイレで席を立った隙に
テーブルにあった健康川柳を夫の目の前において嫌がられるのはお約束。
お残し厳禁!お残ししたらティータイムにケーキはダメというのもお約束。
で、黒豚丼を頼んだ娘は無理して完食。
野菜蒸しがついてた私は夫においもとかぼちゃとさといもと
ブロッコリーを手伝ってもらってやっと完食。
しかし、腹八分を通り越し十分になって、ティータイムの時もコーヒーだけの私、
紅茶だけの娘・・・いいことだ。
日比谷公園散策。
ぼってりと太った猫ちゃんたちがたくさんいる。
冬眠から覚めたのか、心字池の亀もたくさん甲羅干ししてる。
沈丁花のいい香りが漂い、満開の寒緋桜の下を通り、日比谷公会堂のほうへ。
何か集会をしてたらしく、ちょうどデモ行進が始まる。
娘は初めてデモ行進を見たと大喜び。
「アメリカはイラク戦争をやめろ~」
反対側の舗道を歩きながら小声でシュプレヒコールを唱和する妻。
ををっ、そんなこんなで銀座到着。
山野楽器でちょうどマリンバのミニコンサートが始まる。
手に2本ずつ「ばち」を持ってる!
手つりそうにならないのか??
しかし1本でいいなら私もそこそこ叩けると思うよ!なんて無謀な発言をしては
夫をあきれさせる自信家の妻。
その妻はこの春からフルートを始める気満々。
マリンバ演奏をまだまだ聴きたい夫をせかして楽器売り場へ。
サックスのほうがカッコよくないかい?という夫と娘を無視してフルートへ。
やはりこれよっ!
一番安いフルートで6万円也!
上限はもう果てしないし、湿気管理中のケースの中で、見る気も失せる。
しかし、そうそう買い換えるものでもなさそうだし
一番安いやつ買っていいものだろうか。
「私何だかフルートの才能がある気がするし・・・」と
フルートの前で悩んでいると
どこからその自信は湧いてくるのだと言いたげに
あきれながら去っていく二人・・・
仲良く世界の楽器をさわりまくっている。
お客さん!楽器にお手を触れないでくださいっっ!
ウィンドベルというのか黒猫ちゃんがピアノを弾いてるやつで
とてもかわいいのを発見。
夫が「欲しかったら買えば?」と言う。
フルートを見てるときにはひとっことも言わないのにねぇ~
いいえっ!絶対近いうちにフルートは買うからねっっ!
その横の書店の前になにやらささやかに集ってる男子。
「安めぐみ、サイン会&握手会」だって!
整理券番号を呼ばれた順に階段に並んでいる。
へーっ!こういうふうにサイン会ってやるのねえ~
で、来週は「野ブタをプロデュース」に出てた女の子の握手会らしい。
ぶらぶら歩いて、ちょっとだけお店のぞいて、お茶してから帰宅。
夜はホットプレートでお好み焼き&チヂミもどきを焼いて食す。
もう少し足りないなあ~ってことで、今度はオーブンでピザも焼く。
国際色豊かな庶民的夕食であった・・・
またまた今回も楽しいお出かけでした。
でも明日の祝日は夫休日出勤だって!
つまんないなあ~
コメント (2)